『神磯の鳥居』と惑星集合

・2015/10/10(金)の朝方に、細い月と惑星(金星、火星、木星)が集合するので、 大洗海岸にある『神磯の鳥居』に出向いて、星景写真を撮影した。
・10日の明け方は、GPV予報によると曇りであったので、自宅で晴れ間を待つ予定であったが、幸運にも晴れていたので、急遽、撮影に出かけた。
・水平線近くに雲はあったものの、月や木星などは雲の切れ目から顔を出し、その雲が写真としては 良いアクセントになった。
・午前3時に撮影場所に到着したら、10名足らずの先客が、既にカメラをセットアップしていた。 お年寄りが多かったが、老人会か何かの撮影会だったのかもしれない。
・撮影は午前4時で切り上げた。この後、水星も顔を出すのだが、水平線近くに厚い雲があるので、 ここで撮影を終了しました。
・以下に撮影した写真集を示します。

NoCopy

【図1】
・まずは、水平アングルで、月が水平線から上がり、雲間から顔を出したところで1枚。
・「神磯の鳥居」やその周辺の海は、肉眼でもはっきりしないくらい暗かったので、その周辺を写真的に見えるようにするために、 明るさとコントラストをあげる画像の強調処理をしている。

NoCopy

【図2】
・月や惑星が雲から脱した直後の写真
・月明かりが海面に反射して美しい。


NoCopy

【図3】
・月や惑星の高度があがり、f=35mmの水平アングルで限界に来たところの写真。
・雲の影響がなくなり、高度も高くなったので、月と地球照の区別がなくなってしまった。

NoCopy

【図4】
縦アングルに変更し、惑星と月を左に、『神磯の鳥居』を右に配置して、撮影。

NoCopy

【図5】
・同じく縦アングルで、『神磯の鳥居』を画面下中央にもってきた星景写真。
・月とその地球照が少しでも弁別できるように、月の部分を減光するように画像処理。
・『神磯の鳥居』の岩盤に打ち寄せる波を画像処理で強調し、月明かりが海面に反射した幻想的な写真に仕上げた。
・掲載した5枚の写真の中では、一番見栄えが良いできと思うが、惑星が少し目立たなくなってしまったかもしれない。