陽はまた昇る     監督:佐々部清 出演:西田敏行、渡辺謙、緒方直人、真野響子

セミドキュメントの妙
 NHKの人気番組「プロジェクトX」で好評   賀谷(西田敏行)は会社に極秘で新しいVT   れているが、うがった見方をすればそうするし

 だった物語りの焼き直し映画版である。原作   Rの規格、VHSの開発に熱を入れる。世界   か後発のVHS方式に勝目はなかったようにも
   
 もあり企業も実名で登場するので実話っぽい   規格が小さな国の小さな会社の小さな工場で   思える。映画の方はこういった開発秘話を交え

 のだが、あくまで実話をもとにした創作ドラ   開発され生まれる。ちょっとしたジャパニー   ながら技術者と経営者のぶつかり合いや当時の

 マのようだ。                 ズドリームを描いた作品である。        家庭をかえりみない会社人の家族模様が描かれ

 舞台は70年代前半、日本はそれまでの異常   まず単純に驚くのはVHSを開発したのがビ   いるが、ドキュメントな部分以外はまぁ2時間

 とも思える経済成長が止まり力のない企業は   クタ−だという事実である。私が物心ついた   テレビドラマといった感じだろうか。とは言え

 コスト削減、リストラをよぎなくされていた。  時にはVHSとベータと二種類のVTRがす   ドラマなところでも笑える楽しめる部分はある。

 そんな中、カラーテレビを一家に一台と普及   でに存在していたがベータ=ソニーであって   特に渡辺謙は会社と上司の西田敏行に板挟みに

 に成功した家電企業の次なるターゲットは家   もVHS=ビクターではなかった。しいて言   あう中間管理職を見事に演じ観客の共感を得て

 庭用VTRの開発であった。そしてその開発   えばVHS=その他である。これは映画の中   いた。それは夢を追う事に人に憧れながらも実

 に力を入れ一番乗りしたのがソニーであり、   でも出てくるのだがソニーがどちらかと言え   行できない人。そんな普通のキャラに共感し、

 あのベータである。一方この映画の主人公で   ば他社への技術提携に難色をしめしたのに対   そこに現実味を感じるからだろう。このキャラ
 
 もある日本ビクターはこの当時業界8位でV   し、ビクターは技術をオープンにし規格を統   のおかげでかろうじてこの映画は成功者の一方

 TR部門は開発どころか縮小の傾向にあった。  一する事に重点をおいたためのようである。   的なサクセスストーリーから逃れているとも言

 そんな中、技術者出身のビデオ事業部長の加   この辺は映画の中ではかなり美談として描か   える。仕事に疲れたお父さんには涙ものか@