第17回大学(男子)ソフトボール東海オープン大会要項

1.主  催  東海地区大学ソフトボール連盟
2.主  管  愛知県ソフトボール協会・同西三河支部・豊田市ソフトボール協会
3.後  援  全日本大学ソフトボール連盟
4.特別協賛  ダイワマルエス
5.大会期間  平成30年3月20日(火)・21日(水)、予備日3月22日(木)
6.大会会場  豊田市運動公園ソフトボール場、多目的広場(3球場)
7.チーム数  男子12チーム
8.参加資格  全日本大学ソフトボール連盟および(公財)日本ソフトボール協会に登録され
        ているチーム、もしくはそのチームの登録選手による合同チームであること。
        なお、出場申し込み多数の場合は、各地区における秋季大会の成績と地域性
        などを参考に主催者が選抜する。また、予備日を含めて全日程に参加できる
        チームであること。
9.出場資格  主催者によって、出場を認められたチームのあらかじめ選手登録された選手
        に限る。このうち試合ごとにベンチに入ることのできるのは、選手25名、部
        長1名、監督1名、コーチ2名、トレーナー1名、記録員の資格を有するスコア
        ラー1名、主務1名の計32名以内とする。なお、新1年生の出場については出
        身高校と当該大学部長の承認がある場合は認める。
10.参 加 料  1チーム20,000円
11.申込方法  E-mailアドレス:mztn@xd6.so-net.ne.jpへmailの件名を「○○大学(男子)
        東海オープン参加申込」とし、2月10日(土)までに申込書を請求すること。
        また、出場が認められた後、2月28日(水)までに申込書ファイルを返信し、
        参加料を次の振込口座へ振り込むこと。
        【振込口座】
        銀行:三菱東京UFJ銀行大府支店 口座番号(普通)00********
        名義:ミズタニヒロシ
12.競技方法  12チームを3チームずつ4グループに分けて予選リーグ戦を1日で実施し、翌日
        1位グループ・2位グループ・3位グループ各4チームによる順位決定トーナメ
        ント戦を行う。
13.競技規則  2018年度オフィシャルソフトボールルール及び競技運営規則による。
        なお、第一日の予選リーグ戦においては、100分を過ぎて次のイニングに入ら
        ない。また、サスペンデッドゲームを採用する。
14.使 用 球  ダイワマルエス社製公認革ボールとし、試合毎に新球を2個提出すること。
15.審 判 員  (公財)日本ソフトボール協会公認審判員
16.表  彰  優勝チームに対し賞状と優勝杯・優勝旗杯を、準優勝チームに対し賞状と盾
        を授与する。なお、優勝杯と優勝旗は持ち回りとする。
17.組合抽選  3月1日(木)午後1時から東海地区大学ソフトボール連盟事務局において主催者
        による代理抽選を行う。また、抽選結果は全日本大学ソフトボール連盟HPに
        掲載する。
18.費  用  参加チームの旅費、滞在費はすべてチームの負担とする。
19.傷 病 等  主催者・主管者は大会期間中における傷害・疾病並びに事故等について一切
        の責任を負わない。保険証を持参すること。また、試合中のプレイやアップ
        中の行為によって損害賠償が生じるような事故が発生した場合は、当該チー
        ム・個人が加入している損害賠償保険などによって対応すること。
20.宿泊弁当  主催者は斡旋しない。ただし、宿泊・弁当については関係機関を紹介する。
21.備  考  出場チームは部長または監督に引率され、チームの行動について責任を負う
        こと。
22.問合せ先  東海地区大学ソフトボール連盟事務局
        水谷 博 E-mail mztn@xd6.so-net.ne.jp
23.そ の 他  ・日程が順調に消化された場合は、予備日に交流試合を最大2球場で各4試合
         行いますので、これへの参加希望があれば申込時にご連絡ください。
        ・本大会は、開閉会式や監督会議など競技会の形式を極力省略し、限られた
         時間と会場において、最大の実質的な成果が得られるよう大会運営を行い
         ます。その点をご理解のうえ、ご参加ください。



| トップ |  | 戻る |