渦 / Maelstrom
IMDb "Maelstrom"
同性愛結婚OKのカナダならばこそ、「異性愛/同性愛」をテキトーに「対象化」「分析化」しても、PC(ポリティカル・コレクト)的にOKだろう。で、これは「異常な」「異性愛映画」だ。

大女優の娘ビビアンは、25歳の企業家。しかし、ブティックの経営は思わしくなく、彼女自身、妊娠中絶をしたばかり。精神は不安定で刹那的な快楽(ドラッグ&セックス)に溺れている。
そんな中、彼女は、轢き逃げ事件を起す。轢き殺した相手は、魚の卸売り業者の男。しかし幸運(?)なことに、彼女の「犯罪」は誰も知らない──警察もやってこない。自殺(?)を図るが死にきれず、ふいにビビアンは、轢き殺した男の死体安置場へと趣く。そこで出会うのが──死んだ(殺した)男の息子、エヴィアンだ。彼女は、ノルウェーからやってきたハンサムな青年に惹かれ、やがて二人は恋に落ちる……。

こういう──まるでルース・レンデル的な──ストーリーなのだが、意外なことにハッピー・エンドで終わる。寓話的というか、すべての行動がなんだか「因果」めいている感じ(例えば、轢き殺した男の死体が発見されるのは、ビビアンが友人と食べに行ったレストランのタコが「原因」だった)。

何より、ビビアンとエヴィアンの出会いは、「死」であるし、ビビアンが殺人を「告白」するまで、エヴィアンは「父親を殺した奴を殺してやる」と息巻いていた──だからこそ、ビビアンは「自分を殺して/裁いて欲しい」とエヴィアンに近づいた、とも解釈できる。

そしてまた、エヴィアンの視点に立てば、「父親の死」によって、ビビアンという女性とセックスができた──贈与された。このことを「深読み」すればだ、もしかしてエヴィアンは、無意識のうちに「父親殺し」を「依頼」していたのではないか……なんていうトンデモな「解釈」もできる。そうすれば──今ちょっと「度忘れ」してしまったが──あるギリシア悲劇を「矮小化」して「擬える」ことも可能だからだ。

さらに手法として、クリストファー・ノーランがやるような「巻き戻し」と「視点変え」が、『メメント』ほどではないものの時々現われ、また、デイヴィッド・クローネンバーグを思わす魚の「クリチャー」(そう、魚=「クリチャー」=?だ)が執拗に登場し、喋る。そしてその「クリチャー」の頭(?)が何度も斬られる──男根(気取って「ファロス」と呼ぼう)、つまり去勢の象徴? じゃあ「渦」は何の象徴? 他にも「(火葬の)灰」や「残酷なノルウェーの歌」が意味ありげな「サイン」を放っている。

なんだか、この映画自体が、「解釈して」と観者に訴えているよう……。
さあ、「精神分析屋」の出番だ!

index



田舎司祭の日記 / Journal d'un cure de campagne
IMDb "Diary of a Country Priest "
ジャンニ・ホルト演じる若き司祭は、なかなかハンサムだ。ライナス・ローチ演じる司祭(アントニア・バード『司祭』)と同じように犬顔で、華奢な体をシックな僧服で覆っている──そう、僧服はセクシーな男性の制服なのだ。
(そういえば、『Our Trespasses』(All Worlds Video)という Scott Baldwin が出演したゲイ・ポルノは教会が舞台で、モデルはもちろん聖職者の役。やたらとヌけた)

もっともアントニア・バードの映画は、司祭がゲイであるという非常にわかりやすい「心理的葛藤」が中心に描かれているのに対し、 このブレッソンの映画における主人公の「葛藤」は、映画がストーリーを持つための最小限の素材でしかない。実のところ、ストーリーの「理解」なんてものは、どうでも良い感じなのだ。「解釈」のしようがない。
そういった意味で、このブレッソン映画の「感触」はとてもクール。よそよそしく怜悧である。

ここでロベール・ブレッソンの映画は、どうしても、スーザン・ソンタグの影響下で見てしまうということを正直に白状しておこう。それほど秀逸なのだ、ソンタグの評論は。
芸術の場合「フォルム」が「内容」を形成する典型的なやり方がダブリングとデュプリケイティングである。

スーザン・ソンタグ『ブレッソンにおける精神のスタイル』(『反解釈』所収)
ベルナソスの原作(未読)も、淡々と綴った「ジャーナル(日記)」ということだが、映像によるジャーナルの視覚化は、アクションそれ自体の積み重ねだ。しかも、そのアクションに対して、そのアクションを<説明する>主人公のナレーションがダブリング/デュプリケイトされる。ブレッソンの映画には、余計な解釈を付加える余地はない。
心理的にありそうもないことが描かれることはまず長所とは言えないし、いまここに引用したナレーションの部分は『スリ』の欠点である。しかしブレッソンにとって肝要なことは、またわたしが思うにあら捜しすべきでないことは、彼が心理分析を余計なことと信じていることだ。(その理由──心理分析は真の芸術が超克すべき言い換え可能な意味を動きに付与するから)

『ブレッソンにおける精神のスタイル』
それにしても、主人公の司祭が帽子を脱ぐ「動き」がやけに印象的に残る。なぜ、こういった何気ないショットが、これほど印象的なんだろう。

index




TOP PAGE