2002/04/01

 半年ぶりに番組復活。とは言っても前回の美少女教育はほとんど見てなかったりするんですが。オープニングで、出演者紹介のクローズアップがあるんですが、ミカと稲葉さんと平家さんとか出て来なかったりするんですが…。そんな感じでスタート。

 ナレーション:
 ここは、動物のオアシス。
 今日は人間になりたい動物が人間の世界をお勉強するべく集まってきた。

 それぞれ、役柄が決まっていて
 かおり(モーニング娘。) =動物たちに人間のことを教える先生。もちろん人間。
 石井さん(童謡のお姉さん)=先生のアシスタント。何故かエスパー。
 ごっちん(モーニング娘。)=人間になりたい動物。生まれたばかりのピンクのうさぎ。
 大谷さん(メロン記念日) =人間になりたい動物。ねこ。くま。
 あさみ(カントリー娘。) =人間になりたい動物。きつね。リス。
 藤本さん(期待の新人)  =人間になりたい動物。ひつじ。

飯田 :こんばんはー!はい、今夜も皆さんがですね、人間になるために勉強していきますよー。
後藤 :ういっす。
大谷 :はーい。
あさみ:っていうか先生、はい!
飯田 :はい。
あさみ:先生遅刻…です。
いきなり先生30分の遅刻!
藤本 :ずっと待ってました。
あさみ:はい。
飯田 :チッ…。(笑) …逆ギレするかおり。
あさみ:結構待ってました。
藤本 :待ってました。
飯田 :あたしだって、仕事しとんねん!(笑)そりゃ渋滞もするしさぁ〜。(笑)
飯田 :色々大変なんだよ!でもごめんなさい。お待たせしました。
動物達:よろしくお願いしまーす。
飯田 :いよいよ突然なんですけど、いよいよワールドカップですよね?
石井 :はーい、そうですね。
飯田 :ワールドカップと言えばですね、あのこれ、ちなんだテーマじゃじゃん!
『フーリガン』
飯田 :フリーガン、について…。
動物達:え?
大谷 :先生、棒の場所が違う。
飯田 :え〜と、フーリガンについて勉強していきたいと思います。
動物達:は〜い!
飯田 :え〜と、これ知ってます?
藤本 :はーい。
飯田 :何?
藤本 :フーリガンは、人ですよね?
あさみ:えらい人?
石井 :ちょっと、違いますね。
藤本 :大統領ですよね?
あさみ:えらい人!
飯田 :そうなの?(石井さんに確認する) …かおりも知らないみたいです。
石井 :予測は無いですか?
後藤 :ワールドカップはサッカー?
石井 :そうです。
後藤 :そう…。
飯田 :それさえ知らないの?(笑)うさちゃん、やばいぞー!
後藤 :だって今朝生まれたんだもん、私。(笑) …そんな設定があったとは。
何の関係があるんだ
石井 :生まれたて…。
飯田 :うさぎってさぁ、どうやって生まれるの?卵?(ニワトリの鳴き声のSE)
かおりん先生マジ!
後藤 :いや、いや、いや…。
動物達:せんせー!
後藤 :いや、いや、いや、違う。お母さんのとこからこの体で生まれました。
飯田 :あっそう。
後藤 :はい。
飯田 :おかあさん…随分デカイねぇ?(笑)
後藤 :そうそうそうそう…。
石井 :じゃ、ヒント出しましょうか?
動物達:はい。
石井 :え〜とフーリガンは、そのワールドカップの大会の中でお客さん側の中で起こることというかそういう感じなんですよ…。
後藤 :あっ!あ〜わかんない。 …さすが、ごっちん。
石井 :あれ?(笑)
飯田 :分かんないなら、発言するなよ!
後藤 :ちょっと待って、「わぁ〜」ってやるやつは?これは何?
飯田 :ウェーブ。
後藤 :あ…。(笑)
あさみ:ケンカ。
飯田 :ケンカ!
石井 :あ〜。
後藤 :物投げあう。
石井 :あぁ〜!
後藤 :じゃあ、食べ物投げあう。
石井 :た…なんで食べ物…。
飯田 :パイ投げ?
後藤 :パイ投げ?
石井 :いや…。でも、でも、でも、そんな、そんな感じですよ。
飯田 :へえ〜〜〜。
石井 :じゃ、ちょっと、ちょっと、じゃあボードをね、これいっちゃいましょうかね?
みんな:うぉ〜。
石井 :ちょっとこれ「ウォーリーを探せ」的な感じなんですけど…。(笑)
…ってことで、フーリガンの説明。
後藤 :一揆みたいなものですか?
石井 :あ、すごい!いいですね。
大谷 :すごい、歴史みたい…。
石井 :そう、一揆、一揆、サッカー一揆みたいなね。
後藤 :あーそんな感じ。
石井 :そんな…そんな…そんな勢いで…。
後藤 :歴史は強いよ。今日生まれて、全部勉強したから。
藤本 :(カメラ目線で)一揆、知らない。
あさみ:すごいね、うさぎさん…。
後藤 :卑弥呼とか…。
石井 :流石、いきなり邪馬台国かよ…。
飯田 :単語だけ知ってても、説得力無いから。(笑)
石井 :そう、そう、そう、そうなんです。(説明の続き)
後藤 :たまったもんじゃないですね。
石井 :はい。
飯田 :そうですよー。皆さんもフーリガンしないでくださいよ。
後藤 :は〜い。頑張って〜。 …頑張る必要はないような。
飯田 :ハロープロジェクトフーリガンとか言ってさぁ…。
あさみ:もの凄そう…。
飯田 :「今日から飯田シカト」とか言ってさ、みんなシカトとかすんの。(笑)
飯田 :ヤじゃない?!ちょっとやめようね、フーリガンはね。 …先生、解ってないです。
後藤 :オッケー。
動物達:こわ〜い。
飯田 :みんな平和にね、ラブ&ピースで行きましょうよ。
後藤 :そんな感じで。

 …ごっちんがいいわ、とにかく。なんとなく飯田先生が一番勉強した方が良いように感じるのは気のせいです、きっと。

 歴史は得意なごっちん。


アヤカのとつげき英会話!

英語で「太るよ」言われて、
ご立腹の加護亜依さん(14)

 こちらも半年振りでございます。まずはアヤカ、今回はスーツ姿では無く、ウエイトレス姿で登場。ぴょ〜ん星人と遭遇。辻ぴょん不在のため、ののが風邪引いてた頃の収録と思われます。ココナッツ娘。ということで、ミカと2人でシュークリームを食べる加護ぴょんに「YOU GONNA GET FAT」とツッコむ。ふくれる、あいぼん。「だから、何よ!」「私のお腹をごらんあれ」。

 今日のターゲットは、よっすぃ〜。

<よっすぃ〜!
<ハ〜イ!
<ハ〜イ!Let’s tea time.
<チーチャイン?チーチャイン? …起親?
<ティ、ティ、ティ、ティータイム。
<ティータイム?
<うん。今。
<お茶の時間?
<ヤー!
<また、アレでしょ?英語を言えたらあげるわよとか、そんなんじゃないの?(笑)
<(紅茶を入れつつ)いいえ。
<それにしてもすごい格好ですね。
<(カメラ下から舐め撮り、カメラ目線で)(衣装については)ふれないで。
…今回は、積み木(ジェンカだっけ?)でクラッシュしなかったらケーキが食べれます。
<(説明聞いて)マジすか?
<ブルーのだけは引かないで。
<どこでもいいんでしょ?
<(引いた積み木を見て)「放っておきなさい」なんやねん、これ。
<アハハハ。それをね、今日は英語でマスターして欲しいなって…。
<放っておきなさい?分かんないですって!
<英語で言うと、”Leave it alone.”
<ん?
<Leave it alone.
<ちょっと待って、ちょっと待って。崩れなかったんですよね?
<あ!ケーキあげる。
<まずは、ケーキですよね? …このタイミングいいです。
<ごめんなさい。忘れてた、忘れてた。
<わ〜い、センキュー。
 …よっすぃ〜的に、すごい格好のアヤカ。
…あとは普通に英会話教室です。

2002/04/02

 今週はこれ1本に絞ろうかなって感じです。マジで更新する時間が無い。っていうか、普通更新しないんじゃないのかと思いつつ結局するんですが。 …なぜなら、面白いから。

 …出演メンバーは、前日を参照してください。

飯田 :みなさん、こんばんはー!はい今夜もみなさんね、人間になるために、お勉強していきますよ。
大谷 :はい!
藤本 :はい。
飯田 :健康調査を行います。元気ですか? …猪木の真似はしませんでした。
後藤 :元気ぃ〜。
大谷 :元気です。
あさみ:元気じゃないで〜す。
飯田 :あら?
後藤 :どうしたの?病気ぃ〜?風邪ぇ〜?
あさみ:うん、なんか…。
飯田 :毛深いね。(笑)
藤本 :プッ!
あさみ:毛深いでしょ。そう…
後藤 :胸毛が…。
あさみ:特に胸毛がさぁ…、ちょっと最近ひどく多くなったから…。
後藤 :ちょっと、毛が恋してない?
飯田 :ん?
後藤 :毛が恋してる…。
あさみ:恋してる?
毛が恋してる。
大谷 :ラブラブ。
藤本 :どういうこと何だろう?
飯田 :あのごっちんの言う事、半分くらい意味わかんないから(笑)流すのも結構大事かなと。 …で、飯田さんの説教は、意味不明と。どういうグループだよ。
飯田 :今日のお勉強のテーマはこちらです。じゃじゃん。
『朝スポ・夜スポ』
飯田 :はい。これはですね、あの仕事に忙しいビジネスマンやOL達が、深夜や早朝にスポーツクラブに通う事を言います。
後藤 :あっ。
飯田 :まぁ、スポーツ新聞かと一見思いますよねぇ〜。
藤本 :思いました。
飯田 :思いました?
大谷 :思いました。
飯田 :思いますよねぇ。
大谷 :人間は、スポーツが好きなんですか?
飯田 :へ?あ、人間?人間スポーツ超好き。
飯田 :あのーこう見えても運動神経いいんだよね、意外と。
後藤 :あたしもよくする、スポーツ。 …昨日生まれたばっかじゃなかったの?
飯田 :うさぎする?
後藤 :うん。 …ごっちんは「するよ派」と。違うよ。
後藤 :ミニチュアダックスフンドに追いかけられる。(笑)
飯田 :え?それぇ…。(♪犬のおまわりさん)
それはスポーツ?
飯田 :え〜と、うん…。そうか。(笑) …優しいかおりでした。
飯田 :ミニチュアダックスフンドは何処にいるの?
後藤 :あの〜、く、草っ原。
飯田 :え?後藤…。ミニチュアダックスフンドの飼い主!は、誰なのかな?
後藤 :ごっちん。そう、よく追いかけられる。
全員 :…。
飯田 :散歩して…。
後藤 :そう、そう、そう。
飯田 :うん、うん、うん。
後藤 :でもミニチュアダックスフンドは、うさぎをつかまえる車?じゃなくてイヌ?(笑)
飯田 :(唖然とした表情)
後藤 :じゃ無いんでしたっけ?違いますっけ?エスパーさん。
石井 :(素で)え?ミニチュアダックスフンドっていう車ですか?(笑)
後藤 :(笑いながら)違いますから〜。
藤本 :エスパーの頭脳には入ってない。
後藤 :石井ちゃんの頭脳にはないみたい。
飯田 :だから、ごっちんの言ってる事、よくわかんないの。
後藤 :そうですね。
石井 :はい。
後藤 :錯覚という事で。
石井 :錯覚という事で。
飯田 :そう、そう、そう。
後藤 :はい。そんな感じで行きましょう。
飯田 :ミニチュアダックスフンドかわいいねぇ。
後藤 :かわいいですねぇ。
飯田 :他のみんなはスポーツ得意なのかな?
石井 :はい、こんな所にですね、こっ…重っ…こんなものがあるんです。リ、リスくん、リスちゃん余裕でしょう? …きつねじゃなかったのか!?
飯田 :リスちゃん牧場で働いているからね。
あさみ:(ダンベル5kg)を片手で上に3回
石井 :ポキッっていった、今。ボキッ。先生とかどうですかね?
飯田 :先生ねぇ、今なんか筋おかしくしててね…。
後藤 :それは5kgですね?
あさみ:5kg
大谷 :重そう。
飯田 :(立ち上がって)これね、まっすぐこうやって、こうやって下さい。
藤本 :ハッ!(上に2回)
後藤 :そう。脇をしめて、こうやって、やるんです。
飯田 :(ダンベル渡しつつ)得意そうね、うさちゃん。
後藤 :そう、こうやって、こうやるんですよ。 …ごっちん最強説を裏付ける動き。
あさみ:え〜これ欲しい。
藤本 :(ごっちんを真似てダンベル上下)
後藤 :こっちの方がいい。
飯田 :すごいっ!
石井 :すご〜い。
後藤 :そう、家で…おいらの…
あさみ:エスパーさん、これ下さい。
後藤 :おいらの家にはあるよ。(大谷にダンベル渡す)
石井 :(あさみに)じゃ、お持ち帰りで。
ウサギ(後藤)はダンベルで鍛えてるらしい
大谷 :重っ。全然行かないよ。(ごっちんと比べるとかなりスロー)
あさみ:持って帰るの大変だよ。
飯田 :大ちゃんとかはさぁ、くまちゃんとかはさぁ… …ネコじゃないのか?!
大谷 :はい?
飯田 :部活とかやってなかったの?運動?
大谷 :部活は中学校までやってましたよ。
あさみ:なに?
後藤 :バスケットでしょう〜?
大谷 :えぇ?!(首振る)
藤本 :柔道!
大谷 :なんで柔道…。
飯田 :合うっぽい。柔道合うっぽい。(笑)
大谷 :バトミントンとソフトボールをくり返してた。
動物達:へぇ〜。
飯田 :じゃあ結構運動得意なんだね?
大谷 :好きですね。
飯田 :じゃあ、ヤギちゃんは? …羊じゃないのかよっ?!間違えすぎっていうか全然あってない。
石井 :ヤギ…先生っ…
ヤギ?
後藤 :ひつじです。 …羊でいいんだ、ビックリした。
藤本 :え〜と、羊だ。 …自分もちょっとわかってなかったらしいです。
飯田 :もう羊もヤギも区別つかないんだよね。ひつじちゃんは?
藤本 :ひつじは小学校、バスケットボール部。
飯田 :あ、バスケっぽいよね〜。
藤本 :中学校、バレーボール部です。
飯田 :今夜のお勉強「朝スポ・ナイスポ」
後藤 :夜スポ!
あさみ:ナイスポじゃないです…。
飯田 :ナイスポって新聞じゃんよ。 …新聞はナイタイです。ナイスポはナイトスポット。大人じゃん〜。
先生ボケまくり
後藤 :先生ぃ〜。

 …ごっちんの流されちゃう話しがもっと聞きたいです。


アヤカのとつげき英会話!

 今日も相手は昨日の続きで、よっすぃ〜です。2日目はあんまりおもしろくないなぁ。

 今日のレッスン: 抱きしめて / Give me a hug.

2002/04/03

 今日もごっちんが何処まで行くのか見届けるしかないという感じです。

藤本 :いえ〜い!(切り株のテーブルにいた、いも虫をごっちんに放る)
後藤 :大好き!(いも虫を食べようとする)
藤本 :え?
大谷 :かわいい〜!
後藤 :食べたい。
藤本 :食べちゃダメだよ
後藤 :食べたい。これラー油で食べるとおいしいよね?リスさん。
あさみ:うん。おいし。食べたんじゃねーから。(笑)
藤本 :あぶな〜い!(いも虫を大谷さんに放る)
大谷 :よっしゃ〜お帰りなさ〜いっ!(テーブルの穴にさす)(笑)
あさみ:え〜もう終りなの〜?
飯田 :はい、ということでお遊びはもう終いですよ〜。
動物達:は〜い。
飯田 :え〜人類みな友っていいますから毛虫さんも仲良くしてあげて下さい。
後藤 :だって、毛生えてないんだもん。
大谷 :あれ?
飯田 :わかりますか?このファッション!私がやってるこの着こなし。
後藤 :はい。
飯田 :これをなんというか?皆さんご存知ですか?
藤本 :それ通すか通さないかはっきりした方がいいと思います。(笑)
飯田 :通す通さないはっきりする?こういうファッションなんですよ。
動物達:へぇ〜。
飯田 :あの今人間界では流行ってる着こなし方なんですよ。
後藤 :ほぉ〜。
藤本 :なんて言うんですか?
飯田 :降参?
後藤 :洋服かけ。
飯田 :洋服かけ?
藤本 :え、自分が?自分が?
飯田 :私はハンガーか?みたいな。(笑)
後藤 :アウト、リタイア。 …今日のごっちんスペシャル。
飯田 :アウト、リタイア?
後藤 :降参。
飯田 :降参?
後藤 :はい。
飯田 :OK?
後藤 :はい。
飯田 :もう解かんないな、ごっちん…。って〜これはですね、なんと、じゃじゃん!
『松方がけ』
あさみ:え〜なんだぁ?
後藤 :松方がけ?
…ということで、飯田先生が説明。
石井 :はい。え〜それでは、石井ちゃんが詳しく説明させていただきたいと思います。
…ということで、石井ちゃんが説明。 …やるせなすかよ。
 …羊とリスには不評なモデル立ちの飯田先生。
藤本 :見ちゃダメ〜!見ちゃダメ〜!
あさみ:見ちゃダメ。
石井 :JJの松方軍団も顔負けですね、先生。
飯田 :そうですね…。そうですね。え〜でもこういうの松方弘樹さんってすごいですね。
石井 :はい。
飯田 :あの〜普通のおじさんだと思ってたんですけど、こういう若い子に影響を与えるっていうのはすごいですね。
後藤 :すごいですね。しかも女の人に。
飯田 :そうですよねぇ。まぁ正直言って、私はこれやるの肩こりそうね、落ちそうで。
後藤 :ね。飛んでっちゃいそうだもん。
飯田 :でもこれにきっと、あの〜マジックテープとか(笑)りゃん面テープ貼っとけば、よいかな〜と思います。
石井 :そうですね。
藤本 :(ごっちんをさして)これは松方がけですか?
飯田 :うさちゃん?
藤本 :はい。
飯田 :それは〜、ポンチョじゃない?
後藤 :ポンチョ?(笑)ポンチョですか
飯田 :ポンチョじゃないですか?
後藤 :そうね〜。ただの襟巻きかもしれない。
飯田 :そう…。
藤本 :えりまき?
後藤 :あはは。
飯田 :みなさんキレイな女になるために松方がけ真似してみましょうね。
動物達:は〜い。

アヤカのとつげき英会話!

