小さな共和国マルタ 


首都ヴァレッタのシティーゲート

魚港マルサシュロック

世界遺産 ヴァレッタ

ヴァレッタ 騎士団長の館

ヴァレッタの聖ヨハネ大聖堂

騎士団長の館

ヨハネ大聖堂の内部

首相官邸(元スペイン出身騎士の館)

聖アンジェロ砦
1522年、10万のオスマントルコ軍と4ヶ月に及ぶ激闘の末、
和議を受け入れたヨハネ騎士団はロードス島を退去。
8年の放浪の後、1530年,神聖ローマ皇帝カール5世(スペ
イン王カルロス1世)により,年貢料一羽の鷹のみでマルタ移住
を認められた。1565年西欧世界を制覇しようとするトルコ軍
はマルタに侵攻、エルモ砦は陥落したが、シチリアから駆けつけ
たスペイン軍の応援があって撃退に成功した。
そのときの騎士団長ラ・バレッテの名前をとって首都の名は
「ヴァレッタ」となった。
1798年ナポレオンに占拠され、1814年には英連邦に組み込
まれ、1974年に独立、人口40万人の小さな共和国が誕生した。
→マルタ島2へ→トップページへ