五条霊戦記   
監督:石井聰互 主演:浅野忠信 永瀬正敏
沈黙が与える気まずさ
弁慶と義経の五条橋での決戦を新しい切   CGも中途半端だし、この現象は「梟の   うのは面白かった。あの時代に神は自

り口と最新CGで...ってなげえよ、   城」とそっくりですね。キャスティング   分の中に宿ると信じることは難しいと
   
まったく。2時間半の映画なのですが、   にしても、浅野忠信と永瀬正敏が初共演   思うが、できればまさしく恐いものな

4時間ぐらいに感じられます。       というのが少しでも売りならば、この二   しだろう。いつの時代も人の精神を支

原因は何かと考えると、まず音楽がない   人を弁慶と義経にするべきだったのでは   配する宗教は権力者の最大の敵という

こと。流れているにはいるのですが、静   ないでしょうか?実際は浅野忠信は義経、  わけかな。最後の最後、義経と弁慶が

かすぎ。ひとつのシーンがとにかく長く   永瀬正敏は刀鍛冶の鉄吉。絡みはほとん   五条橋で雷に打たれて死ぬというのも

感じます。殺陣のシーンのスピード感を   どありません。ちなみに弁慶役は隆大介。  どうでしょう?多分セットの五条橋を

だすために、他のシーンを長まわしで音   もともと「弁慶と義経」の話をあまり知   燃やしたかったのだろうと思う。剣術

楽も静かにという狙いは分るのですが。   らないので、どこらへんが新しい解釈な   で、弁慶が義経に勝てるわけもなく、

では、売りの殺陣のシーンはどうかとい   のか分らないのが残念です。義経が修行   これが最良のエンディングなんでしょ

うと、これも長い。大事なスピード感も   をしていくうちに、次第に神に近づき、   うけどね。キャスティングにつられて

ないし、変に長いため緊張感もない。    超える、吸収するために神を殺めるとい   見てしまったって感じでしょうか.@