エディット・ピアフ 愛の讃歌


「Roadster in cinema」



2007年9月20日木曜日

エディット・ピアフ 愛の讃歌」中村700エコ
---------

フランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの生涯を描く物語
ちなみにフランスでの原題は「La Mome」英語版では「La Vie En Rose」となっており
あつかいはフランスの美空ひばりってところだろうか。
そのエディット・ピアフを演じるのはリュック・ベッソン製作「TAXi」シリーズのマリオン・コティヤール。
その他「ビヨンド・サイレンス」のシルヴィ・テステューなども出てるが
やはりハリウッド物に比べると知った顔は少なめ。
ではストーリー
第一次世界大戦中の1915年、パリのベルヴィルでエディット・ジョヴァンナ・ガション、
後のエディット・ピアフは生まれた。
母のアネッタは路上で歌を歌い日銭を稼ぐ毎日だったが当然暮らしは楽ではなく
エディットは祖母ルイーズが経営する娼婦宿に預けられる。
恵まれない境遇にありながらも必死に生きる彼女達に囲まれ育つエディット。
その後、大道芸人の父との生活をきっかけに歌い始め
1935年パリのストリートで名門クラブ「ジェルニーズ」オーナー、ルイ・ルブレにスカウトされ一躍スターダムに。
しかし悲劇は確実に忍び寄っていた....
わがままで身勝手ってで決して手放しで褒められた人生ではないのだが
これほどまでに彼女の声が心を打つのはなぜなのだろうと
上映中終始思う。
身体を通し発せられる声
そこにはその人の人生そのものが現れるのだろうか
いやどんな人生であれ生きる事に意味が生まれるのかも。
許されるなら同じ空気で震えたかった

では最後に日本語題にもなっている彼女の代表曲「愛の讃歌」をここに




back



home