2002/09/01

 今日は、ハロプロキッズと一緒の出演。ゲームは、なっち、たあ、新垣さん、お休み。(先週と同日収録)

<せんぱーい!
<う〜ん、いい響き。(笑)
<せんぱ〜い!
<もう、かわいいだけではいられない。(笑)
<夏休み〜!ハロープロジェクトキッズが、遊びに来ちゃいました〜スペシャル!(拍手)
<はい、私たちの仲間…小学生の…15人の…
<うん。
<子供たちが入ったのは、みんな知ってますよね?(笑)
娘。<もちろん!
<ハロープロジェクトキッズのみんなと、スタジオで…遊んじゃおうと思いま〜す!
娘。<イエイ!(拍手)
<さぁ!それでは、早速みんなに登場していただきましょう、どうぞ!
…ハロプロキッズ登場。2名ほど映画撮影のため、欠席。
<今日は、え〜、キッズのみんなとモーニング娘。のメンバーと一緒にゲームを楽しみましょうということで…
<はい。
<初の試みです。
娘。<うん。
<リーダが…
<きゃは!
<辻ちゃんと加護ちゃんに!(笑)(拍手)
<おっ。
<どうよ、加護ちゃん?
<う〜ん…ついてこい。(笑)


第1回戦 お姉さんに投げつけちゃえ ダンシング玉入れ

 相手チームの娘。さんが、カゴ背負って、踊ってるところにキッズたちが、玉入れるゲーム。ちなみに加護チームが、あいぼん、圭ちゃん、ごっちん、よっすぃ〜、小川さんで、辻チームが、のの、かおり、やぐっつぁん、梨華ちゃん、紺野さん。
 …加護チームは、あいぼん+プッチ。

 まずは、加護チームのキッズが辻チームの娘。さんの背負ってるカゴに玉入れ。曲は「恋のダンスサイト」。

<(意気込みを聞く)リーダ、どう?リーダ、どう?リーダ…。
<えっ?いや〜、(体倒してカゴから玉が落ちるように)こうね、やろうかなぁって。(笑)
<ダンスはね。激しく踊りましょう。
<そう。激しく、行こうかなぁって。
<このリーダ、ちょっとおかしくなってますけど。(笑)
…カゴに玉が入らないようにというか、入った玉を落っことす感じで踊る娘。さん達。特にやぐっつぁんは、かなり張り切ってました。とりあえず、終了。
<何かねぇ〜、頑張ってるよ、モーニング娘。(笑)
<重〜い。
<何か、ホント夏休み企画って、感じ?
<あぁ〜。だってさぁ、すっごい近いんだもん。(笑)こうやって(投げるというよりはカゴに手いれる感じで)入れてたよ、今。(笑)こうやって。
…次に、辻チームのキッズが、加護チームの娘。さんの背負ってるカゴに玉入れ。曲は「恋愛レボリューション21」。
<圭ちゃん、そういうカゴ似合うね〜。(笑)
<圭ちゃん…。(笑)
<圭ちゃん、すごく似合う。
<(なまり口調で)ちょっとぉ、田んぼに行かなきゃいけねぇ〜からぁ。
<(なまり口調で)行かなきゃいけねぇ〜からぁ。
<(なまり口調で)田んぼに行くんだ?
…ということで、踊り始める、加護チーム。途中、よっすぃ〜が、思いっきり前屈してカゴの中の玉を全部落とすと辻チームから非難の声が。
<よっすぃ〜!?今のはひどいよ〜!
<大人気ないぞ〜!
…ということで、両チームの玉を数えると、50(以上)対49で、辻チームの勝ち。
<初のリーダとなって…
<はい。
<初の1勝、どうですか?
<いや、チームまとまってるなぁって。(笑)
<ありがとうございます、リーダ。
<やっぱり、勝ちの原因は、あの〜リーダが、良かったんでしょうかね?
<あの〜、そう。みんなをグイグイ引張ってね。(笑)ね?フフフフ…。

 …ののの考えるチーム像、リーダ像が、見える発言でしたね。


第2回戦 お姉さんと運んじゃおう ほっぺピタピタリレー

 娘。さんと、キッズがほっぺで品物をはさんでゴールまで持ってくのをリレー方式で。やかんを挟むことになったごっちんとキッズのペアが手間取って(蓋が落っこちた)、またまた辻チームの勝ち。

<というわけで〜、このゲームは、辻ちゃんチームの勝ち〜!(拍手)
<すごいんじゃな〜い?
<リーダ?リーダ?
<リーダ、リーダ。
<はい。はい。(奥から出てくる)やっぱ、まとまってるなって。(笑)


第3回戦 お姉さんにプレゼント 風船割って割ってお宝探しゲーム

 キッズが、風船を割って、割った風船の中にあるキーワードを娘。さんが組み立てて、ご馳走の名前にするというもの。辻加護両リーダも風船割りに参加。完全にキッズと同化してます。

 …ウォーリーを探せ状態のあいぼんとのの。

<リーダ、何処にいるの?ちなみに。(笑)大丈夫?そっちは〜?(笑)リーダ?行きますよ!
<…ハーイ!
<…ハイ。(靴下直す)
<何か、衛星中継してるみたいですね。(笑)大丈夫ですか〜?
キッズ<は〜い。
<じゃあ、行きます。よ〜い、スタート!
…たくさん風船割った割には、両チームともキーワードは4,5個しかなくて、加護チームは『チーズパン』(食パンにチーズ塗ったもの)、辻チームは『冷やしメロン』(氷に乗っかったメロン)をゲット。
<みんなどうですか〜?リーダ?リーダ?!リーダは!?
<はーい。
<今日の加護ちゃんチームどうでした〜?
<おいしいねぇ、チーズパン。(笑)
<ね。さぁ、辻ちゃんチームは〜?
<(モグモグ) …口にメロンが入ってて、しゃべれない。
<リーダ?!あんた、食べるばっかじゃないの〜?!(笑) …ある意味、期待通り。
<(モグモグ)
<おいしいの?
<(サムアップ)
<うまい。
<(ようやく飲み込む)うまいね。(笑)
<うん。


密着!モー娘。+キッズ映画
それぞれの娘。さんのコメント。
<(共演したキッズ)真生ちゃん(嗣永)がすごいしっかりしていてびっくりしました。何か私の事すごい大好きって言ってくれてるんですよ。(笑)
<真生ちゃんがね、もう仲間だからハロー!プロジェクトの。(笑)
<(Q:キッズたちの印象は?)しっかりしてる。監督さんに、こうしていったら、「あ、こうすればいいんですね」とかいって。すごいね…。
<今日は、(コントと違って)特殊メイクはしてないですよ。(笑)ね。
<昔、ホントに保母さんになりたかったんですよ。
<(サッカーは)幼稚園の頃やってましたよ。幼稚園の時に〜、サッカークラブを入ってたんです。
<トゥキックなら出来ますよ。
<(映画のセリフ)つま先じゃないの!足の甲で蹴る!
 …トゥキックって、つま先蹴りのことなんですけど。
<(子犬抱いて)かわいいねぇ。
<(カメラに抱いてる子犬を見せる)ほら、ほら、ほら!かわいいの!
<映画って、ピンチランナーに続いて2回目なんですけど〜。セリフの方もちゃんと、あんまし噛まずに言えて、順調に行きました。はい。ちょっと楽しかったです。(うん)
<(Q:今回の映画について)何かね、結構いい感じですよ。う〜ん。やっぱりこう…今回2本立てなんですけど、こっちには、こっちの味がかなり出るんじゃないかなぁっていう…。
<(Q:子供たちとの共演について)はぁ〜ぁ。うちらを見てどう見習うかですよね?ちっ…。どうだろ?何か軽〜くこなしたらヤですけど。(笑)
<(Q:子供たちとの共演について)緊張します、こっちが。 …っていうか、すごい格好なんですけども。
<(Q:今回の映画について)とても楽しい現場になってます。
<(Q:ハロー!プロジェクトの先輩として)いや〜、どうでしょう?加護年齢近いんでぇ〜、近、そうでもないか。ちょっと、お姉さんらしく、行きたいなって、思います。はい。
<(Q:子供たちと実際に共演してみて)う〜〜〜ん、ちょっとやっぱりまだね〜何て言うんだろ?緊張感がねぇ〜、やっぱりねぇ〜、子供だからねぇ〜、無いんですよ。
<まぁ、辻加護は〜、あの厳しくして…きたから〜あの〜ちゃんと分かるような子になってきたんで…。
<(やぐっつぁんの後ろでコップに入ってる氷を食べる)
<(Q:ハロー!プロジェクトの先輩として)厳しい時には厳しく、楽しい時は楽しくやっていきたいなぁと思っています。

 …かおりは、サッカーの演技だけのみ。新垣さんは、小川さんと一緒に犬を可愛がってたのみ。


5期メン モー娘。1周年
 ということで、『モー娘。での1年を振り返って』という質問に5期メンバーの4人が1人ずつ単独で答えます。それぞれの名場面VTRも流れます。
<全然変わったとかも解んないし…。何か…自分が…モーニング娘。って、何か…。時々、あれ?石川さんが隣にいる〜とか、加護さんが隣にいる〜とかって、時々思うんですけど。この次の1年は、どうなんでしょうね?早い…また早いと思うけど、1年1年頑張っていって、どんどん伸びるようにしたいですね。
<やっぱり、昔のビデオとか見ると〜、まだね、やっぱり今とはやっぱり違うんだなぁと思って…。う〜ん、ちょっとでも成長してる〜のかなぁと思うんですけど〜、でもそこまでは、せ…そんなに、あんまし…。
<2年目は〜、やっぱプッチモニにも入ったんで〜、また新しい自分も出てくると思うんですよ。だから、そういう部分をみんなに見て欲しいなぁって、思います。
<まだまだもっと成長できるはずなんで…。まだ猫カブってる部分があると思うんで〜。(笑)もっと…もっと、実は〜、…うるさいし〜、もっとにぎやかなんで、そういう部分も出して、いければいいなぁと思います。(笑)あぁ〜ぁ、ごめんなさい。(スタッフのOKが入る)お疲れ様です。(帰りながら)何言ってるんだろう?ホントに、もう…。
<もうこの1年はもう、もう先輩に先輩に追いつくようにって頑張ってたんですね。でも…これからはもう先輩先輩って、言ってられなくなるかも知れないから…うん。もう新メンバーという名前から抜けて…うん、4人一緒に…一緒に(笑)4人で…助け合いながら頑張りたいですね。

 …たあの話は、新メンバーって言われなくなりたいんだったら4人で助け合いながらなんてのは、ちょっと(というか、かなり)甘いかなぁと思います。他のメンバーもそれぞれの抱えてる問題点みたいのが分かる内容ですね。


ハロプロニュース
<蟻の生態、通行量調査、割り箸で作った家、絵日記、昆虫採集、よい子のみんな、お父さんやお母さんに手伝ってもらう裏ワザは使っちゃ、ダ・メ・ヨ〜!
<どうも〜!チャーミー石川で〜す!(拍手)
<頑張りました。(笑)
<はぁ〜ぁ。(額の汗を拭うフリ)恥ずかしかったぁ〜。
<やっぱ、この現場にいないと分からない楽しみが、(笑)たくさんあるこのコーナー、よろしくお願いします、中澤裕子です。(拍手)
<はーい。
<♪チューウ、チュウチュチュ夏のお嬢さん…「チューウチュウチュチュ」って何?(笑)こんにちは、ビューティー紺野でーす。(拍手)
<その唄知ってるの?
<分かんないです…。(笑)
<えっ!?知らないの〜?私、知ってる…。
<おっ。唄ってよ〜。唄と言えば、石川さんでしょ?
<え〜、いいの?
<いいわよ。
<♪チュッチュッチュチュチュサマーパーティーチュッチュッ期待しちゃうわチュッ!
<はい。(笑) …っていうか、パクってるのバレるから。(何を今更)
(今日も吹雪)
<ビューティーは、ブリブリブリッコで行くのかしら?
<今日も〜、そうです、ブリッコです。
<ブリッコなら私にまかせて。(笑)
<ハァ〜イ!みんな、元気でちゅか〜?え?お魚さん?いや〜ん!怖くて触れないでちゅ。(笑)チャーミーは、ウサギさんと一緒で、さびしいと死んじゃうで、ちゅっ。フッ…。(笑) …別に無理矢理やらなくてもチャーミーは十分ブリッコですけどね。
<これぐらいやんないとダメよ!(笑)
<はい。
<そうよ、アンタこれぐらいやんなさいよー!
<はい。
<チャーミーの気持ちがわかるの?
<(恥ずかしさのあまり、顔を手で覆う)
<さっきから、いっぱいいっぱいなのよ!
<はい。
<たまにはアンタ頑張んなさいよ〜!今日はフォローしてあげたわ。(笑)
…今日のニュースひとつ目は、12/14ロードショーの映画の撮影現場の様子。
<ハーイ!コチラハ〜、映画「子犬ダンの物語」ノ撮影現場デース。わたくし吉澤は、子供たちのサッカーチームのコーチ、工藤理砂役…で、出演しています。そして〜、こちらにいるハロー!プロジェクトキッズのみんなも一緒に頑張ってま〜す。
今日は、ここにいるメンバーの他にかおりん、圭ちゃん、小川、新垣とも一緒のシーンがあって、結構にぎやかな現場でしたけども。
<(サッカーボール持つ)それではここでハロモニ。をご覧のみなさんに私の素晴らすぃ〜テクニックをお見せしたいと思います。
<(リフティング、膝で2回やって、ヘッド) …短っ!
<イエーイ!まぁ、今日のところはこれくらいで勘弁してやるよ。それでは、みんな〜行くよ〜!1,2!1,2!(キッズを連れてランニング)
…二つ目のニュースは、藤本美貴の3rdシングル『ロマンティック浮かれモード』9/4リリース。
…三つ目のニュースは、『ザ・童謡ポップス4秋のうた集』9/4リリース。
 …え〜、春も夏も未開封ですが、何か?
<今回は秋シリーズという事で、これで「春夏秋冬」4シリーズが揃ったって事で、(三人祭で)チュッ!
<おっ。(笑)
<あぁ〜、来た、来た、来た。
<頑張りました。
<頑張ったよ!
…姐さんが内容の説明。
<では、今週はこの辺で。ハロプロニュースでした、チャオ〜!
<お、早いなぁ、今日はホント。ビューティーさん!?ダメじゃないの?あなた…。
<チャオ〜!
<そうですねぇ。
<あなたのキャラクターが出てこなかったわ〜。
<はい…。あ!ちょっと考えてきました。
<チャオ〜!
<考えてきたの?あらっ。
<考えてきた?
<石川さんが「ハッピー」なので…
<はい。
<(ハッピー!のフリで)チャッピー!
<え?
<えっ…何か、ダサいっ…。(笑)
<え?もっと、何か出来る、はずっ。
<出来るはずっ。 …♪平凡な私にだって出来るはずGO!GO!GO!GO!
<ヤッホ〜!(笑)(拍手) …普通に叫んだだけですけどね。


