ボウリング・フォー・コロンバイン  監督:マイケル・ムーア 出演:マイケル・ムーア

アメリカ的電波少年
 アカデミー賞で長篇ドキュメンタリー賞を受   でチャールトン・ヘストン以外にも沢山のイ   的背景かと言うとそれならドイツや日本だって

 賞した作品である。題名は1999年、コロ   ンタビューがある。銃乱射事件を起こした少   事件が増えるはずだとなる。確かに強引だが一
   
 バイン高校で銃を乱射した少年二人が当日の   年二人が心酔していたと言うハードロック歌   理あるようにも思える。そして監督マイケル・

 朝、ボウリングをしていた所からきているよ   手のマリリン・マンソンや事件のあったコロ   ムーアが導きだした答えはアメリカのメディア

 うだ。そして内容はそのコロンバイン高校の   ンバイン高校の卒業生でもあるアニメ「サウ   が原因では?というらしい答え。アメリカのメ

 銃乱射事件を中心になぜアメリカでだけ銃に   スパーク」の原作者マット・ストーンなど過   ディアが数字のとれる刺激的で過激な殺人事件

 よる殺人事件が起こるのか?かたくなに銃所   激と呼ばれる彼等の事件に対するコメントも   ばかりをピックアップするためそれを見た人々

 持の権利と必要性を主張する全米ライフル協   興味深い。この映画には監督マイケル・ムー   が必要以上に警戒心を強め、その強過ぎる自己

 会(NRA)の会長チャールトン・ヘストン   ーアの持つ疑問と言うのが度々出てくるのだ   防衛心がちょっとしたきっかけで事件を引き起

 氏のインタビューなどを交えながら監督マイ   が、それはなぜアメリカでだけ銃による事件   こすというのだ。もちろん恐怖を埋めるために

 ケル・ムーア独特の考察が展開する。      が多発するのか?である。まぁ普通に考える   使われる銃で潤おう人々がいる事もあげられて

 テロや戦争など時期的にはちょっと神経質に   と銃を持ってるからでは?と思える。ところ   いる。銃が恐いから銃を持つ。本当に恐いのは

 なる内容だが観てみると太ったおっちゃんが   が監督曰くそれが当てはまらないのがカナダ   銃を手に入れた事により内から外へ広がる自分
 
 カメラ片手にアポなし突撃取材をするといっ   でカナダは銃保有率が高いのに事件は少ない   の闇である。広がる闇は他人との境界線を曖昧

 たもので適度な毒とユーモアもありすんなり   らしい。では家庭崩壊が引き金なのかと言う   にし恐怖を克服するために一線をこえる。そん

 観る事ができる。ドキュメンタリーと言う事   と離婚率はイギリスの方が上で、ならば歴史   な事を考えるにはいいドキュメント映画かも@