2002/08/04

 『飛び出せ!アルバイトしばた』
 最終話:「アルバイト終了!」。今回は、犬の散歩&ザリガニの散歩&サボテンの散歩。アルバイト自体は、すんなり終了して、今までのアルバイト代をもらおうとしたら、今までの失敗の連続で、500円(斉藤さんからのボーナス)しかもらえなかった。おわる。


ゴマキペンギン物語
<ごめんね…。
<お姉ちゃん。
<お姉ちゃんも、もう暫くご飯食べてなくて…もうグタグタだぁ…。もう力が…。
<お姉ちゃん、お腹すいたよ〜。
<もう死んじゃいそうだ。あぁ〜。(倒れる)(笑)
<お姉ちゃん!上がれない?
<(倒れたままで)上がれなーい!(笑)
<う〜ん…よし、分かった、お姉ちゃん。ロープを…
<(倒れたままで)うん。
<こっちから投げるから…
<(倒れたままで)うん。
<それ…に、掴まって…
<(倒れたままで)うん。
<オイラが上まで引張ってあげるからね。
<ホント?!
<うん。
<(泣くフリ。涙を拭いつつ)ごめんねぇ…。(笑)
<じゃあ、お姉ちゃん、行くよー!(ロープ投げる)
<フッ。(ロープ掴む)来た!ロープ来たよ。よーし。(上半身起こす)フッ。ハァッ…ハァッ…。フッ…。(ロープを自分の体に巻きつける)(笑)フフッ。
<しっかり、ロープに掴まってね。
<待ってね…。(ロープを自分の体に巻きつける)
<早くぅ。
<よーし!
<お姉ちゃん…。いい!?
<いいよー!
<行くよー!?
<うん!
<せーの…よいしょ!(ロープ引張る)。
<(全然上に上がらない)フフフフフ…。
<(笑いながら)行くよ!せーの…
<フフフフフ。(自分も足しゃくとり虫の要領で引張られるのをフォロー)
<よいしょ!(笑)お姉ちゃん…。
<フフフ。大丈夫?ひとみ。
<(うつぶせにこける)(笑)
<何の音〜?!ちょっと〜?大丈夫〜?
<ちょっと…。お姉ちゃん!
<(坂すべり落ちる)何が起きたの!?何が起きたの?!ねぇ、何が起きたの?ひとみ!(起き上がろうとする)
<フフフ。(起き上がれない)

 とりあえず、ホッとした。


ハロモニ。ウルトラクイズ

 今日は、圭ちゃん、小川さん、紺野さん、お休みです。

<みなさん!夏を満喫してますか!?
<(梨華ちゃんのピアスいじり&耳に息吹きかける)
<(梨華ちゃんの後ろで変顔) …くっきりした口元みたいな。
<ミ〜ン、ミンミン、セミの声!夏って、いいなぁ…。
<(やぐっつぁんの後ろで引き続き、変顔) …口全開で、わぁ〜!みたいな。
<あたしの夏よ、逃げないで…。
<(かおりの後ろでしつこく変顔) …また、くっきりした口元みたいな。
<何だ、それ?(笑)
<(普通のテンションで)ハロモニ。ウルトラクイズ。(笑)
娘。<(歓声、拍手)
<さぁ、前回大好評のハロモニ。ウルトラクイズは…
<胸が痛い…。
<今回…
<はい。
<夏バージョンでお送りしたいと思います!
娘。<イエーイ!(拍手)
<大好き!このコーナー。
<夏と言えば?
<スイカ〜? …ごっちんの夏は、スイカの夏。
<海!あらら?(笑)合わせなさいよ、アンタ達。夏と言えば!?
<スイカ! …あくまで、ごっちんの夏は、スイカの夏。
<海!(笑)
<夏と言えば、海、スイカ。
<はい! …とにかく、ごっちんの夏は、スイカの夏。
<というわけで、今回は海の家を用意いたしました!どうぞ!
娘。<イエーイ!(拍手)
<うれすぃー!
<もう、すてき!
<おっ!イカがあるよ!
<そうだよ。
<ちょーおいしそう。イカがある〜!
<(気づくのが)遅いー。
<イカめし。
<だって、見てなかったもーん。
<裕ちゃん、辻ちゃんね、本番前にね、普通にスタッフの人に「このイカひと切れ食べてもいいですか?」(笑)
<アハハハ。
<普通に、言ってたからウケるでしょ?
<こんな豪華な海の家でございますが…
娘。<はい。
<(何か踊ってる) …ミュージカルの?
<クイズに敗れると…あちらに!行ってもらいます。  …『悲しみハウス』:新聞紙が下に敷いてあって発砲スチロールのテーブルがセッティングされてる。
<(前回のから推測して)パンの耳だよ。
<さぁ、みんな海の家に行きたいか!?
娘。<おー!
<(ひとりだけ、お祈りポーズ)
<勝って、おいしいもの食べまくるぞー!
<食べたい!

 …ルールは、前回同様、3ポイント勝ち抜け。お手つき減点なし。10人中6人が、勝ち抜け出来ます。

<「モーニング娘。を逆さまに読むと?」何?
<(ランプが取れる)壊れた!壊れた!壊れたよ!
<ごっつぁん。
<待って!「。」も入れますか?(笑)
<いいよ。入れて、じゃあ…。
<じゃあ…
<書くもん!書くもん!書くもん!
<ル・マ・メ・ス・ム・棒(ー)…
<えっ…?
<グ…ん?ニ…
<ブーッ!ブーッ!ブーッ!
<ブッ!ブッ!ブッ!
<え?あってないの?
<ブー。はい、ダメ!加護!
<ル・マ・メ・ス…
<何?
<ム…
<あー、棒じゃないよね。
<書くもん!何か、書くもん。ハァ、ハァ…。(テーブルのガラスを息で曇らせて、そこに書けるようにして、書き始める)(笑) …単純にすごいよ、その発想。
<(ちょっと…って、感じにののの背中叩く)
<書くもん…。書くもん。ハァ、ハァ…。
<グ・ン・ニ…
<ハァ、ハァ…。書くもんが欲しい〜!(地団駄、しゃがみ込む)
<もういい!
<棒!
<キャハハハ…。
<モ!(正解)良かったぁ!
<(テーブルの足に書き始める) …もう終わったから。
<犬は、ドッグ。猫はキャット。
<ホース!(×)
<そうじゃない?
<わかったぁ〜!わかった!
<(ボタン連打するのを)待て!ちょっと待て!わかったって、意味がわからん?(笑)
<落ち着こうよ、とりあえず。
<「犬は、ドッグ。猫はキャット。さて象は?」
<はい!はい!
<あぁ〜ぁ!
<何!?
<エレファント!(正解)
<あ゛ー!
<もう〜!
<会社勤めの女性のことをOLと言いますが、OLとは何の略…
<はい!(すんごい気合入った感じで)オフィスレディ!(笑)ははは。良かった〜。
<イントロ問題で〜す!
<ボタン、親指?
<(手の平)ここで押してる。のっかってる。
<この曲は何!?
<(曲が流れてないのにボタン押す)あれ?(笑)ごめんなさい…。(笑)
<イントロクイズです。こちらで〜す。(1年前のヒット曲。祭シャッフルと同週にリリース)
<はい!SMAPの「”shake”」!(×)
<あー近い、近い。近いけど、いや全然近くない、うそ。(解答権、よっすぃ〜)どうぞ。
<え?な〜に?
<似てる。
<♪shake!shake!(×)一緒やんか…。(笑)
 …自分にツッコむよっすぃ〜。ある意味、いしよし。
<一緒だよ。
<お〜い。
<もう1回、聞きたい!もう1回。
<一緒やん。 …自分にツッコむよっすぃ〜。
<(もう1回曲かかる)きゃあ!はっ!はっ!はっ! …でも、解答権は、新垣さん。
<「波乗りジョニー」!(正解)
<よし!
<やったぁ〜!
<何それ?
<波乗りジョニー
<桑田佳祐さんの。
<知らない。
<しかも新垣の口から波乗りジョニーってね…。(笑)波乗りジョニー!(笑)
<モニター問題です。この人は誰?(この人と言えばこの写真ですね、いつも)
<あんの〜、
<誰?
<あの人…
<知ってる人に似てる。知ってる人に似てるんだけど…。
<全然、知らない。
<誰?
<え〜っと…(意味不明のリアクション)(笑)(頭、抱える)
<加護ちゃん、ヤバい。加護ちゃん、ヤバいです。(時間切れ)
<さぁ、来たよ。
<わっかんない…。誰だろうね、これ。外人だよね?
<いや、日本人です。(笑) …外人が「羅生門」とか「河童」とか書きません。
<えぇ〜?!
<外人じゃねぇ〜よ〜!
<坂本竜馬!(×)
<絶対、愛ちゃんの正解…。
<本居宣長。
<あ?
<本居宣長。
<全然違うだろ?(笑)
<え?待って!
<答えは!芥川龍之介です。
娘。<あぁ〜。
<知らないよ〜。
<知らな〜い。 …じゃ、誰だと思ってたの?
<続いてもモニター問題です。この人は誰?
 みんな、わかって押してる分、押し負けた時の悔しさも表情に出るわけで、この時の、なっちとごっちんとたあとあいぼんの悔しがりようといったら…。
娘。<きゃあ〜!(ボタン連打)
<しぃー。ザビエル!イエーイ!
<石川リーチ!え?フルネーム何?ちなみに。
<フランシスコ・ザビエル
<あ、ごめんなさい。(笑)
<20歳は、ハタチ。では…
<みそじ!(笑)
<…。
<素晴らしいわ、それは。すごい、勘だよ。

 …ということで、こっから一気に終盤戦へ。ここまでのそれぞれのメンバーのポイントは、以下の通り。
  新垣+1、辻+2、高橋+1、吉澤+1、後藤+2、加護+2、石川+2、飯田+2、安倍+1、矢口+2

<あは。辻希美は、食いしん坊、中澤裕子は暴れん坊です…(笑)が、スケートボードを略して何という?
<スケボー。(正解、海の家へ)
<え〜?!食べたいよ〜。
<あと、5人?あと、5人?
<あら〜おじゃまします〜。(海の家にあがる)
<いいよ〜。何でも食べて〜。(笑)
<うん。
<いいなぁ〜。
<モニター問題です。これを何と読む?→『四川料理』
<えーとね…『しせんりょうり』(正解)やったぁー!あははは!(ガッツポーズで体揺らす)
<あ〜ん!
<あぁ〜!
<やったぁ、マジ…。
<矢口さん、すごーい。
<(イカ、食べる)
<お皿無いんだ…。
<そういう目なのかなぁ、やっぱり。へへへ。
<おいしい?
<(ため息)(ふるふる)(サムアップ)(笑)さいこう。
<最高?
<うん。
<それでは、続けて参りましょう。
<もち米。
<芝居が下手な役者のことを俗に…何役者といいますか?
<大根役者!(自分指して)私…フフ。
<あと、3人?!
<やだぁ〜!
<ちょっと、待ってよ〜!(笑)
<待つよ〜。
<やったぁ〜。(海の家へ)
<この席、良くないんじゃないの?って、ねぇ?
<え〜。でも1個は取れてるよ。(笑)
<何か、何かダメかも。
<あたし、スイカ食べたーい。
<プロ野球、ジャイアンツの松井選手のニックネームは?
<松井!(笑)なに?な〜に〜? …そのまんまやんか。そのまんまやんか。
<よっしゃ!ゴジラ。(正解)

