ベローナ:Verona


           アレーナの入り口
私はベローナに3回行っているのに、実はベローナ
の町を知らないのです。アーソロとかベネチア、ミ
ラノに泊まって、そこからバスで1〜2時間かけて
ベローナへ。アレーナ(野外劇場)の近くで夕食
、オペラを見た後、またアタフタとバスで帰るので
すから町のなかを観光する時間がないわけです。
ベローナにはオペラを見に来た2万人を収容出来る
ほどのホテルはない。だから大部分の観光客は周
辺の町に泊まるしかないのです.

歌劇アイーダの舞台
アレーナは紀元1世紀に建造された闘技場で、そば
に寄ると石ころがポロポロ落ちてきそうな外観だが、
なかは立派に修復されて25000人を収容できる特大
のオペラ劇場になっている。多額の国費を投入しな
くても凡そ2000年前の建物が残っているのだか
ら羨ましいかぎり。月が出て雲が流れるのも総て舞
台背景になるのですから,その爽快なこと他のオペラ
劇場では決して味わう事の出来ないものです。

歌劇カルメンの舞台
ウイーン国立劇場のパンフレットには日本語で「幕
間といえどフラッシュ撮影は堅くお断りします」と
ある。エチケットとして他の劇場だって遠慮すべき
は当然だが、ここアレーナだけは解放された空間の
せいか、たまにフラッシュが閃いてもそれほど観劇
の邪魔にはならない。
平土間の席で聞く限りは声もオーケストラも響き具
合はまあまあですが、石段の上の方では風が強いと
聞こえなくなることもあるそうです。

開演前のアレーナ

開演前の客席

石段の観客席
コルチナへ     トップページへ