弟切草   
監督:下山天   出演:奥菜恵
「二本立ての意味」
「弟切草」この映画は元ネタがゲームで、  ストーリーは、突然実の父親の遺産を受   なわけです。低予算な場合、美味しい

そのあと小説化され今回映画化されまし   け継ぐことになった奈美(奥菜恵)が、   手法といえます。出演者は主演の奥菜
   
た。ゲームはやったことないのですが、   自分の幼い頃の記憶をたどり、本当の過   恵以外に知った顔はなく、演技も散々

選択肢によりエンディングが変わるマル   去を取り戻す、というもの。時事ネタの   たるものでした。この映画は同時上映

チエンディングのようです。小説の方は   幼児虐待、トラウマ、その辺がお約束で   の「狗神」も含めて角川文庫のホラー

読みましたが、シチュエーションだけが   盛り込まれてます。ポイントは双児の妹   シリーズなわけですが、映画化で成功

同じで映画とは内容の違うものでした。   直美の存在のはずなのですが、これがま   した試しがありません。「狗神」は天

さて問題の映画ですが、オープニングか   た中途半端で生かされていません。小説   海祐希、渡部篤朗とかなり気になるキャ

らかなり凝った映像が続きます。CGが   だと二重人格とかけてあり、まだ楽しめ   スティングですが、たいていは主演に

多用してあり、はっきり言って見にくい。  ます。ほとんどの舞台となる屋敷のシー   アイドルを置いて終わりです。それで

全く現実味がありません。最終的なオチ   ンでは登場人物が持っているハンディー   は小説を読んで期待して観に来られる

のために、その非現実性が必要なのかも   カメラの映像を使う手法が使われていま   お客さんに失礼ってもんです。おや?

しれませんが何とも言えない違和感。    す。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」  もう誰も期待などしていませんか?@