2002/01/10

 総集編ということで、昔の映像がちらほら。「LOVEマシーン」までは、なっちセンターなのが「恋のダンスサイト」からごっちんセンターに変わっているのを見るとモーニング娘。にとって(自分にとっても)大きな変わり目だったんだなぁと、改めて感慨にふけってみたり…。
 「ハッピーサマーウェディング」では、「ちょっと変。」byやぐっつぁんのかおりの踊りを堪能させていただきました。

2002/01/17

 プッチモニのOA未公開シーンより。(2001/11/15放送分

中居<普通に考えて、付き合うんだったらそういうのって、いいんですか?
石橋<誰?俺とごっつぁん?
<違う、貴さんとごっつぁんで、結婚を前提にだったら確か。親の承諾を得てだったら付き合えるんですよ。 …保奈美さんは?
<(ふうん)
中居<何歳から付き合えるんですか?
<18才からです。
18?
中居<18才からか。
<じゃ、圭ちゃんは大丈夫。
<(手挙げて)引っ掛かんないですよ!
中居<じゃ、保田だったら何の問題も無く…。貴さん。
<はい!
石橋<俺の歴史に引っ掛かるよ。(笑)今までの俺の歴史ってのがあるわけだ。40年間の。
中居<どうなの?貴さんが入ってきたら…。
石橋<保田ってさ、だってさ、中学生とか高校生の時、誰かとデートとかしたことあるの?
<うん…。
中居<それが最初で最後のデート?(笑)
<誰が最初で最後ですか。
石橋<交換日記とかするの?今の娘たちは?
<いや…してた。
<私、交換日記したこと友達としか無い。
<え?どんな事書くんですか?
石橋<えっ?
<内容…。
石橋<今日、毛穴がばっくり(笑)したんで、ファンデーション濃く塗りました。
中居<昨日は…。
石橋<貴さんに突っ込まれました、とか。
<いいなぁ。
中居<何がいいの?
<吉澤も一緒に交換日記しません…か?(笑)
<今日は圭ちゃんが貴さんに毛穴を開いたって言われてた。いいなぁ。(笑)
<吉澤も毛穴が開けるように頑張ろう。(笑)
中居<毛穴がいい。毛穴ぱっくり行きたい?
<(うんうん)
<そっから始めるんだ。
<(圭ちゃんの顔を見て)恐ろしくなろう。(笑)
<(よっすぃ〜の首をしめる)
中居<恐ろしいのは認めるけど。 …認めるのかよっ。
<圭ちゃんに襲われてるよ、よっすぃ〜が!

2002/01/31

 ミニモニ。ゲスト。まずは、恒例となった振り付け教室から。(この部分うたばん寸前枠)MUSIX!でも気になってはいたんですが、ジュリアナ扇子から羽根が飛んでういてるのが非常に気になります。
 とりあえず、1番ひと通り流します。貴さん頑張ってついてきますが、最初っからいっぱいいっぱいです。 (ここからうたばん内)次に、サビだけ。貴さん的には「ペペロンチーノに〜」みたいな部分がやりたい見たいですが今回はないということで、イントロのフリに。ちょこちょこ歩きにSEが入って非常にコミカルな感じになります。ミニモニ。ひなフェスティバルにつられて&カーニバルを披露する、貴さん。 …ノリダー懐かしい。
 で、貴さんひと通り覚えて、踊ってみますが、流石に終わった後は息切れてました。


2002年ミニモニ。ニュース
<ミニモニ。紅白初出場〜! …いや、ゲストだって。
<いえ〜い!
<おめでとう。 …なぜか他人事。
<これはですねぇ、ミニモニ。エントリーされてなかったんですよ。
中居<だってモーニング娘。として出てるわけですからね。
<そうです。 …っていうか、中居くんに紅白の話ってアリなのか?
<そしたら、あのコーナーがあって、あの子供たちと一緒にミニモニ。が一緒に出たんです。去年デビューしたてで紅白出れるって思ってなかったんで…。ミニモニ。としては重大ニュース。
中居<あれ?二人は紅白初めてだった?去年も出た?
2回目です。
中居<あ、2回目。
<新メンバーが初めてでした。
中居<初めてだった?
ミカ<去年は早着替えを手伝ってました。
中居<早着替えを手伝ってた?
ミカ<はい。
<一緒に踊ったんだよね。
ミカ<そうです。
中居<へぇ〜。あ、オレなんかも昔、光GENJIのバックやって、早着替えを手伝った事ありますよ。
<お〜。
中居<ローラースケートを脱がさなきゃいけないんですよ。(笑)
中居<(立ち上がって)え…、♪ガラスの十代!つったら、光GENJIが、ぶわっ!と来るんですよ、後ろに。でこっち脱ぐときに(しゃがみこんでローラースケート外すフリ)ガツ!バッ!バッ!バッ!て脱がさなきゃいけないんですよ。誰かが2人やって、遅れたんですよ。「遅せぇよオメェ」(笑)
<ア〜怖い。そうなんですかぁ?
中居<うん。
<え〜。
中居<やった。オレもそういうこと。続いてまいりましょう、ミカちゃん。
<ミカちゃん。
ミカ<じゃじゃん。Good evening!all utaban viewers This is Mika speaking.
Today I'll introduce a new japanese word that I have learned
中居<日本語で言えっちゅーの。(ミカの頭を軽く叩く)(笑)
ミカ<一応、あの〜アメリカ人なので、英語しゃべれるのちょっとアピールしようかなと思って。
中居<なるほど。(はい)今言ったのこれなの?(フリップを指して)
ミカ<はい。
中居<「また新しい日本語覚えましたヨ!」ってことなの?
ミカ<そうです。ニュースキャスター風に。
<かっこいい…。
中居<ありがと、ありがと。何覚えた?
ミカ<ちぎり(笑)
中居<ちぎり?
ミカ<はい、あの〜。
<チビリ
中居<ちびり?ちびり?
ミカ<違う。ち・ぎ・り
<チビリ
<ちびり?
中居<(何かを千切るフリ)
ミカ<違う、違う…。
<誰かちびったの?
<(辻加護に)え、「ちぎり」って知らないの?
ミカ<五木ひろしさんの「契り」あるじゃないですか。
中居<うん、歌であるよね。うん。
<「ちぎり」って何?
ミカ<で、すごい気に入って…。
<ちょっと足がしびれちゃった。(足を開くあいぼんの方に寄る)
<(ののをよけつつ)いいよ…。
ミカ<でも、その「契り」ってなんなのかなって知らなくて、辞書に調べたんです。
中居<うん、うん。
ミカ<で、辞書に、 a pledge or a vow or marriage. って書いてあったんです。
中居<はい、はい、はい。(笑) …わかってんのか?
<(貴さんに)「契り」って分かりますか?意味?
石橋<おすし屋さん何かで、へいいらっしゃい何からちぎりますか?(笑)
<わかんない、わかんない。(笑)
中居<何から約束しますかじゃ、おかしいじゃないですか。さ、続いては誰ですか?
<はい。(辻)カレーうどんにハマっているよ。
中居<…はい。(笑)それ、楽屋でやってくんないかな。(笑)
中居<まぁまぁ。いいや。
石橋<なんで、カレーうどんにハマってるの、じゃあ?
中居<なんで、ハマっているんですか?
<あの〜うどんが好きになったんです。
石橋<お。
<終わります。(笑) …「イヤれす」の次はこれだね。
<やっと作れるようになったんですよ〜。
中居<うどん、作…。
<カレーうどん。カレーうどんをこの前、初めて一人で作って…。
中居<何処で…おうちで?
<そう…。
中居<どうやって?
<水入れて、カレー粉入れて、うどん入れるだけ。(笑) …ダシとかは?
中居<もっとなんかあのダシみたいのは、特にとらずに…。 …同じツッコミだ。
<はい。
中居<具は?具。
<具もないです。(笑)
中居<カレーのルーと、うどんだけだ、な。
<はい。
中居<おいしかった?
<なんかドゥルドゥルしてた。(笑)
中居<ドゥルドゥルしてた?
<ドゥルドゥルしてた…。
中居<じゃ、8段アイスはもう終わったのか?
<昨日食べました!(笑)
<昨日、食べたんだ。
中居<今はじゃあ、8段アイスとカレーうどんどっちが勝ってるの?今は。
<…それは困っちゃう。(笑)あぁ。
8段アイス昨日食べたんだって。 8段アイスとカレーうどんに迷う、のの。
中居<目の前に8段アイスとすっごいおいしいカレーうどんが目の前にありました。ね。
<(両手で顔を押さえる)う〜ん。 …っていうか、激ヤバな顔になってますけど。
<(止めろって感じで顔の前で手を振る)
中居<お腹すきます。召し上がってください。召し上がってください。体重気にしなくてもいいです。お腹?全然結構です。召し上がってください。
<あっ。
中居<どちらを召し上がりますか?
<カレーうどんはいつでも食べますけど、アイスは…お風呂上りと。(笑)3時とか(笑)。
石橋<お風呂上りに8段アイス食べるの?
<(お風呂上り)に、食べたいなって思う。
石橋<8段、風呂上りに。(うん)
中居<風呂上りと3時?。
<(3時)ごろに。
石橋<3時ごろに…。(笑)
中居<1日2回食べたいの?2回食べる?
<食べれるときはいっぱい食べたいですね。
中居<食べれるとき。1日最高何個?8段アイス…。
<3コ。
石橋<8段アイスを?
中居<それ、24段食ったんだ。(笑)すごいですよ、24段…。
<うそ〜食べすぎだよ〜。
<すごい。で、こないだも食べたんですぅ。で、ここ(首)に携帯をぶら下げてたんですよ。そこにぬいぐるみがついてて…。
中居<カレーうどんを食べながら、ここに携帯がくっ付いてた、うんうん。んで?
<(立ち上がって)で、トイレにいって帰ってきたんです。そしたら、ここにあったのをこうやってやって、座ったおいっしょって座ったと思ったんですよ。そしたらこの携帯が、うどんの中に沈んでいったんです。(笑)
<それで、次の日に何番、何番って言うんです。
<え?何番って言ったら、「見て、カレー入ったの。ほれ、南蛮携帯」とか。南蛮、南蛮…。
<カレー南蛮っていうあだ名になったの。
中居<その携帯が。(はい)じゃあ、携帯を呼ぶときは南蛮って呼ぶんだ。(うん)そっか…。(笑)え?携帯もってんの?
<うん。
<うん。
石橋<持ってんの?(うん)
中居<メールとかするの?
しますよ。
中居<マジで!?
<矢口さんとかにイタズラメール入れて…。
<イタズラ電話とかして…。
<「真里、愛してるよ」とか。(笑)
<そう。すごいですよ、加護のはもう。「大きくなったな真里」とか書いてくるんです。(笑)そんなメールばっかですよ。
中居<それはもう、すぐ加護から来てるって分かるの?
<分かります。アドレスが出るんで、加護の。
中居<住所が?
<ううん。(え?って感じで中居くんを見る)
<うえ〜!
石橋<(中居くんの)携帯にそういう機能がついてないの。
<え〜マジですか〜!
<ありますよ(ミニモニ。テレフォンを見せる)
中居<それよりマシだよ!(笑)
<(石橋にミニモニ。テレフォンを渡す)壊れてるんです。
<それがなんかもう辻とかも留守電がぁ、イタズラ電話っぽく入れてるんです。
<(石橋がミニモニ。テレフォンいじってる横で)それ踏んじゃったんです。で、壊しちゃった。(笑)
<これ、電気つかないんですよ、ほら。
<もうどうしたらいいんですかね?あの…。
中居<いいんだよ、これで。
<最近野放し状態にしてるんですよ。
<(ミニモニ。テレフォンを顔の前で揺らして)これ、壊れましたね。(笑)
中居<ユリゲラーだ、ユリゲラー。(笑)
ミカ<以上。
中居<さぁそれでは、参りましょう。最後です。加護ちゃん!
<はいぃ!わたし…お年玉をもらったよ!です。
中居<誰?誰にもらったの?
<加護です。
中居<だ、誰に?あげたの?
<(フリップを再確認して)もらいました!
中居<誰にもらったの?
<え〜と、親戚の人たちです。
中居<親戚の人たちにいくら位もらった?
<2000円札と2円で2002年! …安っ!まぁ、気持ちと言う事で。
石橋<何買うの?
<加護、加護、買わないんですよ。
石橋<何?貯めとくの?
<YES(笑)貯金して、あのお母さんが、大人になったらウエディングドレスそれで買えるでしょって…。 …どんなウエディングドレス買うつもりなんだ?
石橋<貯めてるんだ。(はい)お年玉(はい)どんなウエディングドレスを着たいの、加護は?
<えへ、白色。(笑) …まぁ普通は。
中居<白色?
<白色のやつが着たいです。
石橋<どんな人がいいの?隣に立ってる人は?
<ん?男の人。(笑)なんだろうなぁ。なんか、大っきい人。
石橋<中居くん位か?
<(中居くん)は、ちっちゃいですね。(笑)
中居<俺ちっちゃくないんだぞ。
<ちっちゃいです。
<ちっちゃい。
中居<だって、いくつ?
<150以下です。
中居<だべ。俺165だぜ、大きくない?
<ちっちゃい…。
石橋<170cmくらいか?
<それくらいで。
中居<170か170は欲しい所ですね、男は。
石橋<何歳でウエディングドレス着るの、加護は?
<え、何歳で着ますか?
<うふっ。加護ちゃんがだよ?
<加護ですか。
<いくつで結婚したい?
<加護ねぇ、寿命が短いんですよ。(笑)
石橋<何?
<ほれ。すみません、見えませんね。(手こすって)ほれ。
石橋<あ、生命線が短いのか?
<そう、どう、しん…。
中居<短命だ。
<…わかんないですけど、ネガティブになりました。(笑)
石橋<ネガティブになっちゃったんだ。(うん)
中居<誰かいないの?芸能人とかスポーツ選手とかで誰かいないの?
<…いないですね。
中居<いないの?
<モノマネする人はいますよ。(ん?)モノマネする人はいますよ。(誰?)
中居<誰モノマネするの?
<Gacktさん。
中居<お、Gackt。新しいのできたなぁ。
<あ、知らないんですか? …あんなにやってるのに。
石橋<知らない、Gacktの…。
<似てますよ!
中居<ハイ、Gackt。
<ん、あのねぇ…。…なんか言ってくださいよ。
石橋<ガクちゃんは何、いまどんな料理に凝ってるの?
<今はねぇ、かにみそ? …なんですぅ!(笑)
<かわいい〜。かわいい。
<微妙でしたから、あんまり放送しないで下さい。(笑)
<ダメダメだ。


加護ちゃんハッピーバースディ企画

 2月7日、あいぼん14才の誕生日ということで、うたばんからプレゼントが。「初めてのハッピーバースディ」をBGMに「お菓子の家」が登場。
 ということで、家の中に入って、いろいろ食べるあいぼん。もちろん、ののも食べてます。
 そんななか、やぐっつぁん何か物言いたげですが、進行の邪魔ということで無視されます。ということで、一人で盛り上がるやぐっつぁんです。

<♪ハッーピ、バースデー×3、じゅ〜きゅ〜さ〜い!