 …ここで、なっちが連続正解して、勝ち抜け。

<(海の家にあがりつつ)汗かいた…。(笑)
<やっぱ、後ろの席って良くないんだって!
<何か、年順に来てる。
<イエーイ!年順!
<年順?(残ってるメンバーを確認する)あ〜、ダメだぁ〜!(しゃがみ込む)(笑)
<ははは。いや、ダメだとかじゃなくてさ、辻ちゃん頑張って。
<意味の無いことの例えとして、猫に小判、豚に何?
<真珠。(正解)豚って、加護のこと?!
<あと1人だよ。
<待って、待って、待って、待って〜!
<もう〜ヤダ!
<あと1人だ。
<そうだよ。あと1人だよ。
<もう、ヤダ。
<でも、たぶんねぇ〜、ボーナスチェンジっていうのが、あんだよ。(笑)
<あるんだねぇ。
<チェンジ…。(笑)
<あと1人だよね?
<あと1人、行きま〜す。するめは、俗にかめばかむほど、どうなると言われていますか?
<歯が良くなる!(笑)
<噛めば噛むほど〜、味がでる〜。(正解)やっ!(ガッツポーズ)よかったぁ〜!

 …ということで、残った4人(よっすぃ〜、のの、たあ、新垣さん)悲しみハウスへ。早速発砲スチロールのテーブルを破壊するのの。勝ち抜けの6人は、海の家で食事中。

<食べすぎなんじゃないのって…。(笑)
<さぁ、海の家で楽しんでるみなさん!
<はい。
<クイズはこれだけで終りだと思っていますか?
<やったぁ〜。ほら〜(笑)
<思ってま〜す!
<終り!終り!
<待ってました!

 …今日のごっちんは、やる気が全然違うと思う。 …かなりやる気あるっす。


一発逆転!チーム対抗勝ち抜けクイズ

 焼きそばとカキ氷をかけて、海の家と悲しみハウスのメンバーが、チーム対抗の1対1の早押しクイズを行います。先に相手チームを全滅させた方の勝ち。

<さぁ!ここで気になることはありませんか?
<何?
<今の(ところ)特になし!(笑)
<別にいいです。このまんまで。
<うん。

 …海の家のメンバーが6人、悲しみハウスのメンバーが、4人ということで、海の家から1人悲しみハウス側が1人補強できる事に。

<はやっ!決まったの?じゃ、せーの…
娘。<矢口さ〜ん。(笑)
<何でだろう?
<これ、勝てる自信でしょ?
<矢口さん?
<何で、矢口?
<頭いいから。
<あら。(笑)
<あ〜、期待されてんだ。ちょっと、うれしい。うふっ。(笑)

 …以下の順番でクイズです。
     海の家:@後藤 A石川 B飯田 C加護 D安倍
  悲しみハウス:@新垣 A吉澤 B高橋 C辻  D矢口

<さぁ、それでは問題で〜す。第1問!シンデレラに登場する魔法使いのおばあさんは、魔法でカボチャを何に変えたでしょうか?
<馬車。(正解)(サムアップ) …シンデレラはビデオを見たことがあるごっちん。
<頑張れ、よっすぃ〜!
<(腕まくりしつつ登場)
<あ〜、怖い!怖い!怖い!怖い!
<よっすぃ〜、でもそんなに頭よくないよ。(笑)
<(その後ろでビーチパラソルにしがみついて、すごい怯えた表情)
 …何にそんなに怯えているの?
<なんてこと言うのよ!
<お前が言うなよ!
<おい!(ののに詰め寄る)
<ごめんね。
<お前が言うなよ。
<払い腰…
<ん?
<えっ?
<内また、背負い投げなどがあるスポーツの競技とは?
<柔道。(正解)(髪を撫でてサムアップ)
<やばいよ〜!
<やばい!
<行くよ!
<頑張れ!高橋!ここで勝って…。(お祈りポーズ)
<よく聞いてね。
<(頭かきむしりながら)ほぉぉぉぉ〜!
<アメリカのニューヨークタイムズ・ワシントンポストと言えば、何を作ってる会社でしょう?
<なに?
<は?
<新聞。(正解)
<ごっつぁん、すげー!
<いや〜良かった、ごっつぁん、こっちで…。
<え?次、誰?
<はい!(笑)
<えぇ、もう?!待って!4番手なんだけど。
<え?え?
<辻!辻!勝ち抜いて!
<辻、頑張ってぇ〜。
<ごめんねぇ、ごっちん。(笑)あははは。(ごっちんの肩ポンポン)
<あはははは。やるねぇ。(ののの肩ポンポン)
<え〜、ちょっと待って、これ〜。(笑)
<ハンバーガーやサンドイッチなどに入っている西洋のキュウリの漬物…
<な?!
<ピクルス。(正解)(ガッツポーズ)ごめんね、辻。(背中ポンポン)
<(無言で、ごっちんの腕ポンポン)
<ちょっと、待って〜?!
<もう、ごっちん嫌い。(笑)(よっすぃ〜に甘える)
<もう…もう、ホント見えてるよ〜。(笑)え〜?
<がんばれ!まりっぺ、がんばれ!がんばれ!がんばれ!
<よ〜し、頑張るぞ!
<髪の毛を剃りあげた坊主頭のことを英語で何という?
<(飛び跳ねながら)う〜わかったぁ〜!(笑)
<わかった。
<何?
<ごっちん!
<いるじゃん、あのさぁ、あのさぁ、ミュージカル!
<あの…ミュージカルで、いるじゃん!
<分かった!スキンヘッド。(正解) …何とか、ごっちんの5人抜きを阻止しました。
<坊主頭でしょ?
<夢ケ丘商店街の…
<ダメだよ。
<あ〜、ドキドキする〜。
<いや〜、ちょっと石川とかって、結構頭いいんだよね。
<行くよ!
<んな…んな、んな、んな。(手振る)
<夢丘出ないんだもん。
<今年の8月1日は、木曜日ですが…
<知らないよ、そんなの…。
<(ののの肩ポン)さて、8月31日は、何曜日?
<はっ?木曜日。(×)
<あれ?も…
<月曜日。(×)(笑)
<え?!ちょ…ちょ…。金曜日。(×)
<土曜日!(正解)(ガッツポーズ)
<よっしゃー!(ガニマタで気合入れる)
<あのさぁ、ちょっとさぁ、ちょっとさぁ、何かさぁ、すごい駆け引きみたいで、すごい怖かった、今。(笑)
<いいよ。結構面白い。
<はぁー!
<あと、あと、あと、あと3人?
<行くよ〜!圭織か?
<あいよ。
<ドキドキする、これ〜。
<がんば〜れ。
<いい?日本で1年のうち夜がもっとも短い日を何といいますか?
<わかった!
<わかんない!
<わかった!
<夏至。(正解)(Vサイン)
<あ〜ごめんね〜、分かんないの〜!とほほ…。
<というわけで…
<(笑いながら)ちょっと待って…意味わかんない…。 …何なのか、映ってないのれす。
<海の家チームの勝ち〜!

 …ということで、海の家チームの皆さん。焼きそばに群がります。

<ぶー。
<でも夏至じゃないと思ってたんだよね?辻は。(笑)
<待って。こっちにも何か出るんでしょ?
<悲しみハウスチーム、座って!
<イチゴミルク食べよ…箸でどうやって食べようかなぁ。(笑)
<分かった!海でしょ。海と言えば…
娘。<塩水!(笑)
<海水、飲み放題〜!(ペットボトルに塩水)
<え?飲むの、これ?ホントに?
<これホントに海水?
<というわけで、以上、ハロモニ。ウルトラクイズでしたー!(拍手)
娘。<イエーイ!(スタジオ暗くなって、『越冬つばめ』が、かかる)(笑)
<♪ひゅーるりーひゅーるりーららー(ペットボトルをマイク代わりに口ずさむ)
<何か、恥ずかしい。(笑)
<もう終わったの?もう終りですか?
<(ののの頭ポン)辻ちゃん、今日もダメだったなぁ。(笑)
<ダメだったね。(扇風機(海風演出用)で、風送られて)すずしい!