ゴマキペンギン物語
<お姉ちゃん、せっかくあがってこれたのに〜、お魚忘れちゃダメでしょー!
<(よっすぃ〜に手ついて)反省。(笑) …次郎君ですね。
<でも、お姉ちゃんもう体力ないよ。もういいよ。
<お姉ちゃんには、じゃあ、もう任せられないから〜
<うん…。
<私が下に行って、取ってくるよ。
<大丈夫?
<オッケー、まかせて。
<ホント〜?
<うん。じゃあ、お姉ちゃんはしっかり上にいるんだよ。
<うん、わかった。今度こそ…。
<行って来るからね。
<頑張ってね〜!(手振る)
<行くよ〜。(滑り落ちる)(笑)
<ふふふふ…。(下まで行った、よっすぃ〜に)大丈夫〜?
<(立ち上がって)イエ〜イ!(くるくる回る)ワンツー、ワンツー(何故かエアロビ)(笑)ワンツー、ワンツー。
<元気だね〜、お腹空いてるのに。
<よ〜し!(魚取る)
<よし…。
<お魚だ〜!
<魚ちょーだい!
<じゃあ、お姉ちゃん行くよ〜。お魚持って、上まで。
<うん!
<こんなの楽勝だ〜い。(坂登る)ふっ、ふっ…。
<がんばれ〜。
<まっけないぞ〜。
<がんばれ〜。
<お姉ちゃん、待ってね。
<頑張って…ほら、あとちょっと!(手伸ばす)
<お姉ちゃん。(手伸ばす)
<ほら…
<お姉ちゃん…。
<あともうちょっと!
<あぁ〜!(転ぶ)(笑)
<大丈夫?あっ!あっ!あ〜!あ〜!
<(滑り落ちる)あぁ〜!(笑)
<(頭抱えてうずくまる)あぁ〜!あ〜!ははぁ〜!
<(仰向けに倒れたまま)お姉ちゃ〜ん!ちょっと…
<大丈夫?!
<ちょっと、大変だねー!

2002/09/08

 今日は、タンポポスペシャル。なっち、小川さん、新垣さんお休み。

<ハロモニ。タンポポスペシャル!
<イエイ!
タンポポ<♪ワワワワワワ(乙女パスタに感動のフリ)(拍手)
<イエイ!
<イエ〜イ。
<みなさんはもうご存知かと思いますが、あのタンポポから、かおりんとー、矢口とー、加護ちゃんが、卒業することになりました。
<はい。
<そうなのです…。
<そうなんです〜。ということで、このメンバーでのタンポポは〜、ハロモニ。では今日が見納め。
<最後。
<そうです。
<ですね。というわけで、今日はですね、今まで頑張ってくれた、このタンポポのメンバーのための!
(ののとよっすぃ〜手握る。よっすぃ〜が、力入れる。のの痛がって手離そうと手振るもよっすぃ〜離さず。)
<うん。
<特別企画で〜す!(拍手)


ゴマキペンギン物語
<お姉ちゃ〜ん、ロープ投げてよ〜。
<ロープ、無いのよ〜!
<な〜んで〜ぇ〜?!
<分かんない…。何か、こないだ台風で飛ばされて…。(笑)
<もう〜。じゃあ、頑張って途中まで登るから…
<うん。
<あとは、お姉ちゃん、手で引張ってね。
<オッケー!それなら、バッチリだよ。
<じゃあ、行くよー。
<おぅ!お姉ちゃんも準備しないとっ。
<よいしょ。
<(しゃがみ込んで、精一杯手伸ばす。)(笑)
<よいしょ。
<はやく〜!(寝転んで手伸ばす)よし!(笑)
<お姉ちゃん。(手伸ばす)(笑)
<あと、ちょっと!魚…魚ちょうだい…。
<お姉ちゃん、あと、ちょっと…。はい!魚行くよ。
<ここ!ここ!(魚取って、上に投げる)よ〜し!(笑)ひとみ〜!
<お姉ちゃ〜ん、あとちょっと…
<妹…。(手掴む)早く上がるよ。
<お姉ちゃん…
<待ってぇ!
<お姉ちゃん…よし、行くぞ!
<落ちる!落ちる!
<うわぁ〜!(滑り落ちる)
<あぁ〜!(後追って落ちる)(笑) …ホントは手繋いだまま落ちると思われ。
<大丈夫か?お姉ちゃんが今…
<お姉ちゃ〜ん…
<大丈夫?(体をさするというか、叩く)
<(反応して手をビクつかせる)(笑)お姉ちゃん…
<フフフフフ…。
<あはははは…。
<もうお姉ちゃんも限界だ…。(倒れる)
<お姉ちゃん!ダメだよ!頑張るんだ!せーの(心臓マッサージ)(笑)
<(反応して手をビクつかせる)(笑)お姉ちゃん…お姉ちゃん…(起き上がる)
<お姉ちゃん…
<魚、上に置きっ放しにしてきちゃったよ〜。
<あ〜ぁ、魚また食べれないじゃん。
<あぁ…。


メールを届けろ 動物なりきり伝言ジェスチャー

 えーと、動物の鳴きまねしつつ、ジェスチャー伝言ゲームしていきます。まずは、アヒル(被り物着用)でモーニング娘。チームが、圭ちゃん→のの→ごっちん→よっすぃ〜の順で。
 っていうか、自分にどうしろと? …結局、そのままやるんですけど。

お題:『何だコノヤロ〜1,2,3,ダァー!』
(圭ちゃん→のの)
<あーあ、ああああーは、は、は、はぁー!(こぶし突き上げる)(笑)あーあ、ああああー
<鳴き声になってないよ…。(笑)
<クワッ。クワッ。クワッ。(笑)
<…。
<グワッ、ガガガガガ、ガァー!(笑)
<…。
<(終了のゴング)もう、わかんないよ〜!
(のの→ごっちん)
<次ー!大丈夫?分かってる?用意スタート!
<グワッ!グワッ!グワッグワッグワッ!グワッー!(こぶし突き上げる)(笑)
<(笑顔でサムアップ)
<かわいい〜!
<分かった。(サムアップ)
<(サムアップして仕切りのカーテン閉める)
<えぇ!?もう、いいの?いいの?
<いいの?(もう1回カーテン開く)
<文章だよ。
<んあ〜?! …コレごっちん自身から聞くとは思わなかったなぁ。
<言葉だよ。
<(後ろ向いて)なんて言ったの?(笑) …分からんでやったんかい。
<だから、それを当てんだよ。
<きゃはは!
<だから、ののちゃんの言ったとおりにするよ。
<もうだって、ワンワン…
<ゲームを理解してない…。
<グワッ!グワッ!グワッ!グワッ!グワッー!(こぶし突き上げる)(笑)
<さっきと違うじゃ〜ん。
<2,1…
<(こくり)よし、分かった…。(サムアップ)
<最高…。最高…。
(ごっちん→よっすぃ〜)
<言葉だよ。鳴けばいいんじゃないよ、これは。行きま〜す。用意スタート。
<グワァ、グワァ、グワッグワッ、グワァ〜。(笑)
<えぇ〜っ?!
<グワァ、グワァ、グワッグワッ、グワァ〜。(笑)
<グワグワ…(言葉を数える)
<グワァ〜!(こぶし突き上げる)(笑)
<グワァ〜!?(こぶし突き上げる)
<(こくり)
<えぇ〜?ワァー!?(指もう1回て感じで)えっ?えっ?えっ?ごっつぁん分かってる?
<ううん。
<5,4…
<もう1回!もう1回!
<グワァ、グワァ、グワッグワッ、グワァ〜!(こぶし突き上げる)(笑)
<3,2,1(終了のゴング、カーテン閉める)
<えぇっ?!
<それでは、みなさん前に出てきてくださ〜い。それでは、裕ちゃんメールがどのように伝わったのか?よっすぃ〜!
<はい。
<どういう…文章でした?
<え?ダァー!って感じなんだよね。(笑)『もうすぐ夏が終りダァー!』(×)
<『何だコノヤロ〜1,2,3,ダァー!』でした。
<何だコノヤロ〜なんだぁ。
<分かった?
<何だ…何だコノヤローは、分かんなきゃったけど、1,2,3,ダァー!は、分かった。
<本当!?
<(こくり)
<辻ちゃんは何て伝えたの〜?
<グワッ!グワッ!グワッ!グワッ!グワッー!(こぶし突き上げる)(笑)
 …何度見ても笑っちゃうなぁ。
<それは!?辻ちゃん何ていう文章だと思ってたの? …姐さんも偉いです。
<?(当り見回す)(笑)(正解のフリップ見て)何だコノヤロ…
<ウソつけ!(笑)

 続きまして、タンポポチームは、ひつじ(被り物着用)で、挑戦。っていうか、歌衣装なので、かなりマヌケな格好になってます。かおり→あいぼん→やぐっつぁん→梨華ちゃんの順。

お題:『チャーミー石川です!ハッピー!!』
(かおり→あいぼん)
<メェメメェ〜、メェッメェ〜!(ハッピー!のフリ)(笑)メェメメメェ〜、メェッメェ〜!(ハッピー!のフリ)(笑)メェ〜!
<(後ろ向く)
<あら?いいの?自分で閉じたけど?まだ時間あったよ。
<うん。わかった。
<あ。ホント?
<え!?ホントに?
(あいぼん→やぐっつぁん)
<行きまーす!(カーテン開ける)
<メェ、メェ、メェ、メェ〜、メェ、メェ〜。(マジでジマのフリ) …ここでか。
<あれ?あれぇ?(笑)
<あれ?メェ、メェ、メェ、メェ、メェ〜、メェ、メェ〜。(マジでジマのフリ)
 …あいぼんは、ハッピー!のつもりなんだろうなぁ、きっと。
<あ゛っ?!(笑)何だそれ?なん…
<メェ、メェ、メェ、メェ〜、メェ、メェ〜。(ハッピー!のフリ)
 …やっと、修正されました。
<…。(終了のゴング)
<てへへへへ。
(やぐっつぁん→梨華ちゃん)
<メェ、メェ、メェ、メェメェメェメェメェ?(マジでジマのフリ)(笑)メェメェメェメェメェ?(マジでジマのフリ)(笑)
<…。
<メェ、メェ、メェ、メェ、メェメェメェ?(マジでジマのフリ)(笑)あぁ〜!わかんな…(飛び跳ねる)
<4,3…
<(ハッピー?)
<メェ、メェ、メェ、メェ、メェメェメェ?(マジでジマのフリ)
<2,1(終了のゴング)
<メェメェメェ(マジでジマのフリ)つったでしょ?マジでジマじゃないの?(×)
<えぇ〜?
<分かった。幸せですか?(×)
<石川梨華です。ハッピー!(ハッピー!のフリ)(○)

 再び、モーニング娘。チーム。今度は、カエル(被り物着用)で、挑戦。ごっちん→紺野さん→たあ→ののの順。

お題:『乙女パスタに感動』
(ごっちん→紺野さん)
<ゲゲゲ、ゲゲゲゲ、ゲンゲェ〜(両手胸で握って首かしげる)(笑)いや、ケロケロケ…(首かしげる)いやっ…ゲゲゲ、ゲゲゲゲ、ゲゲ〜(両手胸で握って首かしげる)(笑)
<あ!分かった!分かりました!
<(サムアップしつつ)ゲゲェ?ゲゲェ? …たぶん、「ホント?ホント?」って、言ってます。っていうか、もうカエルじゃなくていいから。
(紺野さん→たあ)
<ケロケロ、ケロケロ(パスタ食べるフリ)ケ…ケロケロッ。(両手胸で握る)はっ…(笑ってしゃがむ)(笑)
<(素でビックリ顔) …笑わせて、どうする?
<(笑って、たあの両肩に手かけてもたれる)
 …たあには、ごっちんとの無表情にらめっこ対決してもらいたいところですね。
(たあ→のの)
<(手で皿)ケロケロ(食べるフリ)ケロケロ(両手胸で握って首かしげる)ケロケロ?
<(一緒に首かしげる)(笑) …っていうか、顔がカエルっぽくなってる。
<(手で皿)ケロケロ(食べるフリ)ケロケロ(両手胸で握って首かしげる)ケロケロ?
<(一緒に首かしげる)(笑)
<辻ぃ…。
<…はぁ!?(笑)
<5,4…
<あっ…あっ…
(手で皿)ケロケロ(食べるフリ)ケロケロ(両手胸で握って首かしげる)ケロケロ? …ののは、ホントすごいなぁ。
<2,1(終了のゴング、カーテン閉める)
<お寿司食べて、幸せ?(×)(笑) …まぁ、雰囲気はそんな感じです。