 19才は女の人の厄年ということでやぐっつぁん厄払いしてもらうことに。なんか神主さんが現れて、厄払いスタート。のの、フランスパンを持って神主さんのまねして中居くんにツッコまれます。
 で、それなりに厄払いをしてるところで、貴さんのdakiwakare炸裂!ということで、厄払い終了。
 ついでにあいぼんもやぐっつぁんにdakiwakare!最後はミニモニ。みんなでやぐっつぁんに乗っかります。
 一応、やぐっつぁんも19才ということで、恋愛の話とかになるわけですが、そんなのほっといて鼻の穴にポップコーン詰めて、カプリコをマイク代わりにふりふりしてるあいぼんでした。



 …こんなことしててもかわいいあいぼん。

2002/02/14

 今日のうたばんは、バレンタインスペシャルと言う事で、何故か中学生6人を除く7人がうたばん本番前のスタジオというシチュエーションで(台本とかには「うたぱん」て書いてある)モーニング娘。やうたばんMC陣についてひたすら語っちゃいます。 …時間にして19分ちょい。

<(いきなりアップ。ヘアスタイリストさんが髪をとかす)
<さみしいね、誰もいないと。(スタジオ見学者が今日はいない)
<(なっち、どアップ。睨む)
<(マイク本体がつけれなくて、取り付け用の)ベルト下さい…。
<(かおり、アップ。手ぐしで前髪とかす)
スタッフ<お待たせしました。まもなく本番となりまーす。
娘。<よろしくお願いしまーす。
スタッフ<はい、えー、では、まもなくMC石橋、中居さん入られ次第、本番参ります。
<はい。
<(自分の服についてた抜け毛を手に取って)(長っ)
スタッフ<皆さん、入られ次第本番始めますのでよろしくお願いします。
娘。<お願いしまーす。
<(かおりに向かって。中学生たち)遅い。
<何やってんだろうね?
<さっきまだお弁当食べてたよ。
<え〜!?また食べてんの?
<着替えしてた?
<(相変わらず、抜け毛チェック中)
<始まっちゃうよ。
<着替えしてた?
<着替えはしてたよね?着替えてもう…。
<着替えはしてた…。
<うん。
<本当?だって、貴さんとか中居くん入っちゃったら失礼じゃんね。
<その前に来てないと…。
<よっすぃ〜ゴメンちょっと見てきてもらっていい?
<はい。(席を立つがちょっとこける)
<あ〜ぁ、よっすぃ〜(笑)
<大丈夫?
<気をつけて。
<おいおいおい。
<(よっすぃ〜、楽屋へ)
<何してんだろね?
<何してんだよ、また食べてんでしょ?
<遅いね。
<遅いね。うーん。
<今日は鳥出てこないのかね?
<へへへ…。
<もういい、もういい。(天井見ながら)上に前に…、上から前出てきたんですよね?
<フフ、ホントに苦手なの?
<ね、ニワトリ、ね。私もビックリしたよ。
<ホントに?梨華ちゃん。
<うたばん出てからもっと嫌いになったんですよ。
<(メイクさんに、ファンデーション直してもらってて)あ、すいまへん。
<(まだ天井チェックする)あの、カントリーの時に鳥出てから…。
<また、今日も出てくるかも…。
<でも、それで石川の鳥嫌いキャラって出来たじゃん。
<あはははは。微妙だけどね。
<あはは…。
<(笑いつつ)微妙だけどね。(笑)
<あはははは…。
<あたしの「ねぇ笑って」の時は、何?「ジョンソン」「ジョンソン」とか言って、一杯いじられた訳よ。で、圭ちゃんがねぇ…。
<あはは。
<一杯ね、やられていて…。
<(リストバンドをいじりつつ)あーそうだよ。
<子泣き…じじぃ?(笑)
<子泣きじじぃ!
<子泣きじじぃ…。
<あれ、好きだよ。
<でも大事だよね、それもね。
<うん。
<そうだよぉ。
<それのおかげでね…。
<あれ好き、ホントに。
<…あのいろいろね、名前も知ってもらってね。
<あの、圭ちゃんかわいい。 …「あの」ね。
<(戻ってきて)なんかぁ、辻がぁ…。
<どした?
<今、(楽屋)行ったんですよ。(うん)辻がまだお弁当食べてて…。
<えー!?
<おいおい!
<マジでー?
<どーなってんの?
<(席に座りつつ)紺野が…
<うぇー!?
<トイレから出てこないらしいんですよ。
<なんで?何やってんの?
<マジで?お腹痛いのかな?
<よっすぃ〜、見てくるだけじゃなくて、連れて来てよ。
<そう。で、呼んだんですよ。そしたらなんか「はーい」って。
<そのほうがいいよ。
<「紺野〜」って呼んだら「はーい。トイレはいってまーす」って。(笑)
<えー、「トイレはいってます」って…。
<ちょっと待ってよー。
<マイペースだからね。
<(一息ついて)新メンバー3回目か?これで。
<うん。
<そっか。そんな?
<3回目だ。
<そうだよ。
<(あくびをしつつ)そんなだ。
<緊張感ちょっと足りないかもね。 …隣に思いっきり緊張感無い人いますけど?
<あはははは…。
<引き締めていかないと…。
<ね、せっかく一番前に座ってんだから。
<私、そこに座ろうかな、じゃあ。
<ダメダメダメ。(首を振りつつ)ダメ。
<それはどうかな?(笑)圭ちゃんはそこにいて、いいと思うよ。
<そう。そうよ。
<ね、なんかぽかーんと空いてるとさ…。
<ちょっとさみしいね、ここ。6…席も空いてる。
<でも、新メンも頑張ってるよね。最近思う。
<まぁ、このままだとね、あのーよっすぃーもごっちんもさ、石川も圭ちゃんも矢口もね、キャラが出てきてる訳じゃない。だけど4人も頑張んないとね。テレビを見ているみんなにね、憶えられないんじゃないかなぁって思うんだよね。
<難しいよねぇ〜。
<でも、大事だよねぇ〜、それはねぇ〜。
<そうだね。
<あたしもさ、ほら子泣きじじぃとかをやってもらってさ(笑)
<かわいい顔。
<すごいなんかね、沢山の人に名前知ってもらえたから…。
<そうだね。そうだと思う。面白いもん。やっぱ圭ちゃんのとこ見てて。(笑)
<新メンバーはさ、辻加護が強烈すぎてさ、出てこれないんだよね、きっとね。
<あぁー。
<あー。
<かわいそう。ちょっと、かわいそう。
<辻加護とは別の方がいいよね…。
<そうだよ!その矢口も、念願のこの間「dakiwakare」…。
<(かおりの肩に手をやり)そうよ。
<ずっと言ってたもんね。
<ホントに長かったよ、あれ…。
<「私の時代はいつ?」(笑)
<3年、4年?4年掛かったから。(笑)そう考えると新メンバーも今から見つけた方が得だよね。
<そうだね。
<でも、キッカケって難しいよね。
<難しい。
<だって、わかんないもん。
<無い、ホントに。
<ごっつぁんは…?
<ごっつぁんは、あんましキャラっていうキャラじゃないんだよね。
<もう、ごっつぁんはね、もう大好きだもんね、貴さんが。
<お気に入りだ。
<貴さんのことが好き。
<わっ!
<あははは。
<woo!woo!
<貴さんも好きだから両思いなんだよ。
<ありがとう。ありがとうって…。(笑)
<そんなこと言ったら…。
<(手叩きつつ)そうなると嬉しいな。 …♪うれしい出来事が増えました。
<みんな、みんな貴さんのこと好きなのにな。
<そうだよね。
<まだ辻ご飯食べてるのかな?
<貴さんもまだ来ないかな?
<まだじゃないかな。
<今来ちゃったら、やばいよ。
<やばい。
<来ないよね?(貴さんの席に移動)
<何すんのさ?
<(貴さんの真似、開始)うん。(椅子を移動させ娘。を見て)おおいいね。
<(笑いつつ)何がいいねだか…。
<(マグカップ片手に台本をめくりつつ)えー今日は…
<何してんの?
<よっすぃ〜。
<(台本見つつ)ん〜、増えたんだって? …台本「うたぱん」になってた。
<きゃはは、今日、相方いないよ、加護ちゃん。
<ごっつぁん!
<あはは。
<(腕の裾のレースを掴みつつ)かわいい、こで。
<レースね。
<(レースを見つめて)これさ、使い終わったらオジサンにくれる?(笑)
<ちょっと、似てる。
<似てる、似てる。
<かわいい!ごっつぁん!(圭ちゃん見て)うわっ!(怯えた感じで)あぁ〜。
<(笑)
<どうしたんだよ?その服〜。保田〜。
<きゃははは…。ちょっと面白い。
<なんか左手にはめてるの、怖いよ。獲物とんのかよ!
<これは…。これ、かわいくないですか?貴さん。
<こわいよ、も〜。ごっつぁん!
<なんじゃ?
<(ごっちんの肩叩いて)今度、デートしようね。(笑)
<あはは。ずっと言ってるんだよね、それ。貴さん。
<(自分の席に戻る)
<あれ?気が済んだ。
<うん。来ないうちにね。
<もういいんだ。
<見られたら、やばいね。
<そだね。
<貴さん気分…。(貴さんの椅子を回しつつ)まだ来ないかなぁ。
<遅いっ!おっそーい。
<やばいよね。
<辻加護、新メン、遅いっ。(鼻すする)やばいよ。
<遅いね。
<貴さんと中居くん先に来ちゃうよ。
<でも貴さんてさ、すごいごっちんとかにはやさしいじゃん?
<うん。
<でもほら、うちら。かおりとか圭ちゃんとかさ、「おいジョンソン」とかさ、言ってきたりとかしてさ。最初はね、私すごい貴さんに嫌われてるんだと思ってたの。でもそれは愛情の裏返しだよって言ってくれて。いろんな愛情表現があるじゃない?だけど、実はいい人なのかなって思うんだよね。
<いい人だよ、めちゃめちゃ。
<うん。愛情があると思う。
<私、初めて名前を呼んでくれたときすっごい嬉しかったけどね。
<あれなんだっけ?前の名前?
<…高田!
<きゃはは。
<高田だったんだよね。それが…。
<高田だ〜!
<プッチモニに出た時に…。
<そうだ、そうだ。
<紗耶香が卒業して、一番最初のプッチモニのときに保田!って言ってくれて、そんときすっごい嬉しかった。
<ホントに?ふ〜ん。まず名前を覚えてもらうことが大事だよねぇ。
<そうだよ、13人もいるんだよ、今。
<大変だー!
<でも、違う現場で会っても優しいよね、貴さんも中居くんも。
<優しい。CDとかあのーこう渡しに行くと、なんかウチの娘がすごい聞くんだよとか言ってくれる。
<アレ真似するんでしょ? …ウ○コー!
<ミニモニ。
<そう。(ウ○コーのポーズ)(笑)
<そうらしい。
<中居くんもすごいなんか優しいよね。
<でも中居くん面白い。(笑)
<中居くんてさぁ、普段ちょっと恐くない?そんなことないかな?
<う〜ん。
<あのーなんだっけ?私たちが「おはようございまーす」ってスタンバイした時に中居くんがこうタバコを吸って「フッ」って。 …いつもの前髪を吹く真似。
<そー!ちょっと目がコワイ。
<目がコワイ…。
<ちょっと普段のイメージと違って。
<クールなのかな?普段は…。
<クールなんだろうねぇ。
<クールなんだろうねぇ。なん…仕事の人って感じ。(笑)
<あーわかる。
<仕事をなんかそういう意味ではいいけど…。
<わかる、わかる。
<そのメリハリがすごいくない?
<プロだよね、なんか。
<プロだなっていう。(笑)
<でもあのファッションは自分で選ぶのかな?(笑)
<あはは。でもスタイリストさんが何点か服持ってきてくれると思うの。その中で、ピックアップするんじゃない?「オレ今日、これとこれ。フッ。」みたいな。(笑)
<(手で帽子のツバを作って)いつもこういう帽子被ってるよね。帽子。(笑)
<あと髪型もよく変わんない?
<あとね、黒いの、いつも。顔が黒い。
<日サロ行ってるのかな?
<行ってるのかな?
<黒いファンデーションとかしてんのかな?
<結構アレだよね。若づくりするよね?
<よっすぃ〜、今来たらやばいよ。
<やばいよ。
<今、中居くん来たら「オイ、よっすぃ〜」って言われるよ。もう振られなくなっちゃうよ。
<中居さんて、いくつですか?
<30にはなってない…。
<今年で三十路?
<えー!?
<今年で三十路〜。
<そりゃ若づくりだよ。
<そうだよね〜。
<あぶないじゃん。 …あぶないって何が?
<圭ちゃん、そのうち言えなくなるよ。(笑)
<え?
<圭ちゃん21でしょ。
<大丈夫だよ、まだ…。
<そーねぇ。
<っていうか、辻加護、新メン、遅くね?
<遅い。
<ホントに遅い。
<だって、今何分話したって感じだよね。 …10分弱です。
<いつになったら来るの?
<でもさぁ、こんな人数いるじゃん?で、その中でさ、新メンバーもキャラ作って欲しいと思うけどさ、貴さんとさ、中居くんはさ、新メンの事どう思ってんだろうね?覚えてるかな?
<いやー。
<まだ、うちらで一杯一杯だと思う。
<そうだよねぇ。
<やっと…やっとなんかこう…ね、この辺のメンバーの名前、覚えたのにね。
<そうよね。
<そうなんだよね難しいよね。4人入っちゃったからね。4人一気に覚えるの…。
<誰だろう一番最初に覚えやすそうなの?あ、でも高橋ちょっと覚えてたじゃん。
<高橋!そうそうそう。
娘。<ビックリ顔!ビックリちゃん×2って言ってた(みんなビックリ顔を真似る)。
<「いつもおどろいてるの?」って…。
<でも、たまにうちらも思わない?なっち、「高橋、高橋」って呼んだだけなのに、「はい」って言われたときすごい目、見開いてて…。
<「はい!」ひっ!って顔してる。
<うわって思って、高橋ーって。貴さんの言う事もわかるなって。
<でもみんな個性強いよね、結構ね。
娘。<強い。
<新垣、面白いよね!
<新垣もだって、お豆ちゃんだもん。
<いっぱい動くのこうやって。
<(笑いつつ)新垣、おもしろーい。 …なんかツボらしいです。
<あの、歌ってるときの新垣見て欲しいな。
<かわいいんだよ、一生懸命で。
<ね、今回ちょっと頑張ってるよ、新垣。伝わる、とても。
<かわいい。
<紺野は、紺野は天然だしなぁ。
<紺野もかなりキャラあると思うけどなぁ。
<紺野はね、フインキがすごい。
<知ってた?紺野、「ポスト飯田」って言われてんだよ。
<え?
<なんか、そう言われてるらしい…。(笑)ちょっと被ってるらしいよ。
<交信キャラ?(うん)交信キャラ?マジで?
<でも、似てるかも。
<似てるのかな?
<なんとなくあの…。
<似てるのかな?
<どっかに交信しちゃうような…。
<種類は似てるけど違うよね?やっぱちょっと違うよね。種類はでも似てるよね。
<(笑)よく分からん。
<だけども、一緒だよ。
<一緒なんだ。
<一緒。
<会話のテンポじゃない?
<あー。
<そうなのかなぁ。
<そうね。
<だって紺野さぁ、スリーテンポくらい遅れて返ってくるもん。
<うん。(笑)
<言葉とか丁寧ですよねぇ、紺野って。
<(笑いつつ)紺野って笑い方とか引きつってるしね。(笑)なんかさぁー。
<紺野、面白いよ。
<なんか引きつるよね。
はいぃ〜
<えぇ〜
<ちょっと、ウケるよね。面白いけどね。
<紺野、面白いけどなぁ。
<面白いよみんな結構。これからが楽しみだと思う。だってまだ14とか15でしょ?
<小川とか元気だしね。あのコ、いっつも。
<小川なぁ〜。
<小川…はね、外見とのが…ギャップが結構ない?
娘。<あー。
<普段、大人っぽいじゃん、めちゃめちゃ。
<はきはきしてるよね。
<うん、かなり。
<このコはね、自分自身をすごく持ってるなってすごく思う。いいね。
<どうしようかね、ホントに。新メンバーは。
<かなり難しいと思う。
<どんどん出していかないとね、前にね。
<そうなんだよね。
<でも紺野はさ、でもさ、世間的にはさ、こうボケキャラって言うか、あーいう感じのコじゃん?
<そうだね。
<だからさ、こう…まんまで行けない?でもそれをどう分かってもらうっていうかさ…。
<難しい。
<難しいよね。
<どうしたら、じゃあみんなの何…いいところがでるんだろ?
<そうだよね。
<とりあえず、しゃべんなきゃダメだよね。
<そだね。かかってナンボじゃないかな。
<そうだね、あんましゃべんないもんね。
<なんかいきなり変なこと言って、なんか何だよっていうふうな感じの…。
<(笑いながら)いきなり変な事ってどんな事?
<えぇ?
<ウンバボ!とか言って…。 …それじゃアフリカマンだよ。
<それは、どうだか…。なんかこう貴さんとかがこう引っ掛かる事をこう…。
<あ、そうでしょ?って当たり前の答えじゃなくて逆を言うとか。
<そうそう。
<え!?っていう答えを…。
<矢口アドバイスしてあげなよ。(えー?)矢口何年だっけ?「dakiwakare」してもらうまでに。
<4年?(笑)
<4年掛かって、やっとだもん。
<長ーい!ホントに大変だったよ、もう。(涙を拭うフリ)
<あなたたち、まだ1年足らずでしょって。
<そうだよね。アドバイスなんだろ?とりあえず、でもいっぱい発言した矢口は。
<してたね。
<あと、自分の名前を言う。「矢口は」とか紺野とか。
<うちらってめずらしいね。
<なんで?
<なんで?
<なんか他のアーティストさんとか見ててもさ、名前言ってる人あんましいないから、ちょっと面白いねぇ。
<あーそれよく聞かれるよ。
<え?うちら言ってる?
<自分のことを発言するとき…。
<うん。そうそう、「後藤はぁ」とか…。
<たぶんこの中に入ったらね、な…なるんだと思う。ラジオとか…。
<ラジオとかそうしゃべるようにって言われて、だんだん…。
<名札つけられたもん。
<そうだ。
<あ、そうだ。誰しゃべってるか、わかんないから…。
<誰しゃべってるか、わかんないから…ね。
<それで、自然とやっぱり、話すときに名前出ちゃうんですよね、今でも。
<そうだ。みんなも、そういう癖がつけばいいね。それまず付けばね…。
<うん。そしたら名前覚えてもらえる。
<…時間がないとねー。
<もうねぇ。だってリリースごとにこうやって出て覚えてもらってキャラ出して、とかでしょ?難しいね、チャンスがね。
<あたしも今、悩んでるんですよねぇ。
<なんで?
<毎回、あのうたばん出るときに、「今日はひと言しゃべろう」って思って出るんですけど、なかなかこうやって自分から出れない…かったりとか。
<だって石川、だってニワトリ出てこなかったら、(出番)無いよ。
<きゃっはっは。
<もう…でも悲しい事に
<ねぇ。
<ニワトリ出てこないと、ひと言もしゃべれない。(笑)
<自分でニワトリ持って来れば?(笑)
<それいいよ。
<で、一人で「キャーキャー」とかやってればいいじゃん。(笑)
<それ、いい。うける、それ!
<そうしなよ、梨華ちゃん。
<そう、自分で…。
<(テーブルに伏せて)ココにニワトリの人形立てとくとか、ちっちゃい…。
<そうそう。
<いいタイミングで出しな、ボンって。 …たぶん、外すと思います。
<そう…。
<でもねぇ…。
<ピッって押すと出てくるとか…。
<ニワトリはねぇ…。
<びよんって…。
<いや、目立つかニワトリ、どっちとるかだよ。 …あれ?どっちも…あれ?
<そうだよ。
<いや目立ちたいけど、でもニワトリに助けを求めてちゃいけないかなって最近思うんですよ。(笑)
<ふふ。あははは…。嫌いなニワトリに…。
<そうだよねぇ。一番微妙だよね。
<微妙…ですよね。
<うん、頑張らないと…。
<ニワトリ出てきて、なんぼってのも、やだね、毎回。
<あはははは…。
<う〜ん。
<相方、ニワトリで、みたいな…。
<大変だよ〜。
<でも私と圭ちゃんは、アイドル捨てたからね。
<捨ててないよ。(笑)
<捨ててないんだ?あれ?あれ?
<や…ばぃ…。
<仲間だと思ってたんだけど。(笑)
<圭ちゃん、じゃあON AIRとかあんまり見ないほうがいいかもしれない。
<(笑)仲間だと思ってたよ。
<今…ちょっと待って。
<あ〜圭ちゃん〜!
<今のはちょっとなんか、何?(左手の手袋をさわる。)コキッ!(指の骨を鳴らすSE)ちょっと、シャクに…。
<見た?ON AIR?自分の?
<見たよ。
<見た?すごいよ。顔こんなになってたよ。(笑)こんなになってたよ。
<何それ?
<え?見てないでしょ?
<見たって!
<うそだぁ。
<見た。
<見たほうがいいよ。
<(三人祭で)チュッてしてた。
<「チュッ」が、どろどろどろっ、どろどろどろってなってた。
<それはほら、うたばんさんの愛情だから。
<あ、あ、そうか。
<チュッってね…。
<チュッって!
<そう(とるか)…。
<なかなか難しいですよね、なかなか。
<ふははは…
<難しいね…。
<なんか石川も考えた方がいいんじゃないの?ニワトリ以外の?
<なんか無いですかね?
<めっちゃ男言葉になれば? …それハロモニ。劇場と被るから。
<オイッス、オイッス…。
<(低い声でといっても他の人の普通の声で)おはようございますっ。
<その顔でね、その声でね…。
<おはようございますっ。あ、でも今回の新曲「カモ〜ナ!」とか言ってるじゃないですか?あれ、ビックリしましたね。(笑)あーいう声も出るんだって言われちゃった。
<カモーナッ!
<そういう意外性とかいいんじゃない。
<あ、男キャラいいかも…。
<男キャラでもダメだよ。よっすぃ〜がいるもん。
<あ〜。
<そうだね。
<よっすぃ〜今度、ブリブリーになってみたら?
<あ。あーそれもいいかもしれない。(笑)けど…でも譲らないよ。
<きゃはは。
あっはは! …ごっちん大ウケ。
<じゃ、他にー考えたいなー。何がいいんだろ?
<どこでも2人がケンカするとかは…。
<いつも睨み合ってようか? …それ13人がかりでやったから、もう。
<あ、バチバチ?
<あ、でもダメ…。私は圭ちゃんが好きだから…。
<あ、そうか、そうか。
<フラレちゃった。
<告白されちゃった。 …まぁ、バレンタインだし。違うよ。
<まぁ、でもさぁ…私たちが今一生懸命考えてもぉ、やっぱり結局さぁ本人の意志が無いとやっぱり覚えてもらえないじゃない?
<あーそうだよね。
<私たちも、自分たちで必死に食らいついてきた訳じゃない?
<(そうそうそう)
<そうだよねー。
<そう。それはあるかも。
<掛かってった訳じゃない?だから私たちがなんとかしてあげるっていうのじゃなくて、彼女たち4人が、自分で、なんとか出て行けるっていうものを考えなきゃ行けないんじゃないかなって思うんだよね…。
<そだね。そういう気持ちが…
<そうですねぇ。
<いってないとね。(うん)うちらがどんなにこうしても無理だよね。そうなるよね。難しいね。
<そうだよ。難しいよ、ホントに。
<でも頑張ってほしいよ、ホントに…ね。
<これ13人個性でたらかなり凄いユニットになるよね?
娘。<なる。
<強力だよ。強力娘。…。
<すごいね…。
<濃いぃよね。一人一人が…。
<濃いね。安心されてもっと増えてくよ。
<頑張んなきゃ、ホントに…。
<ね。
<あっ。
娘。<おはよーございまーす!
スタッフ<はい。えーお待たせしました。石橋さん、中居さん入られまーす。
スタッフ<まもなく本番になりまーす。
娘。<よろしくお願いしまーす。(カメラズームアウトで徐々にスタジオの外へ)
<いないよ。
<どうしよ…。呼びに行く?
スタッフ<ハイ!ありがとうございました。以上です。
娘。<はい!ありがとうございました。
<難しい!
スタッフ<いや、でも面白かったですよ。
<あははは。
スタッフ<あの飯田さんも。
<ホント?
スタッフ<で、これがホントに、普通のスタジオのアレにポンっと挟まるんで。
スタッフ<ホントに石橋さん、中居さん待ちでしゃべってるように見えます。
<ほー。