 今日の相手は、なっちです。 …2日で1人みたい。

<なっちぃ〜!
<(無視して通り過ぎようとする)♪丘を越え行こうよ〜
<(なっち捕まえる)ちょっと、待って。
<何〜?!この変な人〜?!どうしたの?アヤカ?!
<ハーイ!(カメラにウエイトレス姿披露)とつげきCafeです。
<あ〜アヤカもさっすがにこういう格好キツくなって来たね〜。
<キツイね。
<ちょっとね。 …なっちもちょっと前にやってたじゃん。
<何よ?なんでこんな格好してるの?こんな格好して…。
<だからぁ〜。
<このスタジオで…。
<もうなんかモーニングがね忙しいときにリラックス出来るようにCafeを…。
<あ、カフェ?
<うん。オープンしたんですよ。
<あ、いいや、楽屋でお茶飲む。(笑)
<いや、いや、いや。ちょっとアレ見て、ティーセットとお花とケーキ。
<ちょっと待ってお茶入れるね。オホホホ。
<お、何か凄いね、どうしちゃったのアヤカ?こんなところで。(笑)大丈夫?
<すごい、すごい優しい人になった。
<あ、ほんと?
<なんか、やな感じなものがあるわ。
<え?何で、何で?
<いいわよ、ちょっと座っとく。
<あ、ごめん。すっごいねっ…なんかクリーム入れすぎちゃった。
<いいよ、いいよ。
…ってことでルール説明。
<そうそうだよね普通になんて食べさせてもらえないよね。知ってるよ、もう。
<じゃ、何?これを引けばいいのね?よし…。
<うん。青以外。
<え?何で青以外なの?
<何かそう言われた。
<そう言われると青引きたくなるよね?でしょ。普通にそうなるよね。
…ということで、黄色の積み木を引いたなっち。
<イヤン!
<どう…こんなこと、いいの?『キスして!』 …♪KISSして髪を撫でて〜
<(笑)いいのか?
…ちゅーことで”Kiss me.”とか”Give me a kiss.”とか。
<なっち、この苺が好きなんだよ!
<それラズベリーじゃない?
<あ、あれ〜?君はラズベリーかい?
…なんか、なっち天使!だらけな感じでしたね。

2002/04/04

藤本 :(大きい葉っぱを手に立ててバランス取る)あーぁ!
大谷 :ほら、邪魔しちゃお、ほら。(いも虫を手に立ててバランス取る)
あさみ:あ、すごい。
大谷 :ほら。(笑)
あさみ:すごい。
石井 :面白い。
藤本 :(バランス崩す)
あさみ:すごい。
大谷 :イエーイ。
藤本 :すごーい。かっこいいー。
あさみ:さっすがー。
後藤 :い〜な〜ぁ。 …ごっちん、いも虫がかなりお気に。
飯田 :(プレートを手に立ててバランス取る)(笑)
石井 :あっ!先生…。
飯田 :(バランス崩して顔にぶつける)(笑)
後藤 :い〜な〜ぁ。 …かおりの顔よりいも虫に夢中。
飯田 :(痛いのを我慢しつつ)こんばんは…。
動物達:こんばんは。
飯田 :え〜っと、今日もみんなが人間になるためにお勉強していきたいと思います。
動物達:は〜い!
飯田 :(顔を押さえつつ)はい。
あさみ:先生、大丈夫ですか?
飯田 :うん〜と、バランス感覚って大事だよね。(笑)やっぱりね、はい…。
飯田 :え〜とね、今日のお勉強のテーマはこちら。じゃん!
『ツナガール』
あさみ:はい!
藤本 :はい!
あさみ:ツナ(缶)が好きな女の子。
藤本 :同じだ。
飯田 :そのまんまやないの。
後藤 :すご〜い。(拍手)英語出来るんだ…。
飯田 :っていうか、ごっちん、「ガール」わかんないの? …「ツナ」も英語ですけどね。
後藤 :わかる、わかる。
飯田 :ね。
後藤 :わかる、わかる、わかる。
飯田 :そうね、そのまんまじゃないですか!違います。
あさみ:え? …え?じゃないつーの。
大谷 :電話?
飯田 :電話…おっ!
大谷 :おっ!
飯田 :おっ!
後藤 :つながる!
大谷 :(いも虫を受話器がわり)
藤本 :(あさみと手をつなぎつつ)つながる。
飯田 :近い近い。
藤本 :つなが〜る?
飯田 :そーじゃないんですけども、ま、電話というのにすごく近いんですけども。あの〜中学、高校ぐらいの女の子で1日中携帯で誰かと話してないと友達から見放されるんじゃないかと不安になる女の子…のことを言います。
動物達:ふ〜ん。
後藤 :はぁつみみぃ!
藤本 :耳、おっきいのにね。
後藤 :ね。(笑)よ〜く、聞いたよ、今。
飯田 :そう、人間界でこういう人間が多いんですよ、ね?
後藤 :ねぇ。
石井 :はい、そうなんです。え〜と、それによってですね、携帯が離せなくなる女の子が多くてですね、授業中でもメールをこう…送ったり、読んだりとかしてね、それって多いじゃないですか。あと、家庭でも食事中、こう携帯入って、「え?ちょっと待って今食事中だから」って部屋に行って…
藤本 :誰?誰?誰?(笑)
石井 :そういう感じで。はい。食事中携帯が入るとそれを持って部屋にこもっちゃって、もう折角の家族の団らん台無し、みたいなね。
動物達:台無し…。
石井 :そういう…そういうガールをツナガールと言います。
後藤 :いけない子だねぇ〜。
あさみ:しみじみ…。(笑)
飯田 :でも、そーいう子多いと思いますよ。みなさん心当りありませんか?
あさみ:今は無いな。
飯田 :正直言いますと私もツナガールの1人ですね。
実はかおりん先生も「ツナガール」
飯田 :あの〜電話を持っていないと結構すごく不安になって…。
藤本 :持ってるは、持ってる…。
飯田 :持って…電話かかってきちゃったら、結構すぐ出ちゃいますね。なんでも出ちゃいますね。「何があったんだろ?」×2と思って出ちゃうんですけども。
動物達:ふ〜ん。
飯田 :皆さん、そんな感じじゃないですか?ごっちん、そうじゃない?
後藤 :結構、そう…かも(おどけた感じで)…しれな〜い。(笑) …「しれな〜い」最高。
ウサギ(後藤)も「ツナガール」
飯田 :ごっちん…。 …なんか呟いてました。
飯田 :え〜と、まぁ、よっすぃ〜なんかも「私携帯無かったら人生楽しくな〜い」って、よく行ってますからね。
ヨッシーも「ツナガール」
後藤 :あ〜そうだね。だってぇ、圏外とかだと、何か「あっヤバイ。死にそう…」って、言ってるもん。(笑)
飯田 :まぁそれぐらいで死なれても困るんですが…。どうですか藤本ちゃん?
藤本 :ん?
飯田 :ツナガールじゃないの?あなた。
藤本 :え?
飯田 :ツナガールじゃないの?
藤本 :ツナガール…うん…かな?。
飯田 :なんでしょ?
石井 :彼女は結構ツナガールですね、彼女は結構ツナガールですねぇ。(笑)
あさみ:何で今、2回言ったんですか?
石井 :いや、なんとなくね、はい。
藤本 :はははは!
石井 :結構、そんな…そんな…そんな彼女はツナガールって感じでね、はい。ウフフ。
飯田 :くまちゃんは、どう?
大谷 :くまちゃんは、電話が欲しいって感じです。電話かけて欲しい。
飯田 :あ!
大谷 :鳴らないんです。
飯田 :♪電話が無いのは…
全員 :♪いつからでしょう?
大谷 :(うつむく)(笑)
飯田 :電話が鳴らない?
大谷 :鳴らないですね。そのね、中学の友達とか…と、全然連絡とって無いので…(カメラ目線で)えー見ていたら、電話くれ!っていう感じでね。(笑)はい。

 …石井リカさん(童謡のお姉さん、エスパー)が結構面白いかも…しれな〜い。


アヤカのとつげき英会話!

 今日もなっち。今日のお題は「わかりました(I understand.)」。突如疑問の湧いてくるなっち。

<何でさ自分とか私とかつけるんだろうね?英語って。いっつも思うんだけど。
<…あ、そっか。
<よくわかんなくない?
<わかる。
<わかるでしょ?
<…あ、そっか、そっか。
<だって、日本語だと、私解りました、じゃなくて、解りましたは、解りましたじゃない?
<でも英語だと解りました、なのに何か変な単語とかついたりするんじゃ〜ん?
<そうだ。
<何でですか?(笑)
<えっと…。(笑)あの、understandだけだと〜何かね、その…解る、だけで何にもアクションが起こらない。
<?別にアクション起こんなくたっていいじゃんねえ?(笑)

 …何とか英語の人称の扱いを説明するアヤカなのでした。

2002/04/05

藤本 :(左肘を押さえて)痛、た、た、痛いっ!痛、た、た…。
あさみ:大丈夫?
藤本 :フフ。痛い、痛い。
飯田 :こんばんはー!
動物達:こんばんはー!
飯田 :今夜もねー、みなさーん、お勉強しますよー!
あさみ:はーい。
大谷 :はーい。
後藤 :ほーい。
藤本 :はい。
飯田 :何が痛いの?
藤本 :何か痛い。 …昨日のバランス崩してこけた時にぶつけてたからね。
あさみ:あははは。
後藤 :さっきリスが〜、羊…ちゃんのことをいじめてた。(笑)
あさみ:(葉っぱで藤本をつつく)こうやって、何でこっちに要るのよ?!って。
飯田 :こんなかわいい顔して性格悪いんですか?(笑)
あさみ:いえ。全然いい子です。
飯田 :いい子なんですか?
あさみ:はい。
飯田 :いじめはよくないですよー。
藤本 :(目でカメラに訴えるように頷く)
あさみ:いやこの前は、羊ちゃんにいじめられたので、いじめかえしました。
藤本 :(腕をさすって)ここの毛も刈られました。(笑)
後藤 :あーそんなことしてー。
藤本 :寒い…。
飯田 :あーダメです。みんな仲良くお勉強しますからね。
動物達:はい。
飯田 :はーい、まぁ今夜のね、お勉強のテーマは、こちゅらなんですよ、ぱん!
『無洗米』
藤本 :あー!
飯田 :分かりますか?
藤本 :(手挙げて)食べたことある。
飯田 :食べたことある?
あさみ:たべもの?
後藤 :お米ー!
飯田 :そりゃ、米って書いてあるもんなぁ。(笑)お米、そうです。何ですか、羊ちゃん?
藤本 :洗わないで食べる米。
あさみ:えっ!そのまんま?
藤本 :…。
あさみ:そのまんま?
藤本 :…。洗わないで食べる米。 …この2人の間も結構面白い。
後藤 :洗わないで、蒸かすんじゃなくて、炊くんでしょ?
飯田 :そうそうそう、そういうことなんですよ。
飯田 :あのー水で研がずにそのまんま、た…炊くお米のことですよ。
藤本 :はい。
飯田 :ね。ね?
石井 :はい、そうです、はい。何か面倒臭がり屋の奥さんなどが水で洗わなくても、もう炊飯器に米を入れてスイッチオンで、そのまま炊けてしまうという…。
石井 :でもねぇ、お母さんの手垢がついて美味しくなるって感じもしますけどね。
後藤 :えー?!汚いがなぁ。
飯田 :石井ちゃんのお母さんは手を洗わない人なの?
石井 :いや、違う×3。そんなこと無いですよ。
あさみ:手垢なんてねぇ…。
飯田 :まぁでもお母さん頑張ってね、その洗ったお米が食べたいなっていう気は、するんですけれども。あーの、日本人て言えば、やっぱりお米じゃないですか…。
後藤 :米好きー!
大谷 :はい。
飯田 :米好き?ごっちん。
後藤 :米好きー!
飯田 :好きやねー。よく食べてるねー。
後藤 :うん。何杯でもいけちゃうー。
飯田 :何杯でも食ってるね。
後藤 :うん。
藤本 :焼肉好きー!
飯田 :えーっと、お米の話してるのよ。
あさみ:でも焼肉とご飯は美味しい。
後藤 :美味しい!こないだ食べたー!
動物達:美味しいー!
飯田 :まぁでも、そんな中ね、私達食事一緒にする事多いじゃないですか?
動物達:はい。
飯田 :コンサートの合間で。
動物達:うん。
飯田 :あの1人変わってる人がいて、納豆用意して食パン食べてる人いるんですよ。
大谷 :ははははは。
あさみ:誰?
飯田 :だ〜れ〜だ〜?
大谷 :あ〜れ〜?!はい、みたいな。
あさみ:マジで?!
飯田 :お米嫌いなの?
大谷 :違うんですよ、あの時〜、何ですか炭水化物抜きダイエットやってて、お米はいかんという風に覚えてたんです。 …パンもね。
飯田 :すごい不思議な…光景で、肉じゃががあって食パンがあるんですよ? …じゃがいもも。
藤本 :あはは。
飯田 :変じゃないですか、それ?
石井 :そうですね。あたしはご飯はおかず無いと食べれないですね。 …普通は。
動物達:ん?
石井 :おかずはご飯が無いと食べれないですね、はい。
石井 :ちょっと今日あるんですよ、無洗米が、実は。
飯田 :え?ホントですか?!
藤・あ:(手拍子しながら)ご飯!ご飯!ご飯!ご飯!ご飯!ご飯!ご飯!ご飯!…。
藤本 :(かおりが渡す)あ、来た、来たー!
後藤 :お米すき。
みんな無洗米は初体験
飯田 :匂いとかは普通ですね。
大谷 :普通。
あさみ:いただきま〜す。え?食べちゃって…。
飯田 :どうぞ、召し上がれ。
…みなさん、試食中。いたって普通のご飯らしいです。
飯田 :という事は、私たちが、もしお米…お嫁に行くようになって…。(笑)
大谷 :先生ーちょっと…。
飯田 :お米に…お米に…(笑)うるさいわ。

 …つーことで、無洗米は水が冷たいときとか、有りの方向らしいです。


アヤカのとつげき英会話!

 今日の相手は新垣さん。
 速攻で英会話と理解する。理由はテレビ見たことあるって深夜だけど?
 で、早速、積み木の方にチャレンジするも、わざわざ下のほうの積み木を抜こうとしてクラッシュ。ケーキはもらえず。
 そこをののが素通り。 …ホントに素通りしただけ。
 積み木を崩しても英会話はやるらしいいです。
 今日のお題は「召し上がれ(Help yourself.)」

<へるぷ、ゆぁーさる! …うっきぃー。

2002/04/08

 え〜と、予告どおりというか、遅ればせながらと言うか美少女教育Uの更新をしちゃったりしようかと思います。
 今週は、くま=あいぼん、リス=りんね、うさぎ=柴田さん、羊=村田さん、でした。

動物達:うぅぅ〜!×∞(なんかうめき声というか遠吠え)
飯田 :ダメよ。座ってください。さあね、今日も人間になるためにお勉強しますよ。
動物達:はーい。
飯田 :今日のお勉強のテーマはこちらですよ。
『朝青龍』
飯田 :これはどういうものでしょうか?
村田 :お相撲さんの名前。 …終〜了〜。
飯田 :言うなよ、すぐ。
村田 :え?!あたってるの?
飯田 :あたってますよ。
加護 :うぉ〜すげぇ〜じゃ〜ん。
動物達:すご〜い。
加護 :すぐげぇ〜!
飯田 :この朝青龍っていうお相撲さんがいるんですけど、詳しく教えてくださいな。
…ということで、エスパー石井が顔写真みせる。(モンゴル出身史上最速幕内昇進)
飯田 :ふ〜ん。覚えましたか?
動物達:は〜い。
石井 :えー、彼が分かった所で、えーおもしろ相撲用語というのを今日はちょっと習ってみたいと思うんですが、いいですか皆さん?(問題フリップを出す)
柴田 :いえい。
りんね:やったぁ〜。
加護 :(いも虫を取り出す)
石井 :まずは「あんこ」。何でしょう?分かりますか?
りんね:あんこ、甘いよね。
柴田 :うん。
飯田 :何だろうね?
飯田 :あ、分かったよお相撲さんは、太ってるから、あんこを毎日食べるんだよ。
村田 :えー?!
柴田 :あー。
飯田 :多分、そういう事だよね、石井ちゃん。
加護 :そうなんだ。
石井 :んー。じゃじゃん!(フリップの答えをはがす)
石井 :えー「あんこ」とは太ってる事なんです。
動物達:えー。
石井 :太るためにアンコを食べるのではなく、魚のアンコウがそのちょっと太り気味の魚がいるんですが、それからきている言葉なんですって。
動物達:えー。
りんね:あんこ、あんこうなんだ。
石井 :ちょっと、あんこじゃない?って、はい。
加護 :じゃ、私、あんこって、言われるんですか?(笑)
飯田 :プッ!
りんね:(あいぼんの背中とか頭とかぽんぽんしながら声かける)
加護 :そだね。
飯田 :どう見てもくまさん、加護ちゃんあんこだよ。
石井 :次行きましょうか?「そっぷ」
飯田 :そっぷ!
石井 :そっぷ。
加護 :そっぷ?
石井 :さあ何でしょう?
飯田 :アレだよね?(逆水平)
全員 :それは、チョップ!
飯田 :あはは。(石井さんにサムアップ)
石井 :じゃなくって!
飯田 :あれれぇ?
加護 :ヒント下さい、ヒント!
石井 :えぇぇ、ヒントですか?じゃ、さっきとは逆な感じですね。
村田 :あ、細い、痩せている事?
加護 :やせていること。
石井 :まさにそうです。はい、それでは…
飯田 :じゃあ、リーダ、そっぷだよね。
村田 :(ちぢこもりながら)そっぷ。
柴田 :そっぷだぁ〜。
加護 :そっぷ、そっぷ〜。
村田 :どうも。
加護 :あんこ。(いも虫で自分を指して)あんこ、そっぷ。(いも虫で村田を指す)
飯田 :やりあったところでお願いします。
石井 :えー次は「えびすこ」です。えー…。
飯田 :あーわかった、渋谷の次の駅!
全員 :それ、恵比寿!
飯田 :…まぁ、いいや。正解お願いします。 …ウケ無かったのが気に入らないらしい。
石井 :はい。えー相撲用語なので、はい。じゃんじゃん。(フリップの答えをはがす)
石井 :「えびすこ」とは、たくさん食べることです。
動物達:へぇ〜。
石井 :「えびすこ」という集まりがあるんですが、そこでご馳走をたくさん食べることが由来だそうです。
村田 :このあと、えびすこ?
加護 :このあと、えびすこ!
石井 :あ、かわいいですね。
飯田 :カントリーは?
りんね:はっ?
飯田 :えびすこいないの?
りんね:あっ!里ちゃんが…。おむすびを3つとか…。
加護 :…楽勝だよ。(笑)
飯田 :加護ちゃん、自慢してあげなさい。
加護 :いっぱい食べるぞ。
りんね:どれぐらい?
加護 :ぇ、丼2杯。
村田 :えぇ〜?!
りんね:いつ〜?
加護 :毎日。
りんね:はぁ?!
加護 :(りんねの頭をいも虫で叩く)
りんね:いた〜い!(笑)
飯田 :えびすこなんですよ。
りんね:いたいよ〜!
加護 :ごめん、ごめん。
村田 :いい音したよ。
石井 :それでは、次そろそろ行きます。次は「北向き」。
加護 :北向き?
村田 :北向き…。
柴田 :北向きは寝ちゃいけないんですよね?
飯田 :あっ、そう。
村田 :頭…
加護 :頭北向いて寝て…。
石井 :北枕ですね、それは。
飯田 :うんうんうん。
石井 :はい(フリップの答えをはがす)すねる人、変りもののことだそうです。
動物達:あ〜。
加護 :北向き。
村田 :変わり者か…。
飯田 :でも変わり者って悪い人じゃないでしょう?
石井 :そうですね。そう。
飯田 :私…は、たぶん北向きってよく言われる。
全員 :…。
飯田 :笑って。(笑)笑って! …♪ねぇ笑って!な感じ。
飯田 :笑うとこだよ。
柴田 :(無理矢理)あははははは。
加護 :(同上)あははは。
村田 :(同上)おほほほほ。

 …あいぼんが、ずっといも虫を手に持ってるのが、悪の幹部って感じで、なんかサディスティック。


アヤカのとつげき英会話!
<圭ちゃ〜ん。ハーイ。
<(笑)ハーイじゃないよ。何だソレ?(エプロンつまむ)何ですか?(笑)
<あの、カフェをオープンしたの。
<オープンしたの?スタジオに?
<そう。
<あのね、ティータイムをね、忙しいモーニングのみんなにね、合間で提供しようと思って。
<なんかおかしいじゃん、そんなの?
<なんで?なんで?
<大丈夫?
<紅茶あるよー。
<あやしくない?
<どう考えても不自然じゃない?(笑)
<あれ?そかな?
<うん。また、変なんじゃないよね?(笑)
<(ブロックを引いて)何ですか?コレ!?
<え?
<今普通に考えちゃったけど。
<ね。
<何?
<ついでに英語も一緒に勉強しようかなと思って。
<今もうすっかり頭の中英語考えちゃったりするんだけど…。
<(笑)ね。
<何だよー!
<でしょー。でもほら、ケーキとお茶をしながら英会話を勉強する。
<へぇ〜。
今日のレッスン『お先にどうぞ』→”Go ahead.”
<…♪(涙)は〜ぁ〜マジな…
<あれ?♪マジなのぉ〜
<何の歌?何の歌?
<モーニングのアルバムの歌。 …「なんにも言わずにI LOVE YOU」
<Oh!聴きたい、聴きたい。
<あたし、あれは覚えたよ。
<え?
<遅れてごめんなさい。”Sorry,to be late.”
<Oh!Very,good!(サムアップ)
<これはね、矢口がね、あめにね、英語が書いてあるやつをくれて…。
<うん。
<それで、教えてくれた、矢口が。
<Very,good!
<ベリーグー!
<You're getting better English.(君の英語は良くなってきてるよ)
<センキュー!