 今度のタンポポチームは、ねこ(みんな猫耳)。梨華ちゃん→やぐっつぁん→あいぼん→かおりの順。

お題:? …みんなで考えよう。って、速攻で分かるよ。
(梨華ちゃん→やぐっつぁん)
<にゃにゃにゃにゃ、にゃにゃにゃにゃ。(コマネチ)にゃにゃ〜ん(アイーン)にゃんにゃ〜にゃん(三瓶です)(笑)にゃにゃにゃにゃ、にゃにゃにゃにゃ。(コマネチ)にゃにゃ〜ん(アイーン)にゃんにゃ〜にゃん(三瓶です)(笑)オッケー?
<(手でOK)
(やぐっつぁん→あいぼん)
<にゃにゃにゃにゃ、にゃにゃにゃにゃ。(コマネチ)にゃに〜ん(アイーン)にゃんにゃ〜にゃん(三瓶です)
<にゃにゃにゃにゃ?(コマネチ)
<にゃにゃにゃにゃ、にゃにゃにゃにゃ。(大きめにコマネチ)(笑)にゃにゃ〜ん(アイーン)にゃんにぇ〜にぇす(三瓶です)(笑)
<うん。んんんんん。
<何か、言ったぞ、今。
(あいぼん→かおり)
<にゃにゃにに、にゃにゃにに。(コマネチ)にゃに〜ん(アイーン)にゃんにぇ〜にぇす(三瓶です)(笑)
<(手でOK)
<ちょっと言った。ちょっと…
<何か、言葉になってきてる。
<猫よ、猫、猫。
<(2人でコマネチ、アイーン確認)
<にゃんにゃ〜にゃん(三瓶です)
<OK?いい?
<OK!OK!
<はい。
<(全部振りつきで)コマネチ、コマネチ、アイーン、三瓶です。(○)
<ジェスチャーしやすいから。
<これはね。さぁ、第1回戦の勝利はタンポポチーム!(拍手)
<ピース!
<(振りつきで)♪ついちゃった! …♪メールが届きました、あっそうか。

タンポポカルトクイズ対決
<タンポポカルトクイズ〜!(拍手)
(SEが『王子様と雪の夜』の間奏部分でその続きを2人で踊る)
(紺野さんVSやぐっつぁん)
<第1問!タンポポのメンバー4人の中には、1人だけ血液型の違う人が1人だけいます…
<(ピンポン)加護さん。(○)(拍手)
<うっそぉ〜。マ〜ジかよっ。お前、遠慮しろよ!(笑)ちょっと〜。もう…。
 …ここまで言えるようになったと見るべきなのか?
<ごめんなさい…。
(紺野さんVSかおり)
<タンポポのメンバー4人の中で、名前に濁点がつかないのは誰?
<濁点て何?
<(ピンポン)石川梨華。(○)(サムアップ)(拍手)(サムアップ)
<はい、次〜。
(たあVSかおり)
<『恋をしちゃいました!』の中で、デートで、食べたものは何?
<(ピンポン)ラーメン!(○)(拍手)
<強い!
<早い…リーダ早いよ〜!
<そんな怒って言わなくても、(ボタン押すフリ)ラーメン!(笑)
<(ボタン押すフリ)ラーメン!
(圭ちゃんVSかおり)
<じゃあ、行きまーす!モニター問題です。まずはこちらをご覧下さい。(2000年7月21日O.A『乙女パスタに感動』の最後の方のVTR流れる)
<(あいぼんのピンショットに)あいぼ〜ん!?
<えぇ〜!?
<すごいねぇ。
<(帽子を脱いだ所でVTRが止まる)この後、タンポポのメンバー達は帽子をどうしたでしょうか?
<(ピンポン)マイクに、かける。(○)(拍手)
<イエス!正解。
<(やぐっつぁんに)かけてたね。
(ごっちんVSかおり)
<次にお見せするVTRの中に逆回しのPVが1つだけあります。それはそれでしょう?VTRスタート。
(A:乙女パスタに感動 B:恋をしちゃいました! C:王子様と雪の夜)
<(ピンポン)恋をしちゃいました!(×)
<(早押し勝負に勝つ)(ピンポン)乙女パスタに感動!(○)(拍手)
<あぁ〜、くやしい!速さの…。何か、アレな映像ですね。
(ごっちんVS梨華ちゃん)
<モニター問題です。こちらをごらん下さい。(『王子様と雪の夜』のPV流れる。3人重なって寝てるところでVTRとまる)(笑)さて、この3人を下から順番に言いなさい。
<(ピンポン)
<えっ?
<あいぼん、やぐっつぁん、梨華ちゃん。(○)(サムアップ)
(ごっちんVSあいぼん)
<石川さんの年齢+矢口さんの年齢−加護さんの年齢−飯田さんの年齢は?
<とほほ…(タンポポメンバー見る)(笑)
<(ピンポン)4歳(×)
<(ピンポン)1歳!(○)(拍手)
(よっすぃ〜VSあいぼん)
<二人組と言えば、コンビ。三人組と言えば、トリオ。四人組は?
<(ピンポン)…。(タンポポメンバー見る)(笑)
<がんばれ〜。
<ユニット!(×)
<わかんない、私…。
<(ピンポン)え?わかんない。えーでも…
<言わないで!言わないで〜!言わないで!あ゛ぁー!(よっすぃ〜の体揺する)
<でも、これが、これがー、ホン…この人たちがー、こうなのかなぁーって…
<わかったぁー!(ボタン連打)わかったぁ〜。あぁ〜。(笑)
<この人たちはー、分かんないけど、ビートルズ。(×)(笑)えぇ?!
 …正解は、カルテット。
<『恋をしちゃいました!』の歌詞の中で、男の子と女の子がデートしているのは原宿ですが、JR山手線で原宿駅の…
<(ピンポン)(飛び跳ねる)
<知らないよ〜!
<渋谷…。(○)(拍手)
<OK。というわけで、タンポポカルトクイズは…
<イエイ!
<モーニング娘。チームの勝ち〜!(拍手)
<引き分けだ〜。
<結果は…引き分け〜!(拍手)


タンポポスタジオライヴ
<せーの…
タンポポ<タンポポでーす!
<はい。(ひと言)そうですねぇ、私はタンポポに加入してからもう2年以上経つんですけど、ホントにタンポポでは、色々学べたし、成長出来たので、これからもタンポポの良さを受け継いで、頑張って行きたいと思います。
<はい。えーと、加護も今年で、卒業?
<そう…だね。
<してしまうんですけれども…
<へへへへ…。
<えーと、これからも新タンポポを真似したり、する…するし〜、また、みんなで、何年か経っても4人集まって、唄いましょう。
<にゃははは…。そうだね、はい。えーと、約4年間、えーみなさん応援していただきましてホントにありがとうございました。え、今日は、みんなの大好きなあの…『乙女パスタに感動』と『恋をしちゃいました!』を唄うんですけども、ちょっと、今からちょっとキュンとしてます。かなりヤバイです。
<ヤバイです。
<でもあの〜、みなさんに、あの…素敵な歌を届けたいと思うので、あのこれからのタンポポを応援すると同時に、え、今日のタンポポを、えーみなさんの心の中に閉まっておいて下さい。(うん) …やぐっつぁん、うるってます。
<はい。ということで、あたし自身も、きっと矢口自身も、えー加護自身も、石川自身も、1人1人がすごく音楽に対して、あの…もっと愛情を持っていられて、あのもっと意欲的に取り組めるようになったグループだと思います。えーそうして唄う喜びを教えてくれました、このユニットで。えーここで教わった音楽の愛というものをね、最後に唄いたいなと思います。せーの…
タンポポ<それでは聞いてください!
タンポポ<(円陣を組んで)せーの、♪ワパパパッ!よし!

 …で、ライヴへ。ライブ終了後。

<もうダメだ〜。出だしのとこ、ヤバかった。声が震えちゃった…。


ハロモニ。劇場 バスが来るまで

 とりあえず、ミニモニ。ぴょ〜ん星人の方と連動してます。ぴょ〜ん星人のコーナーの方は、地球に向かっているところで、つづくみたいな。バスが来るまでの方は、バス停のベンチに石川さんと綾小路が仲良く並んで座ってる所から。

石川 :文磨様、私を悪の道から助けてくれてありがとう。
綾小路:フッ…悪麿にはきつく叱っておいたから、もう二度と、あなたに手を出すことは、無いはずだ。迷惑をかけたね。
石川 :好き。
綾小路:石川さん…。
石川 :文磨様…。
…二人目を閉じて、キスしようとする。そこに空から一筋の光とともに衝撃が!石川さんをかばう綾小路。綾小路にしがみつく、石川さん。
石川 :きゃ〜!
綾小路:なっ、なんだ!?
石川 :きゃ〜!
…程なくして平静になるが、「ぴ」と書かれた隕石が病院の前に。
石川 :あっ!文磨様!あれは、何ですか?
綾小路:なんなんだろう…?
石川 :あっ!あっちにも!
…喫茶店前に「ぴ」とかかれたサークルが出来ている。
綾小路:どういう事なんだ!?これは夢なのか!?(石川さんのほっぺをつねる)
石川 :いたいっ!(笑)
綾小路:夢じゃない…。
石川 :文磨様!つねるなら自分のをつねって下さいよ〜。もう…。(綾小路を思いっきり突き飛ばす)(身を捩じらせながら)でも、嬉しい!
綾小路:ははっ…ははっ…はははっ…。それにしても一体、何が起こったんだ…?
中澤 :は、はぁ〜。あ、おはよう。 …何をそんなに疲れてるんだか。
石川 :先生!
中澤 :はぁい。
石川 :見て下さい!
中澤 :は?何?!何これ?!あれ?あなたたちが置いたの?これは?
石川 :え?違いますよ!あれもこれも目をつぶってる間に、現れたらしいんです。(笑)
中澤 :え?な…なんで2人が目をつぶってい…いる…ここで?(笑)え?何?それ?何か、チュ〜みたいな、チュ〜みたいな事を!
石川 :何言ってんですかぁ〜!もう違いますってばぁ〜!(中澤先生思いっきり突き飛ばす)(笑)突然空からまぶしい光が襲ってきたんですよ。
中澤 :はぁっ?!何〜?
綾小路:それで目を開けていられなくなったんです。
中澤 :そうなんですか?文磨さん?(綾小路に近寄る)(笑)
石川 :(中澤先生の前を隔てるように出てきて)ものすごくまぶしい光でした。(笑)
中澤 :(石川さんを邪魔だとばかりに突き飛ばして)そうなんですか?文磨さん?(笑)
綾小路:そうなんです。
中澤 :空から光がぁ?!
…そこに帰国子女(非常にあやしい)の吉澤さん、走りながら登場。
吉澤 :オォ〜!シンジラレナイ、シンジラレナイ、アンビリーバボー!(笑)
中澤 :吉澤さん!いつものことだけど、あなた、どうしたの?
吉澤 :アタシ、UFOミマシタ!
中澤 :UFO!?
吉澤 :ハイ、マチガイアリマセン。
吉澤 :(麦藁帽子かぶる)オラも見ただぁ〜。(笑)とうもろこす畑から、帰る途中、突然、おれんず色の物体がぁ〜、ものすんごいスピードでぇ、ひがすの空へ〜、飛んでいっただ…。
吉澤 :(帽子脱いで、ちょっと屈む)私も見たわ!(笑)お庭で遊んでいる時〜、とっても大きな円盤が、頭の上をとんで行ったの…。
吉澤 :(立ち上がって)あたいも見たわ…。
中澤 :(吉澤さんつき飛ばす)ちょっといいわ!(笑)もういいわよ!何処まで続くの?何それ? …この2人のやりとりの後ろで素で笑って互いを見つめる、いしごまが何とも。
…そこに中等部の紺野さん、走って登場。
紺野 :先生!大変なんです。
中澤 :何?
紺野 :高橋さんの話し方が、へんなんです。
中澤 :え?でも彼女の話し方が訛ってるのは、前からでしょ?ん?
紺野 :いや、訛りじゃなくて、話し方が、へんなんです。
中澤 :はぁ?
高橋 :私なんもおかしくないぴょ〜ん。(笑)
中澤 :えぇ?
紺野 :ほら、おかしいですよね?
高橋 :だから、おかしくないぴょん!(笑)
中澤 :いや…おかしいわよ、それ。何?その…『ぴょん』?何、それ?
高橋 :『ぴょん』なんて、言ってないぴょん。
中澤 :言ってるじゃんよ〜!(笑)
紺野 :先生、高橋さんは、自分で言ってる自覚が無いみたいなんです。
中澤 :あらら?どういうこと〜?(笑)
吉澤 :あれま〜。
高橋 :自分ではわからないぴょん。(笑)
紺野 :とりあえず、病院で診てもらってきます。
高橋 :でも、元気だぴょん。(笑)
紺野 :行こ、ね?
高橋 :病院なんて行かんでも、大丈夫だぴょん。
中澤 :病院に…行って治る病気なの?それ。
高橋 :平気だぴょん。
紺野 :おかしいよ、ね?
…2人病院に入っていく。
石川 :やっぱり、おかしいですよねぇ?
中澤 :紺野さんが、しっかり者に見えるもんねぇ。(笑) …そういうおかしいなの?
中澤 :ビックリしちゃったなぁ。まぁ、あれはあれでいいんじゃないの?
飯田 :先生! …婦警さん、キター!
中澤 :ん?
飯田 :あの〜、保田のおばあちゃん、見ませんでしたか?
中澤 :いや〜、見てないですけど、どうしました?
飯田 :あの突然消えたって、ご家族の方から捜索願が出てるんです。
吉澤 :えぇー!?
中澤 :行方不明?!えーっ!
石川 :(驚きつつ綾小路に寄り添う)
飯田 :そうなんです。時にはパンチ、時にはキック、逮捕しちゃうぞ!(笑)
吉澤 :(ぞ!)
飯田 :何ですけどね。
石川 :(腕さすって)(寒い〜)
中澤 :だからあなたずっと練習してたのね、さっきからそれを。(笑)
飯田 :えぇ。
中澤 :どっかで、言おう、言おう、してたのね。
飯田 :えぇ。
中澤 :でもちょっと分かんないです。
飯田 :そうですよね。無事に見つかるといいんですけど。
…そう言い残して、モデルっぽく歩いて去っていく。
中澤 :やたらとセクシーね、あの格好…。
石川 :なんでモデル歩きなの?(笑)
…そこに保田のおばあちゃん登場。
石川 :あぁ〜!おばあちゃんですよ、おばあちゃん。
中澤 :あぁっ!おばあちゃん、無事だったんですか?
保田 :あぁ〜。
中澤 :ん?!
保田 :何とか逃げてきた〜。
中澤 :何?何かに捕まりそうになったとか?
保田 :(先生たちに迫りつつ(先生たちはそのまま後ずさる))宇宙人に捕まりそうになったんじゃぁ〜!
石川 :宇宙人?!
中澤 :あぁ、とうとう、もうボケが始まってきちゃったのよ。
石川 :かわいそう…。
保田 :何言っとるんじゃ!(杖で足元叩く)
中・石:きゃっ!(笑)
保田 :まだ、わしゃボケてないよー!
中澤 :最近、おばあちゃんよく怒るから怖い、もう〜。(笑)
保田 :ホントに宇宙人に捕まりそうになったからな、わしゃ、一生懸命逃げてきたんじゃ!
中澤 :あーそうですか。
保田 :これだって持って来たぞ。よいしょ。(てさげからぴょ〜ん星人のしっぽ取り出す)これじゃ。(笑)
中澤 :えっ?!
石川 :なんだろ?これ。
中澤 :これは…何かのしっぽに見えるけど…。なんだろう…?
綾小路:僕にも分からない…。(笑)
…あたりが暗くなり何かの光が照らされる。
中澤 :え?何?ちょっと!何?
石川 :あっ!先生!(上空を指す)
中澤 :何?!
石川 :あそこに何かがあります。
吉澤 :UFO!UFO!ワタシ、アレ、ミマシタ!
保田 :南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…。(笑)
中澤 :えぇ〜、ちょっと、もう〜何が起こるっていうのよ〜〜〜!?
吉澤 :(麦藁帽子かぶる)オラも見ただぁ〜。(笑)
石川 :怖い…。
吉澤 :とうもろこす畑から、帰る途中…。(笑)
…つづく

