トンマッコルへようこそ


「Roadster in cinema」



2006年10月19日木曜日

トンマッコルへようこそ」中村300エコ、H川300エコ
------

2005年度韓国興行収入第一位の作品
一見ファンタジーっぽいが題材は朝鮮戦争で内容は結構ハード。
主演は「JSA」「シルミド」「オールド・ボーイ」などから
有名どころが集結。
ではストーリー
時は1950年代の韓国
山の奥深くに「トンマッコル」という名の
「子供のように純粋な村」という意味を持つ村があった。
世界から隔離されたその村では
おおらかな村人が戦争もしらず自給自足の生活を営んでいた。
ところがある日、そんな平和な村へ珍客があらわれる。
空からアメリカ兵が
山を越え北の兵士が
森の中から南の兵士が
戦争真っただ中、もっとも熱い兵士三組が村に集まったからさあ大変。
一触即発の緊迫した雰囲気の三組
しかしトンマッコルのボーダレスな村人と触れ合いの中
次第に緊張は解け人本来の姿を取り戻してゆく。
だがその頃、村の存続をも危ぶむ危機が訪れようとしていた...
前半はかなりコミカルで
争いを知らない村人と争いしか知らない兵士との
噛み合ない掛け合いが楽しい。
そして次第に毒気を抜かれて行く兵士達
戦争の末端、最前線で戦う人々は
決して望んで争っている訳ではなく
あらがえない大きな流れの中にいるのだって事のよう。
ただ前半のこの微笑ましさが嘘のようなのが後半
お涙頂戴な展開とはいえ
前半の視点がほとんど生かされておらず
これでは泣くに泣けない感じ

久しぶりの二本立てな覚悟で


back



home