ターミネーター3  監督:ジョナサン・モストウ 出演:アーノルド・シュワルツネッガー、クリスタナ・ローケン

もう一つのT
 言わずと知れたシュワちゃん主演のターミネ   地味に見える。対してやたら派手なのが未来   あまり代わり映えしないが決定的に違うのがT

 ーターシリーズ最新作である。ただ今作は前   からの刺客、ターミネーターT−Xを演じる   −800だろう。前作の良さと言えば殺人マシ
   
 ニ作と違い監督はジェームズ・キャメロンで   元スーパーモデルのクリスタナ・ローケン。   ーンだったT−800がジョンやサラとの触合

 はなく潜水艦映画「U−571」のジョナサ   ちなみに彼女はケイト・ブリュースターと同   いにより徐々に人の心を持ちはじめ最後には自
 
 ン・モストウが撮っている。その他、前作2   い年の24歳..               分の存在意義まで認識する。そこに観客は涙し

 でジョン・コナーを演じていたエドワード・   さて物語は前作でサラとジョンが世界を救っ   た訳だが今回はその手の心理描写はほとんどな

 ファーロングも降板しかわりに「シン・レッ   てから10年後。「審判の日」は過ぎ一見平   い。アクションシーンはVFX駆使し前作以上

 ド・ライン」「イン・ザ・ベッドルーム」の   和に見える日々だったがジョンは未だに自分   の規模と派手さ、しかもマトリックスとは違い

 ニック・スタールが抜擢されている。そして   の居場所を見出せず1人放浪生活を続けてい   あくまでも現実的、地に足がついたもので好感

 ジョンと共に運命と戦う、言ってみればサラ   た。そこへ突然表れるどう見ても敵意丸出し   がもてる。ただアクションも後半に向け尻窄み

 の様な役割なのがクレア・デーンズ演じるケ   の新型ターミネーターT−X。世界は救われ   でターミネーター二人の行く末も含めてもう少

 イト・ブリュースター。このちょっと地味な   未来は変わったはずではなかったのか。逃げ   し盛り上がりが欲しかった。全体的には続編と

 お嬢さん、こう見えて「ロミオ&ジュリエッ   まどうジョンの目の前に再び表れる旧型ター   言うよりファンが作ったアナザーストーリーの
 
 ト」でディカプリオの相手役をつとめた人だ。  ミネーターT−800。彼は今度は敵か見方   様なもので前作の世界感、雰囲気を壊さずスケ

 最近では「めぐりあう時間たち」にメリル・   か?そしてもう一度ジョンは世界を救う事が   ールだけアップした感じ。見てて安心なのだが

 ストリープの娘役で出ていたが今回はなぜか   出来るのだろうか...とまあ話しは前作と   心に残るのはシュワちゃんのメガネだけかも@