ハロプロニュース
<夏が終る…新学期が始まって1週間…。暑かったけど、短かったね…夏(サマー)…。(笑)ハロプロに始まり、ツアーに終わる…。それが…アタイの夏休み…。(笑)
<どうも〜!チャーミー石川でーす!(拍手)Fu−!
<ねぇ、今、「アタイ」っていうの、ちょっと笑っちゃいましたね。(笑)
<(得意げに鼻を弾きつつ)そんな一面もチャーミーにはあるんだぞっていう…。
<ちゃう、ちゃう。読んでるだけやん、自分。(笑)いつも。
<(しーっ)いやいや…。
<♪北海道は、でっかいどぉ〜
<なんで、置いてけなんだよ!コノヤロウ!(笑) …噛んでる、噛んでる。
<高橋ラブリーだ。(グラサン取って)よろしく。(拍手)
<ラブリー?!
<アレがホントの姿なのよ。そうなのよ。ここにきて発揮されてくるわ。アレがホント、だって、訛ってなかったでしょ?!(笑)
<なかった…。
<アレがホントの姿よ。(笑)
<さすが中澤さん。いいとこつきますねぇ。
<オレだって北海道行きたかったんだよぉ〜。(笑)
…今日のニュースひとつ目は、タンポポベストアルバム『All of タンポポ』発売中。
<あと、ベストアルバムだけに入っている新曲…
<はい。
<I&YOU&I&YOU&I&I…これ、何これ?!(笑)
<いやいや…今、多かった…ちょっと、ひとつ多かった。
<『I&YOU&I&YOU&I』
<はい、はい。
<私とあなたと♪私とあなたと♪私とあなたと♪私とあなたと…(笑)
<いやいやいや…もういいです。
<そう、そういう感じ?
<そういう感じ。
<いやいやいや…こんな感じでいいの?!(笑)
<はい。
<メンバーの矢口さんは、最後に収録されている石黒さんの歌声も入った『たんぽぽ(Grand Symphonic Version)』を…を、聴いた時、すっごい感動して泣いたそうです。
<タクシーの中で聴いて、泣いたって言ってましたね。
<あっ、ホントですかぁ?
<帰りながら…。
<知らなかったんですよ、石黒さんの声が入ってるっていうのを。
<うん。
<それで聴いてたら、あれっていう…何か、静か〜な、メロディ〜に、合わせて…その5人の華麗な歌声が…。(笑)
<あなたがいうとねぇ、何かそういう風に聞こえないわけ〜!(笑)
<うそぉ〜!?
<私ねぇ、タンポポの『たんぽぽ』っていうのは、ホントに大好きな曲で、楽しみにしてるけど、唄ってるんでしょ?
<あ、私もちろん唄ってます!
<アタタタタタタタタ…(笑)
<私もちろん今…
<大丈夫?そこらへん…。
<いっぱい唄わせてもらってるんですけど…まぁ、あのぅぃぅぃιぃということで…。
<何?何?(笑)
<あの初々しく唄ってるという事で…。
<初々しいも言えないの?あなた…。(笑)
…あと、『ハコイリ娘。』と『魔法のハート。』の宣伝。『魔法のハート。』普通に売ってたんで、買ってしまいました。(買っちゃった)

2002/09/15

<味覚を研ぎ澄ました、対抗戦? …何故、疑問形?
<見えない恐怖に打ち勝とう〜!
<パクパクまぐまむ…あぐっ…(笑)
<何?!
<イエーイ!
スタッフ<イエーイ!
娘。<イエーイ!(拍手)
<はい、はい、なんでもいいですよっ。(笑)行きますよ。さぁ!みなさんのストレスの発散は何より楽しみと言えば〜ぁ、おいしいものをたべることで〜す!(拍手)
娘。<イエーイ!(拍手)
<特に〜、食いしん坊の辻ちゃんと加護ちゃん、そして意外と紺野もすごい食欲…。(笑)
<そうですねぇ〜。
<北海道ロケでもねぇ、判明いたしましたが。そこで、今回の対決が企画されたのは、みなさんの、「味覚」。
<圭ちゃんもねぇ、案外こう…グルメな感じがするんですけど、そうでもないんですかね?
<ど〜だろうねぇ?何でも食べるけどねぇ…。
<だって、白子…好きって、案外グルメじゃないの?(笑)
<圭ちゃん、変わったもののグルメだよね。
<あぁー。
<ホルモン?
<ホルモン。
<あぁ…。
<…とか、何?内臓…
<白子とか…。
<白子?
<そうだよねぇ…。
<あぁー。
<グルメじゃん!
<本当?!
<グルメだよ。
<グルメでしょ。珍味野郎だよ。(笑)
<そういう言い方、止めてよー!(姐さんにツッコミチョップ入れる)

 …そんな感じで、なっち、小川さん、新垣さん、ゲームお休み。 …プッチSPの日、3週録り。


ゴマキペンギン物語
<はぁ〜あ。
<はぁ〜。
<やっと、登れたよ。
<やっと登れたね、お姉ちゃ〜ん。

えっ…?! …そこカットなの?

<よいしょ…。
<ねぇ、ねぇ、早くお魚食べようよ。
<おぅ。はい、お魚。(魚渡す)
<おーし、やったぁ〜!お魚だぁ〜!(魚持ってはしゃぐ)(笑)
<ダメダメ!ここじゃダメだよ、食べちゃ。
<ここで食べたいよ。
<ここじゃダメでしょ。
<えぇ〜?
<ちゃんとー、おうちに帰ってー、ちゃんとお行儀良く食べないとダメですよ。
<わかりましたー!
<おし!じゃあ〜、おうちに向かおうか?
<うん!
<よし!(2匹とも歩き始める。しばらくして吹雪が)おっ!(笑)
<うわぁ〜!
<何かすごいのがきた!
<おぉ〜。(しゃがみ込む)お姉ちゃ〜ん!歩けないよ〜!
<ひとみ〜!はぅっ…。
<雪がすごくて〜。
<すごいよ!
<前が見えなくて、へへ…。
<(手つなぎながら)オイラも…お姉ちゃんも前が見えないよ〜。
<もうダメだぁ、お姉ちゃん…。
<おっ!おっ!(吹雪に押されてペンギン歩きで後ずさっていく)(笑)
<うわぁ〜!(吹雪に押されて転ぶ)
<(後ろの氷壁に追突する)(笑)はっ…はっ…大丈夫?大丈夫か?大丈夫か?お魚も無事?!
<(立ち上がる)
<(ヒトミペンギンの手を引く)いくぞ…。
<お魚を食べるために…はぁ〜。(笑)
<おっ…だんだん吹雪が強くなって…!
<強いよ〜。
<(ヒトミペンギンと手離れる)あれ?何処に?!
<お姉ちゃ〜ん。
<(紙吹雪が鼻に付く)鼻に!(笑)ふんっ!
<お魚食べたくて…。
<お魚たべるぞ〜!

 …来週が最終回だそうです。 …うぅぅ。


お口の中はなぁ〜に!?グルメ王選手権

 以下の2チームに分かれて、目隠しして一口サイズの品を食べてそれが何かを当てます。正解ポイントの多いチームが勝ち。
  飯田チーム:かおり、やぐっつぁん、よっすぃ〜、のの、小川さん
  保田チーム:圭ちゃん、ごっちん、梨華ちゃん、あいぼん、紺野さん
 まず、1回戦は、1品だけでチャレンジします。

<飯田チームはもうスタンバイしてもらってますが…。 …全員目隠しして座ってます。
<心の準備はいいですか〜?
<(ののの肩揉もうとする)
<(ビビって席立つ)おぉ〜。
<怖いですねぇ〜。
<怖い。
<怖いねぇ。
<うん。
<それでは…
<(ののの肩くすぐる)
<うわっ…(梨華ちゃんの手払いつつ)アホか、ボケ、ナス。(笑)
<失礼しました…。
<飯田チームが試食する食べ物は…こちら!(おどろおどろしたSE)
<怖ーい!
<怖いっ!
<しかも音、何だ!この音?!
…運ばれてきたのは、「甘えビ」。お約束で保田チームの娘。さん達がおどかします。
<すげぇー!
<何、これ〜?!
<うわぁー!ボケー!ナァー!アァー!
<え?な〜に、それ?
<や〜だ〜!
<こういう時にさぁ〜、人の性格って出るよね。
<え?なーに、なーに?
<これってさぁ、でもみんな大丈夫?(笑)
<え?え?止めてよ〜。
…試食は、相手チームが手伝います。っていうか、「あ〜ん」します。
紺野さん  ←→ かおり
あいぼん  ←→ やぐっつぁん
ごっちん  ←→ よっすぃ〜
梨華ちゃん ←→ のの
圭ちゃん  ←→ 小川さん
<え?やだ〜!怖い〜!
<えっ?!
<怖くない。
<えぇ…?
<怖くない!
<お腹こわしたら、ハロモニ。にクレームだすよ!(笑)
<お、いいよ。
<ゆらかすな。
<匂いがしないよ。
<うわぁ〜〜あ〜ん!
<っていうか、ホントに怖い。(笑)
<うわはは!
<ホントに怖い。
<今持ってるフリップに書いてもらいます。
<はい。
<怖〜い。
<ちょっとにおいがきついな…。
<え〜?!
<それでは飯田チーム試食タイムスタート!
<えっ?!においがきついの?!(鼻押さえる)
<平気、平気。
…とりあえず、みんな躊躇する中、というか前フリからですけど、平然と試食するよっすぃ〜が、印象的。
<さぁ、それではそれぞれ発表しまーす。ひとりずつ、かおりからどうぞ。
<はい。「ほたて」かな〜?
<「甘えび
<「あまえび」でしょ!か、ホタテ。
<なまの魚(笑)
<生っていうのは、あの…焼いてない生のお魚?
<そう、そう、そう、そう。
<「たこ」…。(笑)
<たこではないだろ?(笑)
…ということで、飯田チームは2ポイント。
<辻ちゃんコレきらい?
<うんうん、好き…。
<好き?すっごい嫌がってたよね、でも。
<うん…。
<おいしくなかった?
<うん、おいしかった。(笑)
<おいしかった?
<しょうゆが欲しい。
<しょうゆがほしい?うっさいよ…。(笑)
…続いて、保田チームの番。問題は、「こんにゃく」です。今度は飯田チームがおどかします。
<うわぁ〜!うっそー!
<(ふるふる)
<えぇー!?
<えぇ〜?!
<キモーイ!
<ヤバクな〜い?!
<これはさぁ、でも食べるの勇気いるよね?(笑)
<えぇー!?ヤダー!
<やば〜い。
<さぁ、それでは保田チーム試食タイムスタート!
…娘。さん達一斉に「あ〜ん」します。
<もう食べてしもた。
<紺野?大丈夫?ごめんね、量が少なくて。(笑)
<(ふるふる)
<(解答を見る)まずは紺野から。
<「きのこ」?(笑)
<どの辺が?
<…何か、茎っぽかっ…(た)。
<えぇっ?!
<あぁ、でも臭くなかったなぁ〜。
<茎っぽかった?
<味…あっ!…こんにゃく?
<えぇっ?!
<味がしないんです、全然…。
<どっち…?
<…あ、こんにゃくで!
<きのこです!(笑)あははははは、あははは…きのこですっ。はい、加護ちゃん。
<「こんにゃく
<これは、おいしかった?
<臭くなかったんですけど…。
<そうかなぁ〜って?ごっつぁん。
<「こんにゃく
<おうおう。(ごっちんのフリップに書いてあったのをそのまま読む)チュルッ!(笑)
<(「こんにゃく」)これね、このブツブツが、わかったの、食べてて。
<私もわかった。
<わかったよね?
<わかったよね?
<こんにゃくだ〜と思って。
<なるほど、なるほど。圭ちゃん。
<「こんにゃく
<あぁ〜、ビックリした。コンニャク!って感じなのね?
…ということで、保田チーム、4ポイント。

