ブラザーズ・グリム


「Roadster in cinema」



2005年10月27日木曜日

ブラザーズ・グリム」中村100エコ
-----

誰もが知ってるグリム童話の誕生秘話というふれこみ。
監督は「ラスベガスをやっつけろ」のテリー・ギリアム
主演はマット・デイモンにコスチューム似合い過ぎのモニカ・ベルッチ
ではストーリー
舞台は19世紀のドイツ、ある小さな村の呪われた森で
少女が次々と行方不明になる失踪事件がおきていた。
そこでその謎を解くべく依頼を受けたのが
魔物退治で賞金稼ぎをしていたグリム兄弟。
彼らはさっそうと呪われた森へと出向くのだが
人を襲う木、入り口のない朽ち果てた塔、鏡の世界に住む女王などなど
奇怪な現象と光景に遭遇する。
二人は森の謎と呪いを解き、少女達を救う事ができるのだろうか..
小さい頃、誰もが読んだであろう「赤ずきん」や「白雪姫」や「シンデレラ」が
リアルタイプパロディとして登場するのだが
全体を通した雰囲気は意外にもコメディそのもの。
しかしテンポやジョークが古典的というか
単純に間が悪いというか
笑うタイミングが見当たらず流れてしまい
あけた口を仕方なく静かに閉じる事数回。
どうも核となるストーリーが弱いため
脇の小話ばかり聞かされてるみたいで
今日の笑点大切りは山田君オンリーなんだって感じ。

座布団だらけの笑点、あれ悪くない


back



home