バックダンサーズ!


「Roadster in cinema」



2006年8月10日木曜日

バックダンサーズ!」中村300エコ
-----

日本初の本格派ダンスムービーって前振り
主演は平山あや、hiro、ソニン、サエコ
文字どうりこの四人がバックダンサーなのだが
ではストーリー
人気絶頂のユニットでバックダンサーをしていた四人は
突然のボーカルの引退宣言により踊るステージを失い呆然となる。
後輩達には抜かれ、まわって来る仕事といえば地方のどさ回りばかり。
ついにはレコード会社もクビになり
四人はもと来たバラバラの道を再び歩むのだが...
歌えないメンバーが解散で割を食うって
それってSPEEDが思い出され胸が苦しくなるが
どうやらポイントはそこではなく
今まで与えられる事に当然のように流されていた人達が
窮地に立ち
自分の本質、本心に帰り道を切り開くってとこらしい。
全体的な雰囲気はコミカルでテンポも良く見やすいが
盛り上がるはずの最後のイベントシーンの絵が
もう一つぐっと来ない。
やはり映像的にダンスは歌にくらべ表立って伝わるものが薄く
特にアクロバチックなダンス抜きだと
なおさらのようだ。
そんな中、hiroは歌うシーンが少しあり
そこが一番澄んでたのが印象的

あ、そうそうhiro本人が舞台挨拶に来てた。でも歌わないとオーラは見えないね



back



home