2002/04/09

柴田 :(まわりを駆け回る)わ〜い。
加護 :(大きな葉っぱでりんねのお尻をたたく)べしっ。
りんね:いたっ!
村田 :(なんか食べるフリ)かりかり…。
加護 :うさぎちゃ〜ん。
飯田 :はい、はい、はい。みなさーん、座ってくださーい。
動物達:はーい。
飯田 :座ってください。
村田 :お勉強の時間だ。
飯田 :あなた、ちょっと面白い歌、歌ってましたねぇ。
加護 :そ。♪人間になろ〜よ〜 …適当な感じで。
加護 :by メロン記念日さんっていうね、へんな人たちがいるんですよ。
飯田 :あ、あっそう。
村田 :テレビで見たけどね、なんか可愛かったよ。
柴田 :うん。
加護 :うっそー?!だって…。
柴田 :イケてたよ。4人組。
加護 :ホントに〜?だってあんまりそういうのなかったよ〜。
柴田 :ホントに〜?おかしいなぁ〜?
加護 :モーニング娘。っていうほうが可愛かった。
りんね:やっぱ、カントリー娘。だったよ。(笑)
加護 :えー?
村田 :なんか牧場にいたよ。
飯田 :はいはい、みんなかわいいですからね。動物ちゃんたちはみんなかわいいですよ。
飯田 :まぁね、加護ちゃんが今、歌ってたとおり、人間になろうよってことでね、お勉強していますけれども、今日のテーマはこちらです。
『振り子打法』
村田 :振り子打法?
飯田 :知ってますか?みなさん。
りんね:(バナナをバット代わりに)ブンッ!
動物達:ブンッ?
加護 :♪BunBunBunBun…。 …「そうだ!We’re ALIVE」。
飯田 :あの、ドサクサにまぎれてバナナ食べようとしないで下さい。(笑)
動物達:あー!
柴田 :いいなぁ。
加護 :ダメだぞ。
飯田 :人間は我慢をできるんです。
りんね:(バナナを捨てる)ポイッ。
加護 :あぁ…。
飯田 :そうやって食べ物無駄にしないの!
りんね:(バナナ拾う)
加護 :これ食べとき(いも虫を渡す)。(笑)
村田 :美味しいの?それ。
りんね:いただきま。(モグモグ)
飯田 :じゃあそのバナナさんにごめんなさいして。
りんね:ごめんなさい。
加護 :ごめんなさい。 …何故、あいぼんまで。
飯田 :はい。あと他になんかわかる子いませんか?
村田 :法律?
飯田 :法律?
村田 :振り子打、法…。
飯田 :う〜ん。法律…どういう法律でしょうか?
村田 :振り子だ…
加護 :おほほ。
村田 :おほほほ。
加護 :うさぎちゃんの耳が曲がってるんです。
りんね:そう。曲がりすぎだよ。
加護 :そーだよー。
柴田 :頭がいいから。
加護 :あら?
りんね:違う、違う。
加護 :違う、違う、違う。
飯田 :まぁ、決してね、石川梨華ちゃんのことではないと思います。ブリッ子だ!(笑)
加護 :(腕さすりながら)先生、そういうのって寒いって言えばいいんですか?
飯田 :え?
加護 :寒いって言えばいいんですかぁ?
飯田 :え〜っと〜、人間らしさと思って皆さん学んでて下さい。
加護 :ふりっこ、ふりっこ…。
飯田 :まじめな話、振り子打法に戻りますけど…。
…ということで、イチローと振り子打法の説明。
飯田 :詳しくはエスパー石井ちゃんお願いしますよ。
石井 :はい。
加護 :来た、来た、へんなやつ。
石井 :あ。(むっとする)
りんね:本当…なんだ頭の。
加護 :人間に見(せ)かけてへんなやつだ。腰についてるの、何だよ。
…あいぼんいツッコまれつつ、説明する石井さん。
石井 :…えー日本にいたときは、足を1本にして打ってましたが…。
加護 :1本?1本に出来たらしい。人間は足2本だよ〜!
石井 :1本にして、う、打ってたんですっ! …頑張る石井さん。
…ということで、実際に振り子打法に挑戦してみることに。
加護 :くしゅん!ぉ。
飯田 :くまちゃんやりましょうか?クシャミしてる場合じゃないですよ。(笑)
飯田 :じゃ、かおりん先生投げました。(ボール投げる)
加護 :バシッ!
飯田 :きゃ〜! …全然そっち行ってないですけど。
飯田 :コワイよ、バカ!
加護 :あはは。
飯田 :あんた違う意味でやろうとしてない?
村田 :スカッ!(思いっきり空振り)
飯田 :うわぁ〜! …だから、空振りですって。
飯田 :何やろうとしてるの?!しかも思いっきり振ってる割には打って無いじゃん。(笑)
飯田 :かっこ悪いよ。なんか普通にかおりに当てようとしてない?
加・柴:(向き合って二人して頬に手あてる)
…ということで、本物の振り子打法をエスパー石井が披露。
石井 :えい。(思いっきり空振り)
動物達:え〜?!
加護 :え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?!
石井 :(バットで殴るフリ)
村田 :ホントにイチロー選手やってるんですか?
石井 :もういっちょ。
飯田 :おかしいね。
かおりん先生がお手本披露
飯田 :普通の選手はこう投げるんじゃないんですか? …打法、打法。
飯田 :イチローはこう…。イチローは、こうか。 …一応振れてます。
りんね:かわいい。
村田 :人間になりたいな。
飯田 :なりたいでしょ?
加護 :おいら、なんかなりたくなくなった。(笑)
りんね:なんで?なんで〜?
加護 :あんなことしたくないよね〜?
加護 :まぁ、頑張ってみよう。
りんね:先生…。
飯田 :頑張ってみて下さい。
加護 :はーい。

 …かおり相変わらず怖がり。


アヤカのとつげき英会話!
<もう1個とって。
<(ブロックを引いて)私のおごりです。
今日のレッスン『私のおごりです』→”It's my treat.”or”It's on me.”
<私のおごりです、男の人は覚えておいた方がいいね。
<おーそうだね。
<よくね、彼女とかに…。
<ね。
<アヤカ、アヤカがこれ今度私と食事に行ったときに使ってください。
<あ、そうだ。私いつも奢ってばっかり…奢ってもらってばっかりだ。
<あはははは。
<ごちそうさまです。
<とんでもございません。
<じゃ、今日はケーキを…。
<ありがとうございます、ケーキを。
<じゃ、これ覚えといてね。今度テストするから。
<うん頑張るわ。”Go ahead.”,”It's my treat.”
<お、すごい。はやい。(サムアップ)覚えといてね。テストするから。
<ありがと。
<バイバーイ!
<バイバーイ!いただきまーす。モンブランだよ〜ん。

 …さすがに『WITH LOVE』は、だてじゃないようです。

2002/04/10

加護 :うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!(遠吠え)
飯田 :はい、みんな座ってくださ〜い。座ってくださいよ〜。いい子にして下さいね。
飯田 :じゃあですね、今日はみんなで勉強したいと思うんですけども、今日のテーマを発表しますよ。今日のテーマはこちらです。じゃじゃん。
『リストラ』
加護 :リスとトラですか? …あいぼんにしては普通のボケですね。
飯田 :んとー、リスとトラは、んー、んー。
りんね:あたし?
村田 :トラは?
加護 :たぶん、そうだよ。
りんね:ほんと?
村田 :悪いやつだ。
飯田 :そうじゃないんだな。悪いやつはお前だな。頭が悪いやつ。
村田 :めぇ〜?!
加護 :うぅ〜。
飯田 :そうじゃないんですよ、いいですか?人間の世界のことなんです。だからリスとトラじゃないんです。
りんね:やっぱ、クビ?
加護 :チョキン。
飯田 :まあ、悪く言えば、そうなんだけども、もう良く分かんないから石井ちゃん…
石井 :はい。
飯田 :お願いします。
…いつものように石井さんが説明。
村田 :へぇ〜。
飯田 :分かりました?
柴田 :はい。
加護 :うぉ〜。 …意味無く叫ぶあいぼん。
村田 :勉強になった。
飯田 :勉強になりました?
柴田 :…はい。(笑) …ナチュラルだから。(ナチュラルの意味が違う)
飯田 :分かったのかい?ホントに。
柴田 :分かりました。
飯田 :うん?分かりました?
柴田 :はい、リストラ…。
飯田 :リストラされないように頑張ってくださいね。 …シェ○ドルとか。
柴田 :はい。
加護 :おら、人間になりたいだぁ! …昨日とはうって変わって。
飯田 :人間になりたい?
動物達:おらもだぁ〜。
加護 :なりたいだぁ。なりたいだぁ〜!
飯田 :頑張って真剣にお勉強したらあたしのようにキレイな人間になれますので、頑張って、勉強して下さいね。
加護 :あんまりそれは好きでねえだ。おらそういうのダメだ。
クマは勉強が苦手!
…で、引き続きかおりがリストラの説明をしますが…。
飯田 :20人に1人は、仕事に…ん?仕事にあふれ…てる?だって…。
石井 :仕事に溢れてる?
加護 :仕事三昧? …そういうことです。
スタッフ(仕事が出来ないってことだね。) …仕事にあぶれてるんじゃ。
飯田 :あぁ。
かおりん先生しっかりお願いします
飯田 :20人に1人は仕事が出来ないらしいんですよ。
りんね:世の中の人が?
村田 :なんてこった。
飯田 :例えば、学校に行ってる(子の)お父さん1クラス40人ぐらいいますよね。
石井 :はい。
飯田 :学校の1クラスのうち、2人のお父さんがお仕事が出来ないってことになりますね。
村田 :あら〜。
加護 :それは何でですか?
飯田 :それはだからリストラの…時代だからですよ。 …先生答えになってません。
加護 :あ、そうですか。ふふ、はい。
飯田 :(石井さんに)いいのかな?
石井 :え?!はい、大丈夫です。
飯田 :そうですよ。(笑)人間の言うことは正しいですからね。信じてくださいよ。
加護 :はい。
柴田 :(そんなことない風に手を振る)
飯田 :もしリストラされたらどうします?今。
加護 :オオカミに食べられないように平和な街に行くぞ。
動物達:おぉー。
りんね:じゃ、一緒に行くベ。
加護 :Oh Yeah.(いも虫を取ろうと腕を伸ばす)
りんね:(その手を叩きながら)あ、くまたくさんいるぞ。 …クマ牧場ですか?
加護 :?

アヤカのとつげき英会話!
<ごっつぁ〜ん!ごっち〜ん!
<(手振って去っていこうとする)
<おはようございまーす。
<あはは。おはようございまーす。
<ね。Tea time.
<何で英語喋ってるの?(笑)
<ティータイムー!
<何、これはお茶飲んで終わり?みたいな…。(笑)
<ん?えーとね、あ、モンブラン好き…
<モンブラン好き…。
<…って聞いた。
<そう。
<でしょ?
<モンブラン好き…。
<用意してきたんですよー。
<ありがとうございます、わざわざ。
<ブロックを倒さなければ、あの…ケーキが…。
<もらえる。(はい)そしてお茶と一緒に楽しんで食べられる…。(そう)へぇ〜。
<(ブロックに挑戦)上はダメなんだもんね。
<一番上以外。
<(ブロック全部ずれて)何これ危ない…。
<全部…全部…
<なんかこれ結構危ないとこにきてる…堅いよ、これ!あ、でも…。
<おっ、きた。
<(ブロックみて)?!
<なんて書いてある?
<なんか変な…あな、あなたが居なくてさびしいって書いてある。
<おぉ〜。
<やだよ、も〜。(笑)
<大丈夫。今回は、これを言ってみてとかじゃなくて私が言うから、そのなんてーの…、使い方。
<でもあたしねー、こないだーこのねーアヤカちゃんのビデオが出た時に…。
<フフ。
<あたし、全部見てー、あたしねー、しゃべれてなかった…。(笑)
<(アゴを掻きながら)あはははは。あはははは。
<私も見た。
<そう、全然しゃべってなかった。
<日本語が多かったよね。
<そう、そう、そう。
<フラフラフラ〜とか。
<そう、こうやって…。
<で!とか。
<そう、で!…。
<多かった、多かった。まぁ崩さなかったから…
<だからもうやらない。
<え?だから、やろうよ!もっともっと…
<あは…。だって、へんだもん。
<イングリッシュスピーカーに。
今日のレッスン『あなたが居なくてさびしい』→”I miss you.”
<I miss you. …言われてみたいです。
<おっ。そう、そう。それを彼氏とかに。I miss you.なんか結構簡単…。
<え?こんな長いのに、I miss you.だけで終わっちゃうの?
<で、意味は通じる。
<え〜。
<でも、もしもこれを直訳したい場合だと…。
<I'm so lonely because you're not here with me.
<アイソロンリナンビコピキャピザンミイ。(笑)
<そう。全然違うけど。(笑)

2002/04/11

加護 :(切り株の椅子を蹴る)キック!
動物達:あー!
柴田 :(大きい葉っぱであおる。)
加護 :うわぁ〜!(吹き飛ばされる)
加護 :(バックステップした所にかおり登場)わ〜お。後ろ見て。
りんね:あ。
飯田 :みなさん、座ってください。
飯田 :あれほど言ったでしょ?ものは大事にしなさいって。分かんないのかい?
加護 :ごめんなさい。
飯田 :カラス頭。
動物達:?
飯田 :カラス頭って、カラスはね、3歩歩いたら忘れるんですって物事をね。 …とり頭じゃ?
飯田 :そういうことをカラス頭って言うんですって。
りんね:えーすごーい。
加護 :ビックリした。カラスになったかと思ったー!
りんね:そうだよねー。
飯田 :よくわかんないけれど、今日のお勉強しますよー。今日はこれです。じゃん。
『外チャリ』
加護 :は?
飯田 :外チャリわかります?何のことだか。
村田 :わかんない…。
柴田 :チャリンコ?
飯田 :チャリンコ!
りんね:チャリは、のるやつ…のるやつ…自転車。
加護 :外はそと。外で乗る自転車。 …大概自転車ってのは外で乗るもんです。
柴田 :外国の自…転車。
飯田 :うん。そう。外で乗るのは当たり前じゃない!
加護 :頭いい、うさぎちゃん。
柴田 :いえ〜い。
飯田 :うさぎちゃんちょっと人間になってきたねぇ。
柴田 :やっぱり(ポーズとる)
飯田 :いや、まだかな。
柴田 :…。(笑)
…ということで、外チャリの説明。外国の自動車メーカーのが人気。
加護 :何が?何が違うの?
柴田 :スピードも速いんですか?
石井 :そうです。やっぱ、日本のものよりは。 …いいのかなぁ。
加護 :くまとかはのれない感じですか?
石井 :え?
加護 :くまとかはのれない感じですか?
石井 :大丈夫です。広いから乗れちゃいますよ。
加護 :よし。
柴田 :私より、遅いですか?
石井 :え?
柴田 :うさぎより、遅いですか? …スピードにこだわる、うさぎさん。
石井 :いや、もう全然速いです。全然速いです。
加護 :ひつじさんかわいそうだね。
柴田 :かわいそう。
村田 :なんで?
加護 :だって、乗りずらいじゃん。
村田 :(泣くフリ)メェ〜ん。(笑)
飯田 :そんなこと言っちゃだメェ〜って。
村田 :そんなこと言っちゃだメェ。
加護 :メェェ〜。そですね。 …のの直伝か?っていうかののの時はひつじなのか?
…ってことで、ポルシェ製の90万円の自転車登場。サドルの高さにこんなに足長いものなのかとみんな驚きます。かおりん先生の「まあ多分私サイズだと思いますけどね」で撤収。
飯田 :今日は外チャリのお勉強をしたということで最後にみんなでこれを叫びましょうかね。
動物達:は〜い。
飯田 :それでは行きますよ。せーの、
全員 :外チャリ〜!(全員拝む)
加・柴:(いも虫を大きな葉っぱにのっけてかおりに放る)
飯田 :止めなさいよ!もう!何かくると思ったよ。

 …なんかへんな終わり方だったけど実は毎回さけんでるのかな?


