ベオウルフ


「Roadster in cinema」



2007年11月29日木曜日

ペオウルフ/呪われし勇者」中村50エコ
---------

キャッチコピーは
「300」と「ロード・オブ・ザ・リング」がひとつになった壮大なファンタジーにおびえろ、とか。
キャストはアンソニー・ホプキンスにジョン・マルコビッチ、
そして妊娠中に撮ったと話題なアンジェリーナ・ジョリー。
監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキスときて
さっそくストーリー
時は昔々、伝説的な英雄たちの時代
気高き最高の戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は町を襲う悪魔、
グレンデル(クリスピン・グローバー)を激闘の末退治
町の英雄となった。
しかしそのお陰でグレンデルの母(アンジェリーナ・ジョリー)の逆鱗に触れ再び退治に出かけるはめに。
ところが母はアンジェリーナばりの美女
彼女の甘い誘い
莫大な富、永遠の力、王の称号とひきかえに呪いをかけれるのだった。
はたしてその呪いとは...
「300」では基本的、背景がCGだったが今作は人物も含め
ほぼフルCGでまるでプレステのゲームをしてるかのよう。
役者に関してもシーンによっては顔までCG化されるため
表情が独特で慣れないと少々違和感がある。
そんなこんなでアンジェリーナ・ジョリーも実はちょい役だったりして
話題先行な感じもあり
評価すべきは新しい技術への挑戦なのかもしれない。
確かに思い描く絵がすべて撮れる利点はあって
その点、イマジネーションはすでにリアリティを超えてそう。
ドラゴンの足にぶら下がり森をかき分け空を飛ぶシーンなんて
思いついた時点で勝ったようなもの

あとこの映画の教訓はアンジェリーナ・ジョリーに言いよられて断る男はいない、だ


back



home