隠し砦の三悪人


「Roadster in cinema」



2008年5月2日金曜日

隠し砦の三悪人」H川400エコ、中村150エコ
---------

1958年に公開された黒沢明監督作品のリメイク版で
監督は「ローレライ」の樋口真嗣
出演は松本潤、長澤まさみ、阿部寛、椎名桔平などなど
その他、カメオ出演も多く結構豪華。
ではさっそくストーリー
時は戦国時代、互いに国境を接する三つの国
早川、秋月、山名があった。
ある日、山名が秋月に攻め入り秋月城は陥落
しかし生き残ったはずの雪姫(長澤まさみ)と莫大な軍資金は跡形も無く消えていた。
その頃、山名軍の命令で金を探していた武蔵(松本潤)と新八(宮川大輔)は偶然
秋月の隠し金を発見。
ところがたまたま通りかかった大男、真壁六郎太(阿部寛)に見つかり横取りされてしまう。
実は六郎太は秋月軍の生き残りで
この二人を仲間に引き入れ雪姫を脱出させようと考えていた。
敵軍は一万人、たった三人で姫と黄金を守りきる事ができるだろうか....
少数VS大勢のハラハラアクションムービーかと思いきや
意外にテーマは正義を、理想を貫く事による弊害や苦悩が描かれており
御上のためと暗殺を繰り返す「あずみ」の抱える葛藤をちょっと思い出させる。
ただこの作品の方がテーマへのウェイトが重い分
エンターテイメント性は低く
現代の少女が戦国時代にタイムスリップしたような道徳心の違和感は否めない。
でも個人の価値が低かったわけではなく
自らをかけるほどの大義、意志があった事は評価されるべきかもしれない。
ちなみに監督が熊本好きとかで
ロケに熊本城の石垣や阿蘇の根子岳、小国の押戸ノ岩などが使われていて
その辺りも見もの

長澤まさみの男言葉にしびれたいお父さま達にお勧め


back



home