ALWAYS 三丁目の夕日


「Roadster in cinema」



2005年10月31日月曜日

ALWAYS 三丁目の夕日」中村700エコ
-----

原作は総発行部数1400万部を記録する西岸良平の漫画「三丁目の夕日」
監督はVFX大好き、「ジュブナイル」山崎貴で
出演は吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子に小雪などなど
比較的ポピュラーなメンバー。
ではストーリー
舞台は昭和33年の東京、
短気で情にもろい典型的な昭和オヤジの鈴木則文(堤真一)。
彼が営む、またちっちゃい街の修理工場「鈴木オート」に
青森から集団就職で星野六子(堀北真希)がやってくる。
ところが期待を裏切るあまりのみすぼらしさに
「こんなはずじゃなかった」とがっくりと肩を落とす六子。
それでも次第に人々の温かさにふれ街や家族に馴染み始める。
その頃、鈴木オートの向かい側で駄菓子屋をやりながら
売れない小説を書いている茶川竜之介(吉岡秀隆)は
訳あり系の飲み屋のママ、
ヒロミ(小雪)から身寄りのない子供を惚れた弱みで押し付けられたりしてた。
東京タワーが出来つつある昭和33年の夕日町三丁目、
そこにはごくありふれた日常の生活があった..
ストーリーはあってないような感じで
「好きな女性から知らない子を預けられるの巻」とか
「本当のお母さんに会いに行くの巻」とか
「テレビが家にやってきたの巻」とか
町内の出来事がそれぞれオムニバスで描いてある。
それにしてもスクリーンには
実際体験もしていないのに「懐かしいなあ」と思わせる雰囲気があちらこちらにあり
そして「あぁ、良いものはいつの時代も変わらずあるんだなあ」と
安心させてくれる。
笑いと涙と郷愁のバランスもほどよく
二時間ちょっとと長い割にはあきずに見る事ができた。
ただ気になると言えば当時の再現に固執するあまりか
CGで所々粗い箇所があったり
あと純君が設定上ちょっと若すぎただろうか。
「あの頃は良かった」と誰もがそれぞれの過去を振り返るが
それは当時の自分が「今」を懸命に生きた証であり
それは今も続いてますよねって誰かに確かめたい

オート三輪うじゃうじゃ出てきて、もはやオート三輪友の会のバイブル。ないかそんなの。あった


back



home