戦場のピアニスト  監督:ロマン・ポランスキー 出演:エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン

ただそこにある事実
 2002年カンヌ映画祭で最優秀作品賞、パ   制的に引越しをさせられる事に。シュピルマ   それが日常だったと言う事なのだろうが見てる

 ルムドール章を受賞した作品である。原作は   ンもその1人だった。ゲットーで毎日訳もわ   方は慣れないしなかなか辛いものだ。そしてこ
   
 ポーランドのピアニスト、ウワディスワス・   からずたくさんの人間が殺される中シュピル   の映画には原作に基づいてたくさんの善人と悪

 シュピルマンが自らの経験、ナチスによるユ   マンはただ生きる事だけを目標にする。そし   人が出てくる。それは人種に左右されず悪いユ

 ダヤ人収容所からの生還を描いた回想録。つ   てついにゲットーを脱出し今度は街のアパー   ダヤ人もいれば良いドイツ人もいるわけだ。し

 まりこの映画に描かれている事は事実という   トで息を殺しまたただ生き続けるシュピルマ   かし思うにこんな極限状態では個々の中にある

 事になる。監督はロマン・ポランスキー、実   ン。しかしそのアパートも戦火に巻き込まれ   良い面と悪い面がより極端に表に出るのではな

 は彼も収容所で幼い頃母を亡くした経験を持   てしまい瓦礫の中を食べ物を探し転々とする   いだろうか。ドイツ人将校が最後に主人公を救

 つ実体験者である。              シュピルマンはついにドイツ人将校に見つか   うのも風向きが悪くなり後退しながら戦う中『

 物語りは1939年ナチスドイツがポーラン   ってしまう....助かりますがね       ちょっと違ったかも』と気づいたからかもしれ

 ドに侵攻した日から始まる。主人公シュピル   一言でいうなら痛い映画といったところだろ   ない。戦争という特殊な環境では人を救う事と

 マン(エイドリアン・ブロディ)はその頃、   か。まずとにかくディティールが細かい。こ   殺す事は紙一重なのかも。

 ワルシャワのラジオ局でピアノを弾いていた。  れは実際ゲットーを体験している監督の記憶   事実を描いたこの映画に「面白い」も「感動」
 
 しかしワルシャワがナチスに占領されるとユ   に基づくものだろうと思うのだが道端に転が   もあわない気がする。そうただ受け止めるだけ

 ダヤ人はユダヤ人と分かるように腕に腕章を   る死体など描かなければ描かないで済みそう   だ@

 付けさせられゲットーと呼ばれる居住区へ強   なものまで事細かに描写してある。もちろん