アヤカのとつげき英会話!
<(額を隠しつつ、後ろに。逃げるように去っていく)
<ア〜イミッシュウ。いきますよ。(後ろ向くが逃げた後)
<I miss you.OK?
<OK!
<簡単だ…。
<じゃ、もう1個、引く?
<もう1個?
<もう1回。
<じゃ、もう1回ね。
<でもさー、これもうほとんど引かれちゃっててー何か知んないけどー。
<あーぬけたー。
今日のレッスン『私は君の味方よ』 …「何でそんなに」とごっちんもぼやいてました。
  →”I'm by your side.”or
   ”I'll be with you.”or
   ”I'll be on your side.”
<ま、ちょっとケンカしてどっちかの味方になるときは、I'm by your side.
<それ、日本で言ったら、多分何ゆったか分かんないから、あのーもう1人の人がーあの「てめえーおいらの味方じゃねえのか」って思わなくて済むね。 …かおり言う所の流される話。
<ん?
<あははははは。
<わかんなかった、わかんなかった。
<(無言で手振る)(笑)
<じゃ、勉強しといてね。
<はい、ありがとうございまし…た。
<あのね、またテストするから、ちゃんと勉強…
<またテスト?!でも私ね、テストしなかったような気がする…。
<あれ?え?
<しなかった…。テストって何?
<じゃ、今回はもうちょっと難しいテストにしといてあげる。
<はい。わかりました。ありがとうございました。バイバーイ。
<足が長いね〜。(笑)あは。
<(英語が)簡単に出来たような気がしてうれしい。

2002/04/12

飯田 :あら!
りんね:(ビクッ)
飯田 :みんな何してるの?!
飯田 :まだこの番組始まったばっかりでセット新しいんだから、壊さないで下さいよ〜。
飯田 :はい、いっぱいお金かかってね、リストラしちゃうんだからね。
加護 :きゃ〜。
柴田 :こわい、こわい。
飯田 :今日のお勉強するテーマはこちらです。
『ソルトレイクシティー』 …もう終わったけど。
動物達:おぉ〜。
飯田 :これは知ってますか?
村田 :なんかスポーツやったような気がする。
飯田 :スポーツ?
村田 :テレビで見た。
飯田 :あ〜。近いですね。ま、この…
加護 :テレビなんてあるの?
村田 :うん最近買ったんだ、ひつじの家で。
加護 :すげぇ〜おれんちね〜よ。
村田 :マジで?見に来る?じゃあ。
加護 :うんいいよ。今度行くよ。
村田 :カラーだよ。 …今時白黒って売ってるんですかね?っていうかみた事ある人いないんじゃない?
加護 :うんいいよ。うちモノクロ。(笑)すみません。
クマ(加護)反省
…ということで、こないだのオリンピックのことをチラッと説明。
村田 :メダルとるんですか?
飯田 :そうです。
石井 :オリンピック…。
加護 :メダカじゃねーよ。(笑)メダカは骨付きだから…。
村田 :だ〜ね、食べるよね。 …めざしと勘違いしてると思われ。
加護 :だよね。
飯田 :え〜っと、面白くないかな。(笑)ちょっとな。
クマ(加護)またまた反省
加護 :はい。(笑)
加護 :はい。石井ちゃんは銀メダルとれたんですね。(腰を指す)
石井 :あー、あー。(笑)取れちゃった。 …2種目銀メダルですか?
加護 :おめでとう。
石井 :はい。
加護 :そうなんですか。
石井 :そうです。これが私の銀メダルです。
何の銀メダル?
飯田 :そうですよー。金メダルはね、私ですからね。
石井 :先生?
加護 :先生?
りんね:先生?
加護 :先生?
村田 :先生?
飯田 :あのー何でも頑張れっていうことです。分かります?
飯田 :まあ、あのソルトレイクシティー、どこの国だか分かりますか?
加護 :ヨーロッパ。
りんね:あっ、寒いとこなんじゃないの?
村田 :北海道?
加護 :北海道?
柴田 :それ、ニッポン。
飯田 :北海道、日本でしょ?
村田 :どこ?
柴田 :わかんない…。
加護 :それ絶対違う…よ。(笑)
村田 :これちょっとボケてみたんです。
飯田 :結構リアルにみんな知らないのね?
加・飯:アメリカ!
飯田 :そうアメリカ!
加護 :うぉ〜。
飯田 :アメリカにあります。
加護 :息が合いましたね、先生。
飯田 :そうですね。
加護 :人間ぽくなる…。
飯田 :なってきましたか?
加護 :なってきましたよ。
飯田 :あの4年に1回オリンピック行われますよね?4年後の2006年には、イタリアのトリノで行われることになっています。
動物達:ほぉー。
飯田 :そのときにはね、早く人間になってもっともっとたくさんオリンピックのことをね、お話しましょうかね。
動物達:はい。

アヤカのとつげき英会話!
<(モーニング娘。の楽屋に)入っちゃおーかな、あ、辻ちゃんだー。
<どうしたの?その格好?
<ハーイ!カフェをオープンしたんだよ。一緒に行かない?
<(耳をいじりつつ)行かない。
<どうして?
<英語が嫌い。
<何で、何で?あれだよ?辻ちゃんの好きなケーキも用意してたのにー。
<いらないんだね。
<あ、来た。やっぱり来た。
<ね、一緒にだって、一緒にケーキ食べようかなって思って持ってきたんだよ?
<ホントにー?
<うん。(手つないでロビーに)カフェをオープンしたんだから、忙しい…
<遊ぼうかなと思ってゲームも持って来たの。
<どうしてそんなに急にかわっちゃったの?(笑)
<(ケーキに手を伸ばすののを制止しつつゲームの説明)紅茶今飲んでいいよ。
<え?これを取ればいいの…?
<ほい、砂糖とミルクいるよね。
<これ…これみんなできないの?
<あ、ブルー以外。
<ブルーが全部端っこにあるってこと?(笑)
<いいとこに気づくね。(笑)
<…。
<悩んでるね。
<ブルー以外?
<そう。赤と黄色、オンリー。
<あれ?ブルーが出てきた。(笑)
<ブルーは置いといて。(笑)
<これ、いけるよ。(ブロック見て)何これ?
<分かったよ、もー!ブルーには何にも書いてないんでしょう?
<そうだよ。
<(片っ端からブロックとって見る)
<辻さん、辻さんちょっとダメ、崩れる、崩れるから。ダメダメダメ。ノーノーノー。
<これ何て書いてありますか?
<「ほんとですか?」
<それを一緒に勉強しながらお茶をしようかなって。
<くっそぅ〜。(笑) …心底むかついてる感じです。
<何で?何で?大丈夫、一緒にね。
<うわっ…。(怪訝そうな顔してアヤカの格好を何回も確認する)
<あ、忘れてた。こんな格好しなきゃいけないんだ。(笑)
<あぁ。頑張ってね。
今日のレッスン『本当ですか?』→”Really?”or”Is that True?”
<あ、それだけ?
<うん。簡単でしょ?
<うん。

2002/04/15

 今週の動物達は、やぐっつぁん=ヒョウ、あさみ=リス、アヤカ=ひつじ、里田=うさぎ。今日は、何故かガラス張りのセットで、後ろに動物の着ぐるみ(牛、うさぎ、ゴリラ、トラ)を被った人たちが、じゃれてます。

飯田 :はい、こんばんはー!
動物達:こんばんはー!
飯田 :ねぇ今週始まりましたけども今週からまた新しい森のお友達がやってまいりました。
矢口 :ヒョウでーす。
あさみ:リスでーす。
飯田 :知ってます。
矢口 :よろしくお願いします。
飯田 :2人もこのちっこいのに負けずに…。
里田 :はい。
飯田 :ようしゃべるから、しゃべんないとダメだよ。
矢口 :そうだよ。
アヤカ:頑張ろうね。
里田 :ね。
飯田 :エスパー、エスパー、彼女、エスパー。
石井 :エスパーです。
矢口 :エスパー…。
飯田 :何でも知っているんで…。
矢口 :石井ちゃん。
石井 :はい。
矢口 :よろしくお願いします。
石井 :よろしくお願いします。
飯田 :ここから電波を張ってこうビビビと…。
矢口 :何処から来たんですかぁ?
石井 :え〜、宇宙から。
矢口 :うあははははは。
石井 :そう、今日はちょっと…
矢口 :何?何?
石井 :そう、わかった…じゃあ…矢口さん、命!(お腹に「命」って、ワッペン?)
エスパー大変身!!
矢口 :なはははは。
アヤカ:すごい!いつからそんなの…。
矢口 :あー。
石井 :命!もう…どんどん進化するんで…。
矢口 :そうなんだ〜。
石井 :日々進化しております。
矢口 :へえ〜、そうですか。
飯田 :まぁ、そんな感じでみなさん、人間になりたいですよね?あたしのように。
矢口 :うん。
飯田 :なので、今日は頑張って勉強しましょうね。
動物達:はい。
飯田 :今日のテーマはこちらですぅ。
『電脳自警団』
矢口 :えっ?
アヤカ:はじめて…。
里田 :難しい…。
アヤカ:分からない…。
飯田 :どういう事でしょう?
矢口 :はい!
飯田 :はい。
矢口 :たべもの!
飯田 :たべもの?
あさみ:え?何で悪い人が食べ物なんですか?矢口さん。(肩に手をのせる)
矢口 :ヒョウだから、わからないんですぅ!
あさみ:あー。そうですか。
飯田 :そうか。それは意表(ヒョウ)をついたね。 …やってもうた。
矢口 :ウン(咳払い)
石井 :ウヒョー。(笑) …こっちもか。
飯田 :なんか分かる?ヒントはね、こうパソコン…インターネットの中で起こる事かな。
あさみ:悪い人捕まえる?
飯田 :そ…んな感じ。もう答え言っちゃいます。
矢口 :漢字がねぇ、いっぱいだね。
飯田 :そう、そう、そう。
あさみ:訳わかんなくて…。
…ということで、かおりが説明。(インターネットオークションでの詐欺とかの犯人探しをする人たちみたいな)
動物達:ほぉ〜。
石井 :はい。そのオークションを利用した前金を…。
矢口 :(石井さんの説明を無視して後ろの動物のやり取りが気になりだす)
石井 :…オークションをお客さんがキ・キ・キ…。
矢口 :(右手でゴメン)続けてください。
石井 :はい。
飯田 :気にしたらキリないんだ。結構…。
石井 :そうですね。
アヤカ:そうなんだ。じゃ、気にしない…。
矢口 :気にしないで、気にしないで下さい。(といいつつ着ぐるみの方を見つめたまま)
…何とか気を取り直して、石井さんオークション詐欺の説明をする。
里田 :それは警察ですか?
石井 :警察とはちょっと違いますね。犯人探しなどを行う人なので、まぁこのネット上でのこう犯人探しをこう機械を使ってやる人です。
里田 :ほぉ〜。
飯田 :(インターネットは)すごい何かどんどん、どんどん動きが派手になっていくんですよ、動物さん達。
矢口 :ん、なんか説明が難…すぎて、ヒョウには分かりません。
飯田 :ん〜。
矢口 :ヒョウは後ろの方が気になります。(笑)
あさみ:はい、私もー。
飯田 :でも、人間になるためにね…。
矢口 :(立ち上がってガラスにへばりついて)ゴリラさ〜ん!ゴリラさ〜ん!
矢口 :(元に戻って)ヒョウは後ろの方が気になります。(笑)
飯田 :ヒョウさん!
矢口 :はい。
飯田 :あなた、人間になるためにお勉強するのよ〜。(笑)
矢口 :(自分の尻尾を振り回す)
飯田 :♪BunBunBunBunBunBunBunBun…。(笑)
矢口 :はい、そうですね。
飯田 :そう。
矢口 :やっぱり、日本語難しいよね。
あさみ:難しい。
矢口 :う〜ん。人間…よく分からない。
飯田 :分からない。人間よくわからない?やっぱり…
〜かおりん先生今日の格言〜 …なんじゃそりゃ?
『人間とはね、人類の最…最最最…最も優れてるものですから…』(笑)
    …じんるいのさい…さい、さい、さい、…もっともすぐれてるものだってさ。
矢口 :先生、大丈夫ですか?(笑) …たぶん大丈夫じゃないと思います。
飯田 :はい。まぁ…。あります?エスパーは?パソコン得意そうですけども…。
石井 :あーそうですね…。
あさみ:ネガティブになってない?大丈夫? …梨華ちゃんじゃあるまいし。
石井 :今夜のおかずとか何かそういう…。 …エロサイト?違うよ。
矢口 :あはははは。
石井 :そういうなんか分かんないですけど…。
あさみ:すごい主婦っぽいですね。
石井 :なんかこう情報を。あんまオークションとかは…。
飯田 :エスパーは、おばさんくさいですね。(笑)
飯田 :なんか趣味が切って集めなんですよ。
石井 :いやいやいや趣味というか、ね。

 …石井さんて、圭ちゃん並にすごい人なのかもしれない。 …どういう例え何だか。


アヤカのとつげき英会話!

 先週の金曜日に引き続き、ののがレッスン相手。

<これでいいんだよ…。(ブロックを抜く)
<お。本気です。本気です。”I mean it.”
<(アヤカ無視して)本気…♪BEAUTIFUL STAR…。 …何故かそうアラ。
<(笑)歌う…何?何?何?
<(♪) …しかもフリ入りです。
<何?何?何?
<Beautiful!
<キレイ…美しい。
<(何か言いたげに指差して)…。
<(ののの体ゆすって)何?何?何?
<(テーブル叩いて)わかんないよ!もー!(笑)
今日のレッスン『本気です』→”I mean it.”
<あのね、これはね…。
<説明はいいや。 …やっぱ面白いわ、のの。
<えぇ…?違う、これ勉強してよ〜。
<だって長くなるし〜。 …いじけるし。
<分かった、分かった。じゃあケーキ食べながら…
<あぁ、いいよ。 …すぐ笑顔だし。
<…ちゃんとやってくれる?
<まかして。1時間でも、どうぞ。 …1時間食べつづけるんですか?
<ホント?
<すごい伝えるには、やっぱり眼かな。”I mean it.” …英語関係ないじゃん。
<”mean it.” (ケーキ、モグモグ)
<眼で、眼。(ののを促す)
<”I mean it.”
<ちょー笑ってるじゃん。 …だってうれしいんだもん。
<どうぞー。
<本気です。”I mean it.”
<(ケーキと格闘中)…。 …カメラに写っている事すら関係ない世界に行ってます。
何とかコーナーを続けようと努力するアヤカ。
 …空しすぎる。(テレビ何て関係ないのれす)
<ねえ…。ねえ…!
<…ん?”mean it.” …これだけ言っとけば大丈夫みたいな。
<勉強しようよ〜。(笑)
<聞いてる。
<”I mean it.”
<あぁっ。(ケーキこぼす)
<あ〜あ〜、こぼしちゃった。あ〜あ〜。
<(普通に素通り)
<(拾ったケーキの欠片をアヤカに差し出す)
<なんで、あたしが食べるのよ!
<どうぞ、いけてますよ〜。(といいつつケーキを食べつづけようとする)

 …面白すぎるよ。

2002/04/16

 今日の美少女教育Uは、衝撃の事実から。

矢口 :ふ〜ん。そうなんだね。
飯田 :言ってかな。
矢口 :言ってかないと。
飯田 :言ってかないと。
アヤカ:それじゃ、これからココナッツ娘。のリーダのアヤカです。 …だってさ。
矢・飯:そう、そう、そう。
矢口 :いいかも、それ。
アヤカ:ヤ、違和感なんかある…。(笑)
あさみ:今のうち言っといて慣れとかないと。
飯田 :おれリーダ、おれリーダぐらい言っとかないとね。はい。
飯田 :まぁそんな感じで、こう………。 …フリーズしました。ヒサブリの本番中交信。
飯田 :そんな感じでね、勉強行きますよ。(笑)
動物達:はい。
飯田 :勉強行きますよ。
動物達:はい。
飯田 :じゃん。
『NGO』
飯田 :分かります…か?
アヤカ:あの、え〜と、ポポポ…(笑)
飯田 :ポポポ…。リーダ?
矢口 :リーダ?
アヤカ:POLITICAL…あ、違う、あの…NON-GOVERNMENT。
飯田 :おぅ。NON-GOVERNMENTAL…
アヤカ:あ、違う…
矢口 :OTHER?
アヤカ:アレ…アレ…政、政治に関しての事ですよね?
飯田 :いえ、政治、うん政治、政治…。
矢口 :わかった!失敗した時!
飯田 :それ、NG。
アヤカ:NG…。
飯田 :NON-GOVERNMENTAL ORGA…。
アヤカ:違う、ORGANIZATION。
飯田 :そう、ORGANIZATION。
アヤカ:ORGANIZATION。
矢口 :全然分かりません。羊さんは何で英語をしゃべれるんですか?
飯田 :(小声で)リーダだから。
アヤカ:リーダだから。(笑)
石井 :今ここで、小声で「リーダだから」。
矢口 :英語がしゃべれるんだね。
あさみ:羊さんいいなぁ。
飯田 :リーダだから…。(笑) …自分でウケてるし。
矢口 :言わせるの、止めてくださいね!(笑)
飯田 :いや、いや、いや。
矢口 :先生言わせるの良くないです。
飯田 :こうやって、リーダは強くなるんですよ。
私もリーダー(モーニング娘。)です
飯田 :まあね。日本語では、非政府組織といいます。
矢口 :ピンときませんね。
アヤカ:わかんない。
飯田 :そうですね。
石井 :くわしく言いますと…。
…ということで、NGOの説明。基本的にはボランティア組織です。
矢口 :じゃ、うちらもなろうと思えば、NGOになれる?
石井 :なれますね。はい。
矢口 :ということですよね。
飯田 :ボランティアって、みなさん、したことあります?
あさみ:あのー、あさみ、中学校の時ボランティア部だったんですよ。(笑)
ボランティア部?
飯田 :ボランティア部?何だそれ?
矢口 :ほう。
あさみ:ボランティア部。あの老人ホーム行ってお年寄の人と何か遊んだりとかしたんですよ。
あさみ:折り紙折ったりとか。
矢口 :へぇ〜。すごいね。
あさみ:うん。
飯田 :へぇー。
あさみ:3年間ずっとやってました。中1の時から。
全員 :へぇー。
飯田 :はい。
矢口 :ヒョウはですね、空き缶のふた?あの…。
アヤカ:あ、やった!
矢口 :昔のふた、知ってます?
あさみ:知ってますよ。
矢口 :今のは、ガチャ、ガチャだけど…あのーペロっと取れるやつ。
矢口 :アレを集めて、あの…。
アヤカ:アレだよね?
矢口 :なんだっけ?
ア・矢:車椅子!
里田 :あ、あ、あ、やりましたー。
矢口 :集めましたよー。
アヤカ:やった、やった、やった。
飯田 :ヒョウさんも見かけによらずいい事してるんですねぇ。
矢口 :ちょっとはね。あはは。ヒョウなりに。ヒョウなりに色々人間世界に送ってみた。
飯田 :あ、そう。
矢口 :うん。
飯田 :なかなかいいと思われますよ。
矢口 :ありがとうございます。
石井 :あのーちょっとだけボランティアしてる人を「ちょボラ」って言うんですね。
矢口 :ちょボラ?
飯田 :ちょボラ。
石井 :ちょこっとボランティアで、ちょボラ。
矢口 :あ、ちょボラしましょう。これからね。
石井 :そうですね。どんどん。
飯田 :そういうね、みんなの少しずつの優しさが良い日本を築いていくんですよ。
動物達:ほぉ〜。
矢口 :そうですね。
〜かおりん先生今日の格言〜
『みんなで、ちょボラを集めて、集めて!集めて!!良い日本にしまそう?』
矢口 :(仰け反って)あははは…。(笑)
矢口 :先生…先生…。いいトコまで行ったんだけどなぁ、今。(笑)
飯田 :そう。今、結構決めたかったね。
矢口 :いいトコまで行ったんだけど…。
飯田 :決めたかった…。
矢口 :惜しかった!
飯田 :惜しかったね。
矢口 :先生ちょっと惜しかった。
飯田 :う〜ん。まぁ、そこがリーダってことで。(笑)

…かおり先生は、必ずなんかやらかしますね。 …そこがいいんだけど。


アヤカのとつげき英会話!