2002/02/28

 2日遅れで更新です。っていうか、ようやく今日見れたわけなんですけど。まずは、寸前枠から。今回は中学生の6人だけ既にスタンバイ。

<♪い〜ま以上〜
娘。<♪気になっちゃう!
<♪あ〜〜〜
娘。<♪ピーチ!桃色の片想い…
<じゃ無くって、We’re ALIVEっていう感じで…。
<愛ちゃんの真似。
♪努力 未来 A BEAUTIFUL STAR!
娘。<♪努力 Ah HA A BEAUTIFUL STAR!…
<しかし、遅いね。遅刻かな?
<何で来ないんですかね?
<どこにいったんでしょうか…。
娘。<(あいぼんが席を立つ)いってらっしゃ〜い。
<みんなは、どこにいってしまったんでしょう…。
<やー!(猛ダッシュで楽屋へ)
…あいぼん、貴さんと中居くんを引き連れて帰ってくる。
娘。<おはようございまーす。
<ついてきた。
娘。<よろしくおねがいしまーす。
<お願いします。
石橋<今回こういう衣装なのね。
娘。<はい。
石橋<あれ?後ろは?
<まだ中学生チームしか…。
石橋<オバチャン連中は?
<まだ来てないです。 …果たしてこれに返答してよかったのかどうか。
石橋<ちょっとアレだね、ダメだねえ。
中居<なんで。どしたの?
<なに?アレが(今映してる)カメラ?
<はじまってる? …始まってます。
石橋<なんかイキフン(雰囲気)ビンビキビンになってる訳?
<?
石橋<ビンビコビンくらいまで来た?イキフン。
<ははは。
<ビンビコビンビンまで。
石橋<ビンビコビンビンまで来てるよな。(笑)
<それのー、(矢印)バージョンも来ました。
<それの、〜〜(へにょへにょ)バージョンも。えへ。(笑)
石橋<矢印バージョン、へにょへにょバージョンも来てるよな。
<(まじめに頷く)
石橋<ちゃんと俺たちは来てるのになんで来てない訳?後ろは。
中居<あまりもう無いですよね?待たされること。貴さんあんま無いですよね。
石橋<無いね。イキフン、ビンビコビンだったら言うよ!事務所が言う前に。
娘。<(笑)
石橋<「イキフン出てない?最近」て。
中居<さぁ行こうベ。もうやるべ。やりましょう。
石橋<じゃあ、やっちゃおうね。とりあえず。
中居<さ〜、え〜今週もうたばんの時間がやってまいりました。
石橋<はい。
中居<え〜今週はモーニング娘。のみなさんは、にー、しー、6人という形で…あっ!
先輩メンバー<(スタジオ入り)おはよーございまーす。
中居<なんすか?何してんの?
<出ちゃった。 …何が出たのよ?
<ここかい、スタジオ。あれ?
<あれ、さっき…。
石橋<そいおーよ(遅い)、そいおー!
先輩メンバー<そいおー?
石橋<そいおー!
<すいません、お待たせして。
<ちがうもう1個のスタジオが…。
<スタジオ間違っちゃったの…。
<…同じ形で。
石橋<うそ、うそ。向こうは歌(ライヴ)のスタジオだもん。
<いや、だからあっちにって。
<でもおんなじスタジオがあったの。
<同じのがあった…。
中居<何やってんの?座って〜、座って〜。
石橋<何やってんの?もー早くー。
先輩メンバー<すみません。ごめんなさい。
スタッフ<本番入りまーす。本番5秒前!4!3!
中居<いいの?いくよ。今日早く終わるんだから。今日早く終わるよー。
スタッフ<…2!
中居<さぁ〜!今日のうたばんの時間がやってまいりました。
<うふふ。
中居<さ〜それでは早速え〜最初のゲストご紹介しましょう。
…ということで、先々週のバレンタインデーSPは中学生メンバーが遅かったんじゃ無くて、先輩メンバーの方が場所を間違えてたという事らしいです。 …話の作りとしては。
全員揃ったところで、仕切り直してスタートです。


