画像の説明

【このWebページの取扱説明方法】

  1. 上部メニュー:マウスカーソルをメニュー項目に移動(選択されると、背景色が変わります)し、クリックすると、当該Webに移動。
    更に、末尾に">"があるメニューは、折畳まれたメニュー項目であり、カーソル移動で、多階層ドロップダウンメニュー/メガメニューに展開されます。
  2. 右サイドメニュー:項目の文字をクリックしても、各部屋に移動できます。
  3. 最新の更新個所"What's New"のWebへのクイックアクセス:マウスを画像に移動すると、画像がクリアになり、クリックで当該Webに移動。
  4. ホットスポット: New! の後にある文字列をクリックしても、最新の更新部分にクイックアクセスできる。
  5. 「このWebページはスクリプトやActiveXコントロールを実行しないように制限されています」と警告表示されたら、 「ブロックされているコンテンツを許可」してください。
    これは、上にある画像のスライドショーを起動するために必要です。

what's new

New! COVID-19 New! 渋野日向子 2020年賀状 JohnsonSpaceCenter
COVID-19 渋野日向子 2020年賀状 JohnsonSpaceCenter
SpaceCenterHouston HKIR改造後First Light C/2017 S3 2018.1.31皆既月食
SpaceCenterHouston  HKIR改造後First Light C/2017 S3 2018.1.31皆既月食
天体写真-iPhone7 天体写真-神磯鳥居 天体写真-鹿角平 天体写真-さくら公園
iPhone7の部屋3 神磯鳥居での天体写真 鹿角平での天体写真 さくら公園での天体写真
C2014/Q2 Lovejoy いきものがかり 宇宙Prjワッペン 第二次大戦の航空機1
C2014/Q2 Lovejoy いきものがかり 宇宙Prjワッペン 第二次大戦の航空機1
第二次大戦の航空機2 日本の航空機
第二次大戦の航空機2 日本の航空機 準備中 準備中