 今日は、たあ。アヤカ、たあを待ち伏せておどかそうとするも、続けてあいぼんもやってきて、タイミングを逃す。

<あれ?あれ?
<あたし?
<違うんだよ。(たあに駆け寄って抱きつく)捕まえた。
<(更にそのアヤカに抱きついて)私は?私は?
<うん?あ、痛!痛い!お尻…。 …カンチョー!
<(走り去る)
<(逃げて)行ったし…。(たあに)ハーイ!
<ハ〜イ。
<元気〜?
<はい。元気です。
<そうだね。カモーン。


緊急企画!ハロモニ。収録スケジュール

 アヤカのとつげき英会話の途中ですが、内容を変更してお送りします。まずは、下のキャプ画をご覧下さい。


アヤカに連れて行かれる、たあ。 …いや、そっちじゃなくて。

 えー、壁を見るとなんと!ハロモニ。の収録スケジュールが貼ってあるじゃないですか。ということで、まとめて見ました。

ハローモーニング。 3/13 収録スケジュール
14:30〜16:00 技打ち
16:00〜17:00 ゲーム@ 〜体でキャッチッチ〜
17:00〜18:00 ゲームA 〜お花見ウルトラクイズ〜
18:00〜18:30 夕休・スタンバイ
18:00〜20:00 シチュエーション@ (スタンバイ)
20:00〜21:00 シチュエーションA
おつかれさまでした。次回の収録は3/27(水)です。よろしくお願いします。

 まず、ハロモニ。は水曜日の収録というのが分かります。ちなみに、お花見ウルトラクイズは、公式サイトの次回予告にあります。


アヤカのとつげき英会話!
<Welcome to my cafe!はい、お茶を一緒に飲もうかなぁと思って。
<ホントはねおどかすつもりだったんだけど、普通に通り過ぎちゃった。(笑)
<あれ?あれ?みたいな。
<(いつもの説明) …ケーキが食べれるってやつ。
<おぉ!(拍手)
<がんばれ。
<なんでもいいんですか?
<うん。何でもいいよ。
<痛い!
<お!
今日のレッスン:『痛い!』→”Ouch!”or”Oh!” さっき使えよって感じ。
<Ouch! …発音いいです。
<そう。簡単だね。
<Ouch!…Ouch!
<うん。Oh!だけでも大丈夫。
<Oh!
<うん。Ouch!って…。(唖然とした顔)
<Ouch!(保田ばあちゃんのカツラ&メイクで普通の格好で登場)
<うわっ!
<は〜い!(笑)
<圭ちゃんそれ、すごい中途半端よ。
<今から着替えるんだよ!(笑)
<すごい…。
<(台本をカメラに向けて)ハロモニ。
<すごい…ビックリした。(笑)すごい、ビックリした〜!うわー。
<おばあちゃんがね、あんなん着たら、あーなるんだね。
<はい。(笑)

 …あとは、普通に英会話のレッスンです。

2002/04/17

飯田 :あの〜、昨日お勉強したこともずーっとずっと憶えてますか?みなさん。
あさみ:んふふふ…。はい?
矢口 :はい。
あさみ:…はい。
飯田 :大丈夫?
アヤカ:ちょボラ。
矢口 :NGOでしょ?
飯田 :そう、そう、そう、そう、そう…。
矢口 :その前、忘れた。
飯田 :チッ!(笑)
矢口 :先生!コワイです!(笑)
矢口 :ごめんなさい。
飯田 :かおりも忘れた…。
里田 :電脳…電脳…
里・あ:自警団。
アヤカ:おぉー。
飯田 :そうだ。やるじゃーん。
矢口 :里ちゃん、優秀。里ちゃん、優秀だね。
飯田 :優秀だね。
飯田 :じゃあ、今日はこれ。
『銀輪主婦』
矢口 :うほほ。スペースっぽいすね、何か。(笑)
矢口 :何かアレでしょ?石井ちゃんのお母さん。
石井 :あー。(笑)
あさみ:エスパー。
矢口 :エスパーのお母さん。
石井 :うちの、うちの母もでもこんな感じですよ。
エスパーの母は銀輪主婦
矢口 :え?あ、そうなの?
石井 :はい。そうです。
矢口 :何〜?銀輪…
動物達:主婦?
矢口 :石川が大きくなった感じ?
石川梨華(モーニング娘。)=銀輪主婦?
飯田 :あー。何か、わかるような気もする。
矢口 :えー!?何ー!?
飯田 :もっと具体的な感じで、もう発表しちゃいますね。
動物達:はい。
飯田 :あの、都心のデパートに、自転車で買い物に来る主婦の事を…。
矢口 :プハハハハハ…。
あさみ:ちょっと、待ってください。うちのお母さんそうです、じゃ。はい。
飯田 :いや、でも都心のデパートなんで…
あさみ:はい、はい。
飯田 :高級なデパート…。
あさみ:あー。じゃ、違います。(笑)
矢口 :それで、こういう言葉が作られたんですか?
飯田 :そうです。
矢口 :へぇ〜すごい。
里田 :じゃ、それだけ多いってことですか?
飯田 :そうですね。
里田 :あ〜そうなんだ…。
矢口 :これはもちろんママチャリじゃないですよね?
飯田 :いやもうたぶんママチャリだと思います。
アヤカ:だって高級なデパートでママチャリって…。
あさみ:ママチャリってなんか…。(笑)
飯田 :高級な都心に住んでる人だから、お金持ちしか住めないじゃないですか?
動物達:はい。
飯田 :ということですよね?
石井 :はい、そうですね。
…ということで、いつもの説明。銀輪=自転車だそうです。高島屋では1日70人くらい。
矢口 :ほぉー。あんまり考えられないですよね?
石井 :そうですねー。
矢口 :これは、あの田舎の、コンビニに行く主婦は、銀輪主婦とは呼ばないんですか?
飯田 :呼ば…びませんね。
石井 :あー、じゃあうちの母は違うな…。(笑) …そんなしみじみ言わなくても。
石井 :あー、あーすいません。
矢口 :エスパーの母は違うんだ。
石井 :はい、ちょっと、ちょっとそうですね。違いますね
矢口 :うちも違いますね、きっと。
飯田 :うち…も違うな。うち、ダイエーだもん。(笑)
アヤカ:お母さん、自転車乗れない。(笑)
飯田 :ダメじゃん。(笑)里田んちは?
里田 :うち…は、自転車乗れますねー、お母さんは…。
飯田 :え?
あさみ:いや、その話じゃなくてさぁ?(笑)
里田 :え?
あさみ:その話じゃなくて。
里田 :あ、自転車で?行きません。
飯田 :銀輪主婦か?って…。
里田 :銀輪主婦じゃないですね。
飯田 :あっそう。
あさみ:あはっははは…。
アヤカ:エヘヘヘヘ…。
飯田 :意外とボケてんね。(笑)
矢口 :銀輪主婦ね…。
飯田 :銀輪主婦…。
矢口 :カッコイイね、でもね名前があるだけ、すごいよね。
飯田 :カッコイイですよ。まぁいつかはね、みんな…
〜かおりん先生今日の格言〜
『銀輪主婦になれるようにお金持ちの結婚相手を見つけて幸せに暮らして下さい。』
矢口 :(銀輪主婦になれるように対して)微妙だなー。
あさみ:玉の輿で…。
矢口 :はい。
飯田 :こんなんじゃ、ダメですか?
飯田 :また後ろやってますけど。
あさみ:踊ってる、踊ってるよ、うさぎさん。
矢口 :ね。楽しそう。
あさみ:いいな、あんなか、入りたい…。
矢口 :あついよー。
あさみ:あついかな?
矢口 :あんなかとか言わないで!
あさみ:あ!
矢口 :中身はないのよ!
あさみ:違いますよ!そういう意味じゃなくて…。
矢口 :心!心が大事。
あさみ:あーそうですね。
飯田 :そうそう心が大事ー。
あさみ:心大事です。
飯田 :はい、じゃあ今日これ勉強したやつ、みんな唱えますよ。せーの…
全員 :銀輪主婦。(合掌)
矢口 :うふふふふふ…。
あさみ:何で笑ってるんですか?
矢口 :違うの、唱えるのが分からないの。(笑)どうして唱えるの…?
飯田 :第1回目からの決まりごとなんです。
矢口 :あっそうなんだ。
※放送では毎回カットされてますが、第1回からやってます
矢口 :銀輪主婦ね。(合掌)
飯田 :何か知らないけど、かおりが考えたんです。 …それで知らないって何?
矢口 :唱えたら、こう覚える感じなのかな? …フォローも大変です。
飯田 :覚える…。そう、そう、そう。今日、教えてくれてありがとうって。
矢口 :あっ。そうか、そうか。
飯田 :銀輪主婦さん。
矢口 :ちょ、ちょっ…。(笑)あー、あー、なんとなく分かりました。

…最後は投げやりになるやぐっつぁんなのでした。


アヤカのとつげき英会話!

 今日もたあです。

<One More?行く?
<(うん)はい。
<もう1個いく。
<はい!OKです。もう1回?
<うん。
<あー。(ブロックを引く) …なんかかわいい声。
<まさかぁ、絶対やだぁ。
<まさか!絶対イヤだ!…
<なんじゃ、こりゃ〜。 …松田優作ですか?違うよ。
今日のレッスン:『まさか!絶対イヤだ!』→”No way?”
<No way?とか
<(アヤカの真似してアメリカンなアクションつきで)No way?
<そう、そう、そう、そう…。あり得ないよ、みたいな。OK?
<OK(サムアップ)
<どういう時に使うかなぁ?No way…。うーん、信じられない時とか。OhOhOhOh…。
<(綾小路の格好で変顔しながら通り過ぎる)
<エヘッ。
<(ごっちんのあと、ついてく。制服) …ほんの一瞬しか映りませんでしたけど。
<いろんな人が通り過ぎてく…。ハ〜イ(手、振る)
<じゃあ、え〜とね、高橋ちゃんにとって…
<はい。
<絶対ヤな事とか…。
<体重計に乗ったときです。
<あ!あーそれいいね。
<No way?!って感じです。
<No way…。細いのに〜!
<No、No、No、No…。 …何故か英語で対応する、たあ。
<No…すごい、外人〜。
<(笑)
<じゃ、勉強しといてね。
<はい。
<チーズケーキ食べてってね。
<はい。
<バイバーイ。
<バイバーイ。
<(ジャージ姿で)シチュエーション行ってきます。 …連れションって最初聞こえたよ。
<ほら、着替えなきゃ。
<あ、そっか、そっか…。(立ち上がりつつ)ありがとうございましたー。

 …チーズケーキ結局食べれたんでしょうか?

2002/04/18

飯田 :はい、みなさん。今日も楽しくお勉強行きますよー!
矢・あ:(テーブルの上でリンゴを転がしあう)なんだよ。やめろよ。
矢口 :ごめんなさい、先生。
アヤカ:(里田に寄りかかつつ)コワイ、コワイ…。
矢口 :ごめんなさーい。
あさみ:ごめんなさい。
飯田 :(ニッコリして)わかれば…。 …ずっと映らなかったんで、どうコワイのかは不明。
矢口 :いやはははは。あの笑みがコワイ。
あさみ:コワイわ。(笑)
飯田 :今日も、じゃあね、お勉強します。
動物達:はい!
飯田 :行きますよ。今日は、コレ。
『天下り』
矢口 :あー、わかんない。 …他の人にボケを振ろうとするやぐっつぁん。
あさみ:天下り…。
動物達:…。
矢口 :(上を指して)星っ?(笑) …でも誰もボケないから自分で行くのでした。
飯田 :(上を指して)星っ?
矢口 :星っ。
飯田 :星っ。
矢口 :天の川だよ、それは。
飯田 :そうだよ、天の川だよ、それは。
矢口 :それは天の川だよな。
飯田 :天の川だよ、それはよー。
矢口 :天下り?
あさみ:何だろ?
矢口 :川?
飯田 :川じゃないですねー。
里田 :逆はありますか?
飯田 :川くだり?
里田 :天上り…。
矢口 :(笑)いいトコつきます。(笑)
飯田 :えーっと、んと…。
矢口 :いいトコ行ったなぁ、今。
飯田 :(やぐっつぁんと石井ちゃんに目配せしつつ)どう?
石井 :(首振る)
矢口 :先生。先生、エスパー…。
飯田 :ありません!(笑)
矢口 :石井ちゃんを頼らないで下さい。
飯田 :えぇ?
矢口 :先生の答えを聞きたいですね。
飯田 :うん。ない、ない、ない、ない。
矢口 :ない?
飯田 :んな、あるわけないじゃん。(笑)
矢口 :言い切ったな!(笑)言い切ったな!そっか。えー、ない…。
矢口 :下りしかない?
飯田 :はい。
あさみ:何かが落ちてくる?
飯田 :うーん、まあそんな感じなんですよ。
飯田 :難しいですね。これもう答えを言っちゃいますとですね、官僚、キャリア組の人たちがですね、定年後の再就職で、今まで関わってきた関連の団体に役員などで迎え入れられることを天下りと言います。難しいんですけど。
矢口 :あー、はい、はい、はい。えーと、しょ、昇格の逆。 …それは、左遷というか降格。
飯田 :定年をむかえたら…
矢口 :(笑)な、何て言った、今?いまいち分からなかったんですけど。(笑)
飯田 :定年をむかえると…
矢口 :うん。
飯田 :お仕事できないじゃないですか?
動物達:はい。
飯田 :だけど、再就職で、あの今まで関わってきた?
動物達:うん。
飯田 :会社にまた役員としてあ、あの〜迎え入れられること。 …同じ事くり返し言っただけです。
…ここで、石井ちゃんの説明タイム。お約束で外の方の動きが賑やかに。何か、イスに座ってくるくる回ってます。そっちに気を取られる。ヒョウとリス。
矢口 :あのちょっと、いいですか。
石井 :はい。
矢口 :あのね〜すごい一番奥で頑張ってるトラさんが、映ってないのにめっちゃ回ってたんですよ、今。(笑)
矢口 :すごい…。
あさみ:気になる。
矢口 :今、ちょっと触れてあげたかった存在で。ごめんなさい。
石井 :いえいえ。
矢口 :はい。
飯田 :頑張ってるもんね。
石井 :トラ…。
矢口 :すっごい回ってたの、今。
飯田 :あの人なんか、えらい人みたいよ、きっと。
矢口 :あ、そうなんだ。
飯田 :か、課長さん?
矢口 :じゃ、あの人が将来…
矢・エ:天下り!(笑) …キレイにオチました。「エ」はエスパー石井ちゃん。
飯田 :まぁ、でもねーちゃんと真面目に働いたりすれば、きっといい事あると思うのでね、まぁ、みんな頑張って働いてくれたまえ。(笑)
あさみ:先生?
矢口 :先生?!先生、私たちは何処で働けばいいんですか?(笑)
飯田 :えっと…
矢口 :ヒョウなんですけど?
飯田 :う〜んと…。
矢口 :今、い、一応学生なんですよね。
飯田 :そう、そう、そう、そう、そう。
〜かおりん先生今日の格言〜
『一生懸命働いて、あの掃除当番とかして頑張ればきっといい事あるからさ!!』
矢口 :分かりました。
飯田 :はい。
矢口 :頑張る事が大事ですね。
飯田 :そうです!
矢口 :分かりました。
飯田 :はい。

アヤカのとつげき英会話!
<変なやつがいた。加護ちゃ〜ん!ちょっと待って!走れないし…。加護ちゃ〜ん!
<ハーイ!
<ハーイ!チャオ。(モグモグ)
<何食べてるの?
<こんにゃくだぴょん。
<こんにゃくだぴょん…あ、ぴょ〜ん星人か、今は。
<そうだぴょん。
<Oh−!
<んーー!
<じゃ、私のカフェに来ない?
<ヤダぴょん!
<何で…?
<ヤダぴょん、ヤダぴょ〜ん。
<何で、何で?
<ぴょ〜ん星人だから。(笑)
<訳わかんない、訳わかんない。一緒に食べに行こうよ。
<(後ずさりしつつ)No!
<いっぱい甘いもの用意してるんだよ、ケーキとかあるんだよ。
<ホントに!?じゃ、行くぴょんよ。
<ホントに?
<(ロビーに戻って)ほらカフェだよ。すごいでしょ?
<フォーゥ!
<どう?
<すごーい。
<ケーキいっぱいあるんだよ。
<すごい、すごーい。
<OK?
<OK!
<これ2回引いて、崩れなかったら、ケーキをGive youしちゃう。
<あ、英語じゃないんだー!
<うん。
<いいよー。
…ブロック引いた後。
<「気楽にやって」。
<「気軽にやって」。
<はい!(もう1個取ろうとする)
<(引き止めて)これをね、英語を一緒に勉強しようかなと思って…。
<うわ〜。(笑)
<だってゲームとお茶とケーキ食べながら英語ができるって、すっごい楽しくない?
<それ、たぶんねぇ、アヤカちゃんだけだと思う。(笑)
<こんなウエイトレスさんにもなったのに?
今日のレッスン:『気楽にやって』→”Take it eazy.”
…いつものように英会話教室。
<テイク、イット、イージー。
<テイク、イット、イージー。
<それをちょっと英語っぽくしたら?
<テイク、イット、イージー。
<Take it eazy.
<Take it eazy.
<(後ろをダッシュで走り去ってく)
<そう、そう、そう。
<OK!
<(あいぼんの肩たたきながら)友達に、Take it eazy.とか。
<Take it eazy.
<一生懸命勉強ガァーってやってる人に、Oh,Take it eazy.
<Take it eazy.
<うん。
<Oh,Yeah.
<もうちょっと、リラックスしていいよってね。
<(カメラに向かって)Take it eazy.
<おぉー。
<(拍手)OK!
<おぼえておくんだよ、絶対。
<OK。