伊豆の踊子
石橋<巻くよ! …何があったんだろう?
中居<さあ本題に入りたいと思いますが、貴さんはモーニング娘。が3つドラマやってたの知ってます?お正月。
石橋<ちょっとね、その正月のドラマで私、言いたいところがあるんですよ。(笑)
中居<なんでしょう?
石橋<私のま、愛すべきこのごっつぁんが出た、伊豆の踊子?
中居<伊豆の踊子ありましたね。
<うふふふ。出ましたね。
石橋<そこのねぇ、なんつーのかな、「おい!オマエ前出てくんなよ!」(笑)
中居<気になるシーンがあったんですか?
石橋<俺から言わせると、鮎とかのあーいう魚料理にすだちとかかぼすとかレモンだとかあーいうのつく…柑橘系、つくでしょ?
中居<はいはい、つきますよ。
石橋<ばぁーってかけて食べる人いるんだけど、俺ん中では、よ。食べると、その柑橘系が口の中に回っちゃって…。
中居<広がりますね。
<あはははは…。
石橋<鮎の味が消えるわけ。「オマエ前出てくんなよ!」(笑)柑橘系!(笑)オマエが立つ事によって、鮎が出ないみたいな。
中居<その鮎はごっつぁんな訳ですね?
石橋<そうそう。
中居<さあその調味料は一体誰だったんでしょうか?ご覧下さい。どうぞ!
…ここから「伊豆の踊子」でごっちんと圭ちゃんの別れのシーンのVTR。
娘。<(圭ちゃんのアップ)(笑)
中居<あれ保田ですよね?間違いなく。
<でもこれ笑うシーンじゃないですよ? …確か、感動のシーンのはずです。
石橋<(再び、圭ちゃんのアップ)おぉぉ。(三度、圭ちゃんのアップ)おぉぉ。
石橋<(圭ちゃん殴られるシーン)おぉぉ。
<圭ちゃん…。
石橋<(再び、圭ちゃんのアップ)おぉぉ。おぉぉ。
<笑うシーンじゃないんだから…。(笑)
石橋<すごいね。
中居<保田は…今のは間違いなく保田。保田は何?オジサン役?(笑)
<なんで!
石橋<保田は…(はい)ずーっと、ごっつぁんの事を育ててたおばさんの役?(笑)
<(笑ってて声ひっくり返りながら)幼馴染み!
石橋<え、連れていかれちゃうっていうか、売られちゃったわけ?
<そうです。また売りされちゃったんですよ。
石橋<また売り。(笑)また売り…って、売られてるのに…。
<はい。
石橋<オマエは顔がババ臭え!って。(笑)また売られちゃったわけね。
<ちがう…ちがう、ちがう。
石橋<何?
<あの、売って欲しいっていう人がいるんですよ。
<そうそう。
石橋<なんで?これは笑えるとか?(笑)
<ちっがう!(笑)
<誰もそんな事言ってないじゃないですか。
石橋<お前、笑えるから売って欲しいって。
<ちがう。(圭ちゃんの方見て)違うよね。
<ね。
中居<売るという事は買う人間がいたという事ですよね。
<そうです。
中居<誰が買ったんですか?ボランティアですか?これは。(笑)
<なんでー!
石橋<グズグズしてるもんだから、またパーン!って殴られちゃうわけだ。
<パーン!て。
中居<あれ痛かった?
<痛かったですぅ。
石橋<あれ何であの役俺にやらせてくれなかったのかな。(笑)(立って、首根っこ引張っていく感じ(CG入り))
娘。<きゃー。こわいー。
<ヤダ!ヤです。
石橋<あれ、やりたかったなぁ。なんでTBSはあの仕事、俺に渡してくれないかな。(笑)
石橋<って、このヤロー!ヤロー!(平手打ち)パンッ!(小芝居する貴さん(CG入り))
娘。<(笑)
石橋<くっ!くっ!(ヘッドロックで締め上げる(CG入り))
<こわ〜い。
中居<今の映像を見ていただくとですね、まさに近い将来のモーニング娘。を象徴するようなシーンだったんじゃないかと。
石橋<そりゃ、年功序列で言えば、保田か…。
中居<間違いなく。そこで考えました、うたばんは。
<はい。
中居<もし保田が卒業するという事を考えるとどうなってしまうのか?
石橋<はぁ。
中居<えーちょっと想像してみた所こんなことになっちゃうんじゃないかということで、
石橋<ほぉ。
中居<中継行きます。TBSアナウンサー、志賀さん?あれ?志賀さんっていうのは?あれ?
…って、ことで圭ちゃんが卒業するとTBSに保田大明神の祠が作られるらしい。しかも参拝客は長蛇の列。なぜか、じいちゃんばあちゃんばっかですけど。
そしてみんな子泣き爺をモチーフにした「保田キャラ立ち人形」を手にしています。なんでも、この人形を持ってるとめきめきとキャラが立つようになるそうです。
祠の中には子泣き爺の格好をしたいつものプロデューサーが。祠の鐘を鳴らすと何故か痛がるプロデューサー。
<何で痛いの?(笑)何で痛いの?
石橋<なるほど。
中居<いろんなとこに鈴がついているという事で。(笑)
<(ほうほう) …そこで、感心しない。感心しない。
石橋<なるほどね。
<何?何?何? …そんなに気にしない。気にしない。
<(中継終了)いいな、あの人形。
中居<すごいな。保田フィーバーだな。
<すごいホントに〜。
<フィーバーですね。うれしいですね。
中居<そんなわけでですね、じゃ、ここで保田がうたばんにおいて乗り越えて来た苦難の道のりを改めて振り返ってみたいと思います。
<あれ?
<なに?
中居<題して「保田物語」どうぞ。
石橋<泣けるね。
<みた〜い。
…ということで、うたばんでの圭ちゃん名場面集的なVTRが流れます。
<(VTR見終わって)ありがとうございます。
中居<ねー、えー保田どうですか?
石橋<泣けた。
<すごいVTRですね。ありがとうございます。
石橋<あは?あはは?
中居<ちなみにですね、こちらがえーこれ有名な陶芸家の三浦しゅれいさんが作った「保田キャラ人形」なんですが…
(スタッフがテーブルワゴンに人形をのっけて真ん中に持ってこようとするがわざとらしく暴走して、人形を落っことして割る。)
娘。<あー!
<こわしたー!
石橋<何やってんだよ、おい。
<こわーい、こわい。
<あのー、一応…貴さん?
石橋<バカやろう。(テーブルに人形を戻す)
中居<バカだなぁ、お前空気読めよ。
(といいつつ何故かワゴンを斜めに。当然人形落ちて割れる。)
娘。<あーーー!
<(思わず前に出て落ちた人形を拾う)(笑)
中居<ちょっと、保田掃除!保田。保田掃除しろ!掃除!
石橋<何やってんだよー。
<あのーあのーあのー(顔だけ割れてる人形拾って)あたしの顔がー!(笑)
中居<ホラもう…。
<顔が…顔が…。
中居<保田、保田、保田…。
石橋<(割れた顔の部分を拾って)怖いよー。ほらー!(笑)
<(人形の割れた顔の破片と自分の顔を並べられて)顔がー!顔がー!
…そんな感じで、ホントに掃除を始める圭ちゃん。顔を手形のレリーフのところに貼り付ける貴さんと中居くん。
で、実は割れちゃった人形は新メンにプレゼントしようと思ってたものらしい。 …そうかあ?
他にもどっさりプレゼント用の人形も登場。1個だけウィンクしてるのが当たりだそうです。
中居<(プレゼントの宛先とか紹介した後で)保田の為にすっごいお金かかってますよ。
<そうですよね。もうまさかこんな風にしてもらえるようになるとは思いませんでした。
中居<それではテレビを見ているみなさんのおかげという事で。
<はい。
中居<保田さん、カメラに向かってウィンクお願いします!
<(ウィンク)
石橋<この(叩くフリ)パンッ!(伊豆の踊子の殴られるCG付き)(笑)
<さっきの人だ…。
<…(ノーリアクション)。(笑)
<あれ?よ、吉子…。
中居<よっすぃ〜、どうした?もう返す余裕も無いような…。どうしました?よっすぃ〜。
<…。(圭ちゃんのほうをチラッと見つつ、なんだか浮かない表情)
中居<なんだ、よっすぃ〜?
石橋<よっすぃ〜が…。
中居<いつものよっすぃ〜らしくないじゃんかー!
石橋<ちょっと、寂しそうな顔してるよー。
中居<どうしてです?よっすぃ〜。
<(ウィンクを2回)(笑)
石橋<(ウィンク)
<ヤダ、汚い!(笑)
<(後ろのかおりを見つつ)きたない?だー!
石橋<汚いだと!
<いや、よっすぃ〜は、いいよ。
<(納得して前を向く)
<貴さんのは、圭ちゃんと同じくらいだったよ。(笑)
<ちょっと待ってよ、何それ?
石橋<(立ち上がる)
<貴さーん…。
中居<お前の言ってる事はどっちにも失礼だぞ!(笑)
<今のちょっとムカツク。
<(笑いながら)ごめん。
石橋<おいおい。
<おいおいー。
石橋<ちょっと待てよ。じゃ、ジョンソン…が、やって見ろよ!
<ヤダー。
中居<ジョンソンやってみ。ジョンソンのウィンク。
石橋<ジョンソン…。
<(ウィンク(お寺の鐘のSEと柿が木から落ちて潰れるCGつき))
石橋<いかかです皆さん、これ?(笑)これいかがなもんです、これ?
<キャラ立ち大名だからやっぱ負けますね。
石橋<大名じゃねえだろ。(笑)だいたい。
<あれ?
石橋<キャラ立ち大臣だろ? …それも違います。
<あ、ごめんなさい。
中居<キャラ立ち人形です。 …それも微妙に違う。
<大明神。 …正解っ。
石橋<大明神だよ。
<ごめんなさい。圭ちゃんだからもう…。
石橋<前出てくんなよ!(笑)
<なんかこのまんま老いてくのヤダなぁと思って。(笑)
石橋<どんどん老いてけよ、もう。
<嫌ですよ!
石橋<そういう風にジョンソンとかが前出てくるから、この4人が、出てこないんじゃないか。
中居<まだ全然しゃべって無いですよ。
<あーそうだ。
中居<いいですか。YEAH!
YEAH!(笑)
中居<さあ、それではですね、こんな4人のためにですね、この4人のキャラを立てようではないかという事で、参りましょう。うたばんキャラ立ち道場ー!


うたばんキャラ立ち道場 Lesson1 キャラ立ち自己紹介
自己紹介で、キャラが立てばみんなにも覚えられやすいという事で。
石橋<でも、保田で4年かかってんだよ。
<はい。
石橋<あーやって人形作ってもらうまで。(笑)
中居<そうですね。
<はい。
石橋<大丈夫かねぇ。
…。
中居<やってみましょう。
<大丈夫です!って言わないと。 …おぉ!天使のお導きが。
大丈夫です!
<頑張ります!って。
頑張ります!(笑)
石橋<な。頑張れよ!
中居<誰が行く?
<はい!
中居<おしっ!行け!
<かぼちゃが大好きな、小川麻琴14歳です!家に何も無い時は、生でかぼちゃを食べたんですが、固くてまずかったので、これからは、かぼちゃを生で食べないように努力して行きますっ! …かぼちゃを生で食べない努力って何なのか、小一時間、問い詰めたいです。
中居<かぼちゃさんでーす。(笑)
石橋<(固まったまま)
<貴さーん。
<貴さん。あれ?
中居<はい、キャラ設定が設定されました。えー小川さんですか?
<はい。
中居<かぼちゃで行きましょう。(笑)続いてじゃあ、あなた!
<新垣里沙13歳、中学校1年生です。ニックネームは、まだメンバーだけにしか呼ばれてないんですけど、「豆」です。よろしくお願いしまーす。
<おっ!豆!
中居<豆ー!
娘。&中居<まーめ!まーめ!まーめ!まーめ!まーめ!
石橋<(固まったまま)
<あれ?
石橋<(固まったまま)(笑)
中居<3人目、行け!
<頑張れ!
<福井県出身の5期メンバーの高橋愛です。と、福井県は、よく「どこにあるの?」って言われてしまうので、ちゃんと覚えてもらうよう頑張って行きたいです。それで、福井県出身の先輩は五木ひろしさんです。 …たあといい、ミカといい、何故に今、五木ひろし?
中居<五木〜!(笑)
石橋<(固まったまま(顔は五木ひろし風にCGで変形))
中居<決まりましたね、かぼちゃ、豆、ひろし。(笑)これはキャラ立って来たなぁ。
中居<それでは、最後、ドン!
<北海道、札幌出身の紺野あさ美14歳です。おすしの好きなネタは偏ってて、マグロとトロとサーモンです。(笑)
石橋<なかなかいいです。特におすしのねねねネタはかかか偏ってんですけど…のところが良かったです。もう1回お願いします。
<おすしの好きなネタが偏ってて、マグロとトロとサーモンだけなんですけど…。(笑)
石橋<ちょちょちょ待って…。マグロとトロとサーモン(一気にしゃべる)って、それは…。
中居<そこ、みんな聞きたいわけだよね?マグロとトロとサーモンは、ゆっくり言わなきゃいけない。それが答えな訳ですから。ね?
石橋<じゃ、最初っから、はい。
<北海道、札幌出身の紺野あさ美14歳です。おすしの好きなネタが偏ってて、サビ抜きのサーモンとトロとマグロ…。
石橋<ちょっと待って!(笑)さっきはー、サビ抜きって、言ってないよね?
<(はい)
石橋<さっきは、好きなネタは偏ってて、マグロとトロとサーモン…。(笑)
石橋<サビ抜きって言ってないよね?
<(はい)
石橋<なんで今…よし!石橋とかが、パクッ!て来たんだったら出してみるよ、みたいな。(笑)
石橋<あたしって、旅慣れてるから、旅慣れてーラー?(笑)
<(重低音ストンピング)
<貴さん!
石橋<すみません。今これ僕のマイブームなんで。
石橋<今よかった、すごく。石橋、こうやって私がこういう風に釣り糸垂れたら、パックリ食らいついたわねっていうところをね、3発目くらいにちょっとアドリブかましたら、またパクッ!と来るわねってそのぐらい言えるのね。
<はい。
石橋<パックリ行くから。(笑)今のイイ!頭からどうぞ!
<…札幌出身の紺野あさ美14歳です。おすしの好きなネタは偏ってて、サビ抜きのトロとサーモンとマグロです。(笑)よろしくお願いします。
石橋<よいっ!中居、今ねぇ、一歩リードしましたよ。
<うん。
中居<もう魚パックリという事で、パックリということでいいですか?(笑)
石橋<パックリで。もうね、おいしいネタを振ってくれるから。私みたいな回遊魚は、あ、おいしそ、おいしそ。パクッ!あ、釣られちゃったー!(笑)ごめんなさい。私って、旅慣れてるから、旅慣れてーラー?(笑)
<貴さん、何それは?
<なーにー?
石橋<旅慣れてるの、俺は分かる?ソルトレイクシティでも警備が凄く厳しいから、早めに行けば行くほど、すごーくこういうチェックとか受けられちゃうわけなのね。だから、ちょっとずらして、みんな会場入っちゃったくらいに行くとスッスッ行ける訳。あたしって、旅慣れてる。旅慣れてーラー。(笑)
中居<ささ、そんなわけで個性的な自己紹介が出たんじゃないかと思いますけども…。
石橋<よかった!
中居<他の先輩方の自己紹介も見てみようという事で…。
石橋<うそ!先輩方見せてあげて、この4人に。
<キャハハ。
石橋<おいしいネタ、ポーンって振ったら、もうパックリ行かせてもらいますから。(笑)
中居<はい。自己紹介行きましょう。
石橋<じゃあ、やっぱり辻加護あたりは?
よし。(2人とも前に出る)
石橋<君らもうコンビになってるもんな。(笑)1人ずつ行かないでコンビ…。
<どもどもー。(おじぎ)
<(おじぎ)ん?
<では、自己紹介を。
中居<はい。自己紹介お願いします。どうぞ!
<せーの…。
<じゃ、皆さんもご一緒に〜!
はい、せーの!くるっと回ってぇ〜!
<♪加護ちゃんです!
<♪辻ちゃんです!
<ははは…。
<終り?
<終り?
<今日もヨロシク〜!
<ヨロシク〜!
中居<はい。ありがとうございました。YEAH!
石橋<もうほんとにねぇ、家に連れて一緒にお風呂入りたい。(笑)
中居<いいんじゃないですか?洗ってあげて下さい。
石橋<はい。
<かわいい。
中居<はい。保田行け!見せてやれ。いいもん見せてやれ!よし行け!さ、どれ見よ。
<はい。行きますよ。(はい)どれだ?
<保田圭ですっ。好きな食べ物は軟骨です。軟骨です。チュー。
娘。<きゃー!
・      ・
<ナンコツって、ナンコツってわかんねーよ!
<きゃはははは…。
<なに〜?
・         ・
<ナンコツってなんだよー。ナンコツでしょっ! …あとで貴さんチェックも入ります。
中居<保田は今誰も止められないですね。独走ですね。
<最近のね、最近の最近の食べ…ハマってる食べ物が…。
中居<何故か、軟骨2回言いましたからね。(笑)「軟骨です。軟骨です。」って。(笑)
石橋<あははは…。
<なんで2回言ったの〜?
中居<先輩って、すごいだろ?(はい)出てこないだろ?「軟骨です。軟骨です。」は。(笑)
               ・           ・      ・
石橋<だって普通、正しい標準はナンコツだからね。「ナンコツです。ナンコツです。」って。


