呪怨  監督:清水崇 出演:奥菜恵、伊東美咲、上原美佐

びっくり箱ホラーの王道
 「リング」や「仄暗い水の底から」に続きハ   そんなのりで「リング」のような物語の展開   がちょとしょぼい。この辺『仄暗い〜』でもそ

 リウッドですでにリメイクの決まっているジャ  によるハラハラ感は全くない。物語の特徴と   うだったのだが予算の関係なのか本体が写ると
   
 パニーズホラーである。劇場版という文字を   してはビデオ版もそうらしいのだが、いくつ   あれあれと思ってしまう。しかしだからこそ、

 よく見かけるので何かと思ったら元ネタはビ   かのストーリーを同時進行させ後に絡めてい   これがハリウッドならばと期待がつのると言う

 デオのようで「呪怨」「呪怨2」とビデオ版   くというもの。これにプラス、時系列の前後   もの。ハリウッドの技術と予算でビジュアル的

 が先にあり劇場版はその総集編といったとこ   も絡めてとんでもない所をつなぐわけだが、   な恐さが加わればリングより分かりやすいホラ

 ろのようだ。残念ながら私はビデオを見てい   これが残念ながら分かりにくい。手法だけで   ーになるのではないだろうか。

 ないので詳細は分からないがストーリー的に   言えばパルプフィクションという声もあるよ   ホラーにつきものの逃げる女性には奥菜恵と伊

 もつながりがあるらしい。           うだが少々テンポが悪いだろうか。とはいえ   東美咲が選ばれているが有名所の抜擢を批難す

 監督は72年生まれと若く映画は2作目、経   脅かし方は一流で誰もが普段の生活の中で「   る声もある。確かにビデオ版のように無名な役

 歴を見てもホラーづくしでホラーの申し子の   気のせいかな」と思うものがすべて現実とな   者の方がホラーは集中できるのかもしれないが

 よう。しかもハリウッド版でもメガホンを取   っている。何も特別なシチュエーションでは   ファンにとってはアップも多く普段見れない逃

 る事が決まってるようでこのリメイクの仕上   ないのだが日常のふとした隙間にある闇に覚   げる演技も必見となるだろう。ちなみに夏には
 
 がりはちょっと面白そうである。        える恐怖をつぎつぎにつないである感じだ。   すでに『呪怨2』の公開も決まっている。主演

 さて映画の方は俗にいうお化け屋敷型ホラー   ただ1時間半これで恐怖をつなぐのはさすが   は酒井法子。ちょっとマニアック過ぎないか@

 の典型で出るぞ出るぞ出るぞ...きゃー!   に辛く、後半ついにお化けが写るのだがこれ