ハロモニ。劇場 バスが来るまで
安倍 :♪るーるーるるるるるーるるるるー(笑) …北の国からのテーマソング。
安倍 :(旅行雑誌見ながら)北海道って、いいよなぁ〜。面積はと…どれくらいだったっけ?あ〜、牛が…。
小川 :(走りながら)先輩!知ってますか〜!?
安倍 :おはよう。何よ、いきなり…。
小川 :来週、学園の課外授業で北海道に行く事ですよ〜!
安倍 :ははは…甘いな、そんなこと知ってるよ〜だ。だから、北海道のガイドブック見て、勉強してるんでしょう。
高橋 :安倍先輩は、何でも勉強から入りますもんね。
安倍 :その通〜り!(笑)よくわかってるね〜。みんなも勉強する?
新垣 :ところで、先輩は北海道に行ったら、何がしたいんですか?
安倍 :そうねぇ、やっぱり広〜い草原でさぁ〜、思いっきり勉強がしたいですね。
高新小:(仰け反りながら)えぇ〜?!(笑)
安倍 :な…な…何だそれ?まぁ、皆は、何んなのよ!ほら〜、やりたいこと。
小川 :私は、やっぱり名物のジャガイモが食べたいです!
安倍 :いいよねぇ。
小川 :うんっ。
新垣 :私は〜、名物のチーズが食べたいです!
安倍 :いいね!うまいね。
高橋 :私は〜、名物の…ういろうが食べたいです。
安倍 :ういろう…って、名古屋でしょ!(高橋さんにツッコミ入れる)(笑)
高橋 :…。(うつむいて落ち込む)
安倍 :まったく、みんな大丈夫?
新垣 :(高橋さん、慰める)
小川 :大丈夫ですよぉ。
安倍 :知識がなって無いからですよ!
小川 :(旅行雑誌覗き込んで)うわぁ〜!
安倍 :じゃがいもとか、おすしとか、カニもいいんだよねぇ。いいよね。サーモンも…。
吉澤 :♪北風小僧の寒太郎〜寒太郎〜(笑)(蓑と笠つけて登場)
安倍 :吉澤さん!
吉澤 :ハ〜イ!
安倍 :ハ〜イ!じゃないでしょう?!何て格好しているのよ〜!?
吉澤 :ホッカイドウハ、寒イデショ?あ〜、しばれるねぇ〜。(笑)
安倍 :しばれるって、ちょっと、今時そんな格好してる人いないよ、吉澤さ〜ん。
吉澤 :ワタシ日本ノ本デ、見マシタ。
安倍 :どんな、本よ〜?
吉澤 :日本昔話。(笑)
安倍 :ちょっと、だからぁ!まったく…。
吉澤 :さぁ早く北海道に行きましょう!
安倍 :行きましょう!って、北海道に行くのは来週ですよ、吉澤さん。
高橋 :そうですよ。
吉澤 :オー!ミステイク!
安倍 :それより、ほら暑いでしょ?そんな格好しないで早く着替えといでよー。
吉澤 :オッケー!むかーし、むかし、北海道の山奥に…たいそう働き者の、熊五郎という猟師さんがおったそうじゃ…。(フェイドアウト)(笑)
安倍 :あの人、日本語ペラペラじゃん。
小川 :ペラペラだし、靴下出てましたよね?今。(笑)
安倍 :え〜大丈夫かね、吉澤さん。暑くないのかねぇ?
小川 :暑いですね、でも〜。
安倍 :ったく、知識がなってないからですよ。勉強しましょ。
小川 :勉強しましょ。
石川 :人間って…悲しいね…。(笑)
安倍 :あら〜、梨華ちゃん、どうしたのよ?
石川 :学校が違うから、文磨様と一緒に北海道に行けないの!
安倍 :んなこと言ったって、しょうがないでしょ?梨華ちゃん。
石川 :いやっ!(後ろ向いて目薬指す)
安倍 :始まった、これ。(笑)
石川 :(振り向いて)そんなの悲しすぎる!
安倍 :まったくもう、梨華ちゃんは…。
石川 :えぇ〜ん。
綾小路:泣くのは、お止め!(肩に木彫りの熊)(笑)
石川 :文磨様?
綾小路:僕も一緒に北海道に行けるよ。
石川 :どうしてですか?
綾小路:中澤先生に特別に許可をいただいたんだ。
石川 :え?『許可証 文磨も北海道に行ってよし ハロモニ。女子学園 中澤裕子』?(笑)ホントだ…。
綾小路:だから、一緒に行けるよ。
石川 :うれしい!
綾小路:僕も、うれしいよ。
石川 :うふふっ。
安倍 :まったく、やだなぁ。暑いっちゅーのに、もっともっと暑くなってきた。あぁ〜。(笑)
小川 :おわっ!バスが来た!
安倍 :ホントだ。
新垣 :運転手は、たぶん…飯田先輩ですよ!
安倍 :ちょっと、また助手席に誰も乗ってないってやつでしょ?ね。
高橋 :いえ、誰か乗ってます…。
安倍 :えぇ?!
飯田 :(後ろに紺野さん)プップー。(笑)プップー。次は〜夢ケ丘商店前、次は〜夢ケ丘商店前。
紺野 :次で降ります。(ピンポン)
飯田 :発車オーライ!プップー。プップー。
安倍 :ちょっと、大丈夫?
高橋 :あら、まぁ。
安倍 :ちょっとバス無いのに、ちょっと…。
ジャガイモが食べたいって言ってる時の小川さんが可愛かった。

ハロプロニュース
<ヒュ〜〜〜ボン…。(笑)ヒュ〜〜〜ボボボン…。(笑)キレイね。えっ?!私の浴衣の方がキレイ?あなただって、花火ごしにうつるその横顔…ス・テ・キ…たぁ〜まやぁ〜。(笑)ハロプロニュース、チャーミー石川でーす!(拍手)FU−!あ〜楽しい!(笑)
<どうなの?最近、このオープニング?前からおかしいとは思っていたけど…。
<斜めのこれ!すごく好きなんです。
<あぁ〜。
<はい。
<あぁ〜。(笑)
<なんですか?
<目と目が合ってドッキドキ!高橋ラブリーです。
<イエイ!(拍手)
<はい。ということで、早速ニュースはこちらです。モーニング娘。のコンサートツアー2002春『LOVE IS ALIVE!』の最終日、さいたまスーパーアリーナで行われましたライヴの模様を収めたDVDが、先週水曜日に発売になりました。(拍手)
<おっ。
<はい。全部で21曲。アンコールも入れますと23曲というホントに…
<うぉ〜。
<今回のライヴはですね、春のツアーの中でも、スペシャル版として行われたライヴで、もう…おなかいっぱいめいっぱい、あなたの瞳もLOVEいっぱいみたいな…。(笑)
<おぉっ!
<ゆっといたで、ゆっといたでぇ、もう…。
<ありがとうございます。
<ホント…。
<ありがとうございます。
<大きな拍手!
<たまには〜、高橋ラブリーも可愛がって行かなきゃいけないというのをまぁ、思いました。
<ありがとうございます。
<すっごい楽しめる内容になっている、1枚でございます。
<はい!
<はい。
<曲はもちろん、みんなの楽しいMCにも、ご注目ください。
<おぉ。
<あの、ほら、さっき花火とか海の話してたじゃないですかぁ?
<はい、はい、はい、はい。
<LOVEいっぱい、高橋ラブリーちゃん、行く?
<はい。
<花火?
<あ…っと…
<あれ?行こうよ。
<あれ?行きたくないの?
<はい…い、行くんだったら…5期メンバーの…。(笑)
<(台本閉じる)(笑)
<あぁ〜。まっ…。い、行きたい!って、言っときな!
<えーっと…。
<嫌でも、言っときな!言っときな!
<はい…。
<えーっと、5期メンバーだったら、たぶん…なぁ〜、氷とか…たこ焼きとか…ジュースとか…買ってくれへんのちゃうかなぁ?(笑)いや、あたしが買うなんてそんなお金でする…そんなことは無いけど…あたしと行った方がもっと、こう…楽しめるっていうかぁ、(声張り上げて)ゴージャスになるっていうか…。(笑)
<中澤さん。そんな脅しききませんよ。
<なんで?
<ね?
<絶対、たの…
<りんご飴もつきますか?(笑)
<(サムアップ、カモン!)
<あ〜!(姐さんとこへ)
<ちょっとぉ、どういう事?。
<じゃあね!(たあと、手つないで、セット降りる)
<騙されちゃダメよ!ラブリー!
<これで1人あたしの餌食よ。(笑) …結構、目がマジだし。
<チャーミーも連れてってよ〜。(姐さんたちの方に行こうとする)
<いいよ!(チャーミー制止する)
<えぇ?!
<いいよ!降りなくていいよ!
<じゃあ、あたし1人でここにいようっと!(笑)
<ばいば〜い!
<ばいば〜い!
<あ、すごい照明があたってる。 …一応、強がる。
<このカット(たあと姐さんの2ショット)で終わってね、今週。(笑)
<え?チャーミーで。だったら私もそっち行く!
<いいよー来なくて!(笑)もう…。
<(たあと姐さんのとこ来る)バイバーイ!
<ばいば〜い!

 …北海道では、ビューティー紺野さんが、復活するみたいです。

2002/08/11

 8/11と8/18は、北海道ロケです。場所は、花畑牧場。参加メンバーは、姐さん、なっち、やぐっつぁん、ごっちん、梨華ちゃん、よっすぃ〜、のの、紺野さん。ゲストでカントリー娘。の3人。


ハロモニ。劇場 北海道編「北の大地の課外授業」

 中澤先生引率のもと、ハロモニ。女子学園の課外授業が、行われている模様。とりあえずバスの中から。2人がけの席に矢口・安倍、吉澤・紺野で座ってる。吉澤さんは、防寒対策のためか、耳当て、マフラー、手袋、ダウンジャケット着用。

中澤 :みなさ〜ん、おはようございま〜す!
全員 :おはようございま〜す!
中澤 :今日は、年1度の課外授業の日で〜す!
全員 :イエ〜イ!
中澤 :そしてなんと、ここは…北・海・道!
全員 :イエ〜イ!
安倍 :でっかいどぉ〜。でっかいどぉ〜。
中澤 :イエイ。
中澤 :今日は…どんなことを勉強したいですか?
全員 :はい!×∞
中澤 :はい。安倍さん。
安倍 :え〜とですね、やはり、北海道といえば、8万平方キロメートル以上の面積を誇り、農業、酪農、水産業などの、第1次産業が盛んでありまして…
中澤 :は〜い!安倍さん!勉強もいいんですけどね…
安倍 :はい。
中澤 :今日は自然と触れ合うのが、課外授業の目的なのです!
安倍 :はい。
中澤 :はい。じゃ〜、次!
全員 :はい!×∞
中澤 :はい!矢口さん
矢口 :はい!私は是非ですねぇ、阿寒湖に行きたいですね。
中澤 :あら。
矢口 :真里だけに…(まりも取り出して)まりもが見たいなんつって!ははは!
中澤 :矢口さん!
矢口 :はい?
中澤 :真面目にしてください。
吉澤 :先生!先生!
中澤 :はい!
吉澤 :アノ〜、スゴク暑イデスネェ。
中澤 :はぁ?
吉澤 :北海道ハ寒イデショ?シバレルネェ…ノ、ハズナノニ…暑イヨ…。
中澤 :何やってるんですか?吉澤さん…。
矢口 :すごい厚着だね。
安倍 :なんだ、この手袋?
中澤 :あのね、いくら北海道とはいっても夏です。暑いはずです。もう脱ぎなさい、そういう服は…。
吉澤 :ワカリマシタ…。
中澤 :はい。
紺野 :先生、先生!
中澤 :はい。
紺野 :何か吉澤さんが言うように、やっぱり暑くないですか?
綾小路:僕には分かる…。
中・矢:えぇ〜!?
矢口 :綾小路文磨、何で乗ってるんですかぁ?!

 吉澤・紺野の座席の2つ前に綾小路と石川さんが座ってる。綾小路、今日は犬のヌイグルミを肩にのせている。

綾小路:君は知らないのか!?僕は特別に中澤先生から許可を頂いたんだよ!
矢口 :ホントだ!(どうなってるんですか?って感じで中澤先生の肩叩く)
中澤 :文磨様!あはは…。
綾小路:僕と石川さんの愛は…たとえ、南極の氷だろうとも溶かしてしまうほど熱いんだ。
石川 :文磨様ぁ〜!
矢口 :先生には目の毒ですね…。
中澤 :余計なお世話ですぅ!
中澤 :みなさん!我がハロモニ。学園の校訓は?!
全員 :清く正しく美しく!
辻  :よく食べる〜!