うたばんキャラ立ち道場 Lesson2 ガチコンモーニング娘。

 新メンバーのいい所と悪い所を先輩メンバーにしゃべってもらおうと。何故か新メンバーの前に赤いランプが置かれたりするわけですが…。

中居<紺野!
<はい。
中居<紺野のいいところ。加護っちは?
<んと、おいしそうに食べてるときですね。
<はは。
中居<何食べてるときですか?
<お弁当とか「おいしい」って言うと「はいっ。おいしいですぅ。」って。あぁいいなと思って。 …それは「いいところ」を取り違えてないか?
中居<さっ。(笑)よっすぃ〜はいかがですか?
<紺野はー、カメラを普通に見るじゃないですか。それだけで紺野は貴さんの心をゲット出来る訳ですよ。
中居<なるほど。(笑)まぁ、うらやましいという事ですよね。
<そうですよねぇ。
<(カメラ、アップ)
中居<カメラを見るだけで、貴さんのこのハートをグッと掴む…。(笑)
石橋<(笑)
<ホラ!ホラ!ホラね!
<貴さんはそれだけで笑ってくれるんですよ!
石橋<あのね、葛西りんかん…臨海公園に行って、うわっ、魚ってこうなってんだーって、ふーってやってると(魚の顔真似シーマンのCG付き)っていう魚が近づいてきた瞬間に似てるますよね。(笑)
中居<いいことです。
石橋<いいことです。
中居<さあ悪い所、後ろのメンバーから行きましょうか?えーなっちから。
<悪い所?あー前髪かな?いっつもね、こう、まめ…前髪がねぇごっちゃになってるの。ね!紺野?
<はい。
<なっち、いつも触るもんね。
<いつも、直してもらってます。
<そう。そこをもうちょっと気をつけようかなって。
中居<なるほどね。いい事じゃないですか。
(新垣さんの前のランプ点灯及びチャイムがなる)
中居<おっ、何だこれ?
<え?
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
…この後の新メンバーの発言は全部このランプ点灯によるものです。
中居<もう1回言って下さい。もう1回。
<ちょっと…ちょっと待って。何が起きたの今?はい。
中居<もう1回言ってください。
<何が起こったの〜!?
中居<紺野の言ってんだもん、もう1回言ってくださいって。 …新垣さんがね。
<いいとこかどうかわかんない…いや、悪いとこかわかんないですけど、たまにぐちゃぐちゃになってる前髪が…。
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
<ちょっと待って。何?
中居<もう1回言ってって言ってんだから、もう1回言わなきゃダメだよ。もう1回だって。
<どうしたの!?お豆ちゃん…。
<あ、そう。だから、たまにぐちゃぐちゃになってる前髪があのーもうちょっと気にして、あの整えた方がいいんじゃないかと思います。
中居<はい。ジョンソンから見て。
<これ言うとちょっと現実的なんですけど…。
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
中居<もう1回、最初っから。
<ちゃんと、しゃべりたいのよ。うん。よろしくね。これ言うとね、そのー現実的になっちゃうんですけど。
中居<現実的になるけど。
<言う事聞かないね。ちょっとね。
中居<なんで?例えばどう言う事ですか?
<えー。ナニナニしちゃダメだよって言っても…。
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
中居<ハイ、次。矢口行け。
<は〜い。あのですね〜、歌をもうちょっと頑張った方がいいかなってのは…。
<はい。
<すごく思いますね。あの、声がちっちゃい…。
<(立って)あービックリした!驚かせないで下さい。(笑)
 …濁点付きじゃないんで、嘘です。
<(いやいやいや)え!?
<なに?
<なんか大きい声でも出した?
中居<歌がおかしいとかなんかおかしいとかでビックリして、驚かせないで下さいって。
<すっごいビックリして無さそうだったよ、すごい。
中居<さあ、保田から。
<なんだろう?あんま目合わせないで…。
<(立って)ちょっと待ってください。保田さんには言われたくないです。(笑)
<まだ何にも言ってません!
中居<さあ続いてまいりましょう。(笑)
<ちょっとー!
中居<高橋さんのいい所。はい、よっすぃ〜!
 …あいぼんに耳をつままれる、たあ。
<え〜、貴さんにあのービックリした顔をされるところですね。
石橋<(ビックリ顔)
<(ビックリ顔)
<あーにてる。
中居<はい、保田から。
<高橋は…。
<(立って)ちょっと待ってください。保田さんには言われたくないです。(笑)
<だから、まだ何も言ってないんですけど。
中居<はい続いてまいりましょう。新垣(あらがき)のいい所。石川! …やってもうた。
<えー若い所かな。
中居<あーいいですね。辻っち!
<顔がちっちゃい。
中居<顔が小さい。いいですねー。加護っち!
<お豆さんみたいです。 …何がどういいんだか。
中居<お豆さんみたいです。はい、よっすぃ〜!
<カワイイからね。
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
<もう1回言われたいって…。
<カワイイからね。
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
<カワイイからね。
<(立って)ちょっと待ってください。保田さんには言われたくないです。(笑)
<何も言ってないから〜。
中居<はい、次まこっちゃん。
<人懐っこくてカワイイ。
中居<あーカワイイとこありますねー。
<すぐ近寄ってくる。
中居<はいはいはい。はい、辻ー。
<1日中、笑ってる。
中居<笑ってますねぇ。加護っち。
<メ、メールは必ず、あのー「愛してるよ」みたいなチューが入ってきます。
中居<入ってきます。いいじゃないですか。よっすぃ〜。
<物事はっきりするところですね。
中居<あーいいところですね。さあ悪い所行きましょう。さあ、保田。
<はい!
<(立って)ちょっと待ってください。保田さんには言われたくないです。(笑)
<まだ言ってないから…。
中居<…はい保田!
<あの小川はですね…。
<(立って)すみません。もう1回言って下さい。(笑)
<あの小川はですねぇ、なんていうのかなぁ。しんどい時も…わざと…。
<(立って)石橋さん、それは間違ってますよ!(笑)
石橋<(は?)


圭ちゃんからの緊急業務連絡
中居<なんか保田からなんかあの、お知らせがあるって、何ですか?
<はい。そうなんですよ。写真集を…出させていただきますぅ。
石橋<は?写真集?
<そうなんですよ。
石橋<ごっつぁん出して、よっすぃ〜出して、
<石川も出しましたね。
<はい。
石橋<矢口も出したよな。
<はい。
なっちも…。
石橋<なっちも出した。その…。
<次。
石橋<次に?
中居<なんで出すの?
<なんで?(笑)
中居<じゃ、理由。
<理由は…。
石橋<思い出?卒業の。(笑)
<違いますよー、もう。
<ダメ〜。ダメ〜。 …こういう話には割と敏感に反応しますね。
中居<卒業アルバムみたいな感じ?
<違いますよ、まだまだこれからこうねいろんな人に保田圭を知ってもらいたいなあと思って。見てくださいよ、貴さん!
石橋<タイトルは何?ごっつぁんのタイトルは何だったの?
<『後藤真希』です。
石橋<ほら、いいじゃない。ねぇ?後藤真希写真集『後藤真希』(笑)よっすぃ〜は?
<『よっすぃ〜』です。
石橋<なっちは?
<なっちは、『なつみ』ですね。
石橋<『なつみ』。石川は?
<『Rika Ishikawa』かな。
石橋<『Rika Ishikawa』。矢口は?
<『ヤグチ』です。
石橋<おぉ。そして…。
<『Kei』です。(笑)なんで?なんで笑うんですか?
石橋<ここまで写真集が出せるようになったのは…
<はい。
石橋<うたばんがかなり俺はプッシュしたと思うよ。
<はい。それはそうです。
石橋<ね。
<はい。
石橋<よっすぃ〜写真集、『よっすぃ〜』とかね。
<はい。
石橋<なっちの写真集の場合は、『なつみ』と。
<はい。
石橋<そこで、なんで保田圭写真集、『子泣き爺』と…。(笑)
<子泣き爺ですか?
中居<もう『Kei』って言うのは決まってるの?
石橋<『Kei』って何それ?差し替えろよ!(笑)な、何やってんだかな。ひと言ねー。
<なんだー。
石橋<『Kei』?
<うん。アルファベットで『Kei』です。たぶん。
<へぇー。
石橋<何やってんだ…。(笑)ちっ。なんかドロドロした字で、や…表紙はどんな写真?
<かわいかったー。
石橋<見た?
中居<見たの?
<あのー、ね?
<ね!
<見た。
石橋<こういうなんか蓑みたいなの被ってなかった?(笑)
<そんな写真無いですよ〜。
石橋<それでドロドロした字で『子泣き爺』。(笑)
<見た〜い!それ、見た〜い!
<そんなの無いです。
<それは無かったー。
石橋<嫌だってこんなので(股間を隠しながら)『Kei』だなんつーのは。
石橋<どこで撮ったの?あ、ちょと待ってちょと待って。ちなみにごっつぁんはどこで撮ったの写真集?
<沖縄です。(沖縄)はい。
<吉澤は砧公園。
石橋<(思わず吹き出す)(笑)
中居<よっすぃ〜で落としちゃダメなんだよ。他に無かったの?他に
<なっちは、都内のスタジオとか普通に裏原(宿)とか。
石橋<裏原?(裏原宿)あ、裏原。はい?
<え〜と、軽井沢と横浜で撮りました。
中居<あーいいですね。
石橋<ほおほおほお。
<羽田空港の近く…。
石橋<エッチなビデオ撮ってんじゃねんだからよー。(笑)
石橋<トントントンって行って欲しいのにどうしてそこで笑かす、みたいな。(笑)
石橋<なんで、自分が前に出よう、前に出ようとする。(笑)
石橋<そして保田圭ファースト写真集はどちらで?
<どこでしたっけ?場所?あれ…あの…たい焼きとか…。
石橋<姥捨て山とか?(笑)
<あのー麻布十番だ!(笑)
石橋<麻布十番ってさ、ちょっと待ってよ。
<何ですか?
石橋<十番温泉街で入ってる所こういう風に。(笑)薬湯はいいねぇ〜とか言ってる所?
<温泉は無かったです。
石橋<そうじゃなきゃせんべい焼いてるところ?
<あのーなんだっけ?たい焼きみたいのかじって…。
石橋<浪花屋さん?自分が型に入ってる?(笑)
<圭ちゃん型のたい焼き食べたーい!
<食べたいか?
<食べたーい!
石橋<こういう子泣き爺の型に…。(笑)
<食べたーい。
中居<そうだこれ(保田キャラ立ち人形)をモデルにしてモナカ作ればいいんだよ。
<(ターンテーブルの保田キャラ立ち人形を見て)なんで回ってるの?
 …ターンテーブルだから。
<饅頭とか。
石橋<あ、モナカいいかも知れないね。これ。
<ねえ。ライヴ会場の前とかでね。売れるかも。
<食べたーい。
<お饅頭。
石橋<でもダメよ「Kei」って名前は。
<ダメですか?
石橋<子泣き爺饅頭。(笑)


来週は、EE JUMPがゲストです。
中居<来週はEE JUMPのお2人。お、ごっつぁん大丈夫、弟?
<はい。
中居<帰ってきた?
<はい。
石橋<大丈夫かい、弟。
中居<ごっつぁん、ちゃんと怒ったりしないの?何やってたんだとか。
<あのーパジャマとか人の着てる時は怒りますけど。
石橋<あれ?バチン!(扇子でテーブルを叩く)(笑)
中居<何よ?兄弟だもん。
石橋<だって、こう着ながら、(くんくん)「姉ちゃんこういう臭いするんだ」みたいな。(笑)
<ないない。
中居<兄弟でしょ?
石橋<まぁパジャマなら僕も許せますよ。 …っていうか、もともと関係ないんですけど。
中居<いいじゃない。
石橋<あれ何て寝ぼけ眼で(パンツ履く)あれ?ちっちぇーな。(笑)あ、片玉無料サービス。(笑) …イボタカ子懐かしい。
中居<それは無いと思います。
石橋<姉ちゃんのじゃねえかよ。(パンツ脱いだ所で止まる)(笑)
中居<仲いいのかい?あんま話さない?あんま会わない?
<あのねーめっちゃくちゃ仲いいんですよー。で毎日、家に帰ってリビングで、くるくる回ったり。(笑いながらテーブルに伏せる)
石橋<?
<違う、あのね、私がユウキにあのー教えてもらってたんです。
中居<何を?
<あのー足で、足を上に上げて、クラーっと回転するやつ。
石橋<これでしょ。これ系の。
<そう背中で回るやつ。
石橋<ウインドミルってやつだ。
<背中でバァーっと回るやつを教えてもらったりとか。あと、そ、バク転とか。
中居<今、出来る人いるの?バク転とか。
石橋<保田…。
<練習します。(笑)
石橋<次の曲で保田決めたらかっこいいよね。間奏かなんかでこれもんで(ウインドミルに入るステップ)ギャー決めて、最後、蓑着てこう。(笑)
<はい。(OKサイン) …やるのか?

2002/03/07



…2時間SP!? …知らんかった。

 ということで、ユウキくんの復帰話とかわからないわ、モー。たいは、相変わらず最後の10分削っちゃったりしてるわ。 …んがぁー。


未公開トーク

 ということで、前半部分は、さっぱりですが、後半部分にあった未公開トークより。 「往年の名物キャラをコピーしろ!!」という題名のフリップに「ねぇ笑って」と書かれているフリップを中居くんが持ってます。うたばんキャラ立ち道場と思われます。

中居<本来のジョンソンにやっていただきましょう。ジョンソンお願いします、どうぞ!
<はい。ちょっとあの頃のパワーは出せないんですけど、じゃ歌って貰えますか?
<よし!
せーの…
娘。<♪KISSして髪を撫でて、KISSしてねぇ…
<ねぇ、笑って…
中居<来た。(笑)来ました。
<ちょっと、テレてる。(笑)
石橋<なになに、それー?
<も〜ね〜、わすれ…なんつーのかな〜、大人になるにつれてね〜、ちょっとね〜、なんか…。
石橋<イキフン、ビンビコビンじゃない、それじゃあ。(笑)
石橋<ねぇ、業界人として、何?もう旅慣れちゃった訳?
<いやいやいや、そんな…。
石橋<旅慣れテーラーになったって訳?
<なんか分かんない。だから分かんないだって、それ!
石橋<なんか、どっかで私はこういうことをやると小っ恥ずかしいだとか…
<うん。
石橋<ね…
<うん。
石橋<なんかもう自分はこういうのやるなんて、落ち着いちゃってるし、出来ないわとか…
<うん。
石橋<そうなっちゃ、ダメ!今でも前のそのフレーズを聞いただけで、あの当時の(おかっぱの髪型のジェスチャー)こういう髪?(笑)ねえ?になって、(リズムをとるフリ)こういうふうにやってたとき?あの時代出してかないと…。
<ねぇ?!
石橋<なんかイキフンビンビコビンで、ねぇ笑って?んぉ?客が求めてないじゃない!それを…。
<そうですよね。ズズッ。(鼻をすする)
石橋<ブチ込まなきゃ!(笑)
<ブチ込まなきゃ…。
石橋<あの頃の自分を!
<そうよね…。
石橋<少しでも、なっちとかより、ぅ多く映ってやろう思っていたあの時代!(笑)
<そうですねぇ。
石橋<ダメダメ全然ダメ!それじゃあ。ハイ!行くよ行くよ!ワン、ツゥ、スリー、ジャッ!
娘。<♪KISSして髪を撫でて、KISSしてねぇ…
<ねぇ、笑って…(笑)
石橋<ほら!ほら!ほら!
<どう?!戻った?
<(うんうんうん)
<(笑いながら)若かりし頃に…。 …まだ充分若いって。
石橋<もうガッカリだ…。(笑)
<止めてよー!ねぇ貴さん…。
中居<よーし、それでは紺野ー!じゃ、みんなで同じところ歌って。
石橋<いいよー。
中居<せーの…。
娘。<♪KISSして髪を撫でて、KISSしてねぇ…
<ねぇ、笑って…(笑)
石橋<イイ…。もうねぇ…
<カワイイー!『すのっぴぃ』みたい!(笑)
石橋<な〜んならねぇ、トロとマグロ以外にも違うのも握ちゃおうかなって感じ。(笑)


