アッカデミア美術館

 ベネチアの街は道路が狭くて見通しがきかない。かど角にあるAccademia
という小さな標識を頼りにアッカデミア橋を目指す。大運河に架かる木造の太鼓橋を
渡ればすぐ美術館ですが、入り口が右側面にひっこんでいることを知らなかった私は、
道なりに左へ回ったものだから、えらく遠回りをしてしまいました。
 殆どが15世紀から18世紀のヴェネチア派の絵画で、横幅5mを越える大作が多
い。従ってここでしか見られぬ絵が多いということになります。



ピエトロ ロンギ 
(1701〜1785) 薬剤師(部分)

ジョルジョーネ
(1476/77〜1510) 老婆

ジャン バチスタ ティエーポロ
(1696〜1770)十字架の発見


ジョヴァンニ ベッリーニ 
(1434/39〜1516) 祭壇画(部分)

                    →戻る