コーヒー&シガレッツ


「Roadster in cinema」



2005年7月12日火曜日

コーヒー&シガレッツ」中村400エコ、H川300エコ
------

ジム・ジャームッシュ監督の11話からなるオムニバス作品。
出演者はとにかく多く
ロベルト・ベニーニ、スティーヴ・ブシュミ、イギー・ポップ、
トム・ウェイツ、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイなどなど
友達勢揃いって感じ。
物語は「コーヒーとタバコの相性は最高だよね」をテーマに
11組がそれぞれ勝手適当な話を繰り広げるというもの。
その内容のほとんどはとりとめがなく
コーヒーとタバコのある日常の一コマを
ただ切り取ったかのよう。
ところが面白いのは当人達の盛り上がりやこだわりや日常が
他人から見るとどうしようもなくどうでもよく
ファミレスでまわりのテーブルを眺めてるような
見なければ見ないでよいみたいな
妙なリラックス感が漂う事。
そんな中、コーヒーとタバコだけは常に現実との距離感を保ち
そう、コーヒーとタバコは作品と僕らを
他人との温度差や間や思考を
埋めたりつなげたり
結局錯覚させたりするのかも。

コーヒーでも飲みながらつまらない話は聞き流すぐらいの感じで


back



home