 2回戦は、クラッカーに2品のせて、挑戦します。飯田チームへの問題は「キウイフルーツ」と「プリン」。早速試食タイムから。

<行くよ。
<これ、食べれる?まずい?
<クラッカーは、普通のクラッカーです。
<あーん。
<はい。(口に入れる)
<辻ちゃん、もう1個、これ、これ…
<あっ!あっ!
<一緒に、一緒に食べないとダメ。
<あっ!あっ!あっ!あっ!えっ?!えっ?!ん!ん!ん!(笑)
<(ののの口に入れようとする)
<下も食べてないぞー。
<何か1個も…
<食べた、食べた、食べた、食べたよ。
<こ、こっちにもね。
<1個、入ってないよ。
<何個、あんだよ!(笑)
<入ってないんだよ。
<怒るなよ。
<入ってないんだもん。
<何で、この子、こんなガラ悪くなるの?
<ちょっと、(マスク)取っていい?!取っていい?!
<まだ、まだ、まだ。
<(口押さえて)ん?!ん?!ん?!
<おいしい。
<おいしい?わかった?
<わかったけど、嫌い!(笑)
<え?!え?!
<食べたとこ見た事あるよね?
<うん…。
<すごい、全然わかんないんだけど。
<食べてるよ。
<ちょっと、待って。
<1個分かったけど…。
<じゃあ、何と何が…何がダメ?何が苦手?
<1個も分かんないんだけど…。
<干しブドウ…。
<は?
<(すごく小さい声で)干しブドウ…。
<あ、全然大丈夫だよ。(笑)
<(解答を見る)はい、かおりんから。
<「カスタードクリーム」と「洋なし」 …どっちもあってないし。
<えぇ〜?!「キュウイ」と「ジャム」?え〜分かんな〜い!
<「キウイ」と「バター」(相合傘)
<バターか、え?違うよ…。(笑)
<「グミ」と「ぶどう」。
<はい、どうもありがとう。(笑)はい。
<え?違う?!
<さくらんぼとメイプルシロップ
…ということで、飯田チーム2ポイント。計4ポイント。
<あぁ〜。
<えぇ〜?!全然そんなんじゃないんだってぇ〜!(笑)
…続いて、保田チームの番。問題は、「豆腐」と「キムチ」。 …キムチチゲかよっ。
とりあえず、あいぼんが大変な事に。
<えー!?んー!?
<加護ちゃーん、あーん。
<えー?!何?!何?!うわぁ〜ん!
<加護ちゃん!加護ちゃん、食べて!お口、あーんして!口あーんしなさーい!大丈夫、大丈夫。あーん、はい。(口に入れる)
<うぅー!(笑)おぇ…。
<大丈夫?加護ちゃ〜ん?!
<(あいぼんのほっぺ押さえながら)出さないで。出さないで!
<石川、それね、さっきまで生きてたやつ。
<あ゛〜!(笑)
<からい!からい!からい!
<からいか!? …そりゃ、キムチだしね。
<ごっつぁん、黙々と食べてるんだけど。(笑)
<え〜?何これ? …ごっちんとよっすぃ〜にこういうののリアクションを期待するのが無理。
<(紺野さんの解答が遅れているらしい)早くしなさいよ。(笑)
<はい…。
<どっちでもいいよ。もうどっちみち違うからっ。
<どっちでも…
<どっちでもいいよ、そんなの…。
<どうしたら、そんな味が出てくるんだろう…。(笑)
<知らないよ、そ…こんな味を…。(笑)
<さぁ、それでは見てみましょう、紺野からです。何!?
<「マーガリン」と「いちじく」「ざくろ」?(笑)
<何を迷ったのよっていう…。
<いちじくとざくろを迷ってました。はい、加護ちゃん。
<面白い…。
<「まぐろ」と「キムチ」。
<(フリップに書いてある似顔絵指して)と、矢口さんね。(笑)
<それ意味分かんない…。(笑)
<矢口さん…。
<で、矢口さん入ってたのね?
<(こくり)
<ありがとう。
<オッケー。ごっつぁん。
<「キムチ」&「チーズ」。
<「まぐろ」と「高菜」。
<渋いねぇ。(笑)圭ちゃん。
<「キムチ」と「アボガド」
<(正解を知らせる)キムチと…
<豆腐なんだ…。
…ということで、保田チーム3ポイント。計7ポイント。

 3回戦は、3品答えます。飯田チームは太巻きの中のネタを当てます。問題は、「かんぴょう」「かまぼこ」「たまご」。食べ残った分は保田チームが食べます。もちろん、別にそういうルールがあるわけではありません。

<(解答を見る)さぁ、かおりんからどうぞ〜。
<は〜い。「かんぴょう」「茎わかめ」「たらこ」。(笑)
<「かんぴょう」「かまぼこ」「たまご
<「かまぼこ」「たまご」「かんぴょう
<あ、一緒だ。
<はい、辻ちゃん。
<(マジックぺんのキャップ閉めようとして指挟む)いて。「わかめ」「こんぶ」「なると」(笑)
<おいしかったの?
<おいしかったよ。
<っていうか、普通なるとっていうか、かまぼこっていうよね。
<うん…。
<なるとでいいよね?
<かまぼぼこか? …焦ってる、焦ってる。
<ほら、でも、なるとの絵書いちゃったから、ダメだよ。
<もう、だめだよね。はい!小川っちー。 …小川っち?!
<(かまぼことなると)同じ?
<「笹かまぼこ」「ワカメ」「かんぴょう
<また、やなとこいったね、これ。(笑)
<…?
<笹かまでいいのかなぁ〜?
<笹かまって、何?
<何で、あえて、笹かまにしたのかが、わからない…。(笑)
<(苦笑)
<笹かまの味だったんだよね?ね?行くよ?せーの、どん。
…ということで、飯田チーム8ポイント。計12ポイント。続いて、保田チームは、おにぎりに3つの具が入っているのを当てます。問題は、「梅干」「ツナ」「コーン」。こっちも残りを食べちゃうわけなんですけど…。それでもおにぎりの残りを狙っていたのは、内緒です。
<辻ちゃん!辻ちゃん!
<(モグモグ)?
<一生懸命食べ過ぎ!(笑)まだでしょ。
<お前は…、キッズ以下だな…。(笑)ゲームの内容もわかっちゃいないし…。
<(解答を見る)え〜、紺野からです、どうぞ。
<オーマイガ! …何があったかは、不明。
<「うめぼし」「ツナ」「とうきび
<とうきびって、なぁに?
<とうもろこし、はい。
<とうもろこし。
<(フリップ見せる、今度はおにぎりバージョンのやぐっつぁんの似顔絵入り)
<(フリップ指しながら)「うめぼし」「コーン」「シーチキン」矢口さん。(笑)
…姐さんもあいぼんもこういうところがテレビ的に天才的。
<おにぎりなんですけど、あたし。
<(ごっちんのフリップ指して)「うめ」「しらす」「とうもろこし
<(梨華ちゃんのフリップ指して)「」「シーチキン」「おしんこ」?圭ちゃん。
<「梅干し」「シーチキン」「シャケ」。
<何か、ガリッていったのがあったんだよなぁ〜。
…ということで、保田チーム12ポイント。計19ポイントで、保田チームの勝ち。今日のご褒美はこんな感じ。
<グルメなみなさんに不思議な体験をしてもらおうと思いまして、こんなものを用意しました、どうぞ!
<行くよ?
<どうぞ。
<じゃ〜ん。
娘。<えぇ〜?な〜に?
<ミラクルフルーツ、これを食べると本来すっぱいレモンが甘くておいしいフルーツに大変身します。
<あっ…あっ…たべたかっ…。
<食べたかった?
<これ今までずっと食べたかったの…。 …そいつは良かった。
<いいよ!食べて!
<これを食べるの?
<これを食べんの。
<これを食べて、レモン食べるの?
<えぇ〜、それでいいの?
<ん、グミっぽい。
<うぅ〜べろべろべろ…。(笑)
<(レモン食べて)あ、食べれる!食べれる!おいしい!
<なんで?!なんで?!レモンが甘く感じるよ。(笑)
<そのレモンがさぁ、甘いんでないの?(笑)
<なんで!?
<(黙々とレモン食べつづける)
<ホントだ!あーすごい甘い!すごいねぇ!マジすごいよ、これ!ねぇ〜これさぁ〜優勝賞品だけど、みんなにたべさせてもいい?(笑)
<これどこに売ってるんですか?
<なんで?!ホントどこに(カメラアップで)売ってんの?!(笑)ね?どこで売ってんの?甘くない?!
<グレープ(フルーツ)じゃ…みかん!みかん!(笑)みかんの味する。
<(後ろで飛び跳ねる)みかん!みかん!
<これはいい!
<おいしい!
<おいしいね。
<最高。
<ちょっと久しぶりの感動…。(笑)ハロモニ。の中で…。
<不思議なフルーツも食べれて、よかったですね。
<良かった。
<すっごい気持ち悪い。 …食べすぎだよ。
<ビタミンCいっぱい取ったね。
<はい、とりました。このあとも皆さん頑張りましょう。
娘。<はい!
<以上、ハロモニ。グルメ王選手権でしたー!
<(黙々とレモン食べつづける)

The 美学スタジオライヴ

 初めてまともに聴きましたけど、これで1位とれなかったらウソでしょ?といいつつ、自分はドリカム買うんですけどね。


ハロモニ。劇場 バスが来るまで
中澤 :おかしいなぁ…こないだまでここに隕石があったんだよねぇ…。
飯田 :うん。ミステリーサークルも無くなってるんですよ。(笑)
中澤 :不思議よねぇ…。
飯田 :不思議ですねぇ、うん。
中澤 :ねぇ。
…そんな話をしてる所にまたあたりが暗くなり何か起こったような衝撃が!
飯田 :何ですか?!きゃー!きゃー!何ですか?!
中澤 :分かりません…。ちょっと、何?!今の!何が起こったの?!
飯田 :分かんないです、大事件ですかね?
…そこに髪振り乱してボサボサになってる、吉澤さん登場。
吉澤 :大変でした!大変でした!大変でした!(笑)
中澤 :ちょっと、それー、「大変です!」でしょ!それよりもあなた何?!その髪?!
吉澤 :アンマリ、ビックリシタンデ、コンナニナッテシマイマシタ。(笑)
飯田 :おい!な、なにが起こったんだよ?!
吉澤 :あの、向こうに、何か、ミステリーサークルと、隕石が現れたんです。
…ということで、3人隕石を見に行く。誰もいなくなったバス停にぴょ〜ん星人、登場。
親びん:♪ドゥンドゥンドゥドゥンドゥンドゥンドゥンワォー!遂に地球にやってきたぴょ〜ん!念願!念願!ウゥー!ウゥー!ウゥー!(笑)いやぁ〜、しかし…あれ?みんながいない。みんな無事ぴょんか?!どこいったぴょんか?!ぴょ〜ん星人、集合!
加護 :親び〜ん!
ミカ :親び〜ん!
親びん:あーよかった、よかった。加護ぴょんもミカぴょんも無事だったぴょんね。あれ?辻ぴょんは?(あたりを見回す)辻ぴょんはどこいったぴょんか?
辻  :親び〜〜〜〜〜ん…。(地面にへたり込んでる)(笑)
…いつもの食べすぎかと思いきや、ぴょ〜ん星と地球の重力を調整する重力調整剤を飲み忘れたという事で親びんに飲ましてもらう。辻ぴょん復活。
親びん:よーし、これで地球征服のために、地球の事を色々調べられるぴょんね!
全員 :おぉー!
辻  :その前に、地球人に取られたしっぽを取り返してほしいぴょん。
…保田おばあちゃんがもってたしっぽは辻ぴょんのしっぽらしい。
ミカ :あ!地球人がやってくるぴょん!
加護 :隠れないと見つかっぴょんよ!
…石川さんと綾小路が歩いてくる。
親びん:いや、ちょっと待てよ、大丈夫だぴょん。地球人に見えないぴょ〜ん星特製の見えないスーツを着ているから、姿も見えないし、声も聞こえないぴょんよ。
…ということで、石川さんと綾小路のやり取りを観察(≠ノゾキ)する、ぴょ〜ん星人。
綾小路:石川さん、やっと二人っきりになれたね…。
石川 :(加護ぴょんが大接近中)えぇ…。(笑)
綾小路:(ぴょ〜ん星人がはしゃいでる中で)近頃…隕石が落ちたり…へんなことが続くけど、こわくないかい?
辻  :(石川さんに、つの突き出して)ケーキ食べる?
石川 :文磨様と一緒なら、怖くありません!
加護 :文磨って、誰だよ?
綾小路:石川さん…。
石川 :文磨様…。
綾小路:石川さん…。
石川 :文磨様…。
…恒例?のキス直前で何かの気配を感じる、石川さん。
石川 :うん?!(笑)なん…誰かにいるような気がするんですけど…。
綾小路:いや…誰もいないよ…。
石川 :そうですね!
綾小路:石川さん…。
石川 :文磨様…?
綾小路:石川さん…。
石川 :文磨様…!
…やっぱり、キス直前で何かの気配を感じる、石川さん。
石川 :うん?!(笑)ん?いや、やっぱり、誰かいるような気がするんですけど…。(立ち上がる)
綾小路:うん、誰もいないのにそんな気もするなぁ…。(笑)
石川 :何だか気味が悪いです!他行きましょ!他!
綾小路:うん、そうしよう…。(親びんちょっとついてく)(笑)
親びん:あれが若い地球人だぴょんね。
ミカ :うん…男か女かよくわからないのいましたねぇ。
親びん:いや、でも〜かっこよかったぴょ〜ん。
ミカ :うん。(キスするフリ)
加護 :石川さん!
辻  :文磨様!(笑)
加護 :石川さん!
辻  :文磨様!
加護 :石川さん!
辻  :文磨様!
親びん:何やってるぴょん!(笑)気持ちが悪いぴょん。
辻  :(バス停の標識に頭ぶつける)いて。
親びん:気持ちが悪いぴょん。
加護 :地球人の真似をしてたぴょん。
辻  :ブチュっと、ブチュっとしてみたいぴょん!(笑)
親びん:んなことしてる場合じゃないだぴょんよ〜!しっぽを取り返すために地球人を探さなきゃいけないぴょん。
…ということで、保田おばあちゃんを探しに行く。そこに保田おばあちゃん登場。辻ぴょんのしっぽ見ながら自分の体験した事が夢なのか現実なのか悩む。
保田 :(しっぽを見つめつつ)どうしたもんかねぇ…。
…そこに中等部の紺野さんと高橋さん、病院から出てくる。高橋さん、語尾に「ぴょん」が付くのが治ったらしい。(どうやって?)
紺野 :治ってよかったねぇ。
高橋 :あたし何で、ぴょんぴょんいってたんやろ?(笑)
…そんな2人が保田おばあちゃんにあいさつしているところで保田おばあちゃんが消える。そこに3人が戻ってきて保田おばあちゃんが消えたのを聞く。懐疑的になる中澤先生。しかし飯田婦警が保田おばあちゃんの遺留品(杖と入れ歯)を発見。
吉澤 :コレ、オバアチャンノデスヨ。
中澤 :はぁ?
飯田 :そうです、この入れ歯もそうです。
中澤 :えーなんでそんなの分かるの?でかっ!(笑)
飯田 :でかいんですか?
中澤 :えぇ〜こんな口じゃなかったわよ、おばあちゃん。
飯田 :いえ、名前が書いてあるんです。
中澤 :あら、ホントだわ。(笑)まぁ…
飯田 :マメですよね。(笑)
中澤 :マメ…まぁ、ホントだわ。
吉澤 :エー宇宙人に、サラワレタノカモ。
中澤 :えっ?ホントに消えちゃったのかしら…。
吉澤 :ソンナ…。 …バナナとは、いいませんでした。

