セックス・アンド・ザ・シティ


「Roadster in cinema」



2008年8月25日月曜日

セックス・アンド・ザ・シティ」H川300エコ、中村200エコ
---------

大ヒット海外テレビドラマの映画版で
ニューヨークにてたくましく生きる四人の女性を描いたコメディーもの。
ではさっそくストーリー
ニューヨークのアッパーイーストサイドに住むキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は
「VOGUE」にも連載を持つちょっとした有名ライター。
プライベートでは十年来の付き合いのビッグ(クリス・ノース)と紆余曲折ありながらも婚約し
結婚式まで秒読み段階。
お馴染みの親友三人からも祝福を受け
幸せ絶頂の中、結婚式当日を迎えるのだが....
基本的にはドラマ最終回からの流れをくむもので
多少の説明はあるものの僕らのように映画版が最初だと
四人のキャラクターを掴むのに少し時間がかかるかも。
内容は仕事もうまくいっていて何不自由無い暮らしをしているが
恋愛だけはうまくいかない女性たちのドタバタを描いてある。
ポイントは女性の男性化にあって
地位と経済力があれば女性だって楽しめると
ただその方向性がなぜか男性の猥談方向で
結局レベルが高いんだか低いんだかよく分からない。
まぁ平たく言うと
女性の下ネタが笑えるかどうかにかかってると言えそう

かしましい女性達にもまれたい方にお勧めか


back



home