未公開トーク その2 ソルトレイクシティの舞台裏
中居<貴さんと?なっちなんかやってたの?
<そうです。ソルトレイクの…。
中居<あぁ、やってたねぇ〜。
<はーい、そうです。
中居<あのー安住君と
<そうなんです。
石橋<和泉さんと。
中居<和泉さんと…。
<和泉さんと3人でやってて…。
中居<3人でやってて…。
<それで、あの特別メインキャスターってことで貴さんが現地に行って中継。
石橋<メインキャスターじゃないよ、オレは。
<あっそうか。
石橋<現地特別リポーター。
<ごめんなさい。(笑)そう。
石橋<なっちは、メインキャスターなんだけど、オレは、潜り込まして貰ったの。(笑)
中居<それ何?中継で結んでお話とかしたんですか?
<そうなんですー。
石橋<えぇ。
<ね。でも向こうって貴さん全然なっちなんて見れてなかったんですよね…。
石橋<全然見れてない。
<そうなんだー。
石橋<オンエアーのモニターが無いんですよ。音しか来ないんですけど、えー向こうは、東京は夜中の11時とか…
<12時から3時くらいまでやってたんで…。 …お疲れっす。
石橋<こっちは朝の7時なんですよ。
<うわー早っ。
石橋<マイナス16度。(うわー)口動かない。(笑)
中居<しゃべれないし、画も無いし、リアクションもわかんないし…。
石橋<「時間2分です、石橋さん。」
<あはははは…。(ずっと笑いっぱなし)
石橋<「盛り上げて下さい。ジャンプの思い入れ。それと秘策みたいなの言って下さい。」
<えー?
石橋<で、僕が「な、長野オリンピックみ、見てました。長野オリンピックでこう原田が飛んで、計測不能になった時に何メーター何だよって言ってる間にアホネンが飛んできて、そんなアホネンみたいな。」(笑)だな、だな。
<だな。
石橋<画が見れてないから、スタジオ、ウケてるの?これホントに?(笑)
<めちゃめちゃ笑ってましたよ。
石橋<ウケてた?
<うん。
石橋<大丈夫だった?
<でもなっちが1人で笑ってた声がスタジオ中に響いてた。
石橋<OK。(OKサイン、サムアップ)だべ。
<(OKサイン)だべ。
中居<ふーん。それもやっぱりうたばんで培ってきた…。
石橋<オレの中でなっち復活っていうのがあるからね。
<おっ。(サムアップ)
中居<もう復活してるわけですか?
石橋<復活してる。大復活よ。
中居<完全復活ですか?
<イエイ!
石橋<うん。
<(ニコ) …全然、余裕っす。
<(Vサイン)イエイ、イエイ、イエイ。
中居<いい事です。
<ありがとうございますっ。がんばろー。フフ。
中居<それとジョンソンも、なんか出てたの?ジョンソン何やってたの?
<あたしはその〜オリンピックの〜キャラクターをデザインっていうかをかえ…書いたんですよ。
<すのっぴぃ。
<すのっぴぃ書いたんですよ、かおりが。
石橋<これ?
<うん。
<うん。
石橋<ジョンソンが書いたの、これ?
<そうだょ…そうですよ。
石橋<よいよ。かわいいよ、これは。
<ありがとうございます。
石橋<よいよ、これ。(携帯ストラップを触りながら)世界フィギュアもやるんでしょ…。
<そう、それの、すのっぴぃのお腹にかおりのマークが入ってるんですよ。
石橋<あーサインが。
<そうそうそう。
中居<なんでこれジョンソンにしなかったの?(笑)
<それ通用するのうたばんだけじゃないですか。
中居<だって、TBSのキャラクターだべ。
石橋<TBSのキャラクターだったら、これ間違いなく…
石橋・中居<Johnson(笑)
中居<それ、ジョンソンおかしいよ、それ。
<そ〜ですか?
中居<かおり、なんて言ってもうたばんじゃ分からないもん。
石橋<わかんねーもん、かおり、なんつったって。
<いや、分かってくださいよ…。
中居<何かジョンソン自分で言わない?自分の事かおりって言うじゃんか? …そりゃ言うよ。
<はい。
中居<分かんないから自分で自分の事ジョンソンって言ってくれないと分かんないよ。(笑)
<ジョンソン的には…。
中居<HEY!×3とかは、かおりでいいよ。 …自分が振ったネタなんだから拾えよ、ちゃんと。
中居<うん。ミュージックステーションとか、かおりは、でいいけど。
中居<うたばんではジョンソンにしてくんないと。TBSでは。
石橋<そう。
中居<ね。
石橋<デーブでもいいよね。
中居<デーブ?…なんでデーブ? …デーブ大久保と勘違いしちゃやーよ。
石橋<ジョンソンのファーストネームはデーブ・ジョンソン。(笑)

2002/03/28

 春休み特別企画と言う事で、小学生100人スタジオに集合。モーニング娘。のみなさん、小学生が作ったアーチの中から登場。アーチの最後は貴さん&中居くんです。で、最後に登場したごっちんを貴さんが捕獲。

 …貴さんだからこそ許される荒技。
中居<(100人の小学生に)みんな席に座って!イエイ!
石橋<(先頭を切って席に座る)
中居<みんなモーニング娘。好きですか?(はーい!)
石橋<はーい!
中居<みなさんは子供ですか?(はーい!)
石橋<はーい!
中居<何年生ですか?
石橋<5年生です。(笑)
小学生の誰か<明らかに違うぞ!
石橋<板橋区立成増小学校5年2組3番石橋貴明です。(笑)
中居<戻って。時間もったいないから。
石橋<えぇ何?
中居<でっけぇ小学生だなぁ。(笑)
石橋<モーニング娘。好きな100人に入りたいやんか。
中居<そうだね。
石橋<な。ね。ね。
中居<今日は皆さんに色々と質問があるんですけども、皆さんから質問受けてもいいですか?
娘。<はーい!
石橋<おい、無理があるぞ保田。(笑)
<え?なんで大丈夫ですよ。はーい!
中居<皆さん楽しいですか?
娘。<はーい!
中居<でもね、キーが違うんだよね。みんな楽しい?
小学生100人<はーい!
<すご〜い…。
中居<みんな楽しいですか?
娘。<はーい!
中居<ギリギリ辻かな。(笑)


アイドルはオナラをしないとママが言ってたけど本当にしないんですか?
何故か、やぐっつぁんが指名されます。
<あのこれは夢を壊しちゃいけないって事ですかね? …この発言が既にもう。
中居<いやいや、それは率直に矢口の中で判断していただきましょう。するんですか?
<チャリン!(ごめん…) …なんか落としました。
<あの、たまに音の無いやつ。(笑)
<ちょっと待って。ヤだから。
<(ごっちんが拾ったのをかおりに渡す)
<(ごっちんに)ごめん。
<矢口!
中居<矢口!中途半端に崩すなよ。音が出ないとにおうだろ。
<ちが〜う。(笑)だから、違うの。
中居<音が出ないとにおうだろ、みんな。
<あのね、においで分かる時が(笑)あるんですよ。誰かしたなっていうのが。
小学生の誰か<うそ〜!?
石橋<ははは。ははは。
<そう…。いや、でも、ね、人間だったらね、おならはしますよ。
中居<矢口はするの?オナラ。
<うん。ちょっ…。恥ずかしい〜!え?!
中居<オナラするの?
小学生の誰か<するでしょ?
<す、するよねぇ。
中居<すると思う人?(はーい!)みんな、モーニング娘。は、すごくオナラをしまーす。(笑)
<すごくするっていうのは、やめて下さい。
中居<ブーブーって言いましょう。せーの…
100人の小学生<ブーブー!
中居<はい、次〜。(笑)
<一応、女の子なんですから、あんま責めないで下さいよ。ねぇ。
中居<もう矢口はブリブリですよ。(笑)


保田のウィンクがこわい
<あんな小さい子に言われちゃった。
質問した森田君<保田のウィンクが…
<や、保田…?!
質問した森田君<すっごくこわい!(笑)
<すっごいこわいっすかぁ〜?
中居<(真似して)保田のウィンクが〜、すっごくこわい!(笑)保田のウィンク好きな人?
30人くらいの小学生<はーい!
熱狂的な保田ファンの女の子<大好きでーす!
中居<微妙〜な数字だな、これ。
<なんか、こう…。
中居<じゃ、そんなみんなにウィンクしてあげて下さい。どうぞっ!
<はい。(ウィンク)
100人の小学生<ウェ〜! …それがやりたかったんかい。
<なんで?ちょっと〜!
小学生の誰か<頭が腐っちゃう。
中居<はい、静かにして下さ〜い。
熱狂的な保田ファンの女の子<これ以上、いじめないで下さい!
中居<出ました。(笑)え?あなたお名前は?お名前はなんて言うんですか?
熱狂的な保田ファンの女の子<しぶやかなでーす。
中居<かなちゃんは保田さんが好きですか?
熱狂的な保田ファンの女の子のかなちゃん<はい。大ファンですー。
中居<おっ!
<ありがとうございますっ!
中居<保田さんのどこが好きですか?
熱狂的な保田ファンの女の子のかなちゃん<もう笑顔とか、もう美人ですっごい好きです。
中居<笑顔とか美人ですっごい好きでーす。
<ありがとうございます。
中居<こういう風な話になっております。皆さんに何かひと言言ってあげて下さい。
<えーわたくしは絶対に辞めませんので、よろしくお願いします。
100人の小学生<イエーイ!(拍手)
石橋<大変な100人を迎えて…。
中居<保田はどうだった?こないだの(保田大明神)やって、後…。リアクションとかありました?
<こないだのですよね?うちのお母さんは、また感動して泣いてました。(笑)
<(笑)お母さん…。
中居<ねえ、さすが保田のお母さんですよね。
石橋<えぇ。
<そうですね。
中居<キャラ立ち人形が欲しい人とか…。

はい。
<欲しい。
石橋<よっすぃ〜は欲しくないの?
<やっぱり…
<きゃははは…。
<保田さんって、やっぱりこう…人形が作られたりとか(笑)、こう皆さんに、100人のチビッコに色々ね、言っていただいたりとか…
中居<とか?
<してるんですけど…
中居<けど?けど?どうした?
<いいですよね、そういうの。吉澤もやりたいなぁと思って…。
<そのためには応援してる…ちゃ、いけないと思いました。こないだのオンエアーを見て。
石橋<おおぉ。(笑)独特だぁ、よっすぃ〜は。
中居<すごいな。保田も面白いけども、保田のお母さんもベクトル違いますけど、よっすぃ〜も、変〜なベクトル持ってますねぇ。
石橋<ええ。
<吉澤は保田大明神も好きですけども…
中居<大明神は好きだけども?
<吉澤の魂が許してません!(笑)(よっすぃ〜の握りこぶしに炎のCG)
石橋<握りこぶしですよ。
中居<これは、や、保田〜!ってことなんですかねぇ?
<これは、こう…燃えてくるんですよね。(笑)
中居<さ、そんな中でですね、えーキャラ立ち人形は…。
…保田キャラ立ち人形が、CDTVとワンダフルでも使用されましたとさ。
中居<よっすぃ〜見てどうだった?あんなキャラクターにはなりたくないでしょ?
<あれはヤですねぇ。
中居<あれは嫌だろ。
<うん。っていうか思ったんですけど…
中居<何を思ったんだよ?
<保田さん最近こうアップで抜かれるのが多いじゃないですか!(笑)
<(うんうん。)
<それでね、初めーみんなはー、保田さんがパンって来ると「うわっ!」っていうのがあったじゃないですか?みんな今慣れてますよね?(笑)こうアップが多くても、みんな何も反応しないじゃないですか?(笑)それどういう事ですかねぇ?(笑)
中居<よっすぃ〜ゴメン!
…ってことで、保田大明神携帯ストラップが出来ました。
 …っていうか、たあビックリし過ぎ。
…何故か、よっすぃ〜がもらうことに。
<心の中で何かが燃えてます。


うたばんシャッフル

 モーニング娘。13人だとみんなちゃんと話せないという事で、4組(A,B,C=4人枠、D=1人枠)に分かれてトークです。組み分けは貴さんによる抽選です。

中居<Dグループは1人!1人枠でございます!
<(隣の紺野さんにビックリ顔で)うわ、すごい…。 …だからビックリし過ぎだって。
<うわ〜。(隣の新垣さんに)こわい〜。 …こっちでも驚いてました。
中居<一人だけで僕と貴さんと3人でトークする形です。
石橋<いいですね。
<すごーい!
中居<誰がどうなるか、ガチンコでございます。いいですか?
石橋<これは、ワールドカップでいうとこのアルゼンチンとかイングランドの死の組が出来る可能性があるわけですね。(笑)
石橋<(抽選箱に手突っ込んで)♪パンバカパバンパンバン…
<♪パンババン…
石橋<…♪バンバン!私たちはワールドカップを応援してます。(笑)行きます!
石橋<飯田ジョンソン。
中居<ジョンソン、4人組。
<どうでもいいとこで引かないで下さい。(笑)
石橋<二十歳。え?
石橋<第2希望選手、保田。
<あたしだ!
中居<すっごい枠だぞ!これ。(笑)
石橋<早くも死の組ですね。(笑)
<何でですか?何でですか?そんなこと無いよ。 …あの、ほめられてるんだけど。
石橋<もうこの時点で死の組です。
<素敵なグループ…。
中居<これ新人2人来たら、きっついぞ〜。
<ウェルカム!
中居<ウェルカーム!だって。
石橋<新人から1人。
中居<え!?誰?
<え〜!
石橋<高橋選手。
中居<うわぁ。高橋、高橋。高橋、高橋。
<(手挙げて)はい。
中居<高橋…。
石橋<ビックリしちゃってます。(笑)顔が。
<(ビックリ顔) …それを最初に言われたときにやっとかないとね。
石橋<そして、もう1人。A組!よっすぃ〜。(笑)まさに死の組です。
<すご〜い。
石橋<保田とジョンソン相手に1勝1敗1分けで行かないと。(笑)
…え〜一気に飛びまして、12人目があいぼんとごっちんどっちかという場面で…。
石橋<加護。
中居<ということで、これなんかアレみたいじゃないかよ?ヤラセって思われないか?(笑)
…かおり言うところの”invincible fortune”を発揮したごっちんがD組に。

A組=飯田、保田、高橋、吉澤
B組=安倍、石川、小川、辻
C組=紺野、矢口、新垣、加護
D組=後藤


C組=紺野、矢口、新垣、加護 トーク
紺野あさ美「札幌のおいしいもの」
<(満面の笑みで)まず新ジャガが〜、あの手で皮がむけて、で、塩バターとか醤油バターがすごいおいしいんです。
石橋<ほぉ。
<あと、お鮨がおいしいんです。
中居<お鮨は何が好きだったっけ?ネタは。
<(カメラ目線で)マグロとトロとサーモンのサビ抜きです。(笑)
 …こういう所が紺野さん、すごいね。
石橋<サーモンと中トロがちょっと似てるでしょ?
<あ、似てます。トロ〜っとしてて…。
石橋<とろ〜っとしてるでしょ?それをサビ抜きで?
<はい。
石橋<食べるの?なんなら連れてって食べさせてあげたいな。
<はい。よろしくお願いします。
石橋<いいよ。ちょっと待ってね。(何故か黒電話、控えの娘。さんのトコに掛かる)もしもし?
<もしもし。
石橋<え〜っと、保田いる?
<いますよ。ちょっとお待ちください。
石橋<はいはい。
<もしもーし!
石橋<保田ってさぁ、(はい)あの、お鮨今度俺ご馳走したいなぁと思ったら一番最初何食べたいの?
<あたし、づけ丼…
石橋<ブチッ。(電話切る)はい。(笑)
<好きですよー! …最初からづけ丼は無いでしょ。
石橋<そういう訳でね、はーい。(笑)
矢口真里「最近、腰に来る」
<てかねぇ、やっぱり若い人がねぇ、増えたじゃないですか。
石橋<ほぉ。
<新メンバーで。ね、だから何か自分が最近すごいおばちゃんだなって感じるんですよ。
中居<19ぐらいだったら全然大丈夫だよ。24!
<はぁ。
中居<マジでしんど〜くなってくるから。(笑)24,25くらいで。
<そうなんですか?
中居<メドレーなんて出来ないんだから。何曲も何曲も、慎吾なんか張り切って踊ってるけども、俺なんかすぐもうずーっとこうしてるよ。(笑)
石橋<そういった意味ではよ。それは、まだ第…
<2期です。
石橋<2期だろ。第1期は大変だと思うの、やっぱ。ジョンソンあたりに聞きたい。ジョンソン!
<はい?
石橋<第1期から踊ってると大変なんだろ?
<うん?全然…。
石橋<(紐引張ると暗幕がかかる)(笑)
<(何がしたいのかわからないって感じで首かしげる) …まぁ、そんなもんです。
新垣里沙「カンチョーはやめてくれ」
<辻さんがですねぇ、来て、いきなりカンチョーされて「うぉわ〜!」って背伸びして…。(笑) …背伸びっていうか仰け反ったのね。
<加護も…。
<(うつむく)
石橋<加護辻か…。
<カンチョーじゃないんですよ。(立ち上がって)こう向こうに…うっイタイ!
 …前後から挟み撃ち。
<えへへ。(笑) …キラーあいぼん。
<痛ーい!それカンチョーじゃないよー!
中居<何やってんだよ、加護。やりたかったの?
<なんか、や…梨華ちゃんとかってこうお尻が出てて、三人祭のときとかぁ、亜弥ちゃんたちね、こうやってるんですよ。(お尻を突き出してちょっと屈む)そして、「狙うぞ」って言って(笑)、3,2,1ガァッ!(下から突き上げるような感じ)ってやったら「いやぁー!」って言って笑うんですよ。(笑)
<すっごい痛いんですよ。
中居<今のは何?今のは何なの?パンチ?
<両方からガッ!って…。
<今のは、ブロック。
<きゃはは…。
中居<ケツと前からガッ!っと来るの?前は危険じゃないか?
<危険ですよ〜!
中居<なぁ。
<しかも助走つけてくるんですよ。向こう側にいたとしたら、タァーって走ってきて、ガッ!ってやるんですよ。
<エヘヘ。
<もうホントにカンチョーとかのレベルじゃないんです。(笑)
加護亜依「最近気になってる人がいます」
中居<お、誰?
<帰り道に、あの〜ヤキイモ屋さんがいて、でそれで、「お、買いに行こう」と思って買いに行ったんですよ。したら次の日もいてくれて、絶対、毎回言うことがあって、なんか網戸…網戸替えますって言ってて…。(笑)
<なんか加護に対してぇー、あの〜網戸取替えに行くんでって、何回も言って全然覚えてくれないんですよ。
中居<網戸取替えに行きます?
<そう。
石橋<え?(笑)
中居<んで、家にいきなり…あ、んで加護はどういう風に?
<あ。大丈夫で〜すって言って、それで次の日もおんなじこと言われるんです。
中居<網戸を取り替えたいんですけどって?
<そう。して昨日も行ったら、また網、網戸を取り替えたいんですって、言われて加護んちの網戸きれいですよって言ったら、じゃ汚くなったらよろしくお願いしますっていわれたんですけど。
石橋<ヤキイモ屋さんなんだろ?
<はい。
中居<何屋さん?
石橋<網戸屋さん?
<分からない。気なる…それが気になるんです。
<あぁ。
中居<違う、それ、あぶない人じゃないか?(笑)
<一緒にやってるんじゃないですか?焼き芋と網戸を。
石橋<あぁ?
中居<昼間は網戸屋さんやって、夜はヤキイモ屋さん…。
<でも、なんかオオカミみたいな顔してるんです。(笑)
中居<だからひょこひょこ行くな、そんな所〜加護。さらわれちゃったらどうすんだよー。
<気をつけて。
中居<そんな、もう…。いもばっか食ってるのか?
<はい。
中居<なぁ、いっぱい出るだろう?
<ふふふふふ…。
<ふふ。
中居<それはいっぱい出るだろう。
<ぺちぺち(笑いながら隣のやぐっつぁんを叩く) …矢口さんがあんな事いうからみたいな。
<ね。音無いやつ。
中居<ぷすぷすいうだろ。
<うん。
<ふふふふふ。
中居<なぁ、いっぱい出してるのか?
<うん。(笑)
中居<いいんだよでも。いっぱいね体に入ってるガスみたいなのを出さなきゃだめなんだよ。
<はぁ。
中居<我慢すると体に良くないよ。
<なんかおじいちゃんがぁ、ガスコンロの上ですると火つくよって。(笑)
<あぶないよ!


