顔   
監督:阪本順治 出演:藤山直美、豊川悦司、佐藤浩市
歩くコメディー
見る前に思ったのはキャストが豪華だな   に出たことのない正子にのめるはずもな   で、何を悟っても遅いんだけどね。

と。上記の他に中村勘九朗、牧瀬里穂、   く争いの末、絞殺してしまいます。一度   藤山直美の存在感はやはりすごく、全
   
内田春菊などなど。しかし逃走しながら   は自殺も考えるのですが、そんな根性が   体を流れる雰囲気はコメディーではな

のロードムービーなのでワンシーンのみ   ある訳がなく、次の日には香典袋を握り   いのですが、彼女の一言やアクション

の出演も多く全員が生かせてるかという   しめ逃走の旅にでます。今まであれほど   ひとつで会場は爆笑の渦です。もちろ

と難しいものがあります。ストーリーは   嫌っていた外の世界、社会に出るわけで   ん脇を固める他の役者さんとのコント

疎外感や劣等感から妹を殺害した姉正子   すが正子は意外な事実に気づきます。普   ラストがあっての事で、キャスティン

(藤山直美)が大阪から別府、姫島へと   通に見える人達も、みんなそれぞれに問   グの妙も感じます。特に豊川悦司との

逃走する様を描いたものです。正子は長   題を抱え、けして自分が感じていた疎外   共演は水と油のようで見物です。

い間自分の居場所は母が経営するクリー   感や劣等感は特別ではないと。そして今   正子の決め台詞は『許してもらわんで

ニング店の二階だと思い込んでいました。  ままで誰にも必要とされていなかった自   も、ええよ』ですが、あきらめと言う

ところが母が急死し、唯一の居場所が美   分を必要とする人がいること。必要とさ   より開き直りに近いニュアンスが心に

貌な妹に奪われるはめに。そんな話、外   れる喜びを知ります。しかし人殺した後   しこりを残します...許されんやろ@