2002/04/19

飯田 :止めなさい。止めなさい。
矢口 :(葉っぱで、かおりの足元をつっつく)
あさみ:あー毛虫だー。
飯田 :止めなさい。
矢口 :えい。
あさみ:毛虫ー。
飯田 :やぁだぁ。
矢口 :(止める)お腹すいたね。
あさみ:ね、空いた〜(自分のお腹をいも虫で連打)
飯田 :空いた?リンゴあるから食べていいよ。 …作り物ですけど。
矢口 :(リンゴとる)じゃ、先に食べて。
あさみ:毒味。
飯田 :人間は食べれないの…。
矢口 :あはは。おかしいよ、それ。(笑)
飯田 :もう、いいです。今日もお勉強(はい)頑張るよ(はい)。
飯田 :頑張ったらいい事あると思う…
矢口 :マジで!?
あさみ:やったー。
飯田 :今回は。だから頑張ってね。
動物達:は〜い。
矢口 :わかりました〜。
飯田 :じゃん。
『デパ地下グルメ』
矢口 :わかる!
アヤカ:そのまんま?
飯田 :はい。
矢口 :そのまんま?
飯田 :そのまんま…。
矢口 :…。(小声で)ボケた方がいいですか?(笑)
飯田 :え〜っと、ツッコめないけど…。
矢口 :(倒れる)あははははは。じゃ、じゃ止めときます。(笑)
飯田 :あ、あ、いいよ。ツッコむ。ツッコむ。
矢口 :デパ地下グルメ…? …ただいまボケ解答考え中。
矢口 :ごめんなさい。何にも出てきません。先生、ごめんなさい。
飯田 :それかよっ! …そこにツッコみましたか。
矢口 :あははははは。(笑)
飯田 :それかよっ!
矢口 :先生、一生懸命のツッコミ、ありがとう。
飯田 :はい。
矢口 :ありがとう。わかります、これは。
飯田 :わかります?
動物達:わかります。
飯田 :そのまんまです。わかりますよね?
アヤカ:うん。
飯田 :はい。デパートや百貨店の地下食料品売り場、略してデパ地下のそのなかでも人気のあるおいしいものを取り扱っているデパ地下をデパ地下グルメとよいます。
アヤカ:ほぉー。
飯田 :カントリー娘。のりんねさんは、結構デパ地下好きらしいですよね。
矢口 :あっ、そうなんだ。
飯田 :聞いたことあるんですけども。
あさみ:そうなんだ。 …メンバーでも知らないんだ。
飯田 :でも大変なんですよー。みんな、限定の物をね、並んで買ったりとかして。
矢口 :そうですよねー。
アヤカ:そう、混んでる。
矢口 :1日30個しか作らないシュークリームとか…。
アヤカ:ある、ある。
矢口 :自然に欲しくなっちゃうよね。
飯田 :あー。
里田 :「限定」っていう言葉に…。
矢・あ:弱いよねー。
矢口 :特に女の子は弱いね。
あさみ:弱い。(うん)
ア・里:よわーい。
飯田 :そのねぇ、デパ地下の人気商品をねぇ…
矢口 :おっ!
飯田 :みんなで食べちゃおー!
デパ地下人気デザートを食べよう
矢口 :いえい!
全員 :わ〜!(拍手)
石井 :はーい。お待たせしましたー。
動物達:(拍手)
矢口 :待ってましたー!すごーい。
石井 :こちらでーす。
アヤカ:卵みたい…。
里田 :目玉焼きみたい…。
アヤカ:なに?なんだこれ?目玉焼き?
銀座松屋
スイス菓子ハイジ
「純生ロールケーキ」
限定30個 1000円
東武百貨店池袋店
パステル
「なめらかプリンパイ」
限定110個 600円
新宿タカシマヤ
TAMAGOYA
「サニーサイドアップ」
限定100個 200円
うらやましそうに
見つめる牛さん。
(と、ゴリラさん)
あさみ:おいしそうー!
矢口 :ヤバイ!
ア・里:(「なめらかプリンパイ」試食中)
矢口 :先生も何か食べないんですか?
飯田 :先生は…。
アヤカ:う〜ん!
矢口 :(サニーサイドアップ試食中)何?何?何?杏仁豆腐みたい?
里田 :おいしい。
飯田 :先生、そのケーキがいいなぁ、まる。
矢口 :喜ばれるものだと思うなぁ。
飯田 :(石井ちゃんケーキ運ぶ)わ〜い、ありがとう。これ美味しいかな?
矢口 :おいしいー!
動物たち感激!!
飯田 :ちなみにね、このロールケーキ、1日30個らしいよ。
矢口 :マジで?食べとこうよ。
あさみ:食べとこう、今のうち。
矢口 :ヤバイ、この…。
あさみ:あー!
矢口 :このパイ、最高。
あさみ:ヤバイ…死んでもいいくらい美味しい。
飯田 :死んでもいい?
あさみ:あっ!ウソです。
矢口 :あははは。
飯田 :じゃ、みんなで今日もお勉強頑張りましたので、みんなで、ね、唱えましょうね。これをね、お勉強…。行きますよー。せーの…。
全員 :デパ地下グルメ。
動物達:(速攻で試食再開) …中断してなかったともいう。
あさみ:よし、食うぞ、食うぞ。
矢口 :う〜ん!マジ、最高!
アヤカ:(あさみに渡す)いいよ。
あさみ:ありがとう〜。
飯田 :(合掌するの止めて)
〜かおりん先生今日の格言〜
『勉強より食い気みたいな』
矢口 :うんまいっ! …全く聞いてません。
人気のなめらかプリンをパイ生地に入れて焼いた進化版。表面のカラメルが香ばしい。 真っ白なミルクプリンの真ん中に鮮やかな黄色のカスタードババロアが埋まっている。 北海道根釧地方限定の生クリームにオレンジビールが入ったはちみつ入りロールケーキ。

 …ロールケーキは食べてみたいなぁ。


アヤカのとつげき英会話!

 あいぼんの続きです。2つ目のブロック引きます。

<少し(酔っ払った風で)酔ってます。(笑) …こういうのうまいなぁ。
<「少し酔ってます」。あー加護ちゃん使えなさそうだねぇ。 …っていうか何故入ってる?
<使わないよねー。おっちゃん…おっさんたちー。
<何年後?今何歳になったっけ?
<(ブーツのヒモをいじりつつ)14ですね。
<じゃ、6年後に使える英語。
<(ヒモについてた飾りが取れる)取れた…。
<えぇ?!
<6年後に…
<いいの?
<いいですよ。
今日のレッスン :『少し酔ってます』→”I'm buzzing.”
…ということで、いつもの英会話教室。
<あと、もうちょっと大人になって「酔っちゃったかもしれない」っていう時は、
”I think I'm buzzing.”
<すごいね、崩さなかったからケーキあげる。
<やったー!(わざと積み木を崩す)
<…え?あげないよ。崩したっしょ。
<…え?アレ?アレ?アレアレアレ?(積み木を直す)
<あー悪いことする子には、ケーキなんてあげなーいぞー。
<いや、いや、いや…。
<これ、見せてあげるから。(尻尾出す)ほれ!ほれ!フゥー!フゥー!
<自分で掴んでるから。 …ぴょ〜ん星人は尻尾を掴まれると元気がなくなるぴょん。
<ほれ、ほれ、ほれ。
<何?何?
<くれ、くれ、くれ。あ、シュークリームもらってもいいかなぁ。
<え?シュークリーム?(笑)
…アヤカがくるくる回ってるのをケーキを追いかけてアヤカの周りをまわるあいぼん。
<アヤカちゃん、こういうのってさぁ、すごい、いいよね。
<だってさぁ、さっき悪い事したっしょ?
<ううん。してないよ。
<ホントに?じゃあさぁ、今私が尻尾アレしたら、見せてくれる?
<いいですよ。
<ホント!?
<うん。
<あたし、ちょっと眼回ってきた…。 …そりゃ、あんだけ回ってれば。
<眼が回ってきた?
<…って、いうか、I'm buzzing.になった。
<バ…何だ?
<I'm buzzing.(尻尾を掴む)ほい。
<(大きく息すって)おやび〜ん!助けてだぴょん!…はいやったよ。
<じゃ、シュークリームあげる。
<サンキュー、I'm busy buzzing. …どんちゃん騒ぎですか?
<違うよ。”I think I'm buzzing.”だよ。
<アイ、フィーク、アイ、バジング。
<おい!

2002/04/22

 今週の動物達は、以下のとおり。
 くま=新垣さん リス=りんね うさぎ=あさみ ひつじ=藤本さん

動物達:(なんかでっかいボール投げて遊んでる)
飯田 :(ちょっと怒った感じで)みなさん!おはようございます!
動物達:おはよーございまーす。
飯田 :起立!
動物達:(それぞれの席に移動)
飯田 :…みんな立ってるじゃん。(笑)
飯田 :礼!着席。
飯田 :面白かったですか?ボールは?
藤本 :はい。
飯田 :はーい。
飯田 :じゃあ、くまちゃんの新垣ちゃん、自己紹介してくださーい。 …さすがVIP待遇。
新垣 :はい。くまの新垣里沙です。よろしくお願いしまーす。
飯田 :はい。
動物達:イエーイ!
飯田 :じゃ、一緒に人間になるためにお勉強頑張って行きましょうね。
新垣 :はい。
飯田 :はい。それではですね、今日のお勉強のテーマはこちらです。
『野茂英雄』 …なんかイントネーション違うんですけど。
…ということで、かおりと石井ちゃんで野茂の説明。
石井 :…トルネード投法と名前がつきました。
飯田 :すごいですね。もう一度言ってみて下さい。
りんね:(手に持ってた小道具のカニのハサミをもいでしまう)あっ!
あさみ:あぁー!
カニの手が折れた!
飯田 :壊さないで下さい!
あさみ:あははは。こわい…。
藤本 :(ビックリしたまま硬直)
飯田 :セットにいっぱいお金かかってるんですから。(笑)
飯田 :ダメですよー!リス!置きなさい!
りんね:(カニを膝に置く)
石井 :はい、ちょっとみんなで、やっちゃいますか。
トルネード投法に挑戦!
…ということで、新垣さん、あさみ、かおり、石井さんと挑戦。
新垣さんトルネードと関係なく手をぶん回して投げる。 …♪BunBunBunBun的。
あさみ、普通にトルネードの真似して投げる。
みんな、ださいわねと言いつつ、とりあえずスピードはダントツのかおり。
藤本 :先生こわ〜い!野球になると先生こわ〜い。
藤本 :野球になると先生こわ〜い。この間もバット投げてましたよねー?!
飯田 :今日もよくやった。いい試合だった。(笑)
石井 :すご〜い。
藤本 :勝ちました?
飯田 :勝ったね。やっぱ、俺の…。
りんね:石井ちゃんがビビってますよ。
石井 :いやっ、大丈夫です。はい。
飯田 :石井ちゃんも敵チームだから、投げてみて。
石井 :敵チーム?
飯田 :うん。
石井 :あら。
…続いて、石井さん挑戦。
石井 :背中が見えるくらいの勢いで…えいっ! …理論は完璧なんですが。
飯田 :ダサ…。(笑)
石井 :もう!ダメでーす!

 …かおりの野球に関するシチュエーションがさっぱりです。でも好きそうですね、やるのが。


アヤカのとつげき英会話!
<誰か来ないかな?まだ来てない子いるかな?
<(何故かスキップ)ルンルルン♪
<ハーイ!
<あれ?アヤカさんじゃないですか?
<そうですよ。アヤカさんですよ。(笑)
<どうしたんですか?!こんな格好して。
<カフェをオープンしたんですよー!
<カフェ?
<そう。みんなのために…。
<なんか、あやしい…。(笑)
<何で?昔の梨華ちゃんはそんなこと無かった…。
<そんなことないですー!(カメラに向かって笑顔で手振る)
<なんかコレ、なんか昔の英会話、思い出すんですけど…。
<えー?そんなこと無いよ。だって、ほら見て、ティータイムをね、みんなにエンジョイしてもらおうかなと思って…。
<いや、こんなのタダで食べさせてくれるわけ無いじゃーん!(笑)
<おかしいよ!絶対!
<(メニューを広げつつ)セットメニュー、ドリンクもオーダーしてセットにケーキも選べるという…。
<すごい!
<それで、私はこんなウエイトレスさんな格好をしているんです。(笑)
<いやー、(小声で)かわいいですよ。
<チャーミーだって、かわいい…。
<いや、知ってます。(手で自分の口押さえる)
<あ。
<(アヤカと目合わせる)…まぁ、まぁ、まぁ。
<まぁ、まぁ、まぁ。
<え?じゃあこれ選んじゃっていいんですか?
<いいですよ。
<あれ?ケーキが…。
<せ、せ…ケ、ケーキ、ここ、ここ、ここ。 …何をそんなにあわててるの?
<(メニュー指しながら)ケーキの名前が入ってないの…。
<これね、あのビッフェスタイルっていうのかな、何でも好きなの言ってもらえれば。
<(メニュー取り上げて)それにつくのが私の、アヤカのスペシャルメニューですっ!
…先週までの積み木からシステムが変わりました。(スペシャルメニュー=英会話)
<いや、あの…聞いてないです。
<ちょっと、これメインディッシュだよ!
<いや、いいです。あの…ケーキとお茶だけで私は充分なんです。
<いや、いや、いや、これやってもらわないとケーキ出さないな。
<えっ…。(笑)え、これまた英会話じゃないですか?
<あははは。でも、これはティータイムをやって楽しく英語をお勉強しようと。
<(メニュー指して)お腹ペコペコです。 …なぜか外人なまりで。
<おー、いいよ、いいよ。
<でも、I'm hungry.
<それでも全然平気なのね。それで、I'm so hungry.とかいうとホントお腹がすいたって…。
<はい。
<…ことになるんだけどね。
<はい。
<これはね、私もちょっと笑っちゃったんだけども…。
<はい。
<これね、アメリカンジョークっていうんですかね?これが。
<おぉー。
<I'm so hungry that I could eat a horse.
<「わたしすっごいお腹がすいてて馬でも食べれる」(笑) …辻ぴょんだ。
<ちょーわらっちゃって。
<あっ…。
<そう。
<「馬でも食べれるよ」
<…いや、それ英語で言うの。(笑)
<アイム、ハングリー、ザット、アイ、クドゥ、イート、ア、ホース
<(笑)
<「馬でも食べれるよ」
<(笑)梨華ちゃんにこれを言わせてるのがどうしようかと…。(笑)
<いや。そんなにまずいことなんですか?
<いや。じゃなくて、言わなさそうだもん。I'm so hungry.って言ってそうだから。
<I'm so hungry that I could eat a …horse.
<すばらしい。(拍手)

 …完全にチャーミーになってる梨華ちゃん。というか、こっちが素?

2002/04/23

新垣 :(テーブルを指して)見て見て!大きなバームクーヘンがあるんだけど。
りんね:わーホントだー!おいしそー!
新垣 :バームクーヘン、バームクーヘン。
あさみ:なにー?
新垣 :バームクーヘン。
りんね:バームクーヘン!
新垣 :(椅子を指して)ほら!ここにもあるよ。
あさみ:ホントだ!でも、虫がね、ついてる。
藤本 :バームフー…バームクーヘンの上に座ってた。
新垣 :ほら〜。
あさみ:いただきまーす。
りんね:おいしそー!
藤本 :それ、羊、座ってたよ。
りんね:たべたーい。
あさみ:あ、やっぱ止めた。
藤本 :それ、羊、座ってたよ。
あさみ:きたないもん。
藤本 :(ギロッ)
あさみ:羊、座ってたの汚い。
藤本 :(うさぎが座ってた椅子をはじく)きたな〜い!
あさみ:(体で羊を押す)
藤・あ:(押し合い)
あさみ:汚い!
藤本 :(笑)
あさみ:汚いって言ってるでしょ?!
あさみ:こんなチャンピオンベルトまでしてさぁ〜!ホントに。
藤本 :(笑)(キザっぽく)かっこいいでしょ?!(笑)
 …何のチャンピオン?
りんね:食べ物がいっぱい、あるね〜。
飯田 :こらー!みんな仲良くしないとダメでしょー!
飯田 :もう、これはバームクーヘンではありません!(テーブル叩く)
藤本 :何ですか?
飯田 :木の株…です。
新垣 :えー?!
りんね:なんだー。たべれないんだー。
飯田 :先生ちょっと見ましたよ。
飯田 :何でも食べようとするのは止めなさいよー!いくら動物さんでもねー。
飯田 :食べ物は、他にありますからね。
藤本 :はい。
飯田 :食べれるものと食べれないものの区別ぐらいつけて下さいよ。
動物達:はい。
飯田 :今日も皆さんが人間になれるようにお勉強しますからね。
藤本 :はい!
飯田 :はーい。今日のお勉強はこれです。だん!
『外務省』
飯田 :何のことか分かりますか〜?
藤本 :(首振って)分かりません。
飯田 :分かりませんね。私もよく分からないんですけども…。
藤本 :え?
あさみ:先生?先生?
飯田 :はい、簡単に言いますっ。えー海外…。
藤本 :先生、人ですよね?
飯田 :えーと、海外の国と日本を結ぶパイプ役です。パイプ役。
りんね:パイプ役…。
…ということで、最近のスキャンダルに関連して、自分が今までにした悪い事を話す事に。
新垣 :はい!
飯田 :はい、くまちゃん。
新垣 :くまはですね、最近トカゲの卵が落ちてて…。
あさみ:うん。
新垣 :こ…公園に…。
飯田 :えぇ〜!?っていうか、トカゲって普通にいるの?(笑)
りんね:え?てか、何でトカゲって分かるの?トカゲの卵って…。
新垣 :トカゲが、あの…すごい…青い…光った…キレイなトカゲがいて…。
あさみ:気持ち悪い…。
飯田 :見たことない…。それドコ?田舎もん?
藤本 :(笑)
新垣 :公園に、普通に落ちてて、それが、卵じゃなくてすごいプニョプニョの卵で…。
飯田 :(いや〜)
あさみ:さわったの?!
新垣 :そうなんですよ。すごい気持ちくて…
あさみ:気持ちくてって…。
りんね:気持ちい?!
新垣 :それで持って帰っちゃおうと思って、持って帰ったら、お母さんに「何これ〜?!」って、「捨ててきなさい!」って、下に捨てに行きました。はい。
新垣の反省
トカゲのたまごを捨てたこと
りんね:でも、私もちっちゃい頃、色々拾ったー。
飯田 :何?何?
りんね:ネズミとか。(うわっ)
あさみ:あ。ミミズ集めました。
動物達:え〜〜〜〜〜〜〜!いや〜〜〜〜〜〜!
りんね:毛虫とか集めてた、ちっちゃい時。カタツムリ触ってたりとか。
飯田 :あっそう。ていうか、気持ち悪いね。あの北海道だからって、野生児過ぎませんか?
あさみ:え?
りんね:先生もしたでしょ?
飯田 :先生はねぇ〜、悪い事したと言えば、カタツムリの殻をこうガンッ!と壊した事ぐらいかな。 …十分です。
かおりん先生の反省
かたつむりのからをガンッと壊したこと
動物達:きゃ〜〜〜〜〜〜!
りんね:先生、ひどいです。
あさみ:悪いことしたら…怒ってますよ!(外を指差す。飛行機のノイズ音みたいなの)
飯田 :(外を指差す)怒ってる人…。ね、バチがあたりますから!
動物達:はい。
飯田 :じゃ、みなさん良い子に頑張りましょうね。
動物達:はい。
飯田 :はい、じゃあとういうことで、今日お勉強したコレを皆で唱えてみましょう。
動物達:はい。
飯田 :行きますよ。せーの…。
全員 :外務省!
あさみ:(葉っぱで羊の首筋をつつく)
藤本 :(葉っぱでうさぎの顔をつつこうとする)
あさみ:何だよ!