ミニモニ。ぴょ〜ん星人

 そんなバス来るを受けてのぴょ〜ん星人、保田おばあちゃんとの対決だったのですが、辻ぴょんのしっぽの話は何処にも出ずに謎は深まるばかりでございます。


ハロプロニュース
<夜風が涼しくなった今日、この頃…海の家とも来年までお別れ…。すっかり人気(ひとけ)の無くなった砂浜で…波の数だけ抱きしめて…
<(チャーミーに抱きつく)
<うわぁ〜あ!(笑)ハロプロニュース、チャーミー石川でーす!(拍手)ビックリしたわー。ありがと、ラブリー。ふぅっ。
 
<何やそれ?(笑)
<さびしいですか?中澤さん?(姐さんに抱きつく)
<やです〜!
<抱きしめてあげる〜!
<そうかぁ?(抱きしめ返す)(笑)
 
<うわぁー!助けてー!助けてー!
<(チャーミー離す)中澤裕子です。(拍手)
<そして、もう1人…
<(脇ギュッギュッ)♪らぶらぶらぶらぶらぶ(指L字)ラブリー(脇ギュッギュッ)♪あいあいあいあい…(手、腰に)高橋ラブリーです。(両手振って)みなさーん!(立ち上がって、胸の前で手握る)目と目が合ってドッキドキ…(脇ギュッギュッ)ヤッホー。(笑)(拍手)
<あら。
<あらまぁ。
<頑張ってるわね、今週は〜。
…今週のニュースは、松浦亜弥7枚目のシングル「The 美学」9/19リリース。
<えー歌詞でも「kiss」というフレーズがガンガン登場したり、「あいつは優柔不断の男」という…
<いやっ。(口押さえる)(笑)
<挑発的なフレーズがあったり…
<(姐さん、ポンと叩く)
<何?何?何?!(笑)
<いや〜ん、ちょっと照れちゃうじゃ〜ん。
<違うやんかいな!松浦亜弥ちゃんの話してるんですよ。(笑)あなたの話してるんじゃないですよ〜。
<あ、失礼致しました。
<まあ、ノリノリの〜あの格好いい曲に仕上がっておりますのでかなり期待できるんでは無いかと。
<すっごい…
<そうですねぇ。
<なんでそんなにニコニコしてんの?(笑)あなたの話じゃないっていってるのに…。
<ちょっと、あややって、私と似てるって言われるの!(笑)
<(ジャケ写について)挑発的な眼差しでこちらを見つめてて、もう…松浦さんファンにもう…たまったもんじゃねぇ…。(イスの背もたれにもたれる)(笑)
<たまったもんじゃねぇか?
<たまったもんじゃねぇか?
<はい。
<そうかぁ。
<まぁ、でもそんなセクシーな亜弥ちゃんが、(カメラを斜に構えて見て)見られるという事なんですけど…
<何それ?
<はい。
<挑発的ってこんな感じかしら?(目パチクリ)(笑)
<今日いい感じに流れてるよねぇ。
<あ、はい、ありがとうございます。
<はい。
<でも…中澤さん、セクシーといえば…やっぱり中澤さんじゃないですか?
<あたし、言われた事ないけどね。
<あ、ホントですか?
<あ、ホントですよ。フフフ…。
<でも年を重ねるごとに…段々何て言うんですか、あの…
<(怒るのを我慢する)(笑)
<大人の色気が出てくるっていうじゃないですか…?
<自然に重ねてきたものですからねぇ。(笑)
<浮くやんか、ひとりだけ、セクシーとかっていうたら。
<いや、全然浮かないと思いますよ。
<何で?
<そうじゃなくても〜浮いてるから〜。(笑)いやいや…それはそれは…な…な…なぜ浮くかといいますと…あ、あの…すごいオーラが出てるってことですよ…。
<何?!何?!何?!あっそう…。
<中澤裕子!っていう…。(笑)
<あ、あ、声ひっくり返った、よ〜って、あはは…。いいんです、もう…。
<はい。
<はい。
<このハロプロの中で大きなそんにゃいな、なんですよ!
<何!?(笑)何で噛むの!?そういう大事な所、あなたは!
<私、あのアドリブが弱いんです。(笑)
<え?全然、大丈夫。最近このチャーミーさんはアドリブうまくなった。だから何だっけさっきの?脇ギュッギュッ)
<(脇ギュッギュッ)ヤッホー。
<よわ〜い。(笑)
<(脇ギュッギュッ)ヤッホー!(笑)(拍手)
<おっ。かわいいー!
<(脇ギュッギュッ)ヤッホー!
<えぇ?!何で人のんとるん?!(笑)
<すいません…。
<一生懸命考えてるのに…。
<かわいいって言ったから…。
<(脇ギュッギュッ)ヤッホー!(笑)(怯えるチャーミーに)引かんの、引かんでいいから。
<チャーミーが最後とっておきのセクシーをアピールして…。うっふ〜ん!
<またなぁ〜!(笑)
<くっそぉ〜。ちゃお〜。

 …今日の3人は随分と噛みあってた感じがして良かったです。


本日のNG娘。
<夜風が涼しくなった今日、この頃…海の家とも来年までお別れ…。すっかり人気(にんき)の無くなった砂浜で…
<人気(ひとけ)やな…。(笑)まぁ…近いけど…。
<すっかり…
スタッフ<一応今のキープしといて下さい。(笑) …しっかり使われました。
<おわ…お別れまで上手に言えとったのに「にんき」言うんちゃうかなぁ思うたんや、あたしー。あのー「にんき」でもいいけど…。
<普通に「にんき」って…。(笑)

2002/09/22

<(オープニングのSEの最中)かっこいい、ごっちん。(足が)ハの字になってる。
<今日のハロモニ。はですねぇ、皆様もご存知の通りに、ごっちんが9月23日を持ちまして、モーニング娘。を卒業することになりました!
<はぇ。
<そこで、本来ならば頑張ってねって言いたい所なのですが〜、ハロモニ。は…ごっちんの卒業を認めていません!(笑)ですね〜、みなさん!
<うん。
娘。<そうでーす!
<だーめー!
…ということで、ごっちんと娘。メンバーと炎の三番勝負をやって、ごっちんが勝ったらハロモニ。を卒業できます。
<頑張ってって言っていいのかな…?
<頑張って…頑張られると困るなぁ〜。
<(頭に指当てて)う〜ん…。
<頑張られると…
<そうなの。
<(アゴに指当てて変顔ちっくに)う〜ん…。
<そっか。
<微妙…。だから、みんなが頑張らないと。
<うちらが頑張ればごっつぁんは卒業しないって…
<できない。
<次の日の新聞に載るから。(笑)
<(んぁっ?!)
<いいねぇ。
<卒業止めた!(笑)っていう感じの。
<ある意味、それ初だもんねぇ。
<そう、そう、そう、そう。
<うん。
<すごい、すごいニュースに…
<ハロモニ。だから出来る…。 …これだよっ!
<理由も…理由もちゃんと載せてもらわないと。
<ハハハハハ!
<ハロモニ。対決で負けたから。(笑)
<はぁ〜。あぁ、あぁ…。

 …ハロモニ。は、やっぱ娘。さんにとって、他の番組とは違うってことですよ。


ゴマキペンギン物語
ナレーション
南極の氷山の上に、もう3か月もお魚を食べていない、お姉さんペンギンと妹ペンギンがいました。でもようやく今日、お魚を食べる事が出来るのです。ハロモニ。絵本シリーズ、ゴマキペンギン物語。
<はぁ…。すごい吹雪だったなぁ〜。
<ねぇ〜お姉ちゃん!ねぇねぇ、早くお魚食べようよ!
<おぅ!じゃあ、今から準備するからね。
<うん。
<待っててねっ。
<わ〜い。早くお魚たべよ〜!
<(火起こしの道具をセッティング中)
<お姉ちゃん、薪を持ってこないと。
<あっ…。
<真希〜、真希だけに薪を持って来なよ〜。(笑)
<きゃはははは…。そうでした。お姉ちゃんはちょっと、ボケてるみたい。あまりにも食べなさ過ぎだよね〜。
<早くお魚食べたいよ〜。
<何か、火を起こしずらいなぁこの体…。(笑)どうやって、起こしだんだ?!
<頑張って、お姉ちゃん。
<(何とか体勢を作って火を起こし始める)(笑)
 …使い方、間違ってますけど。
<頑張れ、頑張れ〜。
<よいしょ…。
<頑張れ、頑張れ〜。お姉ちゃん、頑張ってよ。(怪しい目つき)
<おぅ。
<(火がつく)うわっ、あちっ。よし…ひとみ!火がついたよ〜。よいしょ。じゃあ、お姉ちゃんが焼いてあげるから。
<うん。
<お魚、かして。
<はい。(骨だけの魚渡す)
<え…?(笑)
<だってお腹空いたし〜。食べちゃったぁ〜。
<これ…骨だよ。(笑)
<っていうか〜、お魚は生でも食べれるんだよ。
<(骨だけの魚見つめる)…。
<だってぇ、私たちペンギンだも〜ん!(はね、ばたつかせる)(笑)
<ふぇ〜ん。
<あぁ〜、お腹いっぱい。良かった、良かった〜。
<ちょっとまって…。ちょっとまって…。
<あぁ〜おいしかった〜。あぁ〜やっと食べれたよ、お魚〜。(去っていく)
<ちょっとまって…。あのさぁ〜!あたしもちょっと、身、食べたかったんだよね〜。(笑)頭じゃちょっとさぁ〜、栄養あるけど…。(笑)
<ははははぁ…。あぁ〜ん。これだけ焼いて食べるのもひもじいし〜、もう〜ひとみのバカ〜!(笑)
<(また吹雪が)あぅ…。うっぷ…。(笑)(倒れる)ふふふ…。こんなのヤダ〜!もう、ずっとやってきたのに、骨だけかよー!(笑)
ナレーション
頑張れゴマキペンギン!お魚を食べれる日はきっと…
<もうダメ…。疲れきっちゃったかも…。(へたる)
ナレーション
こない…。

