パッサウ:Passau


大司教の城館
 ドナウ河はドイツの黒い森から黒海まで、あたりま
えのことだが、多くの支流を集めて大河となる。
ここパッサウでは、インスブルックの方から流れてく
るイン川の方が、ドナウより川幅も流量も多く、ずっ
と青く見える。「青きドナウ」は一体どっちなのか、
地図を見てやっと納得しました。合流後のドナウはい
よいよ川幅300mを超える大河になります。
チェコとの国境からくるイルツ川が一番濁っていて、
これら三つの川の三角州の中に古都パッサウがありま
す。


大聖堂前の広場
 一見、東欧を思わせる色合いの繁華街を歩きなが
ら、大オルガンのある大聖堂を目指すが、なかなか姿
を現してくれない。
  結局二度も道を尋ねながらやっと辿り着いたとき、
幸運にもオルガンコンサートが始まるところだった。
チケットは二人で6マルク(400円)でした。
ここのオルガンは17300本のパイプを持つ世界最
大級のもの、両側に二台、後方に三台すべてが一台の
オルガンとして鳴り出した。
地鳴りのような重低音からピッコロのような音まで、
音量より音色の多彩なことに感心しました。記憶に残
るのはベールマン作曲の「ゴシック組曲」

大司教の居館

市役所前の河岸に観光船

川岸へ下る道

大聖堂のなか

パッサウの駅

大聖堂のなか
→ミッテンバルトへ                    →トップページへ