 矢口・安倍の席の後ろに辻(小学生)が座ってる。 …最初っからチラチラ見えてたけどね。

安倍 :えぇ〜?!
矢口 :え〜!?どうしていつもの小学生がのっているんですかぁ?!(中澤先生の座ってる椅子揺らす)
中澤 :私が許可しました!

 綾小路と同様の許可証を見せる、辻希美(小学生)。

中澤 :まぁ、いいじゃないの。
辻  :で、先生!
中澤 :はい?
辻  :バナナは、おやつに入るんですか?
中澤 :あん?バナナは、微妙だわねぇ…。ん〜、まぁ、はい…入る?
安倍 :嫌いなんですよね。
吉澤 :そんな〜バナナ!
中澤 :おわはははは!面白い、吉澤さん!
辻  :じゃあ、お姉ちゃん。
矢口 :ん?
辻  :これ、あげる。

 ゴキブリつきのバナナを差し出す。

矢口 :きゃぁ〜!

ハロモニ。劇場 北海道編「世界のジョークショー」

 「ひとみ吉澤の世界のジョークショー」を1コーナーとしてやってました。吉澤さん、手にカニの爪着用。

吉澤 :イエーイ!北海道は、(ターンしながら)でっかいどぉ〜!
吉澤 :ヒトミヨシザワの世界のジョークショーの時間がやってきました。今日は、北海道ジョーク!
吉澤 :HEY!味噌ラーメン!
吉澤 :なんだい?塩ラーメン!
吉澤 :北海道にはすごいカニがいるらしいぜ。
吉澤 :え〜本当かい?味噌ラーメン。そんなカニに出会ったときはどうすればいいんだい?
吉澤 :教えてやるよ。そんなカニに出会ったときはこういうのさ。
吉澤 :おっかにぃ〜!(笑)
吉澤 :北海道だけに、カニ。カニだけに、おっかにぃ〜!(ターンしながら)イエ〜イ!
吉澤 :どうだい、(後ろ向いて)面白かったカニ?(牛が1頭いる)(笑)

当時プロジェクトヒトミ(http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/3217/index.html)のTOP画像になってた…この画は、面白すぎる。


ハロモニ。劇場 北海道編「世界のジョークショー」  其のニ

 今度は吉澤さん、馬車にチンギス=ハーンっぽい服装。手に刀持ってます。

吉澤 :イエーイ!ホゥー!ホゥー!
吉澤 :♪ジン ジン ジンギスカーン イエーイ!
吉澤 :今日もやってきました、ヒトミヨシザワの世界のジョークショー!北海道ジョーク!(サムアップ)
吉澤 :HEY!バーベキュー!
吉澤 :なんだい?ジンギスカン!(笑)
吉澤 :北海道でジャガイモを食べ過ぎると倒れるらしいぜ。
吉澤 :え〜本当に!?どうやって倒れるんだい?
吉澤 :ポテっと。(笑)
吉澤 :ジャガイモだけにポテっと倒れるらしい。イエ〜イ!私、最高デスネェ〜!
吉澤 :(馬車ひいてる馬に)どうだい、ホース?面白かっただろ?(馬は当然無反応)
吉澤 :アレェ?面白クナカッタデスカ…。お気に召シマセンカ?ン〜?

ハロモニ。劇場 北海道編「珍種ひつじ現わる」

 矢口と安倍が、牧場の動物を見て回る。シェトランドポニー、アメリカンミニチュアホース、うさぎと見る。

矢口 :あ〜、ウサちゃん〜!
安倍 :ちょっと〜、これが「ウサギ」っていうんですか…。(笑)
矢口 :なつみ!なつみ、今…え?!はじめて見たの?
安倍 :見ましたねぇ。ちょっと、怒ってますねぇ。
矢口 :ハッハッハ。うそだよ〜。ホント?

 そんな2人に「ひ辻」のプレートが目に入る。

矢口 :ん?これは、「ひ辻」??
安倍 :珍種ですかねぇ?
ひ辻 :んめぇぇぇ〜。(笑)
矢口 :あぁ〜。あの…あ、来た。何か来た。
安倍 :来ましたよ。大丈夫?
ひ辻 :(矢口さんの持ってたソフトクリーム強奪)
安・矢:あぁ〜!(笑)
ひ辻 :(満足そうにソフトクリーム舐める)
矢口 :ソフトクリームとられたよ!なつみ!
ひ辻 :んめぇぇぇ〜。んめぇぇぇ〜。
安倍 :あの羊は、ソフトクリームが主食ということですね。
矢口 :そうなのかなぁ〜?(笑)ちょっとぉ、どうにかしてよ、あの動物ぅ〜。
安倍 :あ〜おいしそうに食べてますねぇ。
ひ辻 :んめぇぇぇ〜。(笑)んめぇぇぇ〜。
安倍 :「うめぇ」って聴こえますね。「うめぇ」って。
矢口 :う〜ん…。

 …普通にレギュラーでやってくれないかなぁ。 …小学生役より、こっちの方が全然面白い。


ハロモニ。劇場 北海道編「珍種ひつじ現わる」  其のニ

 今度は、安倍さんが、矢口さんに最近眠ろうと思ってもなかなか眠れないという相談を持ちかける。矢口さんが、解決方法として羊を数えればいいらしいと説明。そこにさっきのひ辻が現れる。

矢口 :あ!噂をすれば、羊!
ひ辻 :(指差されてちょっと後ずさる)
矢口 :ほらほら!
安倍 :はぁっ!
ひ辻 :(縄を飛び越えて走っていく)
矢口 :早く、数えて!
安倍 :羊が1匹。
矢口 :どう?眠たくなった?
安倍 :どうって、1匹じゃ無理じゃないっすかぁ。
矢口 :そうだよねぇ。他にいないのかなぁ。羊さ〜ん!羊さん…来た来た!
ひ辻 :(ダッシュで縄を飛び越えて走っていく)
安倍 :あぁ〜!羊が2匹。(笑)
矢口 :あ、どう?どう?どう?
安倍 :どうって言われても2匹じゃ眠くなりませんよぉ。
矢口 :2匹じゃねぇ。そうよね。ほら!遠慮しないで、羊さ〜ん!羊さん遠慮しないで…来た来た来た!
ひ辻 :ハッハッ…(息切らせて、さっきよりかはスピード遅めで縄を飛び越えて走っていく)
安倍 :羊が3匹。
矢口 :あ、どう?どう?どう?どう?どう?
安倍 :どうって3匹でも無理じゃないすか?やっぱり…。
矢口 :はい、じゃんじゃん、じゃんじゃん、じゃんじゃん来て〜!…来た来た!
ひ辻 :ハッハッ…(歩いて縄を飛び越えてく)
安倍 :あれ?何か…羊が4匹。(笑)
矢口 :4匹。はい。どう?
安倍 :やっぱり、もっともっと元気な羊じゃないと…。
矢口 :あ、元気な羊さ〜ん!元気な羊さ〜ん!
ひ辻 :ハッハッ…
安倍 :来ますかねぇ?
矢口 :あ、来た来た!
ひ辻 :(ターンしながら縄を飛び越えてく)
矢口 :元気だ!元気だ!(笑)
安倍 :あ〜!あ〜!羊が…5匹。
矢口 :5匹!どう?
安倍 :ん〜。あ〜でも〜欽ちゃん走りしてる羊が見たいですねぇ…。
矢口 :欽ちゃん走りのリクエスト入りました、羊さ〜ん!欽ちゃん走りの羊さん。
安倍 :出てきますかねぇ?
矢口 :どうぞ!どうぞ!
ひ辻 :(欽ちゃん走りで縄を飛び越えてく)(笑)
矢口 :どう?なつみ!
安倍 :あーでも、段々眠くなってきたような気がします。
矢口 :あ、ホントに!?
安倍 :うん。
矢口 :よ〜し、じゃあトドメ!
ひ辻 :(矢口さんの頭小突いて通り過ぎる)(笑)
矢口 :痛い!イタタ…何だ今の?トドメの羊さ〜ん!トドメの羊さん?
ひ辻 :ハッハッ…(息切らせて、アイーンダンス!しながら縄を飛び越えて走っていく)(笑)
安倍 :おぉー。何かでも目が覚めちゃいましたねぇ。(笑)
矢口 :あれぇ?!マジでぇ?
安倍 :うん。
矢口 :もう、アイーン羊はダメだって言ったのになぁ、もう…。
安倍 :やっぱり〜、あの羊でも、羊なのかヤギなのかホントにわからない悩んでる羊っていうのが見たいですねぇ。
矢口 :あ〜いいねぇ。さぁ…(笑)難しいリクエストが入りましたけど…羊さ〜ん!どうぞ〜!
ひ辻 :ハッハッ…。んめぇぇ…やぁ…?(笑)んめぇぇ?んぃぃやぁぁぁ〜?(笑)
安倍 :これ、悩んでるんですか?
ひ辻 :んめぇぇぇぇ〜!やぁぁあぁ〜!(笑)
安倍 :怖いですよぉ。
矢口 :怖いよぉ〜。
ひ辻 :んめぇぇぇぇ〜!やぁぁぁぁ〜!(笑)(去っていく)
矢口 :いっちゃった…。(笑)どう?なつみ。
安倍 :うん、頑張る。
矢口 :よ〜し!
安倍 :眠れるように頑張るよ。
矢口 :そうだね。頑張ろうね。
安倍 :うん、頑張る。
矢口 :うん。
ひ辻 :(帰ってくる)早く寝ろメェ!(安倍さんの頭どつく)(笑)
安倍 :おぉ。
ひ辻 :ハッハッ…(去っていく)
矢口 :お疲れ!羊!
欽ちゃん走りする、ひ辻。 アイーンダンスする、ひ辻。

 …これは、ゴマキペンギン級に面白い、マジで。


ハロプロニュース in 北海道
<♪ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ハイハイ!北海道は、でっかいどぉ〜!(笑)この広大な大地でキタキツネのようにとびはねる私を…つ・か・ま・え・て。(笑)ハロプロニュースin北海道!どうもチャーミー石川で〜す!(拍手)フゥー!
<気持ちいでしょう?こんな所で。
<気持ちい〜。
<北海道は、でっかいどぉ〜!(笑)
<どうしても言いたくなりますよね、この言葉。
<中澤裕子で〜す。(拍手)
<ホゥ!
<そして!
<そして!
<北海道は、でっかいどぉ…。(笑)
<ちょっと、弱気な…。
<こんにちは。久々に登場のビューティー紺野です。
<イエイ!(拍手)
<とうとう、ハロプロニュース、北海道進出ですよ。
<…あぁ、すごいですよね。
<北海道来ちゃいましたよ、もう〜。
<いいですねぇ、この自然。
<久々になんか、はりきって!(ガッツポーズ)
<はい。(ガッツポーズ)
<は〜い。(ガッツポーズ)
<はりきって!(ガッツポーズ)
<あ、はい。(ガッツポーズ)
<行きたいと思います。それでは…(ガッツポーズ)
<(紺野さん指して)一生懸命、合わしてるわよ、横で。
<それでは、今週のニュースはこちらです。(ガッツポーズ)