 …藤本さんとあさみは仲がいいんだか、悪いんだか。


アヤカのとつげき英会話!
<おっ!圭ちゃ〜ん!
<あはははは…。
<ハーイ!
<ハーイ!
<ハーイ!
<また、今日もそんな格好で…。
<ウフフ。アロハ〜。
<アロハ〜。
<ウフフ。
<何よ!
<うん?今日はね、カフェまたやってんの、朝から…。
<(笑)あやしいカフェね…。
<全然。今日ね、セットになったんだよ。
<うそ?!
<ホント。好きなケーキと…。
<うん。
<飲み物がいっぱいになったの。紅茶だけじゃないんだよ、ほら。
<(メニューを見つつ)…プッ。ちょっと待って、でも金額書いてあるよ。(笑)
<ねぇ?
<そう。
<お金とんの?!呼び込んでおいて。
<後で請求…(笑)する…。
<何だその、インチキ商売…。う〜ん、そうなんだ…。
<そう。…フフフ、今なんか無視しただろ?(笑)
<今見ちゃいけないものを見たような…。
<全然見ていい!
<今なんかちょっと見ちゃいけないものをパッて…。
<もう、すんごいスペシャル。(笑)アヤカの…。
<英語?
<スペシャルメニュー!もセットで…。
<いらない…。
<…ついてきます。
<これ、いらないよ〜。
<何で〜?!これがメインだよ。
<(アヤカのスペシャルメニューを見ながら)う〜ん。
<英語も選べるんだよ、今度から。一番使いやすそうなのとか…。
<アーユー、フォー、リアァ?!
<ホントー!とか本気?とか。
Are you for real?(本気ですか?)
<そう。やっぱり、R(アール)の発音いいね…。
<こう例えば、日曜日の予定は?って、書いてあるでしょ?
What are your plans for next Sunday?(今度の日曜日の予定は?)
<それを、MondayとかTuesdayとかWednesdayとかThursdayとか換えちゃえばいいの。
<おっ!これはいいかも。
<でしょ?
<ファット、アーユー、プランス…
<違う、違う。”your”。
<あ、間違えた。(笑)何ですか?これ?
<ところで、全部覚えた?
<覚えた…。ううん。
<今度の日曜日の予定は?
<What are your plans …
<うん。
<for … next … Sunday?
<(拍手)すご〜い!

2002/04/24

あさみ:う〜すごい…。
藤本 :なにしてんの〜?
あさみ:腿あげ運動ですよ。
動物達:(みんなで腿あげ運動)
飯田 :元気ですね〜。元気ですね〜。
藤本 :健康第一!
あさみ:でしょ〜。
藤本 :うさぎちゃん、カッコイイ〜。
あさみ:でしょ〜。ありがとぅ!
飯田 :じゃ、座ってくれるかな。
飯田 :若いっていいねぇ。いいんですよ。あさみ、やってていいよ、ずっと。
あさみ:え、いいです。
飯田 :いいの?
あさみ:もう、疲れました。
飯田 :疲れました?
あさみ:はい。
飯田 :そうですね。じゃ、今日のお勉強いきますよ。じゃん。
『toto』
飯田 :トートー。
動物達:トートー?
飯田 :トト。
あさみ:トト?
飯田 :ごめん。トートー(TOTO)って、アレだよね?あの…
石井 :トイレですっ!
飯田 :トイレですよね。(笑)トト!トトでございます。
…ということで、totoの説明。1等が1億円という事で、
飯田 :え〜じゃあ、もし、みんなが1億円あったら何をしますか?
あ・り:1億円あったら…
りんね:だから、牧場を買うんですって!
あさみ:耳大きくします!
藤本 :やっぱり角大きくします!(笑)
新垣 :サケを買うんですよ!
飯田 :もうちょっと、ほら…なんて言うの…アイスの家に住みた〜い!とかさ。
藤本 :いや、でも角大きくします!
あさみ:耳大きくします。
飯田 :みんなが大好きな…お菓子の家に住みた〜い!とかさ。
藤本 :角おっきくします!
飯田 :あの…ゼリーのプールで泳ぎた〜い!とか。
あさみ:耳大きくします!
藤本 :泳げ無いんじゃないですか?泳げます?先生。 …冷静にツッコむ羊さん。
飯田 :うん。泳ぎたいな。
藤本 :固くて泳げないと思う…。
飯田 :グレープの味がいいかな。
藤本 :あっ食べちゃう…。
飯田 :あ!ディズニーランドに住みた〜い!みたいな。
藤本 :あそこは住め…る?ウフッ。先生?
飯田 :…ね、石井ちゃん?何がいい?!
石井 :え?1億円ですか?
飯田 :うん。
石井 :やっぱ、ディズニーランドですよね〜。
飯田 :そうですよねー。
石井 :今、ディズニーシーとかのって…。「家何処?」って言われて…。
石井 :「え?ディズニーシー」みたいな。ハハ…。そんな、かっこいいじゃないですかね?
飯田 :かっこいい!どんな、どんな好きな人でもゲットできます。
石井 :できますよね〜。
飯田 :ついて行きますよ。
石井 :ついてきますよね〜。
飯田 :モテモテになれます。
石井 :ですよね〜。
飯田 :まぁ、でも最近のガキら?夢が無くて嫌ですよね〜。
石井 :ね〜!
新垣 :えー!
あさみ:夢じゃないですか!これ、耳おっきくするのって。
藤本 :夢いっぱ〜い!
飯田 :二十歳越しても夢、見ていこう。
石井 :そうですよね〜。
藤本 :夢いっぱ〜い!
あさみ:そう、いっぱい、いっぱいですよ。
飯田 :まぁ、最近の子供は生意気で、嫌ですね。
飯田 :はい、というわけで、今日は『toto』について勉強しました。

 …なぜか、おばさんモードになるかおりです。藤本さん、前に出てくるようになったような。


アヤカのとつげき英会話!

 ハロモニ。の収録の順番と放送される順番がさっぱりわからなくなってきました。今日のかおりは、4/14放送の修学旅行枕投げゲームの先生の格好で登場です。

<(うつむき加減で通り過ぎる)
<Welcome to my cafe!(かおりの前で手振る)
<(無視)
<あれ?(笑)かおり?おはようございま〜す。
<(無視)
<あれ?アロハ〜!
<…その格好、何〜?!
<あはは。
<おかしいよ!
<かおり…かおりんもそうだよ!
<私は、運動会だもん。これは…。(笑)
<寝起きだよ、寝起き。
<う〜ん、そうとも言う。何なの?それは、よー!
<だから、カフェをオープンしたのよ。
<カフェ〜?
<まだ…来てくれてない?もしかして…。
<うん。そんな変な格好、初めて見た。
<変な格好…。(笑)
<ケーキも食べれるし、あとなんかドリンクもね…。
<うん。
<一緒にお茶しようと思って…。
<タダ?!タダ?!
<タダ!
<イエーイ!(拍手)
<イエーイ!(拍手)
<メニューまであるんだよ。
<うそ!うそ!
<ホント。
<じゃ、ちょっと座るね。
<ほら。(メニューを見せる)
<うんと、アイスコーヒー、カフェオレ、アイスカフェオレ、紅茶、…
<(次のページめくるが、すぐ元に戻す) …お約束。
<え?こ、これ、後ろとかにもある…。(メニューをめくろうとする)
<ううん。(めくろうとするのを止める)(笑)
<ある、ある、ある…。
<何ー?!何かたくらんでる?
<えぇ?全然、全然、セット、セット。
<うん。
<これ、全部ね、1個オーダーすると全部セットでついて来ちゃうっていうか…うん。
<マジすか。
<へへへへ。
<騙したね、あんた。
<(後ろをダッシュで駆け抜ける)
<そんなことないよ。
<ココナッツ娘。のリーダのクセに騙したわね。(笑)
<(こぶしを握って)リーダです。(笑)
<リーダです。一応、リーダです。
<じゃ、リーダの言う事、たまには聞いてあげるよ。
<やったー。リーダ、ありがと。
<えーっと、『ボーっとしていました』、アイワズサー…アウト。何?
<”spaced out”
<スペースド、アウト。
<うん。
<I was spaced out.これ、何なの? …ある意味、ボーっとしてる発言。
<『ボーっとしていました』
<あー。
<これでも、すごいかおりんって感じ…。
<『ボーっとしていました』?余計なお世話だよ!(笑)
I was spaced out.
<I was spaced out.うん。
<それとか、”I was dazing.”とかでもいい。
<I was dazing.
<Oh,I was dazing.とか。
<I was dazing.
<I was space … d out.
<うん。
<I was spaced out. ………って、感じね。
<そうそうそう。

 ボーっとするフリをするかおり。
 …フリなのかどうか一瞬分からなかったりする。

 …今日は、ハロモニ。の収録進行表に画像修正入ってて、よく分からなかったのれす。

2002/04/25

動物達:(横一列になってチョコチョコ歩き)いくぜ、いくぜ、いくぜ、いくぜ、いくぜ…。
動物達:せーの(テーブルに座る)
あさみ:ヨイショ!
新垣 :(あさみの上に座る)
あさみ:何だよ!お前〜。
りんね:(更にその上に座る)
新垣 :うわ〜、しっぽが〜。
あさみ:(新垣さんくすぐる)
新垣 :きゃ〜!
あさみ:ま〜だっかな。
りんね:まだ…。
飯田 :(藤本さんの上に座って、バンザイ) …座るというかヒップアタックというか。
藤本 :きゃ〜!
飯田 :たのし〜!たのし〜!
石井 :わ〜愉快な仲間たちだ〜。
藤本 :エスパー、エスパー。
飯田 :仲間たちだよ。
石井 :仲間たちだ〜。
藤本 :イエーイ!
飯田 :(石井さんに)じいさん、じいさん。
石井 :じいさん?
飯田 :じいさん。
石井 :ムツゴロウじいさん。よーし、よし、よし…。
飯田 :こんなことやってる場合じゃないでしょ! …フリっ放しジャーマン、荒技です。
飯田 :勉強するのよー。
動物達:はーい。
飯田 :はい、今日も良い子にお勉強しますよ。
動物達:はーい。
飯田 :はい。今日は、これです。じゃん。
『ベイブレード』
あさみ:知ってる!
藤本 :知ってる!
りんね:知らない!
新垣 :知らな〜い。
飯田 :これはね、子供に加え、あの大人も夢中の現代版、ベーゴマ。
藤本 :はい。
あさみ:知ってる。
藤本 :知ってますよー。
飯田 :やったことある?
あさみ:やったことある!
藤本 :ねー。
あ・藤:ねー。
飯田 :…何、今時ぶってんのー?(笑) …いや、一応、今時でんがな。
あ・藤:ねー。
飯田 :どうせ、知らないよね?
石井 :知らないですよね。
新垣 :知らない。
新・り:知らなーい。
りんね:知らなーい。
石井 :コマなんて、ねー。
あさみ:知ってるー。
新垣 :知らなーい。
飯田 :コマなんてこうやって…。(コマするフリ)
石井 :糸でこうやって、くるくるって…。
あさみ:ちっがーうんですよ!今のはすごい最新なんですよ。
…ということで、ベイブレード登場。
石井 :ちなみに私、あのー、このアニメ、み、見たことあります。
あ・藤:あるー!
石井 :ある、ありますよね。
飯田 :あっそう。っていうか、この人結構年くってるのに、マンガが好きらしいよ。(笑)
エスパーはマンガ好き
石井 :えぇ?!
りんね:少女趣味だもんね。
飯田 :朝の何か、8時ぐらいに起きて毎日なんか、毎週マンガみてるらしいよ。(笑)
藤本 :見るよねー?
石井 :ねー。
藤本 :ねー。 …ということは、藤本さんもマンガ好き?
飯田 :是非ピカチュウとかも見てください。あ!とっとこハム太郎とかね。
石井 :あっそうですよね〜。
飯田 :じゃ、ちょっとこれ、ここにおいてちょっとやってみましょう。
ベイブレードをやってみよう!
…ということで、ベイブレード挑戦。まずは、経験者のあさみと藤本さんが対戦。2回やるも2回ともあさみの勝利。続いて、かおりと石井さん対戦。
藤本 :エスパーで、力を込めて。
石井 :エスパーで。
飯田 :じゃ、私は…あの…美力に力を込めますわ。
石井 :美力…。(ファイト、ファイト…)わお。勝てるかしら?
…結果、石井さんコマ回せず。かおり競技台の中にコマを入れられず。 …ノーコンテスト?
飯田 :もう、やっぱりあの…。
石井 :ダメ!ダメですっ!
飯田 :現役じゃないとできないってことですね。
石井 :もう、ホントに。
藤本 :現役関係あるんですか? …その前に、何の現役?
飯田 :まぁ、ねぇ、どう?新垣ちゃん?遊ぶのかい?こういうので。
新垣 :これ、最初見たときシイタケだと思って…。
しいたけ?
飯田 :えぇ。
藤本 :ん?
新垣 :このコマが…。
飯田 :えぇ。
新垣 :で、今ビックリしましたよ。この2人がやってて、うぉー!って。
あさみ:うぉー!って?
藤本 :うぉー!
新垣 :うぉー!
飯田 :あの…しいたけに間違えるのいいけど、間違っても食べないでね。(笑)
新垣 :はい。
飯田 :お腹こわしちゃうからね。 …そういうレベルの問題か?
新垣 :はい。

 …新垣さんの話し振りが全然ビックリって感じがしないんですけど。


アヤカのとつげき英会話!

 今日も昨日に引き続き、かおりです。

<おすすめは?
<うそー!とか、信じられない時に、Are you for real?(本当ですか)って。
<Are you for real?
<そうそう。
…ということで、昨日のおさらい、”I was spaced out.”と、”Are you for real?”をコンボで復習。
<(一段落して)コーヒーは?
<ケ、ケーキはいかが?
<ケーキ、いる、いる。
<何がいい?何ケーキがいい?いっぱいありますよ。
<え〜っとね…。
<ほら〜、じゃん。
<ん〜とね…。
<あ。ハ〜イ!
<ハ〜イ!
<おいしそうだね…。(笑)
<うん…。
<じゃ、かおりが先にもらっとく。これー!
<オッケー!チェリーだ…。
<たぶん、もらえるよ。(笑)
<そうだよね。
<Welcome to my cafe!
<大丈夫?こんな、いいこと…いい感じでもてなされて…。
<何か無いの?ありそうな感じなんだけど…。
<ううん。無いよ。ホントにエンジョイして。ティータイム。
<大丈夫?
<全然大丈夫。
<何か裏がありそう。
<無い、無い、無い。
<大丈夫?
<テスト、するから、おぼえといてね、また。
<はぁ〜?
<バイバーイ!
<意味わかんな…Are you for real?(笑)

2002/04/26

あさみ:パンチ強いんだぞ〜。
藤本 :本当はやりたいくせに。
あ・新:(ボクシング開始)シュッシュッ!
飯田 :(普通のトーンで)おっはー!
藤本 :もう、くまちゃん、手が逆になってる、こわ〜い。
あさみ:ホントだ、こわ〜い。
飯田 :(低いトーンで)おっはーーー!
あさみ:こわ〜い。
藤本 :くまちゃん、こわ〜い。
飯田 :(高いトーンで)おっはー!
あさみ:こわーーーい!
藤本 :きゃーー!
飯田 :もういいから、早く座って。座れっつってんの。
動物達:あ、おはようございます。
あさみ:今日もうちら、テンション高いでーす。
りんね:今日も先生、カワイイ。
飯田 :知ってる。
飯田 :(口の前で手合わせたのを開いて閉じる間に)知ってる。
あさみ:ステキ。
飯田 :(口の前で手合わせたのを開いて閉じる間に)知ってる。
飯田 :ねえ。そうですよ。じゃあ、今日もいい子に勉強しましょう。
動物達:はい。
飯田 :今日は、これでーす。じゃん。
『コンピューターウイルス』
…ということで、コンピューターウイルスの説明。石井ちゃんが、勝手にメールが転送されたりするってことで。
石井 :やですよねぇ、こう…秘密のメールとかやってたら…。
飯田 :秘密のメール?わたし、よくやる。
藤本 :(キーボード打つ感じで)こうやって?
あさみ:え?
飯田 :違うよ!違うよ!
あさみ:そうなんだ。先生やだー!(藤本さん、たたく)
藤本 :やーだー!(たたき返す)
飯田 :違うー!
飯田 :愛してる人に送っているんだー!あたし、もてるからさー!
あさみ:いやー!何、どうする?
藤本 :ね、ね。
あさみ:今日さぁー、アレ、アレしようよ。
藤本 :焼肉食べたいよね。
あさみ:焼肉食べに行く?
藤本 :うん。
藤・あ:ねー!
石井 :えーまぁ結構ね、大きな感じで先生はそんな秘密のメールなんですけども。はい。
藤本 :フフ。
石井 :政府の…。
飯田 :おーい!ひどーい。どうせ、ウソだよ。
石井 :いえいえいえ。
…今度は、関連してサイバーテロの説明。
石井 :…かっこいい、何かテロを(両手を肩口で何度も翻す)起こすアクションものの映画とかで…。
全員 :(両手のフリを真似る)
石井 :えー。(両手のフリに合わせて節をつけて)サイ・バー・テロですよ。
全員 :(おんなじように)サイ・バー・テロ。
飯田 :コンピューターとかみんなやります?
動物達:やりません。
りんね:もってました。あ、もってますぅ…。
飯田 :どっちやねん!
りんね:…す!
飯田 :す!やるの?
りんね:繋げないです。
飯田 :意味無いじゃん。何で、持ってるのにやらないの?
りんね:やりたいんですよー。
飯田 :うん。だか…で?
りんね:わかんないんです。
飯田 :あっそう。新垣んちは、どう?
新垣 :ありますよ。レンジ、テレビ…。
飯田 :いや、違う、違う。じゃなくて、コンピューターさ!
新垣 :あー!コンピューター!お父さんがよくやってますね。 …何だと思ったんだろう?
飯田 :お父さんがよくやってる?
新垣 :はい。
飯田 :石井ちゃんは結構コンピューター、やるんですよね?
石井 :そうですね、はい。私の頭脳です。(目の前のMacを指して)
飯田 :かっこいいよね〜。
動物達:かっこいい〜。 …そうかぁ?
飯田 :カチャカチャカチャカチャカチャと…。
石井 :そうです。
飯田 :いつもやってる感じですわぁ。 …何で、関西弁になるんだろう?
あさみ:いつもやってる感じ? …「感じ」に引っ掛かる、うさぎ。
石井 :はい。
あさみ:ことは、やって無い…んですかね?
飯田 :何が?
あさみ:こう…。
藤本 :やってる風。
あさみ:フリ?
石井 :え?え?(両手をグーパーしつつ)やってるぅ、やってるぅ。
飯田 :それは、なんなの?(笑)
藤本 :(サイ・バー・テロのフリで)やってるぅ。 …それ、フリ違うから。
藤本 :(フリつきで)サイバーテロ。
石井 :(フリつきで)サイバーテロ。
りんね:(フリつきで)やってるぅ、やってるぅ。

