女帝 エンペラー


「Roadster in cinema」



2007年5月29日火曜日

女帝 エンペラー」中村100エコ
-----

シェイクスピアの「ハムレット」をベースとした古代中国愛憎劇
主演はチャン・ツィイー、その他中華俳優もろもろで
さっそくストーリー
時は古代中国の五代十国時代、骨肉の争い続く戦乱期。
皇帝の弟リー(グォ・ヨウ)は兄を毒殺する事に成功し
新帝の座に即位。
しかも皇太子ウールアン(ダニエル・ウー)をも抹殺しようと企てていた。
それを知った王妃ワン(チャン・ツィイー)は
皇太子を守るため夫を殺した新帝リーとの結婚を決意する。
しかし本音は義理の息子である皇太子に密かに想いを寄せており
新帝リーの暗殺を心に秘めていた。
対して全然皇太子抹殺を諦めてない新帝リー
そして父の仇をとるべくリーに近づく皇太子。
毒を盛られた盃は一体誰の手に....
中国映画の特色であるワイヤーアクションと
情緒豊かな色彩美が程よくミックスされた作品。
特にセットと小物はぬかりなく
配色のコントラストは鮮やかで創作的なのに
なぜか記憶の中の色濃い源風景を思わせ切なくさせる。
ただ元ネタが「ハムレット」だけあって全体的な雰囲気はどこか戯曲風で
掴みどころがなく
一瞬、一瞬の空間美を切り取ったオムニバスのよう。
なので美術作品を眺めるがごとく
見るこちら側にストーリーが必要で
「大奥に似てるな」とか言いながら見ると良さげだ。
ちなみに原題は「夜宴」
邦題からもテーマをしぼろうとする苦労が伺い知れる

下から見上げた母の持つ傘の赤が忘れられない方へ


back



home