ファイヤーウォール


「Roadster in cinema」



2006年3月23日木曜日

ファイヤーウォール」中村200エコ
-----

ハリソン・フォード主演のハイテクサスペンス。
題名どうりコンピューターセキュリティーを題材にした作品で
相変わらず逆境に一人立ち向かうハリソンおじさんが見れる。
ではストーリー
コンピューターセキュリティーの専門家であるジャック・スタンフィールド(ハリソン・フォード)は
業界随一と言われるセキュリティーシステムの開発者で
銀行のお偉いさん。
そのシステムを狙い大金をせしめようとしているのがビル・コックス(ポール・ベタニー)率いる窃盗団。
しかし彼らが狙っていたのはシステム自体の突破ではなくスタンフィールド
個人を落とす事だった。
彼らはスタンフィールドの家を何ヶ月も監視し、防犯システム、家族の食物アレルギー、趣味嗜好などなど
すべてを把握し計画を実行
家族を人質に取り銀行の顧客預金から1億ドルを盗み出す計画に加担するよう脅迫する。
家族のため自ら作り上げた難攻不落のシステムに挑むスタンフィールド
とはいえ虎視眈々と反撃のチャンスを伺う。
果たして彼はシステムを突破し家族を守る事が出来るのだろうか...
展開はいつもどうりの主人公一人vs敵大勢
しかも敵の作戦が穴だらけなのも慣れたもの。
なので感情移入もどちらかと言えば
悲壮感希薄なハリソンおじさんより
好き勝手振り回される窃盗団よりで
ちょっと変な感じだ。
本編とは関係なく楽しめるのが解雇された秘書とのやり取りで
主人公と対照的なボロボロの車とステッカーチューンされたPCがポップでかわいい。
ちなみにリッチなハリソンおじさんが乗ってたのがクライスラーの300C
いいなぁと思って見にいったら
しっかり宣伝してた。

強すぎる主人公に対するやっかみ。観客の心理は微妙


back



home