テネイシャスD 運命のピックをさがせ!


「Roadster in cinema」



2008年8月28日木曜日

テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」中村700エコ
---------

ジャック・ブラック主演のお下劣コメディでしっかりとR15指定。
題名の「テネイシャスD」とは作品でもコンビを組んでる
ジャック・ブラックとカイル・ガスが実際に13年前に結成したバンド名で
ごく一部には熱狂的なファンがいるとかいないとか。
さてさっそくストーリー
信仰深く超保守的な家庭に育ったJB(ジャック・ブラック)の夢はロックスターになること。
ある日、厳格な父と衝突したJBは家を飛び出し
ロックの聖地ハリウッドへと旅立つ。
そこで天才的なギターリストKG(カイル・ガス)と出会ったJBは
バンド「テネイシャスD」を結成する。
しかしそう簡単に夢のロックの殿堂入りなど出来るはずもなく
途方に暮れる二人の前に「運命のピック」があらわれる。
それはビートルズ、ストーンズ、ジミヘンも手にした伝説のピックで
手にするだけでロックの神が舞い降りるという代物。
努力も忘れピックを求め走りだす二人、
果たしてテネイシャスDは運命のピックを手に入れられるだろうか....
ジャック・ブラックといえば
どこで見ても妙に発声のいいコメディアン、そんな印象があるが
13年前にバンド結成という事実を聞くとぐっと深く納得。
そしてこの作品はそんな彼の魅力が
いやただ歌いたいだけの欲望が全編ロックミュージカル調で表現されており
それが成功か失敗かは
もう好き嫌いのレベルにまで達している

では四の五の言わずに映画のワンシーン、最高で最低なパフォーマンスをここに





back



home