 …やってるぅ、やってるぅ。って、ジミーちゃんかよっ! …古っ。


アヤカのとつげき英会話!
<来ないかな?あ!紺野ちゃ〜ん!
<あ、おはようございま〜す。
<(抱き合いつつ)おはようございま〜す。カフェをオープンしてるんですよ。
<あ、あれ?英会話ですよね?
<あ…知ってんの?
<見まし…見てました。
<ホントにー?
<わ〜。
<やー、こんな喜んでくれるなんて、はじめてかもしれない。(笑)
<英会話だーって。ほら見て、でも今回はね…。
<(超高音で)あーーー!おいしそうー! …コウモリがよってきそうです。
<前見てたのよりレベルアップしてるんですね。カフェ…。
<はい。
<じゃ、座っていいよ。
<(口を押さえつつ)おいしそう。
<(メニューを開きつつ)どうぞ。
<はい。はい。
<セットメニューでね…
<はい。
<好きなケーキとここにある飲み物、何でも…
<はい。
<頼んでください。
<はい。
<(ケーキを食べつつ)んぃんー!(おいしー!)うん。
<(1口食べ終わって)おいしぃ。
<おいしい?
<(うん)
<うれしい。良かった、良かった。喜んでもらったよ。(拍手)
<…。え?今日、英会話は無いんですか?
<ありますよ。ある。無いわけが無いですよね。じゃじゃーん!
<(アイスコーヒーすすりつつ)んー!?
<アヤカのスペシャルメニュー!
<はぁ〜。はぁぁ。
<…が、セットでついてきます。
<あんまり、いらないっすね…。
<え?(笑)あんなに、喜んでたのに?!うっそー! …Are you for real?
<(メニューを指して)『すごくおいしい』。
<『すごくおいしい』。おぉー、”It's very good.”。
<「おいしい」…あ、まぁ”It's very delicious.
<イッツベリ…
<very…
<ベリー…
<delicious…
<デリシャス…
<そうそう。”delicious”って言ったら、「おいしい」ってこと。
<はい。
<”very”って言ったら、「すごく」。
<うん。
<ね?
<…。(不安げにアヤカを見つめる)(笑)
<分かってる?
<はい。 …英語は分かるけど番組の段取りがわかりません。
<じゃ、1回言ってみよう。
<はい。It's very delicious.
<おぉー。そうそうそう。
<そしたらね、こう…おいしい時には、It's very delicious.って言えば…。
<(ケーキを指して)It's very delicious.
<おぉー。Very good!すごいね、結構発音いいねー。
<あー(手と首振って否定)(笑)

 …英語の発音がいいと褒められたのを謙遜する紺野さん。

2002/04/29

 早くもごっちんうさぎが帰ってきました。今週はこんな感じ。
 ごっちん=うさぎ、りんね=りす、斉藤(メロン記念日)=くま、藤本=羊。

飯田 :こんばんは。
後藤 :こんばんはっ。
動物達:こんばんは。
飯田 :元気?
動物達:元気!
飯田 :今日もね、今週もね、人間になるために勉強したいと思うんですけども…。
動物達:はい。
飯田 :今週から、またメンバーチェンジしまして…じゃあ、自己紹介、くまさん。
斉藤 :はい、くまさん、斉藤…メロン記念日、斉藤瞳です。よろしくお願いします。
全員 :(拍手)
飯田 :イエーイ。
藤本 :イエーイ。
飯田 :というわけでね、あの〜人間になるためにお勉強していきたいと思うんですけど…。
動物達:はい。
飯田 :今日のテーマはこれです。じゃん。
『SHINJOタイプ』 …イチロー、野茂と来て、これか。次は佐々木?
飯田 :わかります〜?
藤・後:SHINJOタイプ…。
後藤 :SHINJOタイプ…。
りんね:SHINJO〜?
動物達:…。
飯田 :分かんない?分かんないかな…。
後藤 :わざと英語で書いてあるの?
飯田 :そう、そう、そう。
後藤 :Oh〜。
飯田 :(笑)えーこれは、元阪神タイガースで現在はメジャーリーグで活躍している新庄選手のように、えー日本の組織ではあまり実績を残せなかったけども、外資系企業で実力を発揮するキャリマ…キャリアウーマンのことを言います。
後藤 :(何故かほっぺ膨らませて、プチ変顔)
飯田 :すごーい人ですよね、新庄さんて。知ってます?新庄さん。
藤本 :知ってます。
りんね:知ってます。
石井 :この人ですよ。(新庄の写真パネル出す)フフ。 …何故か、唇真っ青。
全員 :(笑)
りんね:口、青いよー。
飯田 :この写真見ると説得力ないんですけど〜。
石井 :な、な、ないですかね?すごいですよね。
藤本 :何なの?あの唇?
石井 :あの、ちょっと何を、何をなんかどうしちゃったのか…。
斉藤 :どの瞬間を撮られたんですか?(笑)
りんね:絶対、これ見たら怒ると思う、私。
後藤 :さんまさんの真似してる時ー!(笑)
石井 :え?
りんね:それもまた…。
石井 :なんでやねんって感じですか?
後藤 :(そう) …で、ちょっと真似したように見えたんだけど?
飯田 :あ、あのーこ、こちらにフリップがあります。
石井 :はい。
飯田 :はい。その4つの中でですね、あのどれを選びますか?新庄さんの。
『どの新庄がお好き』
  1 >>> 結婚するなら新庄剛志
  2 >>> 付き合うなら新庄剛志
  3 >>> 友達にするなら新庄剛志
  4 >>> お兄さんにするなら新庄剛志
飯田 :りんねは、友達?
りんね:友達です。
飯田 :何で?
りんね:え?!それ以外、ちょっと…考えたくない…。(笑)
飯田 :あっそう。
りんね:え、でも結婚とかしても、ちょっと大変そう…。
後藤 :したくなーい!(嫌そうな顔)(笑)
飯田 :したくなーいって、すごい人なんよ!?
斉藤 :あ!でも友達だったら自慢できるから友達がいい。 …こういう発想はヤダなぁ。
飯田 :友達…。
藤本 :お兄ちゃんの方が自慢できるじゃないですか?
斉藤 :ん?
飯田 :恋人でも自慢できるじゃん。
斉藤 :え?ずっと親しくしていられる、友達なら…。
飯田 :あー何か、意味深じゃん。(笑)
飯田 :何か、つらいことでもあったの?(笑)
後藤 :うははー!
りんね:(笑いすぎのごっちんにツッコミチョップ)うははーって…。
後藤 :ごめんね〜。
飯田 :斉藤瞳さんはね…
後藤 :つい、つい、つい。
飯田 :…何か人生経験長そうなんでねー。 …それを言うなら人生経験豊富とか。
飯田 :まぁ、意味が深いんだなぁと。パタン。(勉強テーマの書いてあるボードが倒れる)
斉藤 :あ!倒れちゃったじゃないですか!
飯田 :新庄さん倒れちゃいますよー。
飯田 :石井ちゃんはどうですか?
石井 :そう…ですねー。まぁ…別にどれでもいいんですけれども…。(笑)
飯田 :あの、みなさん新庄さんに対しての関心が薄すぎます。すごい方なんですよ。
飯田 :まぁ、あのとてもすごい人でこういう「SHINJOタイプ」というね、言葉も出来てしまうほど、すごい人なのでね、まぁ、尊敬して私たちもね、「SHINJOタイプ」になれるように頑張って行きましょう。
後藤 :ふぁい!
動物達:はい!
飯田 :はい。

 …いつも、まとめかた変だけど今日は訳わからな過ぎ。


アヤカのとつげき英会話!
<誰かいるかな?あ!よっすぃ〜!
<ハ〜イ!おー! …モーニング娘。通信の衣装(オーバーオール)。
<アロハ〜。
<アロハ〜。
<カフェへようこそ。
<(アヤカのヘアスタイルを手で真似て)どんなカフェなの?
<フフ。
<すごい、ビューティフォー! …アヤカの髪型気に入ったみたい。
<うそ?!
<マジで、マジで。
<え?褒められるとは思わなかった。
<ドキッ。
<(投げキッス)
<おー!
<うそ、うそ。うそ。(笑)あのね、ケーキ食べれるんだよ。
<マジでー?!
<ホントー!
<あれ?いつものあれ…。
<来た事あるよね?
<英会話じゃないの?
<カフェ。
<カフェ?
<セットになってからは初めて?
<初めて。
<おっ。じゃ、好きな飲み物を選んだらケーキがセットでついてくる。
<何〜?そんな…ホントにカフェなの?
<ホントだよ〜。
<カフェだけなの〜?お?
<そうかも。 …かもって。
<マジでー?!
<イチゴがいいな〜。
<これ?
<うん。
<OK。
<ケーキのセットでね…。
<うん?
<スペシャルメニューってのがあって、それもついてくるんだ。
<いや、これセットでースペシャルだよね?
<そう、モ、モア スペシャル?
<モア スペシャル?
<はい。
<もういい。ここで、いいわ。
<全然、全然。
<ここまででもうお腹いっぱい、もう。
<もう全然まだ食べてないしー。
<何ですか、これ〜?!
<スペシャルメニューっていうのがあるの!
<何これ?!
<(拍手しつつ)より、楽しく…。
<英語じゃないですか。
<でもね、今回選べるの。
<『調子は、最高!』
<Oh!”Couldn't be better!
<お?
<Couldn't ・ be ・ better.
<クドッ…クドッビーベター。
<うん。Couldn't…
<Couldn't…
<be better
<be better
<うん。
<Couldn't ・ be ・ better.
<そうそう。Couldn't be better.って言ったら…。
<クドゥント…クドゥンビ…ベター。(笑)
<それ、発音の練習。
<OK。
<Couldn't
<Couldn't
<ク・ドゥンツ
<ク・ドゥンツ
<うん。
<ク・ドゥンツ
<それを速く言ってみる。Couldn't
<Couldn't
<そうそう。
<Couldn't
<近づいた、近づいた。
<近づいた?
<better
<better
<そう、そう、そう。
<better
<それ、それ、それ。
<OK!舌を巻くわけだね。
<OK?
<OK。
<自信持って。
<OK。
<How are you,よっすぃ〜?
<Oh,Yeah!Couldn't be better.
<Oh!very good!(カメラに向かってサムアップ)
<ベリグー!(カメラに向かってサムアップ)
<じゃ、エンジョイ。
<OK!
<OK。See you.
<Thank you.See you.
<バイバーイ。
<Couldn't be better.Couldn't be better.
<(ケーキに)How are you?
<(ケーキがしゃべってる風に)Couldn't be better.(笑) …よっすぃ〜らしい。

2002/04/30

飯田 :こんばんは。今日もみなさんのおべんとうの…あ、間違った。(笑)
後藤 :(唖然)
 …かおりのおべんとう発言に唖然とするごっちん。
動物達:おべんとう?
飯田 :違う、間違えた。お勉強の時間がやってまいりました。
動物達:はい。
飯田 :はい、まぁね、みなさん人間になりたいよね?
動物達:なりたーい!
飯田 :こういうキレイな人間になりたいよね?!
後藤 :(低い声で)なりたーい…。
斉藤 :なりたい!
飯田 :そうだよね。だから、頑張って、お勉強(三人祭りのチュッで)ちまちゅ!
後藤 :(低い声で)がんばる…。(笑)
飯田 :がんばって。
後藤 :(普通の声に戻って)頑張る。
飯田 :今日のテーマはこちら。
『ゼネコン』
飯田 :意味わかる人?
後藤 :わかんな〜い。
飯田 :ゼネコン。
後藤 :パソコン。
飯田 :ちがーう。
藤本 :合コンのちょっと違うバージョン。(笑)
飯田 :あーっそう。
斉藤 :お勉強する会。
飯田 :勉強する会…。
後藤 :塾ー!
藤本 :それ、ゼミ会とかじゃない?
斉藤 :そう。(笑)バレた?
藤本 :ですよね〜。(笑)
飯田 :え〜と、ゼネラルコントラクター、総合建設会社の意味でございます。
動物達:お〜。
斉藤 :総合建設会社?
飯田 :ちょっと難しくなるんですけれども、詳しく教えてくださいな。
石井 :はい。
…ということで、ゼネコンの説明。かつては、就職したい会社の一番人気だったということで、動物達のなりたい職業を尋ねます。
人間になってやりたい仕事は?
飯田 :ちいさい時の夢とかでもいいですよ。
後藤 :1番はじめの夢、ケーキ屋さん!
飯田 :ケーキ屋さん。ケーキが好き?
後藤 :ケーキ好き。お菓子が…好き。作るのも。
飯田 :ふ〜ん。あ、そうだね。ごっちん、作るもんね。
後藤 :うん。そ、そ、そう。
飯田 :すごい上手なんだよ、ごっちん。
後藤 :(サムアップ)
動物達:へぇ〜。
飯田 :あのクッキーでね、チェックの柄のクッキーとかつくるんだよ。
斉藤 :へぇ〜。
りんね:え?チェック?
後藤 :ねー。
飯田 :そう、そう、そう。すごく上手なんだよ〜。
動物達:へぇ〜。
後藤 :ねー。
飯田 :羊は?
藤本 :羊は美容師さん。
飯田 :美容師さん?!
藤本 :はい。
飯田 :へぇ〜。カリスマ…美容師とか言って、こうやってね(髪切る真似)(笑)(ブルース・リー系のSE)
藤本 :なんか怖かった。
斉・り:(髪切る真似)
後藤 :うわぁは!
藤本 :こわ〜い。(笑)これ(手の動き)が、こわ〜い。(笑)
飯田 :まぁでもね。夢はもし叶うとしたら!
藤本 :はい。
飯田 :ハロープロジェクトのみんなの髪の毛切って下さいよ。
後藤 :おっ。
藤本 :はい。
飯田 :りんねは?
りんね:りんねはー、お花とかをこう…ガーデニングとか?をする人がいいです。
飯田 :あ〜、おー、おー、おー。花…畑牧場にいたらできそうじゃない?
りんね:うん。
飯田 :ね。あのーくまさんは?
斉藤 :えー、保母さんになりたかったです。
飯田 :っていうか、幼稚園児とか怖がるんじゃない?
斉藤 :違う!ホントに。すごい、好かれるんですよ。
石井 :あ〜あ、ね…。 …妙に納得する、エスパー。
後藤 :ほぇー。 …何か言ったのがカットになったっぽい。
りんね:先生は何になりたいんですか?
飯田 :先生はですねぇ、あの…Winkになりたかったですね。(笑)
りんね:え?Wink…(フリ真似)
後藤 :(何それ?って顔)
飯田 :そう、そう、そう。(相田)翔子ちゃんになりたかって
後藤 :なりか… …「なりたかって」をツッコもうとして噛んじゃった。
飯田 :(フリ真似)踊ってたんです。
りんね:もう地じゃないですか。 …天然が?違うよ。

 …おべんとうってベタ過ぎる。しかも素で間違えるなんて。


アヤカのとつげき英会話!
<誰か来ないかな…。
<(廊下から顔出してすぐ引っ込める)
<あれ?
<(廊下から顔出してすぐ引っ込める)
<矢口さ〜ん?!
<(廊下から顔出してすぐ引っ込める)違いまーす。(笑)
<いや、そうだって。へへ、矢口さんだー!
<何ー?!この人!びっくりしたー!アヤカちゃんどうしたの?
<今日は英…英会話やらないよ、あたし。そういう気分じゃない。(笑)
<違う、違う…。(追いかける)違うの、違うの…。
<そういう気分じゃないの、あたし。
<違うの、カフェを作ったの。だからこんな格好してるんだ。
<はぁー!
<ね。みんながね、忙しいからそんなときに、さぁ、みんな紅茶とかケーキとか食べれたら…
<マジでー!
<良くない?
<乗った!(笑)
<やった!
<乗った、乗った。
<乗った、乗った。
<何?何?
<じゃじゃーん!ケーキも選べるし…
<(拍手)
<(メニュー開いて)この中からね、飲み物もセット。
<マジで?!
<うん。選んでいいですよ。
<いいの?じゃあね…Orange juice!
<OK!(指鳴らして)マスター! …いたっけ?
<(ケーキとジュースが運ばれて、拍手)何?そんなコーナー?
<食べてるだけでいいの?マジでー?!いいの?
<うん。いいですよ。
<いただきまーす。うわっ。超ーおいしそう。
<おいしい?
<うん!
<しあわせ?
<いいね。
<本当?うれしい。
<マジ、おいしい。
<もっと、しあわせになりたくない?
<ううん。もういい。(笑)
<え?なんで、なんで。
<(ケーキ食べつつ)もう、充分。
<ちょっと、めくってみてよ、これもっとスペシャルなもん出てくるから。
<何〜?!こわ〜い!
<すごいよ。矢口さん、飛んじゃうよ。
<(そーっと、メニューをめくる。でもすぐ閉じる)(笑)
<何ー?!これー?!
<アヤカのおすすめメニュー!(拍手)
<イエーイ!(拍手) …番組進行には協力的なやぐっつぁん。
<うわ、何これ?どーしたの?これ、英会話じゃ、ないよ。
<そうだよ。
<あなた、英会話じゃないっつったじゃない!
<え?でもカフェ…ちゃんとケーキも…うん。
<いやいや…『私をからかわないで!』 …結局やるのね。
<Oh!”Stop picking on me.
<何ー?!
<(笑)”Stop picking on me.
<picking on me?
<そう、そう、そう、そう。
<Stop picking on me.
<おー、そう、そう、そう。
<おー。
<ストップと、ピッキングっていうのがね、なんていうのかな…こうホントは例えば爪楊枝でこう…やって…ブスブスやるのがピックとかっていうのね。
<おーおーおーおー。
<分かるかな?
<つんつんてするのね。
<そう、そう、そう、そう。それを、picking on meって言ったら…
<picking…
<からかわないでってことになるの。
<お〜!


ハロモニ。収録スケジュール(またかよっ)

 今回は、こんなでした。 …シチュエーションのOAは、あんまり自信なし。

14:30〜 技打ち
16:00〜 ゲーム@本目(5/12 OA)間違いファイブ!
17:00〜 ゲームA本目(6/2 OA)バランス感覚でGO!
18:00〜 夕休 スタンバイ
18:30〜 シチュエーション@本目(5/5 OA)
19:45〜 シチュエーションA本目(5/26 OA)
21:00 UP

サイトトップへ戻る


Read Me Japan!