ヨーロッパ吟行 2


北イタリア ドロミテ山塊
                 

 

夏霧にけむる国境バスの旅

橋多き迷路の街の片かげり

謎の絵を尋ねて古都の夏を行く

ゴンドリエ朝から陽気夏時間

万緑の湖に燦く白夜光

ドロミテの山塊峨々と雲の峰

青しぐれ川音高き山の町


〜〜〜〜〜

教会に一灯ともし祈る夏
大平原見渡す限りチューリップ

フェルメールのブルーと同じ夏の空

女王の日街は夏色華やげる

マロニエの花の散り敷く祭りあと


〜〜〜〜〜〜〜


五月晴れ風車の羽は右回り

緑陰を静かに歩む尼僧たち

草萌ゆる水辺の鴨は子育て中

カリヨンの塔を見上げる夏帽子

街角の小便小僧も夏衣装
                                           
                           


ブルージュ聖母教会
のマリア像
→戻る→俳句3へ→トップページへ