プランケット&マクレーン 
監督:ジェイク・スコット 主演:ロバート・カーライル 
                                リブ・タイラー 
スーパー薬剤師
18世紀のロンドン、お金はないがなり   で期待を裏切ることはありません。     時代背景からくるファッションやメイ

だけは紳士の男と、知識と行動力はある   お客さんの期待どうりにストーリーは進   クも見どころのひとつになるでしょう。
   
が見た目は萩原流石の男。この足りない   み、笑えるシーンも多々あります。しか   男性がかつらをつけ口紅をしメイクを

ものだらけの二人が組み、未開の地アメ   し、その分全体的にこじんまりとした感   する時代ですからね。ある意味、今以 

リカへの切符を手に入れようと追いはぎ   じ。リブ・タイラーはもっと二人に絡む   上に貧富の差が激しく、当たり前のよ

強盗をくり返す。まぁどこにでも見かけ   のかと思っていたのですが、おとなしめ   うに公衆の面前で見せしめのために、

る典型的、致命的な二人組で一人がどう   です。でもこのぐらいのテンションの方   絞首刑が行われていた時代。お金持ち 

にもドジでまぬけ。ためたお金は使い込   が、1本調子にならずあってるように思   からお金を奪う悪人が庶民のヒーロー

むは、女には惚れるは、終いには捕まる   えるのですが。見る方には関係ない話だ   になれた時代。もしかしたら自由が、

はで最悪。そこでほっておけないのが、   けど、このてのコスチュームものは大変   そこら中にあふれ、自由と同じぐらい

義理人情にあつい萩原流石(笑)。さっ   らしい。それにセリフもイギリス訛りを   に人の命が軽かったのかも。

そうと馬にまたがりドキュン、ドキュン   意識してたらしいが、分かりませんね。   いや、自由を得るには命をかけろと、

と敵をなぎ倒します。強さは桃太郎侍級   私的には声がいいなぁと思うのですが..  それだけの価値があった時代かな?@