B組=なっち、梨華ちゃん、のの、小川さん トーク
中居<うわっ、なっち!ここ(中居くんの隣の席)あんま、ないな。
<うん。ないねぇ。
中居<すっごい久しぶりに感じました。
<あっはは。なっちは、よく見てますよ、テレビで。 …天使のボケ。
中居<いや、テレビじゃなくて…。
<あははははは。
中居<実際こうやって見るのが…。やっぱ顔変わったよな、ちょっと。
<変わりましたかぁ?
中居<うん。ちょっと大人っぽくなりましたよね。
石橋<なっちねぇ、なっちすごく…うん…。
<いや、いや、いや、恥ずかしい。
石橋<来てますよ。
中居<うん。俺の友達もなんか言ってた。なっち…
<え?
中居<おぉ可愛くなってきたなぁ、また〜なんつって。
<マジすか。
中居<おぉ。
<ありがとうございます。
石橋<なっち、さっき俺こうやって楽屋あそこのトコからこうやっつったら口紅塗ってた。(笑) …単なるのぞきですけど。
<いやー!(笑)
石橋<したら、怒られた。「お前、何やってんだ!」って。「あっ!すいません」って。(笑) …普通怒られます。というか怒られるだけでは済まないです。
安倍なつみ「もっと大人に…」
中居<大人っぽくなってきてるじゃんかぁ。
<あの〜違うんです。なっちすごい究極の童顔なんですよぉ。でー、
石橋<うふ。究極の童顔…。
<いや自分で思うんです。だからー、なんかもうちょっと大人になりたいなぁとか思うんです。
石橋<いや、なっちはホント最近きれいになってますよ。 …ホントそう思います。
<ホントですか?
石橋<恋してる?
<や、や、や。あは。(笑)いや、ホントに〜。
石・中<恋してるだろ〜!
<してないよ〜!
石橋<なっち恋してるだろ〜。
<何でそうなるの!?
中居<なっち〜。
<違うよ〜。そんなんじゃないよ〜。
石橋<オジサンに言ってみ。恋してるのかい?
中居<誰?
<え?ウフフフ。
石橋<好きな人がいるだろ?なっち。
<(両手ふって)いや〜いない…。
中居<俺か? …んなわけない。
石橋<顔が赤くなってるぞ!なっち。(笑)
<(両手で頬を押さえながら)いや、だから、そういうの…
石橋<耳が赤くなってるぞ!なっち。
<違うのそういうのダメなのホント。赤面症で、ホントに。(頬を叩く)
石橋<好きな人が出来たな…。
中居<片想いですね、これは。
石橋<うん。
<(首振る)
中居<ずっと想いを抱いてる人がいるんですよ。
石橋<うん。
<いや〜どうして〜?
中居<でもなかなか告白できないんですよ。
石橋<うん。
<ウフ。(首振る)
中居<モーニング娘。だから。
石橋<うん!
中居<なっちだから。
石橋<なっちだから!
<(笑)なんでー、なんでそう思いますの? …妙に丁寧な口調です。
石橋<好きだべって言えばいいんだべ。(笑)してるんだべ!?
中居<してるんだべ!?
石橋<してるんだべ!?
<してる…だべか?
石橋<だべだ。
中居<だべだ。
<う〜ん。でもね、恋はし、したいなぁと思ってて…。
石橋<なっちは、どういう男が好きなんだべ?
<なっちが、好きな…なる人は、雰囲気が、いい人。えへ。
石橋<雰囲気がいい人?
中居<よく言うよね。
<雰囲気がかっこいい人。あのね…。
中居<雰囲気がある人って…。
石橋<イキフンビンビコビンって感じ?(笑)
中居<ビンビコビン?
<分かんないよ、そんなの。
石橋<ビンビコビンじゃないとダメなんでしょ?イキフンは?
<ビンビコビンって?
石橋<イキフンがいい訳でしょ?
<イキフン?あっ!そう。雰囲気だ。うん。そう。ビンビコビン。
石橋<ビンビコビンな感じ?
<なんかね、ふとした瞬間に、あ、この人かっこいいって思ったりとか。
石橋<ほぉ。
<なんか、あの子が、なっちのこと気になってんだって言うと…
石橋<ほぉ。
<その人ばっかり気になって、その人を意識するようになるじゃないですか?
石橋<ほぉ!
<して、その人と目が合うときに、こう…合うたんびに、あっ…ドキっとしてきたりとかしてきて好きになっちゃう…たりとかする。
石橋<好きな女の子をじっと見てたりとかしてね、夏のプールの時間なんかパァーって息継ぎした瞬間に鼻水がビィーって出てきて。(保田さんで再現CG)カァー、見なきゃ良かった。(笑)
中居<息継ぎ一つの顔がやっぱりね、(笑)なんでこんな顔して息継ぎすんだよ?!って。うわって。(保田さん再現CG顔アップ)
<(控え室のごっちんも膝を叩いて大喜び)
中居<なんか憧れてる人の短距離競走の走り方を見てなんかすごくショック受けたことありますよね。手を回す奴とかいるじゃないですか?(笑)
<(いるいるって感じで頷く)
石橋<コーナーでね、コーナーで。
中居<うわっー。手回す奴だって思ったら、ちょっと…。
石川梨華「私のアゴってヘンですか?」
<横から見ると笑うと(アゴが)出るんですよ。ホラ(横向く)。
中居<フェードイン!って感じだな。 …ライディーンかよっ!いい事言うね。
<ちょっと出てる。
<(アゴ突き出す)
<すごい出てる〜。
<あぁ〜出てるね。
中居<アゴ出して、アゴ出して。(笑)
<ね、最近はよく…。
中居<そんな顔するんだ、石川…。
<モノマネする時に、(カメラ目線で)何だコノヤロ!(笑)
 …貴さんいて猪木ってコージー冨田いてタモリするようなもんです。
<こうやってアゴ出すんです。…はい。
石橋<かわいいじゃないですか。
<やっと…
石橋<実に。
<何か喋れましたけど、何かアゴで嫌だな。(笑)
 …小川さんのってこなかったのです。折角隣にいるのに。
小川麻琴「東京の給食に一言」
<はい。
中居<いってやれ、いってやれ。
<あの…
石橋<自分、新潟なんだね。
<はい。新潟なんですけど、こっちの…東京の給食は…少ないんです!(笑)
<少ない時にね「お腹空いた」ってその人の前で言うとね多くしてくれるんです。
 …やってるんかい、やってるんかい。
<でもよく余ったよね。 …なっちの頃はそうらしい。
<隣の教室とかもらいに行ったりする。(笑) …今はこうらしい。
<え?
<足りなくなるんだ。
<隣に?
<そう、そう。
中居<全然話しが食い違ってるようですけども…。 …ジェネレーションギャップなのれす。
辻希美「初めて洋服をつめた」
<はいぃ。(笑)
中居<何つめた?
<あのこないだ一週間ぐらい風邪を引いてて…。それで…
中居<食欲が無かった?
<メロンばっかりを食べてたんですよ。
中居<うん。
<で、そしたら…
中居<便がよくなっただろ?
<…うん。 …ののは「するよ派」と。
中居<便がよくなって。
<で、痩せたんですよ。
中居<何キロやせた?
<6キロとか7キロ。
石橋<6キロ?
中居<そんなにやせたの?
<ホン…あー、一番太ってた時から(比べると?)うん。
中居<6キロやせた。
<ホントにブカブカだったよねぇ。
中居<じゃ今間違いなく40kg台ですね、今。
<あの、もっと…(笑)ごめんなさい。これはーあのー3週間位の前の話なんでー。
石橋<もう戻っちゃったのか?
中居<もうリバウンドか?
<…。 …ノーコメントでお願いしやす。
石橋<バスバス戻ってんだろ?
<すっごくなっちゃったんですよね。
中居<なぁ。ちょっと戻りつつあるんだ。
<なんか。これ詰めたんですよ、この衣装も。この衣装も詰めてもらって…。
中居<詰めてもらって、またきつくなってきたの?
<今、ちょっとヤバイ…感じです。
中居<何がヤバイの?
<もう早く脱ぎたいって感じ。えへへ。(笑)
中居<おっかしいな、辻は。辻は変わんないでくれよ。頼むぞ。 …姐さんと同意見ですね。


ごっちん(1人枠)トーク
中居<貴さん詰めたら?
石橋<照れるじゃないか。付き合ってることがバレちゃうじゃないか。
あっははは!
後藤真希「タカ、困らせないで!」
<あはっはっはっはっ…。
中居<ごっつぁんどうした?
<いや違うんですよ。前に誕生日プレゼントって言ってミニチュアダックスフントもらったじゃないですか?
石橋<ほぉ。
<どこでも構わず用を足したりとか…しちゃうんですよ〜。 …タカも「するよ派」と。
石橋<あべちゃんはいるの?
<あべちゃんは〜、
中居<あべちゃんは何だっけ?イグアナだっけ?
<イグアナ。
中居<散歩とかするの?
<散歩…。(笑)あのね、あべちゃんをもらったばっかりの時に、外で散歩させたんです。縄…ロープつけて。そしたらもーなんか怒っちゃって、怒っちゃって〜。
石橋<誰が?あべちゃんが?
<あべちゃんが…。あはは。
石橋<あべちゃんね、メッタ打ちにするからね、弱いものを。
<そう!そう!なんかね、あべちゃんのことかわいいからつって、しょう…なんか撫でてあげたんですよ。そしたら、撫でた所こうやって(手ではらう感じで)さわんなよ、テメーみたいな感じの…行動をするんですよ。
石橋<大体4時くらいにウィスキーのグラスを持ったままこうやって寝てない?(笑)
<(手振って)寝てないっ! …っていうか、あべちゃんって誰?
石橋<あべちゃんは、あとね、やさーしくね、デスクの女の子にここん所(えら)を撫でてもらうと、「気持ちいぃー!」。なんかやさしく撫で…撫でてあげて。このへんを。
<はい。
石橋<そうすると「気持ちいぃー!」て。「うぃー」って。(笑)


