コヨーテ・アグリー    テキスト=yukiyo
監督:デヴィッド・マクナリー 出演:パイパ・ペラーボ
帰り道はスキップで
単純なサクセスストーリーで、とてもさ   母の夢でもあったソングライターの夢を   ウ柄、皮パン、胸はもう見えそう。皆

っぱりとしたハッピーエンドでした。最   実現させる様、父親から励まされ最後の   が楽しそうで、一度行ってみたい気に
   
近あまり良い事のない私には、ちょっと   望みをかけ、活動していきます。      なりました。夢を実現させる為には、

気分が明るくなれた様な気がします。    クラブバーのコヨーテ・アグリーはニュ   できる、できないを考える前にまず、

ストーリーは、田舎娘が自分の夢を実現   ーヨークに実在するそうです。日本では   行動する。行動なくして何もはじまら

させる為、ニューヨークで生活する。危   ないでしょうね。何かノリが違います。   ない。ということですね。この映画の

険な街でもあるここで、つらい事も経験   女のパワーを感じました。バーテンの方   様に夢をつかみとれるなんて簡単では

しますが、楽しい事もいっぱい。自分の   もですが、客の方もすごい雰囲気です。   ないでしょうが、彼女は自分から夢を

夢の実現に力になってくれる彼と出会い、  女性客もこわれている感じでしたね。さ   つかむ為に前進していきました。この

楽しい日々を過ごしますが、コヨーテ・   すが、これがアメリカかと思ってしまい   映画がハッピーエンドで終わってない

アグリーで働いて人気者になっても、ソ   ました。バーテンダーのスタイルがカッ   なくても、一生懸命な姿を見れば、観

ングライターの夢に向かって前に進む事   コ良かったですね。私には出来ませんが、  て良かったなぁと思える映画だと思い

には臆病になっている。そこで、死んだ   へそ出しは当たり前田のクラッカー。ヒョ  ます.....@