ミッテンバルト:Mittenwald
            

町の繁華街
ミュンヘンからミッテンバルトへ、準急(Eilzug)
で1時間半。ミュンヘン市内国立博物館の近くを
流れるイザール川上流の町です。
駅で出会った若者二人に「ここには何があるんで
すか」と尋ねられ、ヴァイオリン博物館があるよ
うですと答えたが、歩き出してみると町そのもの
が美術館のよう、家々の壁に描かれた絵がすばら
しい。
道にたたずんでLuftmalerei(野外絵)を眺めてい
るだけで楽しくなる。

ルフトマレライ(野外絵)
木彫り人形の製造も盛んな所らしく、立派な人形
店もある。その時は荷物が増えるのを恐れてパス
したけれど、何か一つ買いたかったと今でも後悔
している。
町の中心部オーバーマルクトに矢張り絵で彩色
された地区教会の塔の前に、イタリアのクレモナ
でアマテイについて修業したというヴァイオリン
制作者マッチャスクロッツの像がありました。

カーウェンデル山
画廊を兼ねたお土産やさんで記念に小さな油絵を
買い、そこの女主人にどこか良いレストランをと
言って紹介されたのがポストホテルの中のレスト
ラン、料理もアイスクリームも最高だった。しか
も,ドイツ人は盛りつけの美しさに無頓着と思って
いたのは誤りだったと思いました。
レストランを出たら目の前を塞ぐように、カーウ
ェンデル山が半ば雲に姿を隠しながら聳えていま
した。

ヴァイオリン製作者の像


ルフトマレライ(野外絵)
ベルヒテスガーデン          →トップページへ