チルソクの夏  監督:佐々部清 出演:水谷妃里、上野樹里、桂亜沙美、三村恭代

普遍的な十七の夏
 チルソクとは韓国語で七夕の事で山口県の下   桂亜沙美、三村恭代が出ている。そして26   ソクの二人の様にもう一度会う事を誓い別れる。

 関市を舞台に日韓高校生の交流を描く青春物   年後の郁子に高樹澪、郁子の父親役に地元つ   様々な障害が押し寄せる中、果たして二人は一
   
 である。この映画、当然全国公開かと思いき   ながりなのか下関出身のジョージ山本。もち   年後会う事ができるのだろうか...
 
 や現在山口県と九州5県でしか公開さていな   ろん職業は流しのギター弾きで映画でも美声   今とは違いまだまだ親睦とは名ばかりの時代。
 
 いようだ。ちなみに地元下関のフィルムコミ   を聞かせてくれる。美声と言えばこちらは歌   本人達が良くても回りが許さない時代である。

 ッションが関わった記念すべき第一作品でも   わないが主題歌が『なごり雪』のためイルカ   特に高校生という自分では回りの環境を変えら

 ある。                    もゲスト主演している。            れない時でもあり、そのジレンマやもどかしさ

 監督はビクターのVHS開発秘話を描いた『   さて物語は1977年の下関が舞台。韓国の   がよく出ていた。実際演じているのは現在の高

 陽はまた昇る』で初監督をつとめた佐々部清。  釜山と姉妹都市を結んでいる下関は毎年夏に   校生なのだがワーキャー騒ぐ姿はピンクレディ

 物語は四人の女子高生を中心に展開するが韓   親睦を深めるため陸上競技会を開催していた。  ーや山口百恵をバックにしてもなんら違和感が

 国の高校生にほのかな恋心を抱く主人公、遠   今年は釜山で行われるため選手に選ばれた郁   なく、あの頃の何事にも一喜一憂する素直さか

 藤郁子を演じるのは水谷妃理。彼女、どこか   子をはじめとする仲良し四人組は海を渡る。   らくる強さは普遍的なんだなと思えた。誰もが

 で見た事あると思ったら清涼飲料水のCMで   そして郁子がそこで出会ったのが韓国から競   通り過ぎた17才の夏、実は思うほど悪くなか
 
 アリtoキリギリスのちっちゃい方をジャイ   技に参加していた安大豪(アンテイホウ)。   ったのかもしれない。そんな思いにさせる映画

 アントスイングしてるあの娘だった。その他   お互いに言葉もほとんど通じないままどこか   だ@

 まさにリアルタイムの現役高校生、上野樹里、  惹かれあう二人は一年後の夏、七夕の、チル