更 新 履 歴


  新型コロナウィルスCOVID-19に関する情報

 1.1 経 緯
 1.2 感染者数トレンド
  • New! 2020/8/13時点の状況は、以下:  Updated on Aug 13, 2020
     ● 全国の累積感染者数は遂に5万名越えで増加中だが、先週予想した減少の兆しが明確になってきた。
     ● 東京とその周辺、大阪、福岡、愛知も、全国と同様の減少傾向。
     ● 茨城は、平均10名/日で、減少傾向の兆しはまだ、見えず。
  • 2020/8/5時点の状況は、以下:  Updated on Aug 06, 2020
     ● 全国の累積感染者数は遂に4万名越えで増加中だが、7月末の千名/日越えから、ここ数日は600名/日と少し増加割合が
       低くなり、感染者数の増加が鈍った。感染者数の増大に危機感を抱いた国民に警戒・自粛が作用し、7月末がピークで収まる兆しが出てきた。
     ● 東京の新規感染者数は第一波ピーク比207%の平均347名/日で増加中だが、7/31の472名をピークに、ここ数日は200-300名に収まり、
       全国と同様の傾向の兆しあり。
     ● 大阪、福岡、愛知も多いが、同様の傾向の兆しあり。
     ● 茨城は、表1.2-2に示すように、7月末から平均11.1名/日となり、水戸とその周辺で毎日数名の患者が出るのが普通になってきている。
       7月から、私が運動再開したスポーツジムでも、濃厚接触者が出て、1日だけだが臨時休館するなど、いよいよ、コロナリスクが身近に
       なってきた。もちろん、8月はスポーツジムを休会する予定。
  • 2020/7/31時点の状況は、以下:  Updated on Aug 01, 2020
     ● 全国の新規感染者数は828名/日で、5日間で5000名増え、累積感染者数は3.5万名で増加中。
     ● 東京の新規感染者数は第一波ピーク比172%の287名/日、累積感染者数は、12,698名と増加率は上昇中。
     ● 埼玉、千葉、神奈川は、データ非更新。
     ● 大阪の新規感染者数は、同ピーク比248%の216名/日と200名の大台越えで急増中。
     ● 茨城、三重とも新規感染者数が、それぞれ7.9名/日、5.3名/日と増加中で、無視できなくなってきた。
       茨城は、Stage3へ移行。
     ● 水戸は、7/28:10名, 7/29:2名, 7/30:3名, 7/31:5名, 8/1:4名と連日、複数発生。
     ● ひたちなかは、7/30:2名、8/1:3名と、いよいよ感染者が日々増える傾向になってきた。
  • 2020/7/26時点の状況は、以下:  Modified on Jul 30, 2020
     ● 全国の新規感染者数は655名/日で、累積感染者数は3万名を越えて増加中。
     ● 東京の新規感染者数は第一波ピーク比154%の258名/日、累積感染者数は、11,221名と急増中。
     ● 埼玉の新規感染者数は、同ピーク比84%の33名/日、千葉も同45%の16名、神奈川も同54%の22.57名。
     ● 大阪の新規感染者数は、同ピーク比166%の110名/日と100名の大台越えで急増中。
     ● 茨城は、情報更新され、新規感染者数は同ピーク比25%の1.86。
     ● 累積患者数(赤線)の増加トレンドをみると、東京だけでなく、大阪、愛知、福岡も同様に急上昇カーブを示しています。
       先週末は、GOTOキャンペーンの東京外しのため、「東京由来」と言われてきましたが、この言葉は不適切で、「大都市部由来」が正しい
       表現であることを示しています。
       従って、地方の人は、東京だけでなく、住んでいる地方に近い大都市に近づくことは感染ハイリスクですので、やむを得ずこれらの都会に
       行く人は、十分に注意するようにし、可能なら避けたほうが良いと思います。 Updated on July 28, 2020
     ● 陽性検出率をみると、PCR検査数が増えているにもかかわらず、明確に上昇(現在、7%)し、新たなステージ(第2波)に入っていることが
       判ります。これが、GOTOキャンペーンで更に助長されて、大阪、愛知、福岡周辺の地方の感染者数増加につながり、全国規模での急増を
       招くのではないかと、危惧しています。 Updated on July 28, 2020
  • 2020/7/22時点の状況は、大都市で軒並み急増し、以下:
     ● 全国の新規感染者数は520名/日で、今月末には累積感染者数は3万名を越えで増加中。
     ● 東京の新規感染者数は第一波ピーク比145%の242.86名/日、累積感染者数は、遂に1万名越え。
     ● 埼玉の新規感染者数は、同ピーク比99%の38.86名/日と急増中、千葉も同45%の15.14名、神奈川も同63%の26.43名と増加中。
     ● 大阪の新規感染者数は、同ピーク比116%の76.57名/日と急増中。
     ● 茨城は、情報更新され、新規感染者数は同ピーク比44%の3.29名と増加中
  • 2020/7/18時 点の状況は以下:
     ● 全国の累積感染者数は24,460名で、今月末には3万名を越える勢いで、増加中。
     ● 東京のそれは、第一波ピーク比128%の215名。
