home page に戻る

接着剤一口知識


エポキシ系接着剤
 
概要 分子中に2個以上のエポキシ基を持つエポキシ樹脂とそのエポキシ基に反応する硬化剤(通常:活性水素)の組合わせからなる。
エポキシ樹脂: ビスフェノールAとエピクロルヒドリンからなるビスフェノールAジグリシジルエーテル型が代表であるが、その他にも色々ある。
硬化剤: 脂肪族アミン、芳香族アミン、チオール、酸無水物、ジシアンジアミド、イミダゾールなど多数。
長所 無溶剤のため硬化収縮が少なく、接着強度が高い。金属、ガラス、セラミックス、硬化プラスチック等接着可能な材料が多い。
短所 2液を良く混合する必要があるため作業が面倒くさい。皮膚刺激の大きなものがあるため取扱注意。

酢酸ビニルエマルジョン系接着剤
 
概要 ポリビニルアルコールを保護コロイドとして酢酸ビニルモノマーを乳化重合して作られた酢酸ビニルポリマーを使用する。乳白色粘調の液体。 接着剤は酢酸ビニルポリマーとポリビニルアルコール、可塑剤、水(水が約半分)からなる。
長所 木材、紙などの多孔質接着体に対する接着性良好。硬化後も柔らかいため、貼り付けた後から木材加工が出来る。有機溶剤を使用せず、1液性のため使用が簡単。
短所 耐水性が悪く高湿度では劣化する。屋外用には使用できない(作品を水に浮かべたらバラバラになるかも)。非多孔質材料では水分が抜けないため接着できない。

シアノアクリレート系接着剤
 
概要 α−シアノアクリレートを主成分とし少量の水分を触媒としてアニオン重合する。 アルキル基のタイプによって金属接着用のメチルタイプ、汎用のエチルタイプがある。
長所 硬化速度が極めて早い、低粘度で浸透性が良い。
短所 硬すぎるため対衝撃性に弱く、ロープに使用すると折れることがある。多湿下では白化現象がおきる。熱劣化、高温高湿劣化がある、目に対する刺激と皮膚接着力が強いため取扱に注意が必要。