千と千尋の神隠し     監督:宮崎駿 

行けるもんなら行きたいもんだ。
 待望の宮崎駿監督の作品。「もののけ姫」か   から千に変わろうと自分は自分。そう簡単に   に設定したのかもしれませんが、ちょっと魅

 ら実に4年も経ってるとは驚きです。前作の   変われるわけがありません。千尋は甘えの許   力的とは言いがたいようです。しかし、その
   
 「もののけ姫」があまりにテーマを盛り込み   されない世界で、自分の中から「生きる力」   分と言っては何ですが、他のキャラクターの

 過ぎ、あっぷあっぷだっため今回はどんなテ   を見出せるのか?それがとりあえずのテーマ   出来は最高です。こ難しいテーマが今回は少

 ーマで映画が撮られているのか非常に楽しみ   となっています。今回の主人公、千尋は何と   ない事もあって、全体的に笑いが絶えません。

 です。さて今作品の主人公は千尋(10才)、  も頼りない少女で、今までの宮崎駿作品にな   本編とはさほど関係ない、ちょっとした脇役

 典型的な現代っ子で裕福な家庭に育った、ひ   い、どんくささで観客にせまります。一見、   のキャラクターが、この映画をとても楽しい

 とりっ子です。彼女は両親と郊外へ引っ越す   彼女はピンチを持ち前のひた向きさで突破し   ものとしています。しかし、キャラが良いだ

 途中、不思議な世界へ迷い込みます。両親は   ているように見えますが、どう考えてもキャ   けにちょっと残念なのが背景でしょうか。湯

 その不思議な世界で掟を破ったため罰として   ラクターで押してます。「憎めない奴」「ほ   場のシーンが力が入っているだけに、その他

 魔法をかけられ豚になってしまいます。ひと   っておけない奴」、これです。もちろん、こ   得に前半のシーンに関しては雑な印象を受け

 りかろうじて逃げ延びた千尋も名前を奪われ   の手の人は現実の世界には確かにいます。し   てしまいます。自然破壊等、伝えたいテーマ

 千として魔法使い湯婆婆のもと、湯屋で働く   かし、アニメの世界となると如何せん説得力   現実は分るのですが、見る方としては少しで
 
 事となります。千尋こと千は元の世界に戻ろ   が薄く、単純に主人公の魅力が薄いと感じて   も、見ている間だけでも違う世界に引き込ん

 うと両親の魔法をとこうと努力します。しか   しまいます。今回の時代設定が比較的、現代   で欲しいと願うものではないでしょうか。ア

 し、どんなに世界が変わろうと、名前が千尋   に近いため、主人公のキャラクターも現代風   ニメの世界ぐらい罪を許されたいものです@