NEXT ネクスト


「Roadster in cinema」



2008年4月25日金曜日

NEXT ネクスト」中村150エコ
---------

困り顔がセクシーなニコラス・ケイジ主演の巻き込まれ型トラブルアクションムービー
原作は「マイノリティ・リポート」の人気SF作家フィリップ・K・ディック
ではさっそくストーリー
二分だけ先の未来が予測できるという微妙な能力を持つクリス(ニコラス・ケイジ)は
その力のせいで受けたトラウマから
今は力を隠し寂びれたラスベガスのクラブでマジックショーをやる毎日。
ところがそんなある日、史上最悪の事件が起こる。
テロリストがLAへ潜入し核爆弾をどこかに仕掛けてしまうのだ。
FBI捜査官のカリー(ジュリアン・ムーア)はクリスの能力に目を付け
彼に捜査協力を依頼するが予知は自分に関する事にしか働かない事
ましてやそんな大事に巻き込まれるのはごめんだと拒否するクリス。
しかし彼の最愛の恋人リズ(ジェシカ・ピール)がテロリストに拉致されてしまい
いやおなしに予知する事となるのだった...
テーマは努力により未来は変える事ができるって感じ。
映像的な見所は主人公が予知能力によって
様々な危機を紙一重でかわすシーンにあり多少荒さはあるものの迫力満点。
ただ個人的には予知する際に見える
主人公の主観的な絵に興味があり
その辺は全く語られてないが現在の絵と半々でマリオカートみたいな感じなんだろうか。
それにしても予知により自分が生き残るためだけの未来を選んでいくというのは
なんとも絵的には奇妙なもので
例えば主人公がFBIに守られながら銃弾の雨の中、移動するシーンなど
援護するFBIはバタバタ倒れるのに対し主人公は予知してるので隠れる事なく平然と歩けたりする。
こうなってくると未来とは、人生とは極めて個人的なもので
自分が死んだ時点で世界は終わるって解釈に近そう

エリーゼの黄緑だって僕にだけ見える色なのかも。あ、やっぱり一緒ですか


back



home