 …今週のニュースは、松浦亜弥のDVD&VHS発売中。

<ところで一つ気が付いたんですけど…。
<なんでしょう?
<中澤さん、何で長靴じゃないんですか?
<わはは!…っていうかさぁ、ちょっと立って、2人。
<はい…。
<なんなら、その前に出てみて。
<ねぇ。初ロケですよ、初ロケ。

 …ビューティーとチャーミーは、色違いの長靴(ピンクと赤)を履いていて、姐さんは黒のブーツ履いてます。

<そっちの方が…そっちの方がおかしくない?(笑)
<だってほら…ほら、たくさん放牧されてる…う…まとか牛のフンとかさ…。(笑)
<長靴でしょう、やっぱり。
<ブーツだと埋まっちゃいますよ。
<いいえ、埋まりません。
<あたしも、長靴でよかったかもしれないと思う。
<(姐さんの上着(白黒のゼブラ模様)つまんで)あと、何これ!何を意識してきたんですか?
<えっ?(後ろ向くと牛が急接近していた)あぁ!ビックリした。(笑)この広い大地のもと…なんなら、隣に並んで、あたし同化しちゃうわぐらいの…。(牛が)何かすごい寄ってきたよねぇ?
<ほら、仲間意識があるんですよ。
<仲間と勘違いされてるんじゃないですか?
<ほら、ほら!ちょー、ちょー、ちょー目が!目が!
<ちょっと、中澤さん、呼んだんでしょ!?
<違う!呼んでないって!
<もっと呼びましょうか?
<え?いい、いい!
<私、呼べるんですよ。(笑)
<え?呼んで、呼んで。
<ぴぃ〜っ!(指笛)おいで〜。おいで〜。ほら、来た来た来た!おいで〜。おいで〜。
<おいで〜!(牛に寄って行くが、ソッポ向かれる)(笑)逃げられた…。

 …あとは、ウシ相手にハッピー!したり、牛バンバン叩いたりして、はしゃぐチャーミーなのでした。


 …ゲームの方は、面白かったですけど、レポは無しで。ごめんなさい。

2002/08/19

 今日のハロモニ。も北海道からです。


ハロモニ。劇場 北海道編「世界のジョークショー」 其の三
吉澤 :イエーイ!ヒトミヨシザワの世界のジョークショー!えっ?シツコイ?デモコレガ、ジキニ快感ヘト変ワリマス。Oh!Yes!(笑)デハ、今回モ、北海道ジョーク。
吉澤 :おい、ムツゴロウ。
吉澤 :(ムツゴロウっぽく)なんだい?クマゴロウ。(笑)
吉澤 :北海道にはすごいセミがいるらしいぜ。
吉澤 :おぉ、それはどんなセミだい?
吉澤 :すごい鳴き方をするんだよ。
吉澤 :どんな鳴き方なんだい?
吉澤 :(カメラ目線で)それはね…(木にしがみついて)オホーツクツクボーシ!オホーツクツクボーシ!オホーツクツクボーシ!(笑)
吉澤 :どう?どう?面白イデショ?えっ?ヨクワカラナイ?ウーン…困ッタナァ…。
綾小路:(木に隠れてたらしくそこから登場)僕には分かる…。(笑)
吉澤 :Oh!文磨サマー!
綾小路:オホーツク海とツクツクボウシをかけたんだろ?
吉澤 :Yes!
綾小路:イマイチだね…。(笑)
吉澤 :…。
綾小路:(去っていく)
吉澤 :Oh!My God!(頭抱えて天を仰ぐ)

ハロモニ。劇場 北海道編「写生」

 綾小路が、スケッチをしてる所に安倍と矢口が遭遇。右手伸ばして親指立てて遠近とかのチェックしてるのかと思ったら、右手の親指をスケッチしていた。

矢口 :ちょっと〜、そんなの家でも描けるじゃ〜ん。
綾小路:だから、つまらない…だから、つまらない絵だって言っただろ…。
安倍 :今、噛みましたね?(笑)
矢口 :うん、噛んだね。文磨さんでも噛むことがあるらしい。
安倍 :うん、でもホントにつまんない絵ですね。
矢口 :うん…。
綾小路:僕には分かる…。(笑)
矢口 :あぁー。
安倍 :何が分かるんですかねぇ。
矢口 :わかんないなぁー。
安倍 :うん。
綾小路:いい手だろ?(笑)

ハロモニ。劇場 北海道編「世界のジョークショー」 其の四
吉澤 :ハーイ!ヒトミヨシザワの世界のジョークショー!マダマダ続クヨ。(笑)今日は、北海道ジョーク。
吉澤 :おい、小樽!
吉澤 :(田中邦衛っぽく)なんだい、蛍。(笑)
吉澤 :お前、モーニング娘。の北海道出身のメンバーのいい覚え方知ってるか?
吉澤 :(田中邦衛っぽく)し…知らないなぁ。(笑)教えてくれよ。
吉澤 :えー?知らないの〜!お前、それ安倍ーよ!まぁ、飯田よ。紺野までに覚えとき。(笑)
吉澤 :(カメラ目線で)分かったかな?アベーヨ。イイダヨ。コンノマデニ(指差して)覚えとき。

ハロモニ。劇場 北海道編「花占い」

 ひとりベンチに座って花占い(綾小路が自分の事を好き嫌い)をする石川さん。占いが嫌いになって凹んでる所に綾小路登場。手品の花を出して石川さんを慰める。でも石川さんが抱きつこうとする度に花を出すので石川さん抱きつけない。結局抱きつけないまま綾小路は去っていく。

石川 :(去っていく文磨見ながら)ミステリアスなお方。(笑)でも、大好き。
綾小路:(スキップというか両足を飛び跳ねてくっつけあう感じのしながら、去っていく)

ハロモニ。劇場 北海道編「世界のジョークショー」 其の五
吉澤 :♪ヤッホーホートランランラン(ターンしてポーズ)イエーイ!(ダブルVサイン)ヒトミヨシザワの世界のジョークショー!今日は、とっておきの北海道ジョーク教えます。(サムアップ)
吉澤 :ヘイ、クラーク。
吉澤 :なんだい、ポプラ?
吉澤 :北海道には、氷の妖精がいるらしんだよ。
吉澤 :Oh!知ってるさぁ、あれだろ?クリオネのことだろ?
吉澤 :そうなんだよ。俺、クリオネ飼ってみたいんだ…。もし、見つけたら俺に…(カメラ目線で)クリオネ?(笑)ハッハッ…おもしれー!フゥー!どう?ポニー。(後ろのポニーに聞く)うんうんうんうんうん。(笑)65点だって。それで?(後ろのポニーに聞く)うんうん。もっと面白い事やれって。(笑)分かった、今度はモット考エテクルヨ。

ハロモニ。劇場 北海道編「珍種ひつじ現わる」 其の三
矢口 :あ!あそこにさっきの動物がいる!
ひ辻 :(肘ついて横になってる)(笑)
安倍 :ホントですねぇ。ちょっと近づいてみますか?ね。
矢口 :うん。
安倍 :いや〜見れば見るほど変な動物ですねぇ。
矢口 :あぁー。芸とかできんのかなぁ。
安倍 :ちょっとやってみますか?
矢口 :やってみる?
安倍 :おい!お手。(ひ辻の顔の前に手出す)
ひ辻 :(無視してあくび)(笑)
矢口 :あくびしてるよ、おい…。おすわり!
ひ辻 :フン。(ソッポ向く)(笑)
矢口 :何かちょっと…ムカツきますね。
安倍 :そうだなぁ。
矢口 :でもやっぱ何もできないよ。
安倍 :ねぇ。
矢口 :うん。
安倍 :あ〜ぁ、芸とか出来たらソフトクリームあげようと思ったのに…
安・矢:ねぇ〜!
ひ辻 :!(体起こす)
安倍 :食べちゃいますか?
矢口 :食べよっか?2人でね。
安倍 :うん。
ひ辻 :ソ…ソフトクリ…
矢口 :あれ?しゃべったよ。(笑)
安倍 :しゃべったよ。
ひ辻 :めぇぇぇぇ〜!めぇぇ!めぇぇ!
安倍 :え?何?何?
ひ辻 :めぇぇ!めぇぇ!めぇぇ!
安倍 :急にやる気になったみたいですよ〜。
矢口 :え〜でもちょっと遅いよぉ。
ひ辻 :んめぇぇぇぇ〜!
安倍 :ちょっとぉ、何でもやるからぁって、言ってるみたいですよ。
矢口 :何でなつみ分かるの?
安倍 :フッ…分かるんだよ!私は何でも勉強してんの。
矢口 :すごーい。え?何でもやるの、ホントに?
ひ辻 :(正座して)めぇ。(笑)
安倍 :ホントに〜?
矢口 :ホントに〜?大丈夫かなぁ?
安倍 :大丈夫ですかねぇ?
ひ辻 :(頷きながら)んめぇぇ!めぇぇ。めぇぇ。(笑)
矢口 :じゃあ!じゃあ…あそこにいる…インチキ帰国子女に…
吉澤 :(ベンチに座りながら、手だけ恋レボのウォウォのフリ)(笑)
矢口 :ご飯の時間は何時からですか?って、英語で聞いてきて。 …それは、芸なのか?
安倍 :うんうん。
ひ辻 :(手振って、無理)
矢口 :英語で!
ひ辻 :(手振って、首かしげて)んめぇぇぇ。(笑)
安倍 :それは、ちょっと出来ないなぁって言ってるみたいっすねぇ。
矢口 :じゃあ、2人で食べよっか!
安倍 :あぁ、そうしますか。
矢口 :そうしましょうね。
ひ辻 :んめぇぇぇ〜!
安倍 :え、何?
ひ辻 :(土下座)(笑)
矢口 :何?何?何?
ひ辻 :(両手合わせて拝みながら)ん〜。
安倍 :分かった、分かった、お願いしますって、言ってるみたいですねぇ。
矢口 :あ、ホントに?
安倍 :うん。
矢口 :じゃあ…ねぇ、やってきてもらおうよ。頑張って。いってらっしゃい。
安倍 :いってらっしゃい。
矢口 :ご飯の時間は何時からですか?って、英語でね。
安倍 :うん。
吉澤 :ハーイ!
ひ辻 :めぇ。
吉澤 :めぇ。
ひ辻 :めぇ。
吉澤 :めぇ。
ひ辻 :めぇ。
吉澤 :ワタシ、何デモ、ワカルヨ。(笑)
ひ辻 :…。
矢口 :あれ、日本語だよね?
吉澤 :アタシ英語専門。何デモ言イナ。教エテアゲルヨ。
ひ辻 :(自分のお腹指しながら)んめぇぇ?(ご飯食べるフリしながら)めぇ、んまんまもぐもぐもぐ…。
吉澤 :オーケー!
矢口 :英語だって…。
ひ辻 :(腕時計してる風で腕を指す)
安倍 :通じてますねぇ。
吉澤 :(腕時計してる風で腕を指す)めぇ?
ひ辻 :うん。
吉澤 :オーケー、オッケー、オッケー。アァ〜ン、ユア…
ひ辻 :はい…。
吉澤 :ドゥーイッツナウ、オクトーバー。
ひ辻 :めぇぇ、めぇめぇめぇ、めめめぇぇ〜。(笑)
吉澤 :ノーノーノー!ドゥーイッツナウ、オクロォック、ノーベンバー。
ひ辻 :めぇぇ…え?(聞き返す)(笑)
吉澤 :ドゥーイッツナウ、オクロォック、ノーベンバー。
ひ辻 :めぇぇ、めぇぇ、めぇぇ、めめめぇぇ、あ、めめめめぇぇ〜。(笑)
吉澤 :オッケー!オッケー!アナタ、発音イイネェ。
ひ辻 :う、うん。めぇぇ。(サムアップ)
矢口 :ひ辻!ひ辻!ほら!(手招きする)
ひ辻 :(吉澤さんに手振りながら)めめぇぇ!(笑)
矢口 :何、フレンドリーになってんだよ!
ひ辻 :(ソフトクリーム取ろうとする)
矢口 :ちょっと待って!ちょっと、待ちなさいよ!何時からって、聞いてきた?
安倍 :早く、ちょっと成果を…
(本物の羊が鳴く)(笑)
安倍 :ちょっと、本物鳴いてますよぉ。友達っすか、あれ?
ひ辻 :んめぇぇ、めぇぇ。
安倍 :あぁー、友達…。
矢口 :な…何時からだって?
ひ辻 :めぇぇ、めぇぇ、めめめぇぇ、めめめめぇぇ〜。(笑)
矢口 :まったく分かんないけど〜。
安倍 :ん〜、Do it!Now とか言ってましたよ。(笑)
矢口 :あっちは、インチキだね、やっぱりね。
安倍 :Novemberとか…。
矢口 :う〜ん。
ひ辻 :めぇ。(吉澤さんにサムアップ)
吉澤 :教エタデショ?教エタ通リ、speak …。(笑)
矢口 :所々、英語何だよねぇ。
ひ辻 :めぇ…。(再度、吉澤さんに聞き返す)
吉澤 :ドゥーイッツナウ、オクロォック、ノーベンバー。
ひ辻 :めぇぇ、めぇぇ、めめめっめぇ、めめぇめぇめぇぇ〜。(笑)
矢口 :もうねぇ、しょうがないか?
安倍 :まぁ、いっか?
矢口 :あげようか?