 …終わっちゃったよ〜。


後藤真希卒業スペシャル炎の三番勝負 〜其の壱〜
<さぁ、まず最初の関門は、メンバーの声を聞き分けろ!後藤真希ゲーム!(拍手)
…ごっちん相手にメンバーが同時にお題から連想する言葉を叫びます。それを全て聞き分けられれば、ごっちんの勝ち。チャレンジできるのは7回。あ、ちなみに今日は、なっち、小川さん、新垣さんお休みなので、9人の声を聞き分けなければなりません。
<お題、『後藤真希と言えば?』なるべく短い言葉で書いて下さい。
<(みんな書き終わって)せーの!
<カキ氷! …これは、すぐ分かったなぁ。
娘。<○×△※〜! …あとは、さぱり。
<クラッ!
<なっはっはっは!
<微妙〜。全然…
<分かった?
<分かんない…。
<分かんない?
<え〜これちょっと案外難しい。
…ということで、急遽ルール変更で、娘。さん達は、5秒間叫び続けることになりました。
<せーの!
娘。<(1回目のチャレンジ)
<(下向いて固まる)…。(笑)えっ…。
<1人ぐらい分かんない?
<一斉にぐわぁーって来てるからね、ホント1人だけ聞き分けようと思っ聞いてるんだけど、それが聞き分けられないんだよね、この耳。(笑)
<ホントに?!
…各メンバーが何て言ってるかは以下の通り。
<よく食べる
<かき氷
<かっこイイ
<イグアナ
<お魚
<鼻が高い
<フッ
<♪I'm Crying
<タレ目
<せーの!
娘。<(2回目のチャレンジ)
<イグアナ。(正解、拍手)
<圭ちゃんですね。じゃあこっち抜けてください。1人目〜!他分かった?
<えーと…「おさげ」とかいた?(×)
<おさげ…。
<分かんない?
<分かんないです。
<聞く?
<聞きま〜す。(目つぶる) …この時の言い方がすごくかわいい。
<はい。せーの!
娘。<(3回目のチャレンジ)
<よく食べる!(正解、拍手)
<あ、正解〜。
<ね、誰か、焼き鳥って言ってました?!
<焼き鳥?いる?
娘。<いな〜い。
<いません。(笑)
<えっとねぇ、目が離れている。(笑)
<あぁ〜、いました?
娘。<いな〜い。
<いませ〜ん。
…4回目で、よっすぃ〜「鼻が高い」、5回目で、梨華ちゃん「お魚」を正解。
<せーの!
娘。<(6回目のチャレンジ)
<タレ目!
<ぶはは…。やっぱ人数が少な…「かっこイイ」「タレ目」(正解、拍手)
<ごっちんの絵書いた。
<あら、ホント。ふははは。
<はい、こっち抜けてください。これ全員?じゃあ、ラストで〜す。
<あっ、あっ、あっ、え?待って〜!
<よ〜く聞かないと聞き逃しちゃうこといっぱいあるよ。
<うん。あの…
<ね。
<あのね、あの人が…。(笑)
<微妙に。
<難しいよ。
<難しいから…かなり。
<(耳手当ててやる気十分)
<面白いけど。行きます!せーの!
<フッ! × ∞
<かき氷! × ∞
<♪Crying  × ∞
<「かき氷」、「フッ」、「I'm Crying」(正解、拍手)
<おくら〜いん?
<唄ってたんだよ、彼女は?
<♪I'm Crying … Crying … Crying …
<暗いって言ってるのかと思った。(笑)
<ということで、ごっちん第1関門クリアーです!(笑)
<はい!

後藤真希卒業スペシャル炎の三番勝負 〜其の弐〜
<第2関門は、ハロモニ。ダンス対決!(拍手)
…ハロモニ。では定番になりつつある、お題ダンス対決です。3つのお題にあわせてダンスします。
<自信の方は?
<ダンスはねぇ〜、この…ここの場合はちょっと微妙ですねぇ。(笑)
<(なんかのステップ踏んでる)
<色々難しいかもしれないんですけれども、まぁ…ほら!いつもの…
<いつもの…
<いつもの…
<出しちゃいます?
<えぇ、呼んでます…
<来ちゃいます?
<呼んでますよ、もちろん!(笑)
<ダンシングクィーンと言えば、この方!飯田先生で〜す!(拍手)
<(いつものマントつけて登場)
<来たよ〜。
<(お立ち台に上がってパラパラ)
<パラパラだ!今日は。(笑)
<(終了してポーズ)(拍手)(笑) …このポーズのタイミングがいつも変だよね。
<どうも、こんにちはー。
<こんにちはー。お久しぶりでーす。
<ご無沙汰、元気だったかしら〜?
<元気でしたよ〜。
<今日はパラパラ…ですか?
<パラパラ!うん…。(何か言おうとするも何も浮かばなかったらしい)(笑)
<じゃあ、今日も先生よろしくお願いしまーす!
<はい!どうも。
娘。<よろしくお願いしまーす。
<この対決は代表戦で行いたいと思います。モーニング娘。からは、矢口アンド石川!(拍手)
<オッス!(手あげる)
<(投げキッス)
<そしてごっつぁんには、自分の助っ人パートナーとして、モーニング娘。から1人メンバーを選んでもらいますが、誰にしますか?
<えぇ〜?じゃあ、ののちゃんで。(おぉー)
<お〜っと。
<強烈だねぇ。
<(仰け反りながら)い゛ぃ〜!(笑)
<オッケーです。

 …お題の方は、矢口・石川ペアは、「シンクロナイズドスイミング」「エビ」「酔っ払い」。後藤・辻ペアは、「ロボットダンス」「お寿司職人」「打ち上げ花火」。まずは、矢口・石川ペアから。

 
「シンクロナイズドスイミング」:二人とも鼻の摘むやつつけてるみたいに鼻の穴くっつけてます。


「エビ」:キャイーンのポーズみたいなのした後に、腰振ります。


「酔っ払い」:梨華ちゃんにやぐっつぁんがからみます。ついでにカメラにも。しかも最後は、何故か「命」。

<(ダンス終わって)これ、難しいよ〜!
<矢口さ〜ん?
<はい?あはははは…。
<あの保田さんが、え!?これ、コント?って、言ってましたよ。(笑)
<もうね、よく出来てた。特に…
<良かった。
<矢口さんの鼻がくっついてるのが良かったわ。(笑)
<これね、2人でね、(鼻の穴くっつける)(笑)
<ね、すごいよね。矢口の鼻すごいよね。
<(シンクロやって)どう?シンクロに見える?
<外人さんに見えるよ。(笑)
<いや、よくやったんじゃないですか?
<(真似して鼻の穴くっつけようとするも出来ない)
<だっ…先生はしなくていいじゃないですか、別に…。(笑)

 …次に後藤・辻ペアのダンス。


「ロボットダンス」:ベベ恋を彷彿させる動きです。


「お寿司職人」:ロボットの動きのまま、「あいっ」言いながらお寿司を握るフリをします。


「打ち上げ花火」:ののは、全身ブルブル。ごっちんは、カメラに向かってダイヴします。

<(ダンス終わって)もう、ヤダ…。(一目散に逃げて、よっすぃ〜に抱きつく)(笑)(拍手)
<かわいい〜。ごっつぁんが飛んでましたけど…。(笑)
<うぅ…。あ〜ん。
<どうでした、先生?
<かわいい〜。(笑)
<かわいいですねぇ。
<(ロボット寿司職人) …気に入ったらしい。
<それでは、ごっちんぐわぁ、関門を突破できるのかどうか?先生判定をお願いします!
<やっぱりねぇ、2つともレベルが、あがってたのね。だけど、やっぱりよく出来てたのは、こっち!(モーニング娘。チームの札上げる)(拍手)
<モーニング娘。チーム!(拍手)
<(抱き合う)
<あらららら、ごっつぁんの負けとなってしまいましたので、第2関門は突破になりませんでした〜!
<はい!
<よし、よし。
<よし、よし。そう、モーニング的には、よし、よし、よしだね。さぁ…
<明日の新聞にかかってるからね。(笑)
<ごっつぁんは…どうでしたか?ダンス対決?
<すごい恥ずかしかったですよね…。
<いや、一生懸命頑張ってたよねぇ〜。
<普段こういうの絶対〜、テレビじゃやんないんですよね…。(笑)

 …普段やらない事までやっちゃうのがハロモニ。なんだろうなぁ。


後藤真希卒業スペシャル炎の三番勝負 〜其の参〜
<さぁ〜それでは遂に最後の関門、第3関門になりました。
<はい。
<第3関門は、ダジャレ一発…ギャグ対決!(拍手)
…ハロモニ。と言えばってくらい定番のコーナー。今回はごっちんと娘。チームで3ポイント先に取った方の勝ちです。
<やっぱほらぁ、ごっちん1人じゃ…こんなにこう…ギャグの才能に溢れたメンバーを(笑)相手にするのは、かわいそうじゃないですか?
<ですよねぇ〜。
<ねぇ。ですので〜、助っ人を2名選んでも、オッケーにします。
<はいっ。
<さぁ…、誰とチームを組みますか?
<じゃあ…(左右見る)やぐっつぁんとあいぼんで。
<オーケー!
<おぉー。
<(口押さえて)むぅー!
<あれ?カオリンじゃないの?カオリン、ギャグよ?(かおりと腕組む)
<だって〜、ピンポンって、あんまし鳴らないんですよ。(笑)
<鳴らないのね!鳴らないの。
<そう、いつもいじわるされてんだよね〜。
<(そう)
…なお、ごっちんは、自分で必ず1ポイント取らないといけません。また、いつもより、判定が厳し目らしいです。
<はーい。
<あ、はやっ!はい、どうぞ〜。
<(お釜もって)♪涙の数だけ強くなれるよ〜、おか…まと(岡本)真夜。(×笑)これでも面白くない?岡本真夜とお釜と真夜だよ。
<ダメだよ、あなた、噛んだもん!(笑)
<お釜…お釜と真夜!
<噛んだからダメだよ。
<お釜と真夜! …噛まなきゃ確かに面白い。
<おかままとって、はい、おぉっ!圭ちゃん、はやーい!どうしたの?
<今日は珍しくひらめいたんだよ〜。(笑)
<どうぞ、どうぞ。はい、どうぞ〜。びっくりした〜。はい、どうぞ。
<(転ぶフリ)いてぇ〜!ナスりきずできた〜。(×笑)
<え〜?何で!?圭ちゃんにしては、いいじゃない!
<頑張ったよー!
<ねぇ?
<さぁ、ごっつぁん来た。
<ごっつぁんだ。
<モーニング娘。強盗犯はコイツだ! …すいません、今やっと分かりました。
<(後藤の表札持って)後藤です!(×笑)
<えぇ〜?(ちきしょー)
<結構今日、厳しいよー。
<何?何で〜?!
<これなぁ…行くよ。「ねぇ、この扇子どうかしら?」「お前それ、センス(鍋持って)ねえべ。」(笑○) …よっすぃ〜に甘いのは相変わらずのようです。
<えぇ〜?!
<イエーイ!(Vサイン)
<いいの?!
<世界のジョーク風で。
<あぁ、なるほど。
<じゃあ、ごっつぁんSPということで、行きます。行きます!(自分の髪の毛掴んで)♪(手)を握って〜ハハハハハ…(×笑)ダメ〜?
<(ごっちんパネル持ってきて)本店のオリジナル商品です。ゴマキ海苔巻!(海苔巻出す)(×笑) …ゴマキいうなー!(笑)
<えー何で…厳しいねぇ。キレイなのに。
<(ぶどう持って)はい、はい、はい!おいしいぶどうひとつぶ、どう?(×)チッ…。(笑)(睨みながら戻る)
<(旗振りながら)アメリカ頑張れ!ワールドハッター(サッカー)(○笑)えぇ?!いいの?いいの?
<1対1。
<よかった、よかった。サッカーに一文字もかぶってないんだけどね。(笑)
<お、来た〜、辻ちゃん。
<行きます。(はかりに座る)辻の体重、150グラム〜!(笑○)うわー!
<それって、ダジャレとかギャグ関係ないよね、これ…。(笑)来た!来たよ〜。
<(ごっちんパネル持ってきて)「LOVEセンチュリー夢は見なけりゃ始まらない」から。うちの…うちのラーメンはねぇ、なんたらかんたらやってんだよ!あなたに言われる筋合いはない…。(おかもち開けるとくまのヌイグルミ)くまかよっ!くまったなぁ。(笑○) …パロディでシュールでパクリでダジャレ…すご過ぎ。
<な〜に、それ?
<加護ちゃん、偉い。加護ちゃん、あなた、アイデアマンだね。(笑)ホントに…。よくわかんなかったけど、面白かった、今の…。(笑)はい!はい。
<はい。行きます。♪DO it!ナス(Now) (笑×)
<(ぶどうとやかん持って)今度のモー娘。のライヴって、何処だっけ?武道館。(笑×)
<あれ、いたっけ?アメリカの大統領です。ダイコーン大統領。…えぇっ?(×笑)
<誰の事、いってんの?
<いなかったっけ?ダイコーンに似た人…
<リンカーン?
<リンカーン!(笑)ちげーな!全然ちげーだよ。
<さぁ!行け!ごっつぁん!
<来たー!
<思い切って!
<これは、面白いよ〜。
<(バケツ被る)
<せーの!
<(振りつきで)♪嫌だよサヨナーラー
<(暗闇でどっち歩いていいか分かんない感じで)アイム暗い、暗〜い、暗〜い。(笑○)
<いいぞ!いいぞ!
<(サムアップ)よかったねぇ。
<よかったぁ〜。
<おもしれ〜。
<ごっちんの勇気を褒めるよ。(笑)素晴らしい!というわけで、ごっちんの勝ちで第3関門、突破!(拍手)面白い。おもろい。
<すごーい。すごーい。
<リーダのカオリンから卒業証書が送られます。
<ほい。
<じゃあ、お願いしまーす。
<(男っぽく)卒業証書。後藤真希殿。あなたは、ハローモーニング。で、モーニング娘。としての所定を…所定の課程を修めたのでここに卒業証書を授与する。平成14年9月22日…
<(後ろを鉢巻して走り過ぎる)
<ハローモーニング。出演者及びスタッフ一同。おめでと。
<ありがとございまーす。
<ちょっと待ったー!(笑)
<何だ、コイツ?
<何か変なやつがいるぞー。
<ごっちんが卒業するには、私の腕相撲が勝ってからにして下さい。(笑)
<弱いな、最後。
<挑むんだ。
<(目はカンペに固定)ごっちんとはこれまで1勝1敗だから、ここではっきりさせたいんです。負けたら卒業を認めます。
<読むなよ!(笑)いっぱい読みすぎ!
<はい。
<さぁ、ごっつぁん!
<はい。
<辻ちゃんの挑戦を受けますか?っていうか、受けてやってくださいね〜。
<はい、受けます。
<お願いします。
…ということで、腕相撲対決です。
<まずは、辻ちゃん。意気込みは?
<ふぇ〜。(笑)
<何で?弱いなぁ〜。
<(鉢巻に)一番って書いてあるよ。
<何?勝ちそう?負けそう?
<負けそう…。
<勝たないとごっちん、卒業しちゃうよ?
<ごっち〜ん!…よし…。
<よし。ごっつぁんは?
<最近体力がねぇ…
<なんだ?
<腕の力が弱まってきて〜。
<あ〜ら。
<こないだ、すごい辻ちゃん強かったんだよねぇ。
…前回のVTR何かが流れて、いざ勝負。前回よりも短い時間で、ののの勝利!卒業証書踏んづけてましたけど。
<ということは?
<ということは…
<(ののの肩押して)やるー!
<ごっちんの卒業なし!
<なし!(笑)
<今、ふっ…腹筋が痛いくなっちゃった…。
<明日の新聞…
<ってことですね、はい。もうこうやってみんなも卒業しないでって言っているので、卒業しないということで!(笑)この卒業証書お預けということで。(拍手)
<お預けで。
<13人だ、まだ。 …自分から見れば、14人ですけどね。
娘。<イエーイ!
<いいぞ!いいぞ!
<どうですか、ごっちん?
<いや〜ね、すごい腹筋が痛かったんですけど…。
<いや、そういう問題かい!(笑)さぁ、どうなるんでしょうか?ごっちんはハロモニ。でも今後とも活躍してくれるということで…
<はいっ。
<ハロモニ。では!卒業できませんでした!おしまい!(拍手)
<はははは…。