     ● 埼玉のそれは、同ピーク比93%の36.86名と急増中、千葉も同64%の21.71名、神奈川も同64%の26.71名とと増加。
     ● 大阪のそれも、同ピーク比73%の48名で急増中。
     ● 茨城は、情報更新されていないが、220名と増加、さらに、ひたちなか市でも1名感染…
  • 2020/7/16時点の状況は以下:
     ● 全国の累積感染者数は2.3万名越えて増加中。
     ● 東京のそれは、ピーク比117%の約200名。
     ● 埼玉のそれは、ピーク比86%の33.71名と急増中、千葉も同62%の20.86名と増加、神奈川のそれは、同54%の22.7112.3名と横ばい。
     ● 大阪のそれも、ピーク比16%で急増中。
     ● 北海道は、ピーク比4%で減少。
  • 2020/7/8時点の状況は以下:
     ● 全国の累積感染者数は2万名越え(グラフ縦軸スケール変更)。増加の勢い加速中。
     ● 東京のそれは、ピーク比64%の約200名とさらに増加。
     ● 埼玉のそれは、ピーク比52%の20.43名、千葉も同27%の9.14名、神奈川も同54%の22.71名と増加。
     ● 大阪のそれも、ピーク比16%で急増中。
     ● 北海道は、ピーク比4%で減少。
  • 2020/7/5時点の状況は以下:
     ● 累積感染者数のグラフが、全国、東京、埼玉、神奈川、大阪は、明らかに急増の傾向を示しており、第2波到来!
     ● 東京はピーク比51%の約86名とさらに増加し、緊急事態宣言レベルの第2波到来確定!
     ● 埼玉は、ピーク比31%の12.3名、神奈川同31%の12.9名と、東京周辺も同じく、第2波の模様!
     ● 大阪は、ピーク比10%で、急増中。
     ● 北海道は、ピーク比15%で、一進一退状態。
  • 2020/6/30時点の状況は以下。東京の周辺県で増え始めている。:
     ● 東京はピーク比33%の約55名とさらに増加し、要注意!
     ● 埼玉は、ピーク比23%の約9名、神奈川同22%の約9名と、東京周辺でも増加し始めており、要注意!
     ● 北海道は、6/11のピーク比21%から10%に減少していたが、16%と再度、増加傾向へ。
  • 2020/6/26時点の状況は以下。東京以外も全国的にジワリと増えているところあり。:
     ● 東京はピーク比25%の約42名と増加傾向で要注意!
     ● 埼玉が、ピーク比15%の約6名でジワリと増加傾向で要注意!
     ● 北海道は、6/11のピーク比21%から10%に減少で、沈静化傾向。
     ● 福岡は6/2のピーク比50%から3%と減少し、沈静化。
  • 2020/6/18時点の状況は以下。油断は禁物だが、東京以外はこの夏に向けて沈静化しつつある:
     ● 東京はピーク比17%の約30名で要注意!
     ● 北海道も6/11のピーク比21%か12%に減少したが、なかなか10%を切れない。
     ● 福岡は6/2のピーク比50%から8%と減 少し、沈静化傾向。
  • 2020/5/14に、感染者が減少した39県で緊急事態宣言は解除。
      東京都、大阪府、神奈川県、埼玉県、千葉県、兵庫県、京都府、北海道は、継続。
  • 2020/5/20時点で、人気台が続く、関西(大阪府、京都府、兵庫県)は、解除検討中。
      首都圏は、東京、埼玉、千葉はピークの一桁に低下したが、神奈川29%とまだ高く、東京も人口1万人当たりの感染者が7%以上で、
      解除はもう少し様子見。
      夏に向けて自然に新規感染者数は減少傾向にあり、非常事態宣言は、5/25にて解除。
      11月頃から始まると予想される第2ピークへの対策検討が、今後重要となる。
      非常事態解除宣言後、福岡は増加、東京もジワリ増加で、要注意。
  • 2020/5/5の情報では、全国ではピーク値42%→39%→36%(5/2から6%減少)だが、東京は57%→63%→58%(5/2から1%増加)、
     神奈川は、4/14頃をピークに減少したが、46%とまだ多い。
     北海道は、3月後半に新規感染者数が微増になり終息したのだが、4月後半になって、再び激増。4/29頃のGW前に第二ピークになり、
     GWのため、そこから減少したが、まだ65%(ピークからの減少割合が一番少ない)。
     他の都道府県の一部の所で、店舗・公共施設再開など規制緩和に向かおうとしているが、北海道の例は、安易に緩和すべきではないことを
     示している。


 1.2.1 日本でのコロナウィルスのパンデミックは、本当に、終息に向かっているのか?
 1.2.2 茨城県の感染状況 
 1.3 日本が爆発感染を免れた原因
 1.4 PCR検査の是非について
 1.5 新型コロナウィルス治療薬の特例承認
information

--祝-- 累積ACCESS数 3,000 突破!!! @2020/05/02


2020年元旦 あけましておめでとうございます。

--祝-- 累積ACCESS数 2,000 突破!!! @2018/08/14

2018年あけましておめでとうございます。

--祝-- 累積ACCESS数 1,000 突破!!!

【準備中】

  • 準備中

【準備中】

  • 準備中
MENU
LINK
Copyright (C) 2014-2020 xMASAx All rights reserved.