あずみ  監督:北村龍平 出演:上戸彩、竹中直人、原田芳雄、オダギリジョー

原作の呪縛2
 最近流行りの漫画の映画化である。原作は小   白と赤のコントラストが美しく思わず見入っ   雅刀)。ここであずみはいきなり「お前は本当

 山ゆう。「がんばれ元気」などが有名だろう   てしまうほどである。物語の最初のクライマ   に悪いやつなのか」と口にする。これはあずみ
   
 か。「あずみ」は現在もビッグコミックスぺ   ックスは剣術、忍びの修行を重ねた10人の   が幼い頃爺に拾われ、ただ人を斬る事だけを学

 リオールに連載中の漫画で単行本も現在28   若者が山を降りるシーン。育ての親であり師   び、その与えられた使命を全うする事に疑問を
 
 巻とかなりの長篇。よってとても142分の   でもある爺こと小幡月斎(原田芳雄)は仲の   抱き始めたために口にする台詞なのだが、映画

 映画に入るわけもなくストーリー的には頭の   良いもの同志を組ませ互いに斬り合う事を命   ではとにかく時間がないため一人目を斬る前に

 方をさらっとさらう程度である。監督はアク   じる。あずみは一番心を許していた”なち”   悟ってしまう。いっその事この辺の揺れるあず

 ション映画「VERSUS」でこの大役を射   (小栗旬)と組むのだが..。ここは漫画で   み心は端折った方が良かったのかもしれない。

 止めた若干34才の北村龍平。さすがにカッ   もせっかく馴染んできたキャラがいきなり死   漫画の映画化でよく見られる失敗が原作を意識

 ト割りやカメラアングルなど独自の工夫があ   んでしまうという衝撃的なシーンである。た   し過ぎたキャラ立てなのだが今回だとオダギリ

 り殺陣にスピード感をあたえている。そのス   だ残念ながら映画ではいかんせん時間が足り   ジョー演じる最上美女丸がそれに当る。忠実に

 ピードが武器の主役あずみを演じるのが上戸   ないため10人の名前を覚える暇もなく斬り   演じれば演じるほどずれて行く現実。早くモノ

 彩。どうみても刀が重そうだったがカメラワ   合いに突入してしまい衝撃度は半減。もった   クロで平面だからこそ許されるキャラクターの
 
 ークにも助けられ殺陣も見れない事はなかっ   いないシーンである。生き残った5人は御上   存在に気づくべきだろう。同じ漫画原作の「ピ

 った。ファンへのサービスショットなのかア   の指示にしたがい謀反の疑いのある者を暗殺   ンポン」で原作とは唯一違うキャラ、キャプテ

 ップも多く、とくに返り血を浴びるシーンは   していくのだがまず一人目が浅野長政(伊武   ン大田が人気だった事を思い出してほしい@