 …最後にごっちんの名場面集が流れたんですけど、バカ殿のモノマネが「伝説のモノマネ」として流れてました。別の意味で伝説になっちゃいましたけどね。
 …もちろん、じいやー!までしか流れません。


ミニモニ。ぴょ〜ん星人

 地球のテレビ番組が見れるアイテムによって、今まで、地球征服のために色々やってきた事が全部バレバレだったということが分かって隠れる事になりました。最終回でした。


ハロプロニュース
<拝啓、アナウンス部部長様…。先日私を「お前はウチの局の鏡、看板に成長してくれた」ってほめてくれましたね。これからもおごることなく一生懸命…頑張ります!どうもー、チャーミー石川でーす!(拍手)
<アナウンス部の部長って誰?(笑)
<いや、いや、あの…年はあの…60ぐらいですかね?
<おぉー。アナウンス部部長さん?
<はい、はい。
<誰?
<私も昨日、部長さんに呼ばれてぇ…中澤さんといつも一緒に仕事以外に一緒にいるとアホが伝染るよって言われて…(笑)ちょっと気をつけなさいって言われました。そのへんは大丈夫です。高橋ラブリーです。(脇ギュッギュッ)ヤッホー!(拍手)
<台本通りに読む所がまだまだ甘いよね。(笑)
<ごめんなさい。
<私の事、アホっていうのもあなたぐらいよね。(笑)よろしく、中澤です。
<あら、悪の道入っちゃいました?
<え?
<悪の道入っちゃいました?
<え?悪の道あった?うんん、無いよ、そんなもん。中澤です。はい。
<無いか。良かった、良かった。まぁね、こんな感じでですね、今日も(脇ギュッギュッ)ワクワクで頑張って行きたいと思います。
<どうしたの?(笑)ここ最近おかしいわ、あなた。
<おかしいですか?
<えぇ。何か楽しい事でもあった?
<チャーミーも改心したの!
<あぁー、ありがとうございます。ありがとうございます。はい、どうぞ。
…今日、ひとつめのニュースは、「Do it! Now」のシングルVを9/26リリース。
<はい、こちらはですね、プロモーションビデオだけではなく、「Do it! Now」のメイキングシーンも入っています。貴重ですね。
<貴重ですねぇ。
<ねぇー、楽しいね。
<あと、ぶいじえちえす(VHS)だけではなく(笑)あと、DVDもついてきます…。「DVDがついてくる」んじゃなくて出ます。(笑)
<おぉー、出るんだ、へぇー。
…ってことで、PVの内容を軽く説明。続いて、ふたつめのニュースで、「モーニング・タウン」もビデオ発売中。姐さんがいつものように内容説明。
<あと、DVDも発売されます。(笑)
<あの、V・H・Sって言わなくていいの?(笑)
<はい、大丈夫です。
<VHSも言えない…かわいいですねぇ。(笑)
<VHS…。
…姐さんがミュージカル見に行ったということで。
<セリフいうときは訛らないのね。(笑)
<セリフは、何か…怒られました。
…姐さんも関西弁しゃべらないように怒られたそうです。 …フットルース?
<今週もね、キレイに終わりますか?
<たまにはね。ニュースだけ…何?
<はい、じゃあ今日はみんなで、せーので「以上、ハロプロニュースでした」って、みんなでいってみます?
<はい!
<いってみます?
<も、もうやる気やから。(笑)はい!って…。
<行くよ、せーの…
以上、ハロプロニュースでしたー!
<チャオー!
<うふっ。
<またなー!
<何か奇跡が起きたね。3人が揃うなんて。
<何か、何かこう…終りに近づいてるって感じやん。
<いや、な、何がですか!?
<な、知らん、知らん…。(笑)
<何?何?
<知らん、知らん…。
<えぇ?!
<知らん、知らん…。あなたが勝手に持ってったんやで、そっちの方に。(笑)
<えぇー!?

 …チャーミー的にはこれ以上ないくらいに驚いてますけど、ビックリ顔では、たあに敵いません。

2002/09/29

 今回の放送は、ごっちん卒業SP尻切れトンボ部分+総集編(NG集)+ハロプロニュース。NG集の方は割愛。


ごっちん卒業SP ごっちん最後のあいさつ
<はい。まずは、あの…テレビを見てくれて、応援してくれてるみなさんへ。あの…多分…今テレビで見ているみんなは〜、明日のラストは〜、見れないと思うんですね。でも〜、うん…私は…明日のラストを…最後までキチンとやり遂げるので…
…生放送はここで切れてました。
<テレビでは、見れないけど…心の中で応援していてください。ソロになってからは、娘。で、3年間…
<作り上げてきた後藤真希をちゃんと活かせるように…毎日頑張って、成長できるように…どんどんどんどん新しく作り上げていきます…
<ので、これからも応援よろしくお願いします。あと、今までホントに今までありがとうございました。
ナレーション
旅立っていく後藤の思いを誰よりも理解していたのは、この人だった。
<よく頑張りました…。
<えへ…。
<何か、先に卒業して…自分が今こういう気持ちになるなんて、ちょっと不思議な気持ちなんだけど…。あたしは、今、メンバーでね、みんなと一緒のお仕事してるわけじゃないのに〜、すごいさみしい…。
<(うんうん)
<でも、これからは、1人で、頑張ってくごっつぁんの気持ちは、やっぱりみんな応援してるし、あたしも応援してるし、みんな仲間だし…。明日、見にこれないんだけれど…応援してるから。(握手)
<ありがとございます。
ナレーション
ソロになっても一層輝いて欲しい。頑張れ、後藤真希。
 …何故か、最後はゴマキペンギン風なナレーション。


ハロプロニュース
<今朝、楽屋に入ると…スタッフから「ご苦労様」というメッセージと共にマスクメロンが差し入れしてありました…。番組改変期を迎える今日この頃…。嬉しい反面…嫌な予感…。他は総集編でもこのコーナーは…健在!(笑)
<どうも〜!ハロプロニュースキャスターのチャーミー石川で〜す!(拍手)
<はぁ〜。はぁ〜。(額の汗を拭く真似)
<(姐さんと同じ真似)へんな汗かいちゃった。(笑) …3テイクくらいかかったのれす。
<何か、あったかしら?
<何も無い、何も無いです。
<あぁ〜ビックリした。
<ビックリ、ビックリ。
<はぁ〜ビックリした。まぁ、もうアレですよ、このコーナーも1年もやってるんでね…
<はい。
<それは、それはもう思い出すこともいっぱいあって〜
<そうですね。
<言葉が詰まることも、まぁいっぱいありますよね〜。(笑)
<ありますとも。
<よく頑張りましたけど…。
<はい。
<どうなるのか…。中澤裕子です。
<よろしくお願いします。(拍手)
<はい、お願いしま〜す。
<そして。
<(立ち上がって)♪うらら〜うらら〜うらうらら〜うらら〜うらら〜うらうらよ〜この世は私のためにある…ハイ!(笑)高橋ラブリーです。(拍手)
 
<あなたも段々成長してきたわねぇ。(笑)
<ありがとうございます。
<チャーミーとっても嬉しい。
<こう自分をこう出し始めてるのがいいですね。
<は〜い。
<はい。ちょっと遅かったけどな…。(爪いじる)(笑)
<え?何かそんな終りみたいな…。
<え?うんうん?うんうん。
<ね、これからまた、どんどん…
<ニュース、ニュースに行こ。ニュース、ニュース、ニュース…。(笑)
<ね、そうですよね。これからどんどん、また…。
<はい。
<はい…。
…今日のニュースは、新生タンポポ「BE HAPPY 恋のやじろべえ」リリース。
<遂に動き出した新生タンポポですが…石川さんって、お友達でしょ?
<そうです、そうです、お友達ですよ。
<うん。今後、このタンポポ…どうして行きたいなぁとか?
<現タンポポでは、石川さんしか1人しか残ってないわけじゃないですか。
<うん、そこ。そこらへんどうなの?
<いや〜だから、何て言うんですか?こう何か…
<やっぱり、石川さんが全部こう…(指で3つ弾く)弾いちゃった?(笑)
<いやいや、ややややー!?いやいや、そんな事無いです。そんな事無いですけど〜、まぁあの〜決まった以上はね、まぁあの…石川さんも…
<(姐さんに向いてしゃべってるチャーミーをカメラの方に振り向かせる)
<あっそうか…。(笑)
<石川さんも?
<石川さんも〜、石川さんもですね、かなりプレッシャーとかもね、感じてたみたいなんですけど…
<あ、そう?!
<まぁでも何か、思ってた以上に、違和感が全然、無いみたいなんですよ。
<あららら。
<結構…
<何?何系ですか?
<やじろべえです!
<え〜〜〜?!(笑)
<あの〜題名だけに…
<こういう感じですか?(両手広げてゆらゆら)
<はい。
<そんな新しいタンポポを見て、高橋さんどう思いますか?
<これからが楽しみです。(笑)
<私、あなたが楽しみです。(笑)
<ねぇ、新しい3人のメンバーも楽しみですけれども…
<はい。
<その様子をこのコーナーで伝えられなくなるのが寂しいよね…。(爪いじる)
<えぇ〜?!えっ?えっと、どういうことですか?
<(ふるふる)
<何かさっきからあたし、すっごい胸騒ぎがしてるんです。(笑)
<どんな?
<な〜んか、あの…危機感?(笑)
<え…?
<危機感ていうか、あの…
<メインキャスターとして?
<チャーミー石川って…(ディスクのネームプレートひっくリ返す)こうならないですよねぇ?(笑)ちゃんと、ありますよねぇ?
<もうチャーミー石川は、十分育ったじゃないですかぁ。このハロプロニュースでぇ。
<(姐さんのネームプレート外すそうとする)
<中澤裕子先生の…
<何?!何?!
<(姐さんのネームプレートをチャーミーのに被せる)こうなるかもしれない。(笑)
<あら〜!?
<あれ…。
<あ、あ、あ、あ…。
<え…え…え…。(気づかれないように元に戻そうとする)
<ちょっと、気が利くわね、今日。(笑)気が利くわねぇ。
<う〜ん。まぁ、どうなるんですかねぇ?
<ホラ、最近セットも動かしてくれないでしょう?(笑)
<そうなんです、ここ。
<遂にどんどん、どんどん、スタジオじゃない所で撮り始めてね。(笑)
<はい。
<全然スタジオ入れないまんま、もう何か…ねぇ。
<はい。ここスタジオじゃないんですよ、何か…。
<ここは、ある意味ダンスレッスンとかしたりする場所なんですかね?昔だったら。
<はい。
<どうなるのか…?まぁ、深いことは知りません、私も。
<私も分かんないですけど、まぁでもね、色々学びましたね。このコーナーでね。
<はい。
<あたしは、もう2人から勉強させていただきましたよ。
<何を言ってるんですか?!
<まぁ、最後だからな!(笑)
<(泣き顔で)最後とか言わないで下さい!(笑)
<本気で嫌がってます、彼女は。本気でドキドキしてますが…
<はい。
<さぁ来週?どうなってるんですか?高橋さん。
<はい。それでは来週お楽しみにして下さい。
<(素で)はい。(笑)一体、どうなるんでしょうか?


今日の「たあ」

 ハロモニ。劇場「バスが来るまで」を振り返るコーナーで、よっすぃ〜がしゃべってるのをたあが見てるんですが、相変わらずの、ビックリ顔で、よっすぃ〜のことを見つめます。
 もちろん、これを思い出してみてました。

サイトトップへ戻る


Read Me Japan!