A組(死の組)トーク

 圭ちゃん、たあ、よっすぃ〜、かおりのトークです。

中居<(急いでる風で)はい、ジョンソン、ジョンソン何?ジョンソンどうしたこれ?
飯田圭織「ビートが私を呼んでいる」
<そーですね。大した話じゃないんですけど…。
中居<はい!OKです。
<ハマってます。はい…。 …トホホ。
中居<はい、次!
高橋愛「ホッピーでホップ!」
中居<ホッピーでホップ?
<はい。
中居<何これ?ホッピーでコッペ?
<ホッピーデホップです。
中居<え?ホッピーでほっぺ?ホップ。
<ホッピーデホップ…。
中居<ホッピーでホップ?
<本当は、「ホッピーで」の「で」もあのーカタカタ…カタカナなんです。
中居<カタカナ?
石橋<え?なにー?
中居<ガタガタ?
<本当は「で」も…
石橋<ホッピーでも…え?
<「で」もカタカナなんです。
石橋<え?!なにー?
中居<ガタガタ?
<「で」も… …本人は『「で」も』って言ってるんだけど、「でも」って聞こえるんだよね。
<で、「で」、も。 …標準的なアクセントで。
<「で」も…(笑) …やっぱ違う。
中居<でもー?
石橋<なにー?
<「で」も…
中居<でも?
<「で」も、カタ…カタカナなんです。
<(痺れを切らして)全部カタカナってことでしょ?
<はい。
石橋<お前が前出てくんなよ!(笑)
<え?圭ちゃんどーして貴さんの隣なの〜!? …そう言えば。
<だって、通訳してあげたのに…。
中居<それはおかしい、保田。もう、うるさかった今本当に。
<(たあと腕組んで)なんで?だって!なんで?
石橋<前出てくんなよ!
<いたーい!もう! …なんか叩かれたみたい。
石橋<(たあに)何?何?何? …席が入れ替わって、たあが貴さんの隣に。
中居<何?
石橋<ホッピーで何?
<ホッピーデホップっていう歌があって…。
中居<でも?でも何?
石橋<なにー?
<ホッピーデホップっていう…あの…
中居<でも何?でも何つったの?
<正式には、あの「ヘンルーダの花が咲く丘」っていう題名の曲で…。
石橋<何?リッキー・ヘンダーソンが、3盗を試みた?(笑)
<違うんですけど…。
中居<何?もう1回言って。
<「ヘンルーダの花が咲く丘」っていう曲で、あのー、この曲合唱曲なんです。この曲は。
石橋<なにー?
中居<ホッピーデホップ?
<この曲はー。
中居<ホッピーでホップするの?
<この曲は合唱曲で…。
石橋<ちょっとゆっくりしゃべってみ。(笑)とにかくゆっくりしゃべり…。
石橋<ハンタラユッテレレッタラトッタラホッタラペッタレシュッタラトッタラトテ…
 …書いてどうするって感じですが。
石橋<…って、さっきからそれしか俺には聞こえてこない。(笑)
石橋<ハッタラ… …さすがに省略。
中居<ちゃんとはっきり言いますから、大丈夫です。そんな…
<(控え室で自分のまつげをいじってる)
石橋<モールス信号みたいなんだよ!(笑)
石橋<テーテレッテーテ、テーテレッテーテ、テーテレッテーテって。(笑)
<この曲は!
石橋<ゆっくり!
中居<ホッピーデホップは何なの?だから。
<この曲は、あの…合唱曲なんです。
石橋<合唱曲、はい。
中居<ホッピーデホップなの?
<合唱曲の中にー、この「ホッピーデホップ」っていうところが出てくるんです。
中居<ホッピー、ホッピーデホップ?
<ホッピーデホップって歌うんです。これ?
中居<ダウン?
石橋<ダウン?
<歌うんです。
石橋<Get Down!!(笑)
<歌うんです、これ。
石橋<(ガレッジセールの例のダンスを踊る)
<で…。
石橋<(踊り終えて)え、何?
<歌うんです。
中居<これどういう…タイトル?曲のタイトル?
<曲のタイトルじゃなくて、その、そのーあい…その歌で出てくる…
<(笑)
<…んと、歌詞です。
中居<歌詞?
石橋<ちょっと聞かせてみせ。 …こっから貴さん訛りモードです。
<あの一緒に歌ってくれませんか?
中居<あ、じゃあ、せーの…ど、どういうの?(笑)
石橋<どういう歌だかわかんねーから。
<あの、あのー。
石橋<一緒に歌えってつーても合唱できないでしょ。ホッピーデホップって
<あのー今から音を、音を言いますから、あの歌ってください、一緒に。
中居<音をいう?はい、いいですよ。どういう音?
<じゃ、貴さんがアルトで…。
石橋<アルト?(笑)
<アルト、一番下の人。一番下。
中居<じゃ、俺ソプラノ?
<じゃ、メゾ歌ってください。
石橋<(低い声で)アルト〜
中居<え?
<じゃ、メゾ歌ってください。
中居<ベース?
<メゾ。
中居<メゾ?
<メゾって言って真ん中…。
中居<メゾフォルテ?
<ま、真ん中なんですけど…(笑)あのー。(笑)
中居<OK,OK、分かった。分かった。
石橋<メゾは真ん中、アルトは低いとこなの?
<一番下と真ん中と上があってー、
中居<ソプラノだ!
<ソプラノ歌いますから、メゾと、アルトを歌ってください。
中居<メゾは、どんな?
<メゾは、ちょっと待ってください。
石橋<うん。だいたい高橋はどこの出身なの?(笑)
<うふ。福井です。ふく…福井です。
石橋<福井はそんなにホッピーでホップで…合唱曲でトッテレ、テッテレ、テーテレッテーテって感じなの?
<いや、そんなこと無いです。
石橋<自分で今訛ってるという事は全くそういうことは感じてない訳?
<(はい)
石橋<標準語喋ってるって自分の中ではテーテレッテーテ、テーテレッテーテって感じ。(笑)
<もう抜けたんです。
石橋<もう抜けた!?
<はい。
石橋<訛りは抜けたよ、と。
<はい。(笑)
石橋<高橋は今、ホッピーでホップって言ってる時も標準語喋ってるって思ってるってテーテレッテーテ?
<はい。(笑)
石橋<あーそう。じゃ、「ホッピーでホップ」。 関東は流すのれす。
<♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
石橋<♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!…
<それにー(中居に入るように促す)♪ホッピーでホップ!
中居<♪ホッピーでホ…♪ホッピーでホ… …あんまり乗り気じゃないみたいです。
<♪ホッピーでホップ!♪ホッピーで(笑)ホップ!♪ホッピーでディスタ〜!っていうわけです。
石橋<♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!…
<てへ。♪ホッピーでディスタ〜!ありゃ〜もういいです。もういいです。
石橋<ブッ!ブッ!(笑)ちょっと待ってくれよ!
中居<(ぼーぜんとする)
石橋<一生懸命ホッピーでホップって歌ってるんだから…。
<エヘ。(笑)
石橋<(右手グーでたあを睨む)(笑)

モーニング娘。うたばん史における歴史的瞬間
中居<うわっ久しぶりにCG出たよ。保田以来だ!
石橋<わかんねえよ。愛ちゃんの言ってることは全然わかんねえよ。ホッピーでホップっておじさんたちに…。
<で、
石橋<やらせてたけども…。
<あたしも歌ったんです、一応いま。
石橋<歌ったのかい?
<はい。
石橋<ホッピーでホップって、ちゃんとやってた今?
<はい。やりました。
石橋<ホントけ?
<はい。
石橋<今のでよかったのけ?
<はい。
石橋<出来たのけ?
<出来ました。
石橋<ホッピーでホップが…
<出来ましたー!(一人で拍手)
石橋<(スマイルで拍手)
中居<はい、続いてまいりまーす。
吉澤ひとみ「あぁ、男になりたい」
<ちょっと待ってください。
石橋<はい。
<これはそうなんですけど…。
石橋<♪ホッピーでホップ!…え、何何?はい。(笑) …完全にハマりました。
<その前にー!1個やりたいことがあるんですけど、いいですか?
石橋<はい、はい。
<あの…お願いがあるんですよ。
中居<時代を作ろうとしてるぞ。
<いいですか?いいですか?(といいながら後ろを向く)
<(そして振り向く)これでー!これで!ノミをつけてほしいんですよ!(笑) …ノミ?
<みのだよ!
石橋<あのね、ノミじゃないんだよ。(圭ちゃんに)みのなんだよなあ。
<あはは!違うから!違うから!
<ノミって…。
<ノミって虫だから。(笑)
<ノミをつけてやってください。(よっすぃーがノミをつけたCG)
<違うがな!
石橋<♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
中居<よっすぃ〜、それは恥ずかしいね。ノミつけちゃダメだよ、こうやって。
石橋・♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
  …キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!って感じ。
<違う!貴さんにオンエアーを見て…
石橋・♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
<聞いてくださいって。(笑)
中居<何やってんだ、そこ。
石橋<え?(笑)何?何?
<あのー貴さんのオンエアーを見て、すごい良かったなと思って…。
石橋<俺の親を見て?(笑)うちのお袋見たのどっかで?
<違う、テレビで、こないだのを見て、貴さんがみのをこうやってる時に「あーいいなぁ」と思って。
石橋<じゃ、振り返って。俺音声つけとくから。
<ホントですか?(振り返る。みののCGつき)
石橋<子泣きジジィ。(笑)
<ありがとうございます。これはいいんですけど。
石橋<金かかるんだぞ。(笑)
<だって今日出てきてないじゃないですか。
石橋<出てるって。でも今日でね、遂にね、保田時代は終焉を迎えるね。
中居<迎えたね。
石橋<ホッピーでホップ!って感じ。(笑)遂に、この4人の新人の中で、ホッピーでホップ!が遂に、前に出てきました。 …「ビックリ」の次は「ホッピー」かな?
<(ありがとうございます)
石橋<まず喋りが、テーテレッテーテ、テーテレッテーテ、テーテレッテーテ、ですから。(笑)
中居<うわーもうライバルが代わったな、今な。
<ですよね。(もらった巨大保田大明神携帯ストラップを後ろに)
<あ、ちょっと待って。何でそういうことすんの?
<もう要らない!
<や、何でそういうことするの?(ストラップを回収する)
中居<でも保田も少しホントに終わった。ヤッバイな〜。もう次ぎ行っちゃうよ、この紙。
<いや!ちょっと待ってください。じゃ、ここで、今日はちょっ…違う、今日は二人と二人と吉澤ひとみは、話したい事があって。
石橋<はーなしたいことがあったの?おぉ。
<あの、男の人はどういう人がこう…ホッとくるのかなぁっていうところをちょっと聞きたいと思って…。
中居<ホップ?
<ホッ?
石橋<え?ホップ?
石橋・♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!

♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
<違いますってば〜!
中居<お前も持ってかれちゃった、またホッピーに。ホップって言っちゃったから…。
<それで〜、それで、だから、どういうところでこう…男の人はこの子かわいいなぁとか思う…。
石橋<よっすぃ〜は、でもね癒し系になると思うよ、俺。
<…。(無言アップ)
<アタシ?
石橋<ブッ!(笑)(立ち上がって)貴様…。
<ほら〜!そこでね!(立ち上がって)そこで、また圭ちゃんが、ピっと来るわけじゃないですか?
石橋<ダメダメ押したらスイッチャーさんも。(笑)
<(座りつつ)そーですよ!それで、だから、じゃ例えばですよ、圭ちゃんに「好きです」って言われたらどうしますか? …いや、自分も話、振ってるがな。
石橋<殴る。(笑)
<なんで殴るんですか?
<本気でって言ってるのに。
<本気でですか?
石橋<本気で殴るよ、だから。(笑)
<本気でですよ。
石橋<グーで!
<えー!
石橋<グーで!
<本気でですよ。おふざけとかじゃなくて。
石橋<(おふざけじゃ)なくて、メッタ打ちにする。(笑)
石橋<(CGの保田ノミと格闘)マウントに入って、ダァーッ!ダァーッ!って(顔面にパンチ)、そのあと腕ひしぎ。(保田ノミ、タップ)
中居<よっすぃ〜、何?何?何?何が言いたいの?
<だからぁ〜男の人が…。
中居<さっきから何が言いたいの?
<わかんない…んだよ。
中居<支離滅だぜ、お前。
<違う。自分が褒められたいわけではないんですよ、決して。
中居<何が言いたいの?
<だから、一緒に男トークってあるじゃないですか?「あいつ最近かわいいよなぁ」とか、このへんのラインがとか。(笑)なんかそういう…。
中居<男そんなトークしねーよ。
<そんな会話をしてみたいんですよ。男しかしない会話ってあるじゃないですか、きっと。
石橋・♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
<(貴さんとたあにあわせて体揺らす)あは。
石橋・♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!…
<何これ?!ホッピーでほらっていうかねぇ。
<なんか成り立ってない? …成り立ってます、えぇ。
保田圭「ケメ子と呼ばれて」
石橋<お前さっき前に出てきたぁ散々…。
<だって〜違う、だって〜。
石・中<(控え室の皆さんに出てくるように促す)
石橋<みんな疲れたろうにね。
<あれ?
<いいのかな?
中居<大丈夫。
<いいですか?
中居<はい、ケメ子喋ってて。喋ってて。
<はい、あの〜ですね、最近のあだ名がケメ子なんですよ。
石橋<(コーヒー?飲んで休憩)
中居<(ぼぉーっとしながら歩く)
<あの〜ちょっと。聞いてくださいよー!
中居<だから、見えちゃヤバイんだべ?
<いや…。
<耳かけたら…。
<最近のー…聞いてくださいよー!
石橋<ナンコツ、ナンコツと。(笑)
<ナンコツです。ナンコツです。
中居<はいー
保田圭「WITH LOVE」
中居<「WITH LOVE」ね。
<はい。WITH LOVE。
中居<(すぐ次ぎめくる)
<えー?
保田圭「圭と健康」
中居<「圭と健康」…。(笑)
<「圭と健康」。あははははははは…。
中居<もうさぁ、ごめん、もうさぁ…。
石橋<何でそんな一人で何枚も書いてくんだよ!
中居<保田のー保田のこういう項目って別に知りたくねーんだよ、俺は。
保田圭「WITH LOVE」 保田圭「圭の日常」 保田圭「圭と健康」
<圭の…「圭の日常」聞きたい!「圭の日常」!
中居<「圭の日常」ってなんなのお前。
<「圭の日常」。あははははははは…。
<聞きたーい!
<聞きたーい!
中居<なんだ、お前、絵日記かよ!(笑)
<聞きたい!聞いて下さい! …めずらしく食らいつくごっちん。
中居<なんだ「圭の日常」って。お前の生活がなんだっていうんだよ。
<あの…あのね、あんまり寝るのが好きじゃないんですよ。
石橋<起きてろよ!じゃあ。(笑)
<聞いてくださーい!
<まだですよ。で…。
石橋<なんだよ?
中居<何が言いたいんだよ?
石橋<ごっつぁんとかよー、なっちとかのそうーいうのは聞きてーぜ。どんな日常なのか?
<はい。ほいで、最近、漢字テ…。
中居<まだ話すのかよ!(笑)
<ダメですかー?!
石橋<「圭と健康」って何だよ?「圭と健康」って?
<続きが聞きたい!続きがー! …何をそんなに聞きたいの?
<「圭と健康」知りたい。あはは。
石橋<「圭と健康」なんだよー?なっちも聞きたいっつってるから、何だよ?
<最近は、ヨモジ…ヨモギ風呂とか…。
<よもぎ?!
<漢方飲んだりとか。(ヨモギ風呂に浸かってるCG)
<圭ちゃん、ヨモギ風呂…。(笑)
中居<お前がヨモギになれ。 …松本ツッコミだ。
<なんですかー。
中居<これ気になるな。
石橋<「WITH LOVE」は?「WITH LOVE」。
<「WITH LOVE」は、最近英語の勉強をしようと思って、手紙書いたときに必ず最後に「WITH LOVE」って。(笑)
<でもねー、圭ちゃんの日常面白いんですよ、最後。 …まだねばるごっちん。
中居<何?日常って?なんなの?
<なんかね、だから夜寝ないで…
石橋<夜寝てなくて?
<漢字ドリルやってるんだって。(徹夜で漢字ドリルするCG)(笑)
<どうしたの、圭ちゃん?
<ちょっと頭良くなるかなって…。
中居<さぁ来週はお休みでさ来週はですねトーク総集編をお送りします。モーニング娘。のみなさんでしたー!
娘。<ありがとうございましたー!
石橋<時間がきちゃったじゃんかよー!せっかくよっすぃ〜の話しが聞きたかったのによー!
<なんで、あたしの話も聞いて欲しいんですよー!
石橋<その前に寝ろよ!お前はよー!
<寝ます。


今日の「たあ」

♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!♪ホッピーでホップ!
 …もういいちゅーねん。

2002/04/18

今日のいちゴト −今日のゴマゴト番外編− としての更新です。

(Q:モーニング娘。に戻ろうと思わないの?)
ん〜。っていうか、その…私がまだモーニングにいたら、
どこのポジションにいたのかなぁ…。
(2002/04/18 うたばん寸前より)

 まず、センターでないことは、確かです。それは、本人も青色7でプレッシャーになってたことを認めてますし。結局歌の部分でいうとやぐっつぁんとかのラインなんだろうなぁ。
 プッチモニには、よっすぃ〜は入れなかったような気がするし。そうすると、よしごまもあそこまで仲良いか?むしろよりライバル意識の方が前に出てきたりとか。
 その前に、4期メン4人加入できたのかとか、5期メンも4人加入は無かっただろうなとか。
 バラエティとかでいうと、圭ちゃんがここまで前に出れたか微妙。たぶん、やぐっつぁんと市井ちゃんと一緒にツッコミ役だろうなぁ。うたばんでは、誰でもない「かあさん」のポジションってのがたぶん出来たと思う。
 いずれにしろ、埋もれキャラにはなってないと思うけど。


今日の「たあ」

 上の市井ちゃんの疑問を受けて、貴さんとかが現状のモーニング娘。を分析していくんですが…。

市井 :ん〜。っていうか、その…私がまだモーニングにいたら、どこのポジションにいたのかなぁ…。
石橋 :今ねえ。またー下が出てきてるからねぇ。
中居 :ジョンソンがいて…。
石橋 :テーテケテッテテーテケテッテがいるしね。(笑)
中居 :テッテケでしょ。
石橋 :もう、ジョンソンなんか危ないもんね。
中居 :ジョン…保田の時代がそろそろ終りかけだしね。
石橋 :終りだと思うよね。(笑)
石橋 :次、テーテケテッテの時代だと思うな。
中居 :で、加護ちゃんだ辻ちゃんだってのがまぁ…今ね。
中居 :でも今、テッテケテーが来たことによって…。
石橋 :また、よっすぃ〜が、テッテケテーの方に今、ライバル心を…。
中居 :燃やしてるわけだから。
市井 :あはははは。
中居 :で、矢口は、ずっとあのまんま。
石橋 :ええ。
中居 :ごっつぁんへの思いもあのまんまですよね。
石橋 :ええ。
中居 :ということになると、かあさんはいたと…いたら、どういうポジションになるか分かんないですね。
市井 :すごい気になります。

 …うたばんでのたあは、ビックリからテッテケテーになりました。 …なりましたー。(拍手)


サイトトップへ戻る


Read Me Japan!