HIT COUNT
SINCE 5/MAR/2000

UP DATE 27/JUL/2009
更新履歴→→ブログ更新中
メール アイコン
ファーデート・ソンヤーン(タイ カラシン県) 8〜10世紀

I N D E X

ENGLISH

東南アジア
美術史

タイ骨董日記
(プラクルアン)

過去の日記

タイの仏像.1

タイの仏像.2

タイの仏像.3

タイの仏像.4

タイの仏像.5

カンボジアの仏像.1

カンボジアの仏像.2

カンボジアの仏像.3

ビルマの仏像.1

ビルマの仏像.2

コレクション
全体画像


L I N K

神奈川仏教文化研究所


東南アジアの仏教美術

--ご挨拶--

 東南アジア歴史から思いつく古代遺跡といえば
世界遺産として有名なカンボジアのアンコール・ワット(12〜13世紀)、タイのスコータイ遺跡 (13〜15世紀)、アユタヤ遺跡(15〜18世紀)ぐらいではないでしょうか。
最近ではビルマのバガン遺跡(11〜13世紀)、ジャワ島のボロヴドゥール遺跡(9〜10世紀)も メジャーになりつつあります。
その他にもタイのカンボジア国境付近に点在しているクメール帝国時代の遺跡やタイ北部のチェンセン、ランプーン(ハリプンチャイ)遺跡 にも素晴らしいものがあります。

その中でも一際目を引くものが仏像仏教彫刻)です。

仏像は2世紀頃、今のパキスタン・ガンダーラ地方で最初に造られ
仏教の伝来と共に姿形を変えながら各地で作られるようになりました。
東南アジアではじめて仏像が造られたのが6世紀頃と研究されています。
仏教伝来後はその土地特有の美意識や民族、周辺諸国などの影響により表情、服装、姿勢また材質等も変貌させ今日に至っています。
このサイトではタイ最初の王国といわれているタワーラワディー期(ドヴァーラヴァティー期) の仏像とその王国を建国したモン族 の美術様式に重視し国別(現在の領土)に東南アジアの仏像を紹介します。




Buddha Image

ドヴァーラヴァティー期の青銅仏

Copyright(C) 2000-2009 Buddhist Art of Southeast Asia (Ichikawa). All Rights Reserved.