椿三十郎


「Roadster in cinema」



2007年11月22日木曜日

椿三十郎」中村100エコ
---------

1962年に公開され不朽の名作となった
黒澤明監督と三船敏郎コンビによる同名作品のリメイク版。
両作品を比較してみると
その三船敏郎を織田裕二が、ライバル役を演じた仲代達矢を豊川悦司が
加山雄三を松山ケンイチが、といった感じ。
ちなみに黒澤明は森田芳光となっている。
では物語り
井坂伊織(松山ケンイチ)を含む若侍九人衆は上役の汚職を告発しようと目論んでいた。
そこで伯父の城代家老睦田(藤田まこと)に相談するも良い顔をされず
ならば大目付菊井(西岡徳馬)にともちかけると
そりゃ聞き捨て成らん!詳しい話を聞きたいので集まってくれと言われる。
指定された社殿に出向き意気あがる若侍達だったが
もちろん大目付も黒で
すでに社殿は菊井の手下、室戸半兵衛(豊川悦司)率いる一味に囲まれていた。
動揺する若侍達
とそこへふらっと現れる一人のよれよれ浪人
義理人情と熱い話が大好きな椿三十郎(織田裕二)だ。
頼まれてもいないのに「のった!」と外へ飛び出し敵を蹴散らしてしまう織田裕二。
なんとかその場はしのいだものの企みがばれた以上
家老が危ないと走り出す十人だったが....
全編、織田裕二オンステージって感じで
それは見入ってると「踊る大走査線」との違いが分からなくなるほど。
内容は殺陣系アクションあり、笑いあり、ハラハラありのエンターテイメント重視の作品なので
現代風の所作もさほど気にならないが
それはそれで斬られても飛び散らない血を見てると
あの時代の尊さや儚さが薄いのはちょっと残念だろうか。
それにしても手の延長ともいえる剣の世界
ひょっとしたら一番強くなれるかもって思い込むのも分かる気がする。

「天下無双とはただの言葉じゃ」そう言ったのは石舟斎だったか。そうエリーゼもただの車じゃ


back



home