同窓會


「Roadster in cinema」



2004年9月8日水曜日

『同窓會』中村0エコ
----

監督は鹿児島出身の向井寛
そのためか映画の舞台も鹿児島中心で
実際に鹿児島、熊本、大分でロケが行われている。
物語は第二次世界大戦で仲間がお国のために散っていく中、生き残ってしまい
自らを責め続ける老人が主人公。
老人は自らを恥じ帰る事のなかった故郷を数十年ぶりにたずね
旧友とつかの間の時を過ごすがやはり自分の居場所がない事に気づく。
そして無理矢理ついて行くと言ってきかない旧友をお供に自分探しの旅に出る。
旅先で出会う様々な人とのふれあいの中で彼が見つけたものとは...
いわゆるロードムービーなのだが
観光名所を紹介しながら進むアットホームさは火サスの世界。
時おり唐突にアップになるジュースもスポンサーがらみの大人の黒い約束なのかと思えば
自然とスルーできるから僕も大人の仲間入りか。
ロケ地に熊本が含まれてる事もあって見た事ある場所が色々と出てくるのだが
一番驚いたのがかのアイレディース宮殿黒川温泉ホテルが出てくるところだ。
このホテルは今年の五月、ハンセン病元患者宿泊拒否問題で廃業へと追い込まれたところである。
ロケが行われたのが二月と言うからまさに渦中のさなか
テーマが老人介護や戦争の痛手という道徳心溢れる内容だけに見ていてかなりどきどき

大人の約束が作り出すたくさんの正義


back



home