 …ひ辻は、面白いなぁ。しゃべれないのがいいね。同系統のキャラでいうと、サービスを抜いたね、自分の中で。 …サービスは、「夢で逢えたら」の松本人志が扮する犬。フンする犬。(ワーイ)


ハロモニ。劇場 北海道編「珍種ひつじ」 未公開映像集

 半ば、テキストサイトとしての体裁を放棄した感じでお送りします。 …何をいまさら。

何故かホラーなBGM 馬が動いてビビる、ひ辻。
<ちょーかわいい〜!
<大スターだよ。
モノマネ番組ではおなじみの本物さん、登場。 …全然違う。 意外に現実主義な、ひ辻。 ♪確かにそうね何故でしょね
<んめぇぇぇぇ〜!
何故か牛が反応。結局、答えてくれず。

ゴマキペンギン物語
<(坂すべり落ちる)何が起きたの!?何が起きたの?!ねぇ、何が起きたの?ひとみ!(起き上がろうとする)
<フフフ。(起き上がれない)ちょっと待って…。(笑)お姉ちゃん待って!今起きあがるよ。
<大丈夫〜?立てなくなってんの〜?大丈夫かい?
<フフフフフ。待って。(起き上がろうとする)
<お姉ちゃん、下でロープにくくって…
<よいしょ!(起き上がる)復活!(ガッツポーズ)(笑)行くよ、お姉ちゃん。引張るからね。
<うん。
<せーの、よいしょっ、よいしょっ…。よいしょっ…お姉ちゃん、もうちょい。お姉ちゃん、もうちょいだよ。(ごっちん引き上げる)やったぁー!(笑)フゥーフゥー!
<やったね。やっと食べれる。(起き上がろうとして落ちそうになって)あぶない!あぶないっ!(笑)ハハハ…ハハハ…。
<お姉ちゃん、落ちちゃダメだよ。
<やっと食べれるね。
<(起きるの手伝う)よいしょっ。
<(起き上がる)
<やった、お姉ちゃん!
<足が(着ぐるみの)中に入ってるみたい。(笑)どういう体だ?
<やったぁー!(バンザイ)
<やっと食べれるね。
<お姉ちゃんに会えた、やっと。
<やっと、魚食べれるね!
<お姉ちゃん、お魚食べよう。
<食べよう!
<お姉ちゃん、お魚は?
<無い!(笑)
<どうしたの!?
<(坂の下の魚見る)…置いて来ちゃった。(笑)
<うわあぁ〜ん!お姉ちゃんのバカァ〜!
<(泣きまねしながら)ごめんねぇお姉ちゃんバカでぇ、もう…。(笑)うわぁ〜!(自分の頭を自分でポコポコ)
<もう〜!お姉ちゃん、ひもじいよ〜!(ごっちん、叩くフリしながら)もう〜お姉ちゃんのバカ〜!
<うわぁ〜〜〜!(自分の頭を自分でポコポコ)お姉ちゃんもひもじいのに〜。
<もう、お姉ちゃん、ひもじいよ〜。
<もう、やだぁ〜。(坂の下の魚見る)お魚…。

 …やっぱり、ベタなオチだったのでした。さぁ、来週もあるぞー。


ハロプロニュース
<♪ル〜ル〜ルルルルル〜ル〜…ル〜ル〜ルルルルル〜ル〜。緑の大地…青い空…そして…純白なアタシ…。地黒だけれども、心はあの入道雲の様に…ホワイトっ…。(笑)北海道スペシャルの途中ですが、ハロプロニュースキャスターのチャーミー石川で〜す!(拍手)
<「徹子の部屋」が始まったのかと思いました。(笑)
<え?何でですかぁ。
<何の歌かなぁと思って、じーっと聞いてたんですけれども…。
<今日はねぇ、70点ぐらいかな?
<あら、高いわね。(笑)
<いや、こないだは、85点だったんですよ。
<いや、ビックリした。高いわねぇ。
<ちょっと今日は、失敗しちゃったなぁ。
<今日は、ちょっと…お隣り、またいらしゃるわよ。
<あっ…。
<(髪をさらっと、撫でながら)今日の私も…イケてるかしら?こんにちは、ビューティー紺野で〜す。
<イケてるわ〜!(拍手)(笑)
<(顔伏せる)
<自信無さそうにやるところが、またビューティーは…。(笑)
<はい。ありがとうございます。

 …今日のニュース、ひとつ目は、ごっちんの新曲『やる気! IT'S EASY』を8/21にリリース。

<えっと、後藤さんが最近特に気になるのが、ネイルのことらしいです。
<ネイル?
<長くてキレイなつけ爪にしようか、短くてかわいいつけ爪にしようか、悩んでるみたいですわ。(笑)
<あの〜、紺野さんが、言うとホント悩んでるように聞こえるからいいよね、本当に。

 …今日のニュース、ふたつ目は、五期メンバー写真集『5』絶賛発売中。

<(写真集が13人全部揃った中で)でも1番キュートでセクシーでプリティーなのは、この『5』に間違いないんじゃないかしら…。
<あなたホントに思ってる?!(笑)思ってる?ホントに。もう、ちょっと持ってこういう風に宣伝するのよ、こういう時は。ね?
<はい…。
<ホントにこういうときはね、(自分の写真集を持ち出す)あたしの…。
<あ!(隣に置いてあった、『辻加護』が落ちそうになる。
<あっ!あっ!(落ちないように持つ)
<あなた、私の辻加護ちゃんになにすんのよ!(『辻加護』をチャーミーから奪う)(笑)
<いや、いや、いや。こっち(石川梨華写真集)を大事にして下さい。
<これは、石川さんに頂きました。
<ホントに、これは、あの…十人十色じゃないですけど…
<(何故かもう1冊写真集を手に持ってる)(笑)
<ホントに各それぞれのね…
<(チャーミーの前にその写真集を)
<みんなのいいところを…あれ?何か、1…1冊何か…
<ごめんなさいね、大人のセクスィーな感じで…
<あれ?何か、まぎ…これ?これ?
<あなた、触んないでよ!ちょっと…。(笑)
<これは、中澤裕子さんの写真集じゃないですか?
<中澤裕子さんも去年これ出したんですよ…。
<あらららら…どんな感じになってるんですか?
<いや、これは、いいんです。(笑)これは、いいんです。また、秋にあの新しい写真集発売しますので是非そちらの方もご覧下さいませ。(拍手)よろしくお願いいたしまーす。

 …今日のニュース、みっつ目は、東京ジョイポリスで8/10〜11/4までプッチ・ミュージアム開催中。

<ミュージカル・モーニングタウンで着た衣装や最新シングル『Do it! Now』のPVで使った小道具など、レアグッズがたくさん展示されてるわよん。(笑)
<いいよね、忠実で。
<中澤さんも何か…?

 …ということで、姐さんが、『改心』の宣伝。

<はい。ホントにコメンティターっていう自分の役割忘れてるんだからぁ…って、誰に言ってるの?(笑)
<結構、今日キレイにまとまってたからね。キレイにたまには…私こないだ放送見て思ったのよ。何かもうグチャグチャ!もうこのコーナー…。
<それがいいところですよ、でも…。
<でも、たまにはね、たまにはキレイにこうね、まとめてね、ニュースをちゃんとお伝えする週も必要じゃないかなぁと思ったんですけど…
<あぁ、なるほど…。
<あなたが、グチャグチャなのよ…。
<あぁ、ごめんなさい。(顔覆う)(笑)ホントに、もうね。
<ホントに。
<まぁ、こんな感じで久しぶりにキレイにまとまったということで、今週はこの辺で…
<はい。
<以上、ハロプロニュースでした、チャオ〜!
<チャオ〜。
<はあぁ。(笑)次もそのまんま?
<ハイ。
<あぁぁ。(笑)
<あっ、キャラが変わります。(笑)

 …キャラが変わるって、どういう事?!


