ノット・ア・ガール     監督:タムラ・デイヴィス 出演:ブリトニ−・スピアーズ、タリン・マリング 

『餅は餅屋』
 今をときめくティーンズアイドル、ブリトニ   に。キットは恋人へ会うために。はたして三   はまるで別人のようである。それを知ってか知

 ー・スピアーズの初主演映画である。ブリト   人の夢は叶うのだろうか....        らずか歌以外のエピソードのシーンは3人の少
   
 ニー・スピアーズと言えば言わずと知れたア   この中でブリトニ−が演じるのは優等生のル   女にほぼ均等にあるのだが、これが残念ながら

 メリカのスーパーアイドルだが知らない人に   ーシーである。さていくらブリトニーがスー   ちょっと単調でかなり退屈である。それでもエ

 はちょっと辛い映画となるだろう。       パーアイドルであったとしても歌わなければ   ピソードの内容にはアメリカの10代の子達が

 物語りは幼馴染み三人少女のロードムービー   間が持たないわけで、その涙ぐましい努力が   抱えていそうな問題、家庭内の問題やダイエッ

 となっている。ルーシー、ミミ、キットの三   この映画を支えている。ブリトニーが歌うシ   ト、レイプなどが盛り込んであり映画っぽい作

 人は10才の時、それぞれの将来の夢を箱に   ーンは3度ある。まず旅行の資金不足のため   りにはなっている。結局この手のアイドル映画

 詰め永遠の友情を誓い土に埋めた。そして掘   カラオケコンテストで歌うシーン。つぎが邦   には今までたくさんの人が挑戦してきたがスト

 りおこす約束の日、高校卒業の日がやってく   題のもとにもなっている主題歌「I'm Not A    ーリー的に主人公が歌うのが大前提なのでワン

 る。今では疎遠になっていた三人だったが、   Girl,Not Yet A Woman」をピアノの弾き語り   パターンに終わってしまう。その点、マドンナ

 箱の中身を開け10才の時に抱いていたそれ   で歌うシーン。そして最後にオーディション   は歌わない事があるから別格かと思ったが、歌

 ぞれの夢を思い出す。そして三人はそれぞれ   で同じく主題歌を歌うシーンの計3回。これ   わないときには脱ぐので逆にたちが悪いかもし
 
 の目的のため西部へ一台の車で旅に出る事と   がこの映画のすべてだと言えるだろう。歌っ   れない。ブリトニーファンなら必見の作品だが    

 なる。ルーシーは幼い頃別れた母へ会いに。   ているブリトニーはまさに水を得た魚の様に   その他の方にはかなり長いプロモーションビデ

 ミミは歌手のオーディションを受けるため    生き生きしており台詞をしゃべっている時と   オに感じるだろう@