I am Sam     監督:ジェシー・ネルソン 出演:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー

泣きの1本
 恐ろしく泣きの映画である。主演は「デッド   親権を取り戻そうとするサム。子供にとって   うにスーツ渡しサムが着替えて登場するのだが

 マン・ウォーキング」「ギター弾きの恋」な   本当に必要なものとは....         その一瞬、全くの別人のようである。このシー
   
 どなりきり系演技派のショーン・ペン。今回   とストーリーはそんな感じだが、何よりまず   ンでリタがサムに惹かれる手筈のようだが、あ

 も知的障害を持つ父親役を熱演している。    驚くのは子役、ルーシー役のダコタ・ファニ   んなに変わられちゃ仕方ないなと。説得力十分。

 サム(ショーン・ペン)は障害を持ちながら   ングだろう。どこまでも白くどこまでも透明   この映画はきれい事すぎると言えなくも無い。

 もコーヒーショップで働き一人娘のルーシー   なその存在感は見ていて不安になるほどであ   まず悪者が誰1人出て来ないし(裁判で検事が

 (ダコタ・ファ二ング)と幸せな日々を過ご   る。安達裕美のコアを濃縮し人形に詰めた感   少々いじわるだがかわいいもの)サムを取り巻

 していた。ところがルーシーは7歳の誕生日   じ。儚いとか尊いとか。対してショーン・ペ   く人々も等しく親切である。そしてそんな世界

 を向かえた日から成長する事を拒みはじめる。  ンも7歳の大人を好演していたと思う。下手   はない、嘘くさいと思いながらも許せてしまう。

 障害のため7歳程度の知能しかもたない父サ   にやり過ぎず誇張せずに。まわりの普通の人   たぶんそれは人には楽をしたいと思う気持ちと

 ムを追いこす事、サムが読めない字を読める   が感情豊かに演じ大泣きするなか、淡々と演   平等に親切でありたいと願う気持ちがあるため

 事、二人の関係が変わって行く事。様々な思   じるショーン・ペン。このアンバランスが観   ではないだろうか。偽善だーと思いながらも泣

 いがルーシーの成長を拒む。しかし皮肉な事   客の心を揺らすようだった。ショーン・ペン   ければそれが一番人らしいと。
 
 にその事が原因でサムはソーシャルワーカー   がどれだけナチュラルに演じていたかを知る   全編に流れるビートルズサウンドもどこか懐か

 にルーシーの親権を奪われてしまう。何とか   シーンがあった。裁判の打ち合わせを弁護士   しく、無理を承知で「ラブ&ピース」で行こう。

 弁護士のリタ(ミシェル・ファイファー)と   リタの家でするシーン。リタが裁判で着るよ   そんなメッセージが聞こえるようだ@