『やる気! IT'S EASY』

 初めて、聴きましたですわ。ドカンと行く感じではないですけど、それなりには、行くんじゃないかしら…。同一週リリースもそんなに強敵がいるわけではないし、少なくても今まで通りTOP3、上手くいけば1位になれるわよん。


 ゲームの方は、何だかんだで皆で仲良くバーベキューしましたとさ。(自分が食べるの後回しにして、バーベキューの具焼いたり、味付けしたりしてるごっちんがそこにいたことを付け加えときます。)


 …っていうか、来週はプッチスペシャルですよ〜!

2002/08/25

 今日はプッチモニSPということで、プッチモニの3人とモーニング娘。メンバーとのゲーム対決です。なっちと、たあと新垣さんはお休み。つーか、プッチの3人制服だし。

<プッチモニ、よ〜頑張った!これからも、頑張ってちょ〜だい!まる!まる!まる!まる!まる!五重丸スペシャル〜!(歓声)
<え〜、もう年のせいか、丸の回数がわかんなくなってしまいました。(笑)
<ちょっとさぁ〜、足りなかった気がするんだけど。
<足りなかった?
<ご存知かと思いますが、プッチモニから圭ちゃんとごっちんが卒業して、この度また、新しく生まれ変わるわけなんですけれども…
<うん。
<そこで、今回は、今までのプッチモニの活躍を称えまして、プッチモニスペシャルで〜す!
<イエイ!(拍手) …今日のごっちん、やる気あるぞ。

L・O・V・E 無表情にらめっこ対決

 無表情のにらめっこ対決です。ごっちんが、この顔で、モーニング娘。チームの7人(梨華ちゃん、紺野さん、やぐっつぁん、小川さん、かおり、のの、あいぼん)を一人で全部勝ち抜けまして、プッチモニチームの勝利。

<(最後のあいぼん)にゃははは!うわぁ〜ん!(梨華ちゃんに抱きつく)うわぁ〜ん!
<勝っちゃったんだけど〜。
<くそ〜!(にらめっこ対決のお立ち台蹴る)

 …やる気のあるときのごっちんには、誰もかないません。っていうか、ほら、ごっちんて、ある意味、無表情慣れしてるし。 …おいっ!


ツーといえば、圭ちゃん。保田圭を探せゲーム

 モーニング娘。7人に圭ちゃんが混ざって、ボイスチェンジャーで声の変わっている中から、圭ちゃんを見つけるというゲーム。これも挨拶だけで、ズバリ、圭ちゃんを当てたプッチモニチームの勝ち。

<なんで〜?なんで分かった?
<あのね〜
<ねぇ〜。
<あの、出だしに「はいっ」って、言ったの。(笑)
<そうわざと、わざとつけたの。
<そうなんだ。だからわかった。
<圭ちゃんって、「はいっ」って、多いんですよ。
<ラジオとかね、絶対、「はいっ」って、言うの。
<クセなんです。「はいっ」って、言うが。

 これだけでも3人で過ごした時間の濃密さがわかるというものです。


プッチモニカルトクイズ対決

 1対1のクイズ対決で先に相手チームを全滅させたほうのチームが勝ち。

かおりvsよっすぃ〜
<「プッチモニ」の「プッチ」とは、もともと「プチ」という言葉に小さな「ッ」を加えたものですが、この「プチ」とは、何語?
<(ピンポン!)プチ…日本語(×)(笑)
<(ピンポン!)英語(×)(笑)
<(ピンポン!)フランス語(○)やった〜!
<えぇ?!ホント?!
<フランス語…。
<え?ホントだよ!
<フランス語だよ。
かおりvs圭ちゃん
<次行きま〜す。「ぴったりしたいX'mas!」の歌詞で、今月ピンチなのは何?
<(ピンポン!)
<はい、圭ちゃん。
<♪今月ピンチね…アレ?(笑)
<何で、わかんないのー!
<(ピンポン!)
<わかった!
<♪今月ピンチね…電話代破産!(笑)
<電話代、破産?!
<電話代!が…(○)
<おぉー!
<正解は、電話が止まりそう。
<圭ちゃん、ヤバイよ、それは。(笑)
<♪今月ピンチね…
<それわかんなかったら、ヤバイ。うちらわかったから。(笑)
かおりvsごっちん
<行くよ!
<…ですよね。 …何に「ですよね」かは、不明。
<今日の段階で、プッチモニ、3人の年齢の合計は、何歳?
<(ピンポン!)(目見開いて)えぇ〜?(笑) …こんな顔初めて見た。
<えぇ?ごっつぁん!?
<おい。
<3人だよ、3人。
<はい!(手挙げる)ごじゅう…よん!(○)
<おぉ〜!
やぐっつぁんvsごっちん
<「青春時代1.2.3!」の歌詞で欲しいものと言えば、イチゴ、ゲーム、車、パソコン、さぁ、あと1つは?
<♪イチゴ、ゲーム、アイス…アイス!(○)
<あぁ〜。

 ということで、最後はモーニング娘。チームが勝ちましたが、トータルでは2−1でプッチモニチームの勝利という事で、プッチモニの3人にご褒美が。

<何?何かおいしそうなものが〜、ずらずらと…。

 どんぶり、ケーキ、寿司、お菓子と書かれてるお皿(蓋つき)から、3人がそれぞれ1皿選びます。(圭ちゃん→どんぶり、ごっちん→ケーキ、よっすぃ〜→寿司)今回は、「プッチモニ」にちなんで、ミニサイズの品がそれぞれ入ってました。

…最後に3人に質問。
<プッチモニとは、どうでしたか?
<自分にとって、ホントにホントに自分を大きく変えられた場所だったから、すごい大切な所だった。うん。
<今後のプッチモニに…。
<うん。期待してます。
<おっ!
<うん。
<楽しみ!
<おっ!
<うん。
<分かりました。(拍手)さぁ、ごっつぁんは?
<そうですね…後藤は、何か、娘。に入って、すぐにプッチモニに…なって、一緒に3人で、デビューして、何か…モーニング娘。で、ホント全然、出来なかったことを、プッチモニで、何か、また違う、そのとき入ったときは、モーニング娘。で、LOVEマシーンでちょっと大人っぽいことを見せてたんだけど、何か年齢にあった後藤を、また新しくみんなに見せる事が出来て、何かみんなで色んな活動を段々してきて、何か、自分が、何か自己主張できるようになった所っていうか、うん、すごい何か…居心地の良かった、何か、場所でしたね。うん、居ていい感じが…。よっすぃ〜を心配そうに見つめる2人としっかり前を見てる、よっすぃ〜。
<居て、いい感じ?
<うん。
<よっすぃ〜は?
<ん…。
<圭ちゃんとごっつぁんは、今回卒業しちゃいますけど、まぁ、引き続きね…
<うん…。
<2人(小川・アヤカ)をこう引張っていく存在になるわけですけど、どうですか?まぁ、あの2人(保田・後藤)との活動も振り返ってみて…。
<え〜っと…やっぱりいままでの〜、プッチモニをやっぱり〜、何だろう?こう…胸において〜、これからも〜、新しいプッチモニだけど〜、今までやってきた事を忘れないで、こう元気なプッチモニを残して、やっていきたいなって、思います。
<はい。もう、みんな期待してるからね。
<はい。
<ね?でも、まぁ、3人のプッチモニも…
<うん。
<すごく楽しかったし、みんなに夢を与えてくれました!どうもありがとう!(拍手)
<ありがとうございました!
<ありがとうございました!
<以上、プッチモニスペシャルでした〜!

 …よっすぃ〜が、ちょっと、うるって来てましたね。


プッチモニTVラストライヴ

圭ちゃん、ごっちん、よっすぃ〜でのTVのライヴは、ラストという事で。

プッチ<(3人手を合わせて)1,2,3!
<(せーの)
プッチ<プッチモニです!
<この3人のプッチモニメンバーでの、スタジオライヴは、ね?今日が最後になりまーす!
<はい。
<はい。
<どうでしょう?
<いやぁ〜〜〜〜、ねぇ?
<ふふふ。
<何ていうんだろ?「ちょこっとLOVE」も…唄うんですけど、何かそこから、何か新しい、何か、後藤が開けたような感じがするから…
<うん。
<何かね、これで最後っていうのは、ちょっと寂しいけど、ね?頑張ります!
<うん。オイラも頑張るさ。
<ははは。
<圭ちゃんとごっつぁんに挟まれて、唄うぜ!
<ははは。
<そうだね。
<おう。
<じゃあ、頑張ろうか?
<おう。
<うん。
<せーの…
プッチ<それでは、聞いてください!
♪ベベ恋とちょこLOVEのメドレーのライヴ
<(唄い終わって)(靴の)紐がね、ほどけてたんだけどね…。
<みなさん、ありがとうございました。
<ありがとうございました。
<(ありがとうございました)


ハロモニ。劇場 バスが来るまで

 バス停の前に、再び悪の道が…。

矢口 :これ何だろうなぁ?黒いっすねぇ、こんな黒い道初めて見たよ〜。
中澤 :(バス停に登場)
矢口 :あ、先生、この前の課外授業お疲れ様でした。
中澤 :はぁ〜い、お疲れ様でした。
矢口 :先生、ところで〜
中澤 :はいはい。
矢口 :これ何ですかね?
中澤 :あらっ!矢口さん!
矢口 :何?
中澤 :あぁっ!これは、大変!
矢口 :何?!
中澤 :これね、「悪の道」っていうの…。
矢口 :悪の道?
…ということで、中澤先生、矢口さんに悪の道の説明をする。しかし、そんなこと無いと言って、中澤先生の制止を無視して悪の道に踏み入る、矢口さん。
矢口 :バ〜ロ〜!(笑)ちいせぇ、ちいせぇって、言ってんじゃねーよー!俺だってよー、うるせーとか色々言われてるけど、一生懸命、一生懸命、頑張ってんだよ!こっちだってよー!(中澤先生指して)そして、お前!(笑)お前いつも朝になって、矢口〜!矢口〜!追っかけまわすのいい加減にしろ!もう…。
…中澤先生が、引張って、元に戻す。もちろん、お約束で、矢口さんは何をしゃべっていたか、覚えていない。
矢口 :何か疲れたなぁ〜。何?
中澤 :そりゃ、疲れるわよ、あなた。もう相当ひどい事を言ってたわ…。(笑)
矢口 :え?何?何?先生、何、傷ついてるんですか?(笑)いや、何にも覚えてないんですよ。先生、何にも覚えて…
中澤 :私の楽しい日課だったのに…。(笑)
…落ち込みながらも、中澤先生も悪の道に踏み入る。
矢口 :先生!先生!思いっきし、入ってます。(笑)
中澤 :え?…もう怒ることも無いね。(笑)
矢口 :ある意味、リアル。(笑)
中澤 :何て言うのかなぁ?もうさぁ、人間さぁ、怒りがこう達すると泣きに入るの、分かるかなぁ?(笑)矢口が好きで何が悪いわけ?!(矢口さんに向かって)お前に分かるのかよ〜!?(笑)29なのに三十路、三十路って、インターネットに書かれてよ〜!(笑)笑い事じゃねぇ〜んだよ!好きでこの年じゃねぇ〜んだよっ!(笑)30の女の何が悪いんだよ!(笑)これからじゃねーかよー!?(矢口さんが引張り戻す)きゃー!
…もちろん、中澤先生も何も覚えていない。
矢口 :いや、でも本当に先生は、ちゃんと「改心」したんですか?!
中澤 :はぁ〜、こう見えても、改心いたしました、よろしくお願いします。すみません。(笑)
矢口 :好評発売中。(笑)
中澤 :フフフ!ありがとうございます。
…中澤先生が生徒たちが悪の道に踏み入れてないか心配をしてる所に以前、悪の道に踏み入れた事がある中等部の小川さんと紺野さんが2人仲良く手つないで登場。
小・紺:先生、先輩、おはようございます。
中澤 :あら〜、おはようございます。
矢口 :おはようございます!
小川 :おはようございます。
中澤 :なんだぁ〜、2人とも普通じゃない。っていうか、手つないでるわ、あんたたち。
小川 :仲良く登校しています。
矢口 :ちょっと、気持ちが悪いね。 …なんて事を!
…中澤先生、吉澤さんの心配もするが、吉澤さんもいたって、普通に登場。世界のジョークも北海道でやりすぎて、今日はお休み。そこで、中等部の小川さんが、石川さんが悪の道を歩いてるのを見つける。
小川 :あぁ〜!?あれ、石川先輩じゃないですか?
中澤 :えぇ?だって…だって、あの子ほら、いつもメソメソして…。え?え?石川…
石川 :ち〜す。
…石川さんの変わりように怯える中澤先生と生徒達。
石川 :(サングラスを取って)顔は止めな。ボディにしな、ボディに。(笑)
中澤 :石川さん、ちょっと…何て格好してるの〜?!(笑)
石川 :ち〜す。
矢口 :石川さ〜ん!そんな格好してると、文磨さんに嫌われちゃいますよー!
中澤 :そうよ、そうよ。
石川 :文磨?!あんななよなよした男は趣味じゃねぇーんだよ!よろしく。
矢口 :えぇ?!好きじゃなかったの?
石川 :フンッ!あんな文磨なんか、嫌いなんだよ!よろしく(ウンコ座り)(笑)
矢口 :えぇー?もう石川さんて、よく分からないなぁ〜。
綾小路:俺には分かるぜ!(ウンコ座り)
中澤 :えっ!?
矢口 :わぁっ!文磨さんも悪くなってるぅ〜!
綾小路:久しぶり!
中澤 :いや違うの、違うの。彼はね、あの文磨さんの双子の弟で綾小路悪麿っていうのよ〜。
矢口 :綾小路悪麿?
綾小路:(矢口さんと向き合う)
矢口 :あぁ〜、カッコイイ…。
綾小路 :(なめるように全身見て)てか、おめぇ〜ホント、背、ちっちぇ〜な〜!(笑)19かよ、マジで?!
矢口 :あぁ〜!先生助けて!
綾小路:19だろ?
矢口 :はいっ。
綾小路:高校生じゃね〜よな〜。
矢口 :はいっ。そうです…。
綾小路:やべぇ〜よな〜。(笑)
矢口 :あ、ごめんなさい、ごめんなさい、ホントごめんなさい。
綾小路:悪麿ってんだ、よろしく!
矢口 :はい。分かりました。よろしくお願いします。
中澤 :でもカッコイイわね。
矢口 :カッコイイです。ちょっとあーいう男にメロメロ。(笑)
綾小路:おい、元気そうじゃねーかよ。
石川 :ち〜す。
綾小路:行くぜ!
石川 :ち〜す。
綾小路:ち〜す。
中澤 :あ〜!石川さん、何処行くの?!
石川 :うっせーんだよ!(笑)おばさん…。
矢口 :軽く、おばさんって、言ってましたよ。(笑)ちょっと怖がりながら、おばさんって、言ってましたよ。(笑)
中澤 :後で覚えとけ。(笑)
…今度はいつものいたずら小学生たちも悪の道に。
加護 :今日から私たち、ワルになったんだよ。
辻  :ワルだよ、ワル。キィー!(両耳引張る)(笑)
矢口 :ちょっと、待って。それ、ワルじゃなくて、サル?
加護 :うっせーんだよ、このちっちゃいのが!(笑)
辻  :うっせーんだよ、このちっちゃいのが!(笑)
矢口 :何か今日、言われっ放しだぞ〜。(笑)
加護 :今日から、悪いことばっかりするんだよ。
辻  :するんだよ。
中澤 :そんなことするの、止めなさい。
加護 :やるんだよ!この三十路!(笑)
辻  :やるんだよ!この三十路!(笑)
中澤 :はい、次お前ら、覚えとけ。(笑)
…そんな感じで、焼きそば、イカめし、焼きとうもろこし、カキ氷、8段アイスと食べまくるらしい。そんな宣言をしつつ去っていく。
矢口 :先生、あれは、お腹に悪いことです、ですよね?きっと。
…そこに保田のおばあちゃんが悪の道を歩いて登場。
中澤 :何してるんですか、おばあちゃん!
保田 :なんだよ、ばばぁとちっちぇーの!(笑)
…これからは、社会のルールなんて関係無しに自分のやりたい通りに生きるという保田のおばあちゃんに。
中澤 :おばあちゃん、好きに生きるって、今めいいっぱい好きに生きてるわよ?
保田 :なんか言ったか?ちっちぇーのとばばぁ!(笑)
矢口 :こわいよ〜。今日のおばあちゃんは違う。
中澤 :1番強い!
矢口 :強い。いや〜すごいっすねぇ。
保田 :(グラサンして)おーし、帰るぞ!(笑)
矢口 :1人だよ、1人。(笑)おばあちゃん、1人。

ハロプロニュース
<寝苦しい夜…照りつける太陽…(笑)反射するアスファルト…テニスの話になると、ついアツくなる松岡修造さん…。(笑)異常気象と言われて、ここ数年…どこまで気温は上がりつづけるのでしょうか…。いつも最高気温で名前があがっている、熊谷のみなさん!大丈夫ですか?(笑)残暑お見舞い申し上げます。どーもーチャーミー石川でーす!(拍手)
<嬉しいやろなぁ…熊谷の人…。(笑)生きてますか?(笑)中澤裕子です。(拍手)
<ちょっと、中澤さーん!?
<何よ〜?
<何で、元気ないんですかぁ?
<暑い…。
<私たちの元気でその暑さを吹き飛ばします!最後までよろしくお願いしまーす!(笑)
<もう1人、紹介してあげなよ。
<あっ。忘れてた!
<(立ち上がって唄いながら踊る)♪渚のはいから人魚〜キュートなヒップに…ズッキンドッキン…(座る)「ズッキンドッキン」って、何?(吹雪)あ…こんにちは、ビューティー紺野でーす。(拍手)
<また何か先週と違う感じで…
<そうね、だって先週自分で予告してたもんねぇ。(笑)キャラが違いますって…。
<ニュースの方を、行ってみたいと思います。
<はい。
<はい。なんと!あの!あの!?中澤裕子さんが、久々にニューシングル「東京美人」をリリースいたします!(拍手)フゥー!フゥー!
<はーい!
<東京美人って、誰の事ですかぁ?
<アホやなぁ〜。そりゃ、聞いてへん証拠やでぇ、あんた〜。東京美人って、別にあたしの事いうてん違うでぇ、アレは〜。
<あ、違うんですか?
<あんなん台本なんか、無視やでぇ、絶対。(笑)ホンマ、ホンマ自分の口で言うわ。東京美人て言うのはですねぇ、あれですよ…
<はい。
<毎日、毎日、このビューティーさんも〜、チャーミーさんも〜、私も〜、テレビを見ているあなたも〜、全部含めた女性の方々に〜、え〜贈る応援歌なんですね、これは。毎日頑張ってるでしょ?一生懸命頑張ってるじゃないですか?歌ったり、お芝居したりとか…やっててもしんどい時があるでしょう?
<ありますねぇ。
<あるでしょう?
<はい。
<泣きたい時、あるでしょう?
<あります。
<それを友達に愚痴ったりする事もあるでしょう?
<あります。
<あります。
<でも、明日も頑張ろうと思ってるでしょう?
<思ってます!
<そんなあなたに唄っているのぉ〜!(笑)(拍手)
<すごく、アツく、アツく、語っていただいてありがとうございました。
<ありがとうございます。
<今までのインタビューの中で、1番うまかったかもしれない。(笑)ふはは…。これを使ってください。(笑)これから。みたいな、感じです!
…もうひとつのニュースは、プッチモニのベストアルバム発売中。
<あんまり、ビューティーのブリッ子は、見れなかったですねぇ。(笑)
<おかしいねぇ?
<おかしい…。
<何かこう、あのもっと印象づけるような、こう何か…すれば?この人も最近コンサートとかでやってるんでしょ?ハッピーって。
<みなさんも、ご一緒に!
<ハッピー!
<何で私までしとんねん?!(笑)
<ちゃんと、やってくれますよ〜。
<ね?こういう…あ〜やりたくなるなってものを…
<おぉ、おぉ。
<はい…。
<作らないと!
<(ハッピーと逆の動き)ロンリー。
<あぁ、さみしそう…。(笑)
<閉めちゃった…。
<ビューティーがやるとホントに(ロンリーしながら)さみしい。(笑)
<何か他にもっと無いの〜!?明るいやつとか?
<ホッピー!
<ホッピー!って、それは私の好きな飲み物〜。(笑)もっと元気にさぁ〜、やりなさいよ!若いんだから〜!
<そうよ。
<はい!
<じゃあ、次週までの宿題ね。(笑)ちゃんと考えといてね。では、このへんで。さっよ〜なら〜!
<さよ〜なら〜!
<さようなら…フッ…「えっ?考えるんですかぁ?」って顔してたよ、今。(笑)


ハロプロニュース 臨時ニュース

 2003年2月、後藤真希、ソロミュージカル公演決定!そのミュージカルのプロットを一般公募します。

  舞台設定:昭和40年ごろの下町
  内容  :ほのぼのとした青春もの
  字数  :1600字以内
  締切  :9月20日

 さぁ、どうすべ? …出すの?


サイトトップへ戻る


Read Me Japan!