アーサーとミニモイの不思議な国


「Roadster in cinema」



2007年9月13日木曜日

アーサーとミニモイの不思議な国」中村200エコ
---------

「レオン」のリュック・ベッソン監督最新作
副題によると
「実写と3Dアニメが融合した超ミラクルファンタジーアドベンチャー」らしく
吹き替えもマドンナ、デヴィッド・ボウイ、ロバート・デニーロなどと豪華絢爛。
ではストーリー
アーサーは10歳の好奇心旺盛な少年。
四年前に行方不明になった冒険家のおじいさんに憧れ
いつか自分も旅に出たいと夢見ていた。
そんなある日、家族は借金の方に家の立ち退きを迫られる危機に。
「おじいさんがアフリカから持って帰ってきたルビーさえあれば」と嘆くおばあさんを見て
アーサーはルビーを探す冒険に出る事を決意する。
おじいさんの残した宝の地図によると
体長2ミリの謎の民族「ミニモイ族」が住む地下世界へ行き
宝物にたどり着くには彼らの七つの王国を訪ねなければならず
そして行方不明のおじいさんもまた
宝を求めミニモイ族の世界へと旅立っていたのだ。
果たしてアーサーはおじいさんに再会し、宝を手にする事が出来るだろうか....
実写とアニメの住み分けはミクロな地下世界へもぐるとアニメに切り替わり
思ったより自然に入っていける。
そのアニメは最近の特長なのか質感があって表情豊
ただ動きのあるシーンでは人物と背景との区別が難しく
ちょっと見にくかっただろうか。
物語は全般的に子供向けなため
悪者もどこか致し方ない理由があったりしてファンタジー度が高く
小難しいメッセージ性もないのでとても平和。
もし今の自分をとりまく現実とは違う世界があったなら、
本当の自分はこんなんじゃなくって、

朝、ふと逃げ出したくなるおじさま達へお勧めか


back



home