マレーナ   
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:モニカ・ベルッチ
古き良きイタリアンファミリー
言わずと知れた「ニューシネマパラダイ   年の心の内側、ようするに「女大好き!」  冒頭で流れるテロップ「この映画を父

ス」「海の上のピアニスト」のジュゼッ   そんな内容です。表現もかなり露骨で、   に捧げる」。ここに監督の思いが表れ
   
ペ・トルナトーレ監督の作品。舞台は1   見ている方が恥ずかしくなる場面もちら   ているのではないだろうか。大袈裟な

940年のシチリア、未だ半ズボンで仲   ほら。ここら辺、お国柄なのでしょうか。  感動作ではなく、当時の自分をオーバ

間に遅れをとっているレナート(12才)  しかし、下着泥棒やのぞきはやり過ぎだ   ーラップさせた個人個人の思い出に語

彼も街の男達と同様、街で一番の美人マ   とやっぱり思いますがね。もうひとつ、   りかけるプライベートフィルム。そん

レーナ(モニカ・ベルッチ)に恋します。  良く描かれているのは古き良きイタリア   な印象をうけた。女性がひとりで生き

戦場から帰る夫をただじっと待つマレー   の家庭。特にレナートと父のやりとりは   て行く事が困難な時代。今以上に男は

ナ。そんな彼女を「夫の死」という悲劇   絶品で父はレナートを事あるごとにボコ   女性を守り、強くなければならないわ

が襲います。生きる術をなくすマレーナ、  ボコにします。しかしそれは今思えば、   けだ。男女平等がうたわれる現在、よ

それを何とか救おうと守ろうとする無力   日本でも昔は何の変哲もない普通の風景   っぽど今の方が楽かもしれない。この

で幼いレナート。切ない恋の物語り..   だし、愛情いっぱいに撮られたその絵は、  映画、ノスタルジーを感じれるかどう

そんな前ふりですが、実際は思春期の少   むしろ微笑ましくさえ写ります。映画の   かにかかってるようだ....@