トロピック・サンダー 史上最低の作戦


「Roadster in cinema」



2008年12月2日火曜日

トロピック・サンダー/史上最低の作戦」H川-1500エコ、中村300エコ
---------

ベン・スティラー監督・主演のはちゃめちゃコメディ作品。
共演はお気に入りのおデブ、ジャック・ブラックにロバート・ダウニー・Jr.などなど。
ではとっととストーリー
ベトナム戦争での英雄的なアメリカ兵の活躍を描いた自伝「トロピック・サンダー」の映画化が決定。
主演の三人には落ち目のアクションスター、タグ・スピードマン(ベン・スティラー)、
下ネタだけが取り柄のコメディ俳優、ジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)、
そしてやり過ぎ演技派俳優、カーク・ラザラス(ロバート・ダウニー・Jr.)と
かみ合いそうもない三人がそろう。
上手く行くわけのない撮影は案の定、五日で予算を使い切ってしまい頓挫
苦肉の策にと監督は東南アジアのジャングルに隠しカメラを設置し三人を放り出すが
そこには本物の麻薬組織が潜伏しておりまさに戦場そのものだった。
そんな中、撮影と信じきる三人は演技を続けるのだが...
予告が良い感じで、これはと車をとばして観に行ったら
終始予告を越える事はなく
H川に「金返せよ」と詰め寄られるパターン。
思ったほどお下劣でもなく
ちょっとグロい程度で免疫の強い僕らにはもう少し押しが欲しかったか。
基本的にはシチュエーションコメディで
演技をする三人が見事にはまるおかしさは
殺し屋を役者が演じるネタ、三谷幸喜監督の「ザ・マジックアワー」にも通じるところがある。
しかし何が見所ってカメオ?出演しているトム・クルーズのエンディングでのダンスだろう



これに1500エコ出したと言っても過言ではない


back



home