ムルデカ   
監督:藤由紀夫 出演:山田純大、保坂尚輝
『ムルデカとほえろ』
この一見地味な邦画。意外なところで話   導した島崎中尉をはじめとする日本兵達   場人物に感情移入する暇はなく「太陽

題になっているらしい。それはアジア侵   も祖国へ帰らず彼等と共に独立のため戦   にほえろ」ほどの感動は得られない。
   
略を美化する映画として批判されてると   う。そんなストーリーだ。まず度胆を抜   この映画が太平洋戦争の事実を描いて

いうのだ。「ムルデカ」とはインドネシ   かれるのは前半の戦場シーン。明らかに   いるかについては全く興味がないが、

ア語で独立を意味する。太平洋戦争中、   装甲車や戦車が模型でチープ感満点だ。   敗戦し日本へ帰るべき兵士達が、イン

日本軍はジャワ島に上陸しオランダ軍を   予算がないのだろうが、ちょっとしたシ   ネシア独立戦争に参加したという事実

降伏させ同地を占領する。そこで日本軍   ーンの背景に写る建物も張りぼて感が強   は心をうつ。インドネシア独立のため

は「青年道場」と証しインドネシアの青   くテレビチック。面白いのは島崎をはじ   という思いも、もちろんあったろうが、

年を集め軍事教育をし自衛団をつくる。   めとする日本軍メンバーの殉職シーンで、  一矢報いたい、そんな気持ちもあった

しかし、その後日本は敗戦し再びインド   各キャラクターにあった死に様が用意さ   のではないだろうか。戦争が肯定され

ネシアはオランダ軍の攻勢を受ける。も   れている。まさに「太陽にほえろ」のそ   る事は永遠にない。しかし現実に戦っ

ちろん青年道場のメンバーは独立軍とし   れである。7人はいたと思うが、残念な   ているのは人間同士である。殺すか殺

てオランダ軍と戦うのだが青年道場を指   がら時間の関係上、観客がそれぞれの